はじめまして
ISLANDBREWING385 です
  • 沖縄県 / 
初めてのプロジェクト

土屋 元(つちや げん)
山梨県出身。
田畑に囲まれた自然豊かな田舎町で育つ。得意なことは魚釣りとクワガタとり。小学生のころ、オオクワガタを捕まえた経験を持つ。
高校生からはバンド活動に明け暮れ、卒業後は一旗揚げるべくTOKYOへ。
6畳一間の風呂無し生活もなんのその、充実した青春時代を送る。
二十歳のころバンド仲間と訪れた沖縄。その美しさに魅了され25歳で移住を決意。
土木仕事やマグロ船等で食いつなぎ、1年間ほど八重山を転々とした後、26歳で宮古島に流れ着く。
飲食店でアルバイトをしつつ、途中3か月ほど旅をしたインドでカレーにハマる。帰国後は独学でカレーを研究し移動販売を開始。試行錯誤を重ねた後、27歳で郊外の小さな家を借り、念願のカレー店(まなつのスパイスカフェ茶音間)を開業させる。
沢山の人に支持され13年間続けるも不動産上の問題でやむなく閉店。その後は、市内に移り串カツ店の経営を始めも、コロナにより壊滅的打撃を受け現在は休業中。


今も、美しい海が残る宮古島。

この豊かな自然を次の世代に残すため、『ISLAND BREWING』を立ち上げました。

どうぞ最後までお付き合いください。


~達成致しました!~

沢山のご支援、本当にありがとうございます‼
皆様のおかげで、公開初日に目標額を大幅にクリアすることが出来ました。想像を超えた反響に戸惑うと共に、身の引き締まる思いがしております。皆さまのご期待に応えれるよう、全力で取り組んで参ります‼


~ネクストゴール゛400万円〟を目指します!~

残り時間もまだまだあることから、僕たちは更なる高みを目指し邁進することに致しました。それは、2022年内に更にもう一つのビール開発を行うことです。ネクストゴールに設定した資金は、この商品開発費に充てたいと思います。

僕たちのビールが増える(量・ラインナップ)こと、それは有機・無農薬といった自然に優しい農作物が増えるということ。間接的ではありますが、少しでもこの島の環境改善に役立てると信じています。ですので、資金の使い道にはこれが最善と判断いたしました。引き続き、よろしくお願い致します!


~追加リターン~

リターンに関しまして、幾つかのご意見・ご感想を頂きましたので、新たなリターンを追加させて頂きました!ご支援よろしくお願い致します!

⑫10,000円 〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(ミニ) +ロゴ入りビア・グラス(ペア)+オリジナルコースター
店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で、ISLAND BREWINGロゴ入りビア・グラス(ペア)と、オリジナルコースターをお届け致します。

⑬60,000円 ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(大)オリジナルTシャツ(ISLAND BREWINGもしくはAMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND どちらか) +ISLAND BREWINGロゴ入り保冷バック  +ISLAND BREWINGロゴ入りグラウラー+ISLAND BREWINGロゴ入りビア・グラス(ペア)+オリジナルコースター
 店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で、ご用意した全てのグッズをお届け致します。


はじめに・ご挨拶

始めまして。ISLAND BREWING株式会社の代表、土屋 元(つちや げん)と申します。

宮古島に移り住み、来年で20年目を迎えます。美しい自然、暖かい人々、沢山の動植物。この島を愛する気持ちは当時と変わらず、いや、むしろ増す一方かも知れません。

美味しいものをたべている時、人は自然と笑顔になる。笑顔が笑顔を呼び、幸せいっぱいの空間となる。飲食店ってそういう場所だと思うんです。だから僕は飲食業が大好きです。

「自身の仕事で、この島を豊かにしたい。美しい宮古島を残したい」

大袈裟に聞こえるかも知れませんが、大好きな場所で生かしてもらっている以上、こう考えるのは至極当然のように思います。これからも、微力ながら貢献していきたいと思います。

こんにちは!

ISLAND BREWING株式会社でSTORE MANAGERを務める、抽那るりです。

初めて宮古島に来たのは19歳の時です。青い海、温かい人に惹かれ、マリンショップや居酒屋さんで働かせてもらいました。その時の沢山の出会いが、今の私の人生を豊かにしてくれています。

二十歳そこそこだった私は、一旦地元に戻り様々な仕事に挑戦しながら、沢山の離島を旅して、沢山の海で泳いできました。

宮古島を離れて15年。もう一度、宮古島に帰ろうと思います。そして、美しい海のため、大好きな宮古島の人達のために、ISLAND BREWINGの仕事を通じて精一杯貢献していきたいと思います!


クラフトビールとの出会い

一昨年の夏、クラフトビールに出会い衝撃を受けました。以来、様々なビールを飲むにつれその魅力にハマる一方です。味や香り、個性的なデザインはもちろんのこと、何といっても一番の魅力は、クラフトビールの〝多様性〟です。ひと口に「ビール」と言っても、甘いものから苦いもの、塩辛いもの、酸っぱいものまで味わいは様々。その色も、白から黄色、赤から黒まで実に豊富で、そこには良いも悪いもない。そう〝自由〟なのです。こんなにも楽しく、人を豊かにしてくれるクラフトビール。いつからか、自身の生業にしたいと考えるようになりました。


宮古島の現状

下地島国際空港が新設されたことをきっかけに、宮古島は大きく変わり始めています。今後、今よりも更に多くの観光客が訪れることでしょう。日本国内はもちろん、海外からの旅行者が増える見込みです。

観光において〝食〟は重要なコンテンツであり、その土地ならではの味を楽しむことは旅行中最大の楽しみといっても過言ではありません。であるのなら、多様な人々が訪れる宮古島において、自由で懐の深いクラフトビールはピッタリだと思うのです。しかも、それが南国情緒たっぷりのトロピカルなビールなら、今後の宮古島の観光産業に大きな貢献を果たせるのではないでしょうか。

しかし、単に美味しいビールを販売すれば良いとは思いません。経済活動であると同時に、この美しい海を守る活動でもあるべきだと思うのです。元々、僕たちは金銭的な豊かを求めてやってきたわけではありません。純粋にこの島の美しさに惹かれ移住したのです。いつまでも、この青い海、青い空のもと過ごしたい。この思いは移住当時と何ら変わってはいません。急激な発展を遂げている今だからこそ、布石となる事業にしなければならないと思うのです。


僕たちのやり方、僕たちの取り組み

目標は自社醸造。それも、作物の栽培から収穫・加工までを、太陽光や風力といったエネルギーで賄う自然に寄り添った事業にしたいと考えています。それまでの1年~1年半は、OEM(外部委託)による商品開発と飲食店の運営に注力しつつ、醸造免許の取得とビール造りの研修をクリアしたいと思います。

事業を開始する上で、僕たちは先ず2つの決め事をしました。

①ビールに加える食材は、全て有機、または無農薬栽培のものに限定します
何故なら、過度な農薬の散布は虫を殺し、土を殺し、やがてはこの美しい海まで殺してしまうからです。

②定期的なビーチクリーン活動を行います
宮古島の海岸線には、毎日無数の海洋ゴミが流れつきます。これらのゴミは、海の動植物に甚大な被害を与えることはもちろんのこと、そもそも美しいビーチがゴミだらけなんて、海好きの僕たちとしては放っておくわけにいきません。

自社醸造開始後は、醸造後にできる麦芽粕のアップサイクルにも力を入れてたいと思っています。麦芽粕の大半は、家畜の餌や培養土、燃料として再利用(ダウンサイクル)されますが、実は「SUPER FLOUR(スーパー小麦粉)」と呼ばれるとても栄養素の高い食材(小麦粉と比べプロテインは2倍、食物繊維は12倍も含まれているそう)なのです。乾燥・粉砕し、地元の飲食店に提供することが出来れば、地域の活性と島の人の健康増進に繋がるのではないでしょうか。


第一弾は、無農薬マンゴーで造る「マンゴーIPA」

我々が最初に選んだ食材は「マンゴー」です。マンゴーは、宮古島を代表する農作物であり、その味は日本一だと思います。しかし、マンゴーの栽培には沢山の農薬を必要とするのも事実。もちろん、全てではありませんが、無農薬ましては有機栽培で営む農家さんはごく僅かです。

『まてぃだ農園』を営む上地一正(うえちかずまさ)さんは、マンゴーの無農薬栽培を行う貴重な生産者さんの一人です。マンゴーに携わり25年。途中、自身の持つアレルギーをきっかけに無農薬栽培に切り替えたそうです。「最初の5~6年は苦労しました。しかし、徐々に鳥などの生き物が集まるようになり自然と虫や病気が減っていきました」と話す一正さん。それは、収穫したマンゴーにも変化が。「とにかく日持ちが良くなり、無農薬に変えてから〝傷んでいる〟というクレームは一切無くなりました。色味もオレンジ色から真っ赤に変化したんです」。確かに、一般的なマンゴーとは全く色味が異なります。

自然に寄り添った農法で育てられた作物を使うことで、宮古島の土壌汚染が少しでも減ってくれたら嬉しい。ましてや、農薬の使用を見直すきっかけになれたのならこれ程嬉しいことはありません。その為にもこの贅沢な果物を使い、うっとりする程の〝至福の一杯〟を開発し、宮古島の環境改善に繋げたいと思うのです。


僕たちのお店

店舗の場所は、市街地を走る下里通りを30mほど入った所にある古い一軒家。こちらを改装し開業致します。https://goo.gl/maps/Foeh5cNvQ3a6mjkC8

実はこの店舗、事情によりここ3年ほど放置され街に暗闇を作っていました。今回、あるご縁をいただき賃貸契約が成立。これを機に全面改装し、再び灯りを取り戻したいと思います。 

今後、この島にはあらゆる国や地域から様々な人が訪れることになるでしょう。そこで求められるのは〝コミュニティーの場〟。つまり、性別や年齢、国籍や宗教に関わらず、多様な人々が気軽に交流できる〝空間〟が必要とされると思うのです。南の島らしい開放的なデザインで、自由で懐の広いクラフトビールを味わうことができたら、それは理想的な〝場〟になるのではないでしょうか。


最高の仲間!最高のタコス!

プロジェクトの構想を練っている最中、魅力的な人に出会うことが出来ました。彼の名は「kozee」。自らがグーグルマップのピンになり、世界中に刺さりまくってきた男です。https://instagram.com/sasarukozee?utm_medium=copy_link

僕たちは意気投合し、お互い色々な話をする仲になりました。


「AMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND/アモーレアミーゴみやこ」

kozee君は宮古島で事業を始めました。もともと、東京・北青山で開業していた「Amore n Amigo/アモーレアミーゴ」を、フードトラックという手段で持ってきたのです。

店名は「AMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND/アモーレアミーゴみやこ」https://instagram.com/viva_miyako?utm_medium=copy_link

今まで培ったレシピを、宮古島の食材でアレンジしたこの島でしか食べられない絶品タコスを販売しています。ビールにタコスが合うのは言うまでもありません。しかも、それが絶品なんですから間違いないんです!人に惹かれ、タコスに惹かれ、その上で僕たちの思想に共感してくれるのですから、共に歩まない理由はない。当店のフードは彼らの作る最高のメキシカンに決まりました。


「AMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND/アモーレアミーゴみやこ」

代表 Kozee 

はじめまして、地球に刺さる男Kozee(コージ)です。僕は今まで100ヶ国以上を旅してきました。世界中の名だたる海を見てきたこの僕が、今一番愛しているのがこの宮古島の海です。旅をしていて最も幸福を感じるのは、美しい海を見つめながら飲む大好きなビールと美味しいフードを食べているとき。僕にとってまさに人生の豊かさを感じる時間です。世界屈指の美しい海があるこの島で、気の合う仲間とクラフトビールで乾杯してタコスを頬張る 。そんな〝幸福な時間〟の流れる場所を作ります。 島の人からも、島を訪れる人からも魅力的な店。素敵な人が集まり、素敵な出会いが生まれる店。宮古島の未来を創る店。〝クラフトビールとタコスで宮古島の海を愛する全ての人を幸せに〟応援よろしくお願いします!

店長 佐藤壮太 

口いっぱいに頬張る島の食材たっぷりのタコスと、芳醇な香りとコクが魅力的なクラフトビール。そして、美しい海に引き寄せられ集まり人たちとの出会い。宮古島は人生を変える。お店で皆様と熱いお話が出来ることを楽しみにしています!

スタッフ 橘友貴

タコスとビール!この組み合わせだけでも最高なのに、それが宮古島にできるんですからワクワクしませんか⁈そんな空間づくりに少しでもお力添え頂けたら、より一層素敵な場所になると思うんです。ご協力、よろしくお願い致します!


応援メッセージ

宮古の海をキレイにし隊 隊長

井上美香

ボランティア活動で宮古島の海のビーチクリーンを主催して5年。この美ぎ島を未来に残してゆくために、そしてこの島に住まわせてもらっている感謝を込めて活動しています。気候変動や様々な影響で島の海や自然が壊されていく。今、私達に何ができるのかをこの起業をもってチャレンジしてゆく原動力と、変化していく時代に前のめりに刺さる行動力。リスペクトしかありません。島を本当の意味で愛してくれる人がビールと食で繋がれる場所になること間違いなし。ビーチクリーンの後の宮古島産のクラフトビールは格別だろうなぁ!応援しています。


素潜り漁師

高田 和大

宮古島の素潜り漁師として活動しています。何故、数ある漁法の中で素潜り漁にこだわるのか。それは、素潜り漁が意図しない魚種や幼い個体を捕獲してしまうことが少なく、必要以上の魚を獲りすぎることがないから。海への負荷を最小限にすることで、孫の代まで美味しい魚を残したい。その私の夢はISLAND BREWINGが掲げるミッションと一致します。夢を実現すべく、これからは共に模索していきましょう!皆さま、ぜひ応援よろしくお願い致します!


株式会社 彗星  代表クリエイティブディレクター

重富 健一郎

宮古島の海、自然を愛するブリュワリーを作る。昨年、そんな想いを伺いコロナ渦の中打ち合わせを重ねてきました。サスティナブルでフレッシュな作物を利用したクラフトビールの開発。海をクリーンにする活動への参加、宮古島の海が好きな人たちが語らう場所として、ISLAND BREWINGとその仲間たちが、新しい宮古島を創ってゆくと信じています。


OCTAGON BREWING  ヘッドブリュワー

千葉 恭広

何かを作り出すときに、ほぼ必ず生まれる廃棄しなければならない物を極力0に近づけて、環境に負荷のかからないよう宮古島の豊かな自然をそのまま残しつつ、ものづくりを始めるISLAND BREWINGのプロジェクトは、あなたにとってだけでなく、これからの社会にとっても大きなリターンを得られるものだと思っています。豊かな自然、それと共存している醸造所、美味しい食事に最高のビール、そしてそこに集まる人々、そこで生まれるコミュニティ。想像するだけでわくわくしてきませんか?一緒にその空間を体験しませんか?私も非常に微力ではありますが、出来る限り協力していきたいと思っています。
皆さんのお力を少しでもお貸しいただけるようお願いいたします。ISLAND BREWINGで一緒に乾杯しましょう!


株式会社リッコ ジェラート  代表

前納 豊

やりたい事を通す男。僕が宮古島に初めて来たのは2007年頃、彼は既にスパイスの店をやっていた。味も空気も素晴らしかった。手入れされた気持ちの良い庭を歩き古民家に入ると、初めてなのにちょっと懐かしい感覚。料理が運ばれてくるとスパイスと食材が口から脳内に広がり、食べ進めるほど行先をどんどん広げ軽いトリップをさせてくれる。「こんな尖った事をやり切っていいんだ!」と目から鱗が落ちたのを覚えている。その鱗にはカルダモンの香りが付いていた。それほど彼の周りにはスパイスの香りが満ちていたし、それに負けない命のエネルギーをほとばらしていた。僕も負けじと、自分のやりたいことをやり通す日々を送っている。あれから15年。彼は今、ビールに魅了されている。やり切ってくれることは間違いない。個人的には、リターンよりもどんなトリップを見せてくれるのかを楽しみにしている!


開業までのスケジュール

2021年 5月 物件契約

2021年 8月 店舗解体開始(スケルトン戻し)

2021年 9月 店舗改装開始、酒類小売り免許取得(宮調第7027号)

2021年 10月  10月23日改装終了予定(飲食店営業許可取得は同月24日予定)

2021年11月1日 グランドオープン!


リターンのご紹介

①3,000円 内容:お礼のお手紙+オリジナルコースター

ご支援いただいたお礼の気持ちをお手紙にてお伝えさせて頂きます。


②5,000円  内容:ドリンク1杯+特製メキシカンプレート+オリジナルコースター

店舗で提供するお飲み物の中からお好きなものを1杯(グラス)と、通常メニューにはない〝CAMPFIRE限定メキシカンプレート〟をセットでご提供させて頂きます。


③10,000円 〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(小)+オリジナルコースター

店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で、ISLAND BREWINGオリジナルコースターをお届け致します。


④15,000円  〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(小) +オリジナルTシャツ(ISLAND BREWINGもしくはAMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND どちらか)+オリジナルコースター

店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で 、ISLAND BREWINGのデザインを担当する、重富健一郎氏によるCAMPFIRE限定デザインTシャツか、AMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND viva45Tシャツどちらか1枚をお届け致します。


⑤15,000円  〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(小) +ISLAND BREWINGロゴ入り保冷バック+オリジナルコースター

店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で、タイベック製ロゴ入り保冷バックをお届致します。クラフトビールは全て要冷蔵ですので保冷バックは必須!これさえあれば海やBBQで美味しくお召し上がり頂けます。もちろん、ビール以外にも幅広くご利用頂けます。


⑥30,000円 〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(中) +オリジナルTシャツ2枚(ISLAND BREWINGとAMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND 両方)+オリジナルコースター

店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で、 ISLAND BREWING(CAMPFIRE限定デザイン)TシャツとAMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND viva45Tシャツを2枚セットでお届け致します。


⑦30,000円 〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(中)+ ISLAND BREWING ロゴ入り保冷バッグ+ ISLAND BREWINGロゴ入りグラウラー+オリジナルコースター

店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で、ISLAND BREWING ロゴ入り保冷バッグとISLAND BREWINGロゴ入りグラウラーをセットでお届致します。グラウラーとはビールや炭酸飲料にも対応したマイボトル。国内唯一のグラウラーメーカー「SANPONI」の製造する商品なら、最大12時間の保冷を実現。更に別売りのタップを付ければサーバーにも変身する優れもの。ぜひ、当店でビールを詰めてビーチで味わってください。


⑧50,000円 〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(大)+ ISLAND BREWING CLUB会員権+オリジナルコースター

店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で、初回ご来店時より1か月間有効の会員権をお届け致します 。特典として①全てのクラフトビール(生)を会員価格にてお飲み頂けます 。②お席のご予約を承ります(会員様以外のご予約はお受けいたしません。ただし、10分以内に来店して頂ける場合のみお受けする場合がございます)。③会員様限定グラスをお使い頂けます(一般のお客様とは別にご用意した特別なグラスでビールをご堪能いただけます)。


⑨100,000円 〝〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(大)+ ISLAND BREWING CLUB会員権+オリジナルコースター

店内壁面にお名前を掲載させて頂いた上で、初回ご来店時より 6か月間有効の会員権をお届け致します。 特典として、①全てのクラフトビール(生)を会員価格にてお飲み頂けます 。②お席のご予約を承ります(会員様以外のご予約はお受けいたしません。ただし、10分以内に来店して頂ける場合のみお受けする場合がございます)。③会員様限定グラスをお使い頂けます(一般のお客様とは別にご用意した特別なグラスでビールをご堪能いただけます)。


⑩300,000円 〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(特大)+ 店舗貸し切り権(半日)

12時~18時、18時~24時のどちらか6時間を貸し切り頂けます。人数に制限はございません。
※ドリンク・フードは通常営業時と同様(キャッシュオン)でお願い致します。


⑪500,000円 〝〝ISLANDサポーター〟として店舗内壁面へのお名前掲載(特大)+ 店舗貸し切り権(1日)

12時~24時の丸々1日を貸し切り頂けます。人数に制限はございません。
※ドリンク・フードは、通常営業時と同様(キャッシュオン)でお願い致します。


※お名前はアルファベット表記となります

※複数ご購入いただいた場合でも、記載は一か所(一番大きいもの)とさせて頂きます


資金の使い道・スケジュール

店舗改装費、ビール開発費に充てさせて頂きます。もちろん、この度のプロジェクトにご協力頂くCAMPFIREさんへの手数料もこちらからお支払いいたします。

※リターン②⑩⑪の有効期限は2022年1月1日より2022年5月末日とさせて頂きます。

※リターン①③④⑤⑥⑦は、プロジェクト終了後3か月以内を目途にお送り致します。

※リターン ⑧⑨は、ご来店頂いた日からカウントし期限とさせて頂きます。


最後に

宮古島の海、宮古島の空、宮古島の人々。僕たちは宮古島が大好きです。休日、海に浮かび青い空を眺める時間ほど幸せな時間はありません。この美しさがいつまでも残ってほしい。心からそう思います。

だからと言って、経済的な発展を否定するわけではありません。この島に住む誰もが、何らかの形でその恩恵に預かっているのです。

今後、この島には世界中から多くの旅行者が訪れるのであり、彼らを受け入れ喜ばせることは、観光を主な産業とするこの島に住む者、特に事業を営む者の責務だと考えています。

この島の活性に繋がる事業。そして、この島の自然に寄り添う事業。 

この両輪が回り、更に運転する僕たちが心から楽しめるものが今回のクラフトビール事業です。微力ながら精一杯取り組む覚悟です。皆様のご支援をよろしくお願い致します。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!


ISLAND BREWING株式会社

代表 土屋 元


906-0013

沖縄県宮古島市平良字下里615-1 アクトホーム南 

※市街地下里通り中央交差点を西(伊良部大橋方面)に向け30mほど入った場所

https://goo.gl/maps/sTxXhBjsMp25bc3s9

ISLAND BREWING 

12:00~24:00(LO23:30)

不定休(台風などの自然災害時のみ休業予定)



<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>
※プロジェクトオーナーとして資金を集めるにあたり、特商法に基づき次の表記をお願いしております(法人、個人を問いません)。以下の雛形をご利用ください。

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:ISLAND BREWING
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:ISLAND BREWING株式会社
 ●事業者の住所/所在地:〒906-0013 沖縄県宮古島市平良字下里615-1
 ●事業者の電話番号:Tel:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/03/07 14:58

    大変お待たせ致しました!最後のリターン、壁面へのお名前掲載が完了いたしました♪この度は、皆さまのご支援のおかげで無事に事業を開始することができました。なにより、皆様から頂いた暖かなメッセージは本当に励みになりました!(一つ一つにお返事できず申し訳ございませんでした・・・)改めまして、ありがとう...

  • 2022/02/25 09:03

    お待たせいたしました!ISLAND BREWINGオリジナルTシャツが出来上がりました♪当店のロゴなど、デザイン全般を担当して下さっている重富健一郎氏による〝ゆるかわ~〟な一枚。これを着て来店してしてくれる方にいつか出会えるのかな??本日、発送です♬ゲン

  • 2022/02/05 14:57

    2月発送予定の商品が揃いました!発送は、来週月曜日(7日)です。残るは、オリジナルTシャツを含む商品と、店内壁面へのお名前の記載のみ。今月中旬頃には、どちらも完了する見込みです♪そちらもどうぞお楽しみに!ゲン

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください