【オリジナルボールペン緊急在庫処分】

本日、オリジナルボールペン5色セットを1000円のリターンとして設定させていただきました!


今夜23:59分までとなっております!

ネクストゴール達成のため、ご支援・ご協力よろしくお願いいたします!


【ネクストゴール25万円に挑戦中】

*皆様のご支援・ご協力のおかげで、目標金額である15万円を達成することができました。本当にありがとうございました。現在ネクストゴール25万円に挑戦中です!

追加の10万円でさらに多くの子供たちにより多くの栄養あるご飯を届けることができます!

また、本ページの最後「海上スラムからのメッセージ」という動画に登場している海上スラムのコミュニティのリーダーの娘カーメル(carmelle)の大学に行くための教育支援を行います!皆様からのご支援は彼女の大学に行くために必要なパソコン、制服、文具や鞄などの購入にあてさせていただきます。


引き続きご支援よろしくお願いします!



 はじめまして!このページを開いてくださってありがとうございます。

 私たちは青山学院大学公認SHANTI SHANTI 国際ボランティア愛好会に所属している学生14人で結成したチーム、Meteor Shower(メティア シャワー)です。

「SHANTI」は古代インドのサンスクリット語で「平和」という意味を指します。

 私たちは世界がSHANTIになるために一人一人が自発的に考え行動することのできる団体を目指しています。

 今回私たちは、フィリピンセブ島のNGO団体であるSLPC様(sustainable livelihood project Cebu)と協力して、セブ島における海上スラムの最貧困者層の人たちの食料支援を、クラウドファンディングを通して行います。

 新型コロナウィルスの世界的な感染拡大の影響もあり、現地の状況は非常に深刻です。私たち大学生だけの力では支援を行うことができないため、クラウドファンディングにて応募を募ることにいたしました。皆様のご支援が必要です。貧困地域の人たちに、お腹いっぱいご飯を食べさせてあげたいのです。子どもたちが少しでも栄養をつけられるように、1人でも多くの命が助かるためにご支援、ご協力をお願いいたします!


「プロジェクトリーダーより」

はじめまして。このプロジェクトのリーダーを務めている青山学院大学総合文化政策学部2年の雨宮翼(あめみやつばさ)と申します。

今から約5年前の2016年、本プロジェクトの協力団体であるSLPC様のボランティアプログラムに参加して初めてセブ島のスラム街を訪れました。初めてスラム街を訪れ彼らの生活環境を目の当たりにして「この子達の生活が少しでも良くなるように力になりたい」その時私は未熟ながらもこのように思いました。スラム街の子ども達はいつも元気に走り回っていますが本当にお腹を空かせています。子ども達の多くは体が年齢の割に小さく痩せ細っていて満足に食べられていないのです。初めてスラム街の子ども達と出会って以降、貧困に苦しみながらも毎日精一杯生きている子ども達のことを1日も忘れたことはありません。そして今回、「1人でも多くのセブ島の子供たちにお腹いっぱい食べさせたい」と思い、私の考えに賛同してくれた13人と本プロジェクトを立ち上げました。コロナ禍ではありますが今回このようにしてセブ島にある海上スラムの子ども達の支援ができることが楽しみでなりません!

私達は一丸となってセブ島の子ども達の明日が少しでも明るくなるようにこれからも1日も無駄にすることなく全力で頑張っていきます。私たちに力を貸していただけないでしょうか。ご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いします!!


私たちが所属するボランティア愛好会は、400人を超える学生が所属している、学内最大規模の団体です。人数が多いため、色々な考えを持つ人たちに出会うことができ、互いに刺激し合い、切磋琢磨しながら活動しています。

 活動は、「国際ボランティア」「国内ボランティア」大きく2つに分けることができます。

 まず国際ボランティアについてです。例年、夏休み・春休みの長期休暇を利用して、東南アジアを中心とした貧困地域に訪れて、生活に困っている家庭に安心して暮らせる家を建てるというボランティアを行っています。文化体験活動として世界遺産を見学したり、現地の方と交流したり、魅力がたくさんつまったボランティア活動です。


 次に国内ボランティアについてです。今までボランティアを行った地域は全12県にのぼります。主に農家や被災地のお手伝いをして、その地の文化を知ったり、その地の多くの方々と関わったりする中で、日本の良さを改めて実感することができます。



 このようなボランティアに行く際には、派遣先のチームに別れてミーティングを重ね、事前準備を行います。楽しいコンテンツを用意してチームの仲やチームワークを深めるだけでなく、支援先のことを調べ、学び、知る場でもあります。

 ミーティングは例年対面で行われますが、現在はZOOMを使用してオンラインで行っています。私たちMeteor Showerも、週1〜2の頻度でミーティングを開き、セブ島についての知識を増やしつつ、どうすれば海上スラムの人たちにできるだけ多くの支援をすることができるのか、みんなで話し合いながら、和気あいあいと活動しています。


〜フィリピンのセブ島にある海上スラムの実態〜



 フィリピンのセブ島、国際空港があるマクタン島とセブ島を結ぶ橋の下に海に浮かぶように広がるスラムがあります。ここには先住民族のマンボ族の人たちが集まって暮らす集落となっています。マンボ族はもともとミンダナオ島に暮らす部族です。ここに住む人たちの仕事は、船が港に着いた時に荷物を下ろす仕事や道路を清掃する仕事など日雇いのものばかりです。海に出て漁をしたくてもお金がなく、船が買えないのでできません。コロナ禍になって彼らが生活するのに必要な仕事もなくなり生活は厳しい状況が続いています。


〜彼らの生活環境〜

 海上スラムに住む彼らの家はとても簡素な作りとなっています。そのため、高潮になるとすぐに家は浸水してしまいます。


 

▲家の中が浸水していてそこでたらいの中で遊ぶ子どもたち


 簡単な家の作りのために家が壊れてしまうことも多々あります。実際に、6月には家が一軒海に落ちてしまいました。

 もともと建築方法も簡単なものなので躯体強度もあまりありません。

 それが経年劣化や高潮などの影響で急に崩れ落ちたようです。海上スラムに住む人たちは貧困のあまり、このような場所で暮らさざるを得ない状況にあります。


 スラムの人々に最も必要なのは日々の命をつなぐための食料です。このようなスラムに住む人々は貧困に加えて、コロナの影響で仕事が激減し食料も満足に買うことができません。そのため、お金を都合してくれる人から借金をすることしかできないのです。政府からの支援がほとんどないので厳しい状況が続いています。


 ▲コロナ禍のスラムの家族のディナー

 5人家族でその日夜の食べ物がこれしかありません。

 現地の子どもたちに聞いたところ、1日3食食べていたのが1食になったり、兄弟が多い家族は上のお姉さんが自分の食事を小さな子供に与えたりすることがあったそうです。1日1回、しかもごくわずかしか食べ物を食べられていない人々がこのような海上スラムにはたくさんいます。


 このプロジェクトで実現したいことは大きく分けて2つあります。

① フィリピン・セブ島にある海上スラムに住む人々への早急な食料支援

 現在、海上スラムに住むような貧困者の生活はさらに悪化しています。ただでさえ苦しい生活をしていたのにコロナにより仕事が激減してしまったからです。その影響は計り知れません。私たちはそのような人々の命を諦めたくありません。救える命は1人でも多く救いたいのです。

 皆様の力により1人でも多くの命を救っていただけないでしょうか。そのためにどうか皆様の力をお借しいただけませんでしょうか。


② フィリピンセブ島の貧困問題の認知度向上

 昨年より世界的に拡大した新型コロナ感染症は、日本でも同じように未だ収束する兆しは見えていません。現在でもフィリピンのセブ島ではMECQというほぼロックダウンの状態(2021年8/15日現在)となっていて他の市に移動するには許可書が必要です。基本子供たちは外出禁止になっています。これがもう一段上がると親が仕事をしに行くのも禁止になります。

 現在セブ島ではこのような状況にあり、この感染症による影響は今後もしばらく続くでしょう。したがって必要なのは皆様の継続的な経済的支援です。

 私たちは今後このクラウドファンディングをきっかけとしてSNSなども活用し、セブ島における貧困問題の情報発信を継続的に行なっていきます。


皆様からいただいたご支援は私たちが訪問経験のある現地NGO団体を通して食料に替え海上スラムの人々に届けます。詳しくは以下のURLをご覧ください。

・フィリピンセブ島現地NGO SLPC様

https://go-cebu.com/


[実施スケジュール]

2021年9月中旬〜下旬 クラウドファンディングスタート

2021年10月中旬〜下旬 クラウドファンディング終了

2021年10月中旬〜 現地での配給開始

2021年12月〜 リターンの開始


 目標金額に達成せずに終了した場合でも、その時点で集まった支援金を受け取ることができるAll-in方式をとります。サポーターの皆さんへは必ずリターンをお届けします。 


海上スラムの人たちの食料代として使わせていただきます。資金を現地に送り、現地のNGOの職員が食糧を購入し、海上スラムの人たちにその食料を届けてもらうという仕組みです。 

 例えば、上の画像の通り、たった500円でお茶碗約30杯分のお米を届けることができます。

 Goodmorning様への手数料、リターン等のプロジェクトでの必要経費以外、全額食料支援のために使わせていただきます。

 もしより多くのご支援を集めることができた際には、配給する食材の量を増やしたいと考えています。



500円

・私達Meteor Showerからのお礼メッセージ


1000円

・私達Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地からのビデオメッセージ

・オリジナルステッカー


2000円

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・オリジナルボールペン


3000円

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・オリジナルステッカー

・オリジナルボールペン


5000円

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・オリジナルステッカー

・オリジナルボールペン

・オリジナルトートバック


8000円

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・オリジナルステッカー2個

・オリジナルボールペン2本

・オリジナルトートバック


1万円

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・オリジナルステッカー 

・オリジナルボールペン

・オリジナルトートバック

・オリジナルマスクケース


2万円

Aコース

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・セブ島で活動されるボランティアグループの一つ、文化教育交流会(CECジャパンネットワーク)の代表である池頭様によるZoomを用いたオンライン講演会ヘご招待!

権利利用可能期間:2021年12月中


Bコース

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・オリジナルステッカー

・オリジナルボールペン

・オリジナルトートバック

・オリジナルマスクケース

・オリジナルタオル


※A・Bコースは、通常4万円のところ、クラウドファンディング限定2名様に限り半額となる早割コースです!


4万円

Aコース

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・セブ島で活動されるボランティアグループの一つ、文化教育交流会(CECジャパンネットワーク)の代表である池頭様によるZoomを用いたオンライン講演会ヘご招待

権利利用可能期間:2021年12月中


Bコース

・Meteor Showerからのお礼メッセージ

・現地の子供たちからのビデオメッセージ

・オリジナルステッカー

・オリジナルボールペン

・オリジナルトートバック

・オリジナルマスクケース

・オリジナルタオル


※リターン品のイメージ画像におきましては、随時更新させていただきます。



海上スラムからメッセージが届いたのでご覧ください。


 私たちのページに目を留めて下さりありがとうございます!フィリピンでは経済成長が進んでいる裏側で人口の半分以上が貧困に苦しんでいるという現実があります。貧困家庭に生まれた子どもたちは小さい頃から家族のために働き、学校に行くことが出来ません。
 また、新型コロナウイルス感染拡大も相まって、フィリピンセブ島の子どもたちの貧困状況はさらに深刻になっています。この子どもたちは「医者になりたい」「学校の先生になりたい」など私たちと同じような夢を追いかけているにも関わらず、その夢を叶えられる状況にありません。
 そこで、私たちと一緒にフィリピンの子どもたちの夢に向かう気持ちを応援しませんか?1人でも多くの子どもたちに明るい未来が訪れるように、ぜひ皆さんのお力を貸して下さい!




■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/11/06 20:00

    こんにちは、Meteor Showerです。私たちのクラウドファンディングが無事10月25日終了しました。ご報告が遅くなり申し訳ございません。多くの皆さまからのご協力により最終的に254,000円という多くのご支援をいただくことができました。改めて心より感謝申し上げます!本当にありがとうござい...

  • 2021/10/25 19:00

    みなさんご支援・ご協力本当にありがとうございます!9月22日から始まり、33日間にわたったクラウドファンディング。ついに終了まで残り5時間となりました!ネクストゴールである25万円達成まで残り約25000円となっております!みなさんのお力が必要です。最後まで応援よろしくお願いいたします!Met...

  • 2021/10/25 08:00

    今夜23時59分59秒にフィリピンセブ島海上スラムの食糧支援プロジェクトが終了します。私達は最後の1秒まで「セブ島の子ども達の明日を少しでも明るくしたい」という気持ちを応援してくださる全ての皆様と共有していきたいと思っております。多くの方々のご支援によりネクストゴール達成まで残り約2万5千円と...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください