私たちは、近畿大学に通いながら、
TikTokでファッションに関する情報を発信、
そして、自らでもオンラインで古着屋を経営しております。


今現在、このコロナ禍でも、
若者を中心にブームを巻き起こしている古着文化。


このような社会情勢でも、
東京の下北沢や大阪のアメ村を中心に、
古着屋の新店オープンが相次いで行われています。


・インスタグラムで古着を着用している人を見て
・コロナ禍でアルバイトができないから古着の安さに注目


など、
情報によると、
その経緯は人それぞれですが、
今では若者の4人中3人が古着を着用すると言われています。


実際に我々も、
低価格で購入できるという点に魅力を感じ、
古着に興味を持ち始めました。


それからは、
3人で古着屋さんを巡ったり、
早朝からオープンに向けて並んだりもしました(笑)


そして、
コロナウイルスが猛威を震い始めた2020年4月に
我々はこの事業をスタートしました。


スタッフは計3人で、
約1年6ヶ月前の事業開始時は3人とも大学生でした。

3人とも経営学部だったということもあり、
マーケティングを身近に学びながらの事業でした。

講義の受講、サークル活動をこなしながら、
休日に集まって古着屋事業を開始しました。


今でも、
3人中2人は大学に通いながら事業を行っています。


そんな我々ですが今回は、
【今まで経営してきたオンラインの古着屋をオフラインの実店舗にする】
という、1つの目標に向けプロジェクトを発足しました。




なぜこの古着販売というジャンルを選択したのかというと、
この古着という一つの文化に、
SDGsに則ったビジネスモデルがあると考えたためです。

まずは、
その8つ目には「働きがいも 経済成長も」という項目がある。

これは、
すべての人のための働きがいのある人間らしい仕事を推進し、
それとともに、
その要となる労働者の収入や健康、就業機会などを平等にし、
著しく不利な立場の人間をなくす社会、環境をなくすことが定められています。


あるwebメディアによると、古着市場はコロナ禍でも拡大の傾向にあり、
2026年には市場規模が2020年の2倍以上である8兆円を超え、
2030年にはファストブランドの約2倍の規模になり、
コロナウイルス終息後もより加速していくとみられている。

今後の経済成長という面で、
アパレル産業の中心として支えると考えられる。

SDGsの12~15の項目は、地球の環境問題に直接関係するものであるが、
古着は、再利用のアイテムですので、
生産や廃棄活動を行いません。

その面で、
僕たち3人が共通の趣味として持つ古着と、
持続可能な社会に少しでも貢献することができる事業になれば、
という思いを持ち、このビジネスを開始しました。




僕たちは、古着を通して多くの出会いを経験しました。
古着屋のオーナーさん、スタッフさん、そして僕たちのお客さん、視聴者さんなどです。

その出会いの中で、僕は皆さんのこの先のビジョンを聞くことを心がけています。
皆さんそれぞれのビジョンがあり、夢があります。
「日本1の古着屋を作りたい」「自分の店を持ちたい」など、三者三様の夢があり、それを語る方は例外なしに輝いていました。

今回のプロジェクトの目的は、僕たちの一つの夢である、「自分のお店を持つ」ことの達成と、それを支援くださりお店に足を運んでくださった方へ影響を与えられる店舗の形成です。

今まで我々は主に、
SNSを利用し全国どこでも買える古着屋として、
ネット古着屋を経営してきました。


お客さんは、
北海道から沖縄まで日本全国の方がいらっしゃいます。

時には、
海外の方からメッセージをいただくこともあります。



僕たちの視聴者さんには、
視聴者さん同士で、フォローし合い、コミュニケーションをとるという、
素晴らしい文化が存在します。

僕たちのSNSアカウントがプラットフォームとなり、
そこにも様々な出会いが存在します。

実店舗を作ることで、
その出会いをより深め、
古着という同じ趣味を持った人たちの新たなコミュニティを形成すること
が僕たちのできることだと考えます。


そこに、
オンラインでは達成できないより強固な出会い、
そしてこのコロナ禍では達成できなかった、
コミュニティの形成ができると考えます。


今回は、

・夢を追いかける刺激がある店舗の形成
・オンラインでつながった「仲間」といつでも会える場所の提供
・古着事業規模の拡大

を主な目的として、
実店舗を建てるというプロジェクトを発足しました。



私たちが目指す古着屋の販売アイテムのテーマは、
【大人ストリート】です。

今、若者を中心に絶大な人気を誇る「古着」ですが、
最も人気な系統が『ストリート』になります。

ストリートファッションとは、
時代の文化に影響されながら、
若者を中心に自然に発生したファッションスタイルです。

特徴としては、
ビッグサイズでダボダボのシルエットを着用し、
小物もラフでスポーティーなものを身に着けることが、
スタイルとしての特徴です。



画像のように、比較的サイズ感がゆったりなものを、
ストリートファッションと呼びます。


これに対して、

私たちのスタイル「大人ストリート」とは、

ストリートファッションのアイテムと、

キレイ目アイテムの融合を指します。


ダボっと着用するパーカー×スラックス

スポーツブランドのパンツ×柄シャツ


など、

組み合わせは無数にありますが、

このコーデにより生きるアイテムも多く存在します。



画像では、
柄シャツ×トラックパンツ
ビッグサイズTシャツ×スラックス
というコーデでキレイ目ストリートコーデをしています。


そして何より、

私たちはこのコーデをより多くの人に発信したいと考えております。


我々は、

よく視聴者様に

「古着初心者ですが、何から買えばいいですか?」

というご質問をいただきます。


そんな方に、

すぐにでも身に着けやすいアイテムから、

少し上級者様のアイテムまで、

ここに行けばストリートからキレイ目まで何でも揃う

そんな店舗が作りたいと考えました。


今まさに、

菅田将暉さんをはじめとする芸能人の方々が

古着を身に着け、大人ストリートなコーデをしています。


アイテムのみでなく、

コーデのアイデアとして皆様に販売する。


若者だけでなく、

年配の方などすべての方にも楽しめるアイテム、コーデを提供する。


すべての方に向けたお店にしたいと考えたときに、

このスタイルに至りました。






このプロジェクト立ち上げの理由は、
【視聴者一体型古着屋】の構築です。

それは、
いつも我々のSNSを視聴してくださっている
皆様とともに店舗を作り上げるということです。

もちろん、
オンライン古着屋の売り上げを店舗開設に回すことも考えました。

しかし、
よりお客さんとの距離が近い古着屋を目的に、
このプロジェクトを発足しました。

クラウドファンディングという手段を通じて、
皆様が支援をしてくださることにより、
私たちと皆様の心をより一つにした
店舗づくりに一歩近づく事ができます。




今までのプロジェクトまでの道のりを表にいたしました。


上記が、
2021年10月現在、
事業開始から今までのトピックを
まとめた表になります。

表を見る限り、
比較的順風満帆のように見えますが、
実際はそうではありませんでした。

まず古着の販売について、
仕入れ場所の確保から莫大な数の商品管理まで、
0から始めた身としては、始めた当初は慣れずに、
仕入れ場所を探すだけで1日が終わったり、
商品を紛失してしまったりすることもありました。

はじめは、
作業場もなく活動を行っていたため、
それぞれ3人の実家に100着ずつ持ち帰り、
部屋をパンパンにしました(笑)


SNSを始めてからも、TikTokを中心にアンチコメントや誹謗中傷の言葉が多く、
最初はとても精神的に苦しい時期もありました。
フォロワーも2ヵ月間ほとんど増えない時期もあり、非常に苦戦しました。


しかし、
販売については期間が経ち、作業に慣れてくると、
SNSについては、フォロワーがついてくると、
次第に心にもゆとりが出て、事業を楽しめるようにもなりました。

管理に関しても、
商品番号を付けて対応し、
誹謗中傷については、
いい意味でも悪い意味でも慣れてしまいました(笑)


しかし、
まだ事業を始めて1年と6ヶ月ほどで、
新しいことだらけです。

これからも、
挑戦を続けていきます。




みなさんから支援していただいたお金について、
私たちはその貴重なお金を、
下記の内訳で利用させていただきたいと思っています。

家賃 20万円×3ヵ月
通信費 3万円
陳列棚 10万円
看板 10万円
ハンガー 5万円
レジ 10万円
仕入れ費用 50万円
店内装飾 10万円
ショッパー 3万円
カーテン 1万円
照明器具 10万円
カーペット 1万円
清掃用具 1万円
冷蔵庫 3万円
プリンター 3万円
防犯カメラ 3万円
内装費 60万円

計243万円


キャンプファイヤー手数料10% 30万円
消費税10% 27万円

計57万円

総計300万円

このような振り分けで慎重に利用させていただきます。

※このプロジェクトが達成しない場合でも、古着屋は開店致します。




リターンとして大きく分けて、

・応援枠
・商品券枠
・オリジナルアイテム提供枠
・体験枠
・招待枠
・企業様枠

の6種類を用意いたしました。

ぜひ、お力添えいただければ大変嬉しく思います。

また、
詳細につきましては、リターンのページを見ていただければ
幸いでございます。





9/1~9/31   詳細打ち合わせ
10/1~10/31 物件決定
10/8~11/10 クラウドファンディング実施
11/1~11/30 店舗オープンに向けて準備期間
12/2 プレオープン
12/3 グランドオープン







まずは、このプロジェクトにご興味を持ってくださり、
ご閲覧くださった皆様、
誠にありがとうございます。

我々は、
古着を通して、
より多くの人と出会い、
より多くの人の人生にいい影響を与えることを目標に、
活動しています。

「デートのために」
「成人式に着ていくために」
そんな皆様の節目に貢献できることが僕たちのやりがいです。

身近にコミュニケーションをとり、
気持ちを汲み取り、
最高のコーディネートを提供することを約束します。


そして、僕たちのSNSの視聴者様の中に、
「僕も新しいことをやりたい」
「私も店を持ちたい」

そう思ってくださることがモチベーションです。

ご来店いただくすべての方の夢を後押しできる店を作る、
それが僕たちの「夢」です。

僕たちはこの古着屋で、
1人でも多くの人に夢を持たせれるよう、
活動していきます。

是非今後とも、
僕たちの活動へのご支援の程よろしくお願い致します。

クラウドファンディングについての質問やご相談は、
下記メールアドレスまでお願いいたします。
「chankky2020@gmail.com」

古物商許可番号:第62221R034759号





<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:省略
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:省略
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●事業者の住所/所在地:省略
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●事業者の電話番号:省略
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●送料:送料込み

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/11/20 16:53

    こんにちは!チャンキーアカウント運営、古着屋olfe.の澤田陸です!今は、12/3の店舗オープンに向けて内装作業中です!スケルトン状態だった店内が少しずつ形になっています!TikTokでも現状報告投稿をしていますので、是非ご覧ください!ではまた!

  • 2021/11/13 19:04

    こんにちは。チャンキーアカウント運営、古着屋olfe.の澤田陸です。本日は、皆様に感謝を込めての活動報告です。先日、11/10の23:59をもちまして約1ヶ月のクラウドファンディングが終了いたしました。目標金額300万円に対しての結果は、『支援者数215名』『3,129,611円』という募集金...

  • 2021/11/10 13:50

    こんにちは。チャンキーアカウント運営、古着屋olfe.の澤田陸です。今回、プロジェクト最終日の本日10日をもちまして、目標金額を達成致しました!!!これもひとえに、皆様のお力添えの賜物です。この場をお借りして、感謝申し上げます。本当にありがとうございます。今後に関しては、プロジェクトが本日23...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください