従来の真空パック器は大型で扱いが大変でした。そこで「もっと気軽でオシャレに」を実現しました。旅行時の衣類や食料品を、いつでもどこでも真空パックに!

プロジェクト本文

モバイル世代の真空バック器、ついに日本初上陸!

従来の真空パック器は大型で扱いが大変でした。

「大きい」「重い」「近くに電源が必要」と、なにかと面倒。

せっかく買ってもキッチンの奥にしまい込んで使わなくなる、

なんてことも多かったのでは?

 

そこで、真空パックの便利さはそのままに

「もっと気軽でオシャレに」を実現しました。

 

小さい・カンタン・コードレス 「真空パック器」Piccola

  

旅行時の衣類や食料品を、いつでもどこでも簡単に真空パックに!

 

USB充電式だから、海外でも電源の規格を気にせず安心してお使いいただけます。 

 

 

使い方はカンタン、3ステップ!

Piccolaの操作はとてもカンタン。

1. 専用の袋に入れ、しっかりジップ。

2. Piccolaをセット。

3. ボタンを押すだけ!

※Piccola専用袋は5枚付属します。

 お菓子等の保存に適した小さめサイズ、衣類に適した大きめサイズ等、

 別途発売予定です。

 

またPiccolaは、本体の上にボタンが1つあるだけのシンプル設計。

機械が苦手な方でも、直感的に操作ができます。

 

旅行や出張のお供に、モバイル圧縮ガジェットとして

こんな経験はありませんか?

・旅行や出張の荷物がパンパン

・旅行で使用した服の臭いや異臭が他に付いてしまった

 

そんな悩みを、Piccolaが解決!

  

・真空圧縮でカバンのスペースを確保

・真空状態でニオイ漏れ防止、細菌増殖を抑え、カビを防止します

 

旅行でも出張でも、お出かけの際は

いつでもカバンに入れて持ち運べます。


食品も鮮度長持ち!

こんな経験はありませんか?
・料理をして使わなかった食材がたくさん余った
・ついつい作り過ぎて残ってしまった
・ご近所から大量に野菜をもらった
・冷蔵庫に入れておいた食材がたくさん

その結果、
・いつのまにか変色、カビが
・冷蔵庫に臭いが
・お肉などが冷凍焼けしてしまった
・お菓子や海苔が湿気で台無しに

 → しょうがないから捨ててしまった・・・
   でも従来の真空パック器は大型が多く、操作も面倒。

そんな悩みを、Piccolaが解決!

 

新鮮さ、ぐんと長持ち♪

効果:
酸化・腐敗防止
 酸素を遮断することで細菌の繁殖を抑え、カビや変色を防止します。
害虫防止
 お米や小麦粉等の害虫を予防します。
におい移り防止
 冷蔵庫・冷凍庫内での乾燥と、匂い移りを防ぎます。
乾燥防止
 水分の蒸発を防ぎ、冷凍焼けを防止します。
解凍時間短縮
 パックしたまま水に浸けて解凍でき、解凍時間を短縮できます。*
収納がすっきり 
 庫内の収納スペースを有効活用できます。

*ワンポイント! 
 解凍時には、真空パックのまま水より氷水に浸すと、より旨味を逃さず解凍できます♪

<保存期間の目安>
食品によって異なりますが、目安として冷蔵は1.5倍、冷凍は2~5倍、保存期間を延ばすことが可能です。
(ただし常温が良い食品、生野菜などのように冷凍に向いていない食品もあります)

ご注意)水分・粉末が入ると、故障の原因になりますのでご注意ください。


コレクショングッズの保存に

大切なコレクションの保存にも役立ちます。

こんな経験はありませんか?
・大事な切手の色が変色してしまった
・貴重なコインが変色し、カビが生えてしまった
・コレクショングッズが風化してしまった

そんな悩みを、Piccolaが解決!

 

・真空状態で、細菌増殖を抑え、変色やカビを防止します

大切なコレクショングッズの保存にも最適です!

ご注意)強い吸引力にご注意ください。

 

最後に 

真空パックは、欧米ではもっと一般的。
それはその効果を実感しているから。

「日本でも、もっと真空パックが広まって欲しい」
気軽に使えるPiccolaが、その手助けになることを切に願っております。

 

製品仕様

・サイズ:高さ85mm、直径52mm
・本体重量:約140g
・電池:リチウムイオン電池 800mAh
・充電時間 約2時間
・カラー:スカイブルー、ピュアホワイト*、マットブラック

 

※  ピュアホワイトのボタン箇所の色は、青ではなく白の予定です。
   動画や画像と異なりますので、ご注意ください。
   また商品本体にPiccolaのロゴが入ります。

 

運営会社について

ジェイワールド(株)は新商品の開発、発掘に取り組んでおります。

革新的なアイデアや素敵なデザインで、快適な生活をご提供できるよう努めています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください