はじめに・ご挨拶

私たちアート・プログラム実行委員会は、美術館や画廊といった特定の空間で接することの多かった美術作品を、公共の空間へ展示することにより、環境の向上、芸術・文化の振興及び地域の活性化に貢献することを目的とし、広く様々な空間でアートの可能性を探る試みを続けています。


このプロジェクトで実現したいこと

コロナ禍で活動・発表の場を制限されたアーティスト達に、発表・活躍の場を!

美術・音楽などの芸術は、発表の場がある事で、お客様が観て聴いて価値や感動を共有することができます。多くの人の目や耳に触れる事でアーティストの表現は人へと伝わり、更に発展し継続することができます。

(「塔」 Ramo/陶オブジェ作家)

ですが、今、コロナ禍で発表する場は次々と制限され、オンライン授業にはじまる学生たちは独りで過ごし学び、多くのアーティストの表現の場は閉じられ、制作さえ出来ない状況に追い込まれつつあります。

このままではアーティストが活動を続ける資金もなくなり、芸術は衰退してしまいます。

(AIによる芸術表現 内藤智之/脳科学者)

そこで、コロナ禍でもアーティスト達に発表・活動の場を設けるべく、過去10年以上開催していたアート・プログラムを、前回同様、国宝を有する鶴林寺にて、三密を避け、屋外展示及びネット配信を取り入れ、感染症対策をした状態で「アート・プログラムin鶴林寺vol.05~施美時間~現代美術×国宝×0円ハウス」を開催することといたしました。

(Ramo/陶オブジェ作家)

これはアーティストたちだけでなく、子どもも大人も弱者も、コロナ禍で疲弊し、救いを必要とするいかなる人に対しても、寄り添える芸術を届けられるのではないかと考えています。

(「牛とハートをこめて」 加古川こども園)

アート・プログラムが開催されるまでには、たくさんの準備や資金、人手が必要です。

今回はその「資金」と「人手」が不足しており、是非皆さまのご支援をお願いしたく、このクラウドファンディングに挑戦しました。


アート・プログラムとは

2006年に病院で始まったアート・プログラムは、2011年に舞台をお寺に移し通算11回以上の企画展を開催してきました。世界の第一線で活躍するアーティストから若手作家、学生、保育園児など、これまで実に多くの方々に参加いただいています。


(2013年アート・プログラム開催事のスズキコージ×堀越千秋
(ライブドローイング及びトーク・音楽ライブ))

私たちは、アートは生きざまに直結していると捉えています。

人間には工夫を凝らす知恵があり、今こそ必要とする多くの方に芸術を届けよう。

またそれらを通して、何が大切で何を取捨選択して人生を生きるのか。


ヒントはアーティストの表現であり、観た者の心に灯る何かであり、我々は美術に携わる者として決してその問いかけを止めてはならないと思っています。

(2019年アート・プログラム開催時の川上和歌子(展示))

そして、アートの力で未来を切り開くことができるならば、世の中の争いや差別は違うものに置き換えられる可能性があるのではないでしょうか。

そのためにも、会期中には映像や音楽ライブ等、様々な芸術を積極的に取り入れています。

今展では、「0円ハウス」という柔軟性・創造性を備えた芸術活動をアーティストの方々に挑戦して頂き、屋外に展示します。

そして、似顔絵セラピー・プロジェクト代表の村岡ケンイチをお迎えし、10/2(土)似顔絵や、10/3(日)ライブペインティング、トークライブを開催します。

(2015年アート・プログラム開催時の村岡ケンイチによるライブペインティング)

10/2(土)には、映画・ドラマ「深夜食堂」に挿入歌・劇中音楽・エンディングソングを提供している弾き語りスーマーによるライブ「弾き語り-この日その時-」を、国宝である本堂で開催いたします。

(2019年アート・プログラム開催時の本堂でのスーマーのライブ)

そして、前回好評であったAIによる芸術表現では、「GoGAN」という来場者の感性をAIに移植するという体験できる最新のAIアートデモが登場。さらに若手作家や、愛知県立芸術大学、東京造形大学の学生たち、加古川こども園の作品の展示もあります。

(左:東條新/愛知県立芸術大学、右:鈴木大晴/綴れ織作家)

また、コロナ禍の為、全体を通して作品や音楽をネット配信で世界の方々にも伝えたいと思っています。

(国宝である鶴林寺本堂)


資金の使い道

ご支援いただいた資金は、イベント運営費用として大切に使わせていただきます。


リターンについて

リターンは、お礼のメール、入場チケット、限定オリジナルTシャツ、アーティスト作品、スーマー氏のライブ配信チケット、村岡ケンイチ氏の似顔絵のほか、搬入出・運営のお手伝いもリターンとしてご用意しています。

ボランティアスタッフとしてのご支援も、ぜひともよろしくお願いいたします。

アーティストと共にやり遂げた達成感は、他では味わえないものがあります。

是非、私たちと一緒に施美時間を成功させるために力を貸してください!


(2013年アート・プログラム開催時の
スズキコージ×堀越千秋ライブペインティング展示)

※システム上CAMPFIRE手数料220円 は1支援毎に発生致します。


イベント概要

「アート・プログラムin鶴林寺vol.05 ~施美時間~ 現代美術×国宝×0円ハウス」

開催期間:2021/09/18~10/05(※水曜日休み)

会場:鶴林寺

●Performer ----------------------------

【音楽ライブ】
 スーマー/弾き語り

【似顔絵・ライブテインティング・トークライブ】
 村岡ケンイチ/似顔絵セラピ-・プロジェクト代表

●Artist ----------------------------
【展示アーティスト】

 大角雄三設計室/建築家
 太田龍之介/東京造形大学
 kaku/クリエイティブユニット
 加古川こども園/園児及び先生
 幸坂圭一郎/画家
 坂本美果/東京造形大学
 塩澤海斗/東京造形大学
 鹿野陵介/東京造形大学
 島田 菫/東京造形大学
 清水美里/東京造形大学
 鈴木大晴/綴れ織作家
 谷 正輝/美術作家
 東條 新/愛知県立芸術大学
 内藤智之/脳科学者
 mae takeshima/愛知県立芸術大学
 前田流星/アーティスト
 前田康晴/東京造形大学
 まるやまさとわ/東京造形大学
 Ramo/陶オブジェ作家
 安田 夭/愛知県立芸術大学

※緊急事態宣言が9/30まで延長となった為、キッチンカーは中止となりました。
村岡ケンイチの似顔絵・ライブぺインティング・トークライブ、スーマーの音楽ライブについては規模を縮小し、全ての展示を含め新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインに沿い感染防止対策を徹底して開催いたします。更なる緊急事態宣言の延長があった場合の変更・延期については、コチラに記載致します。


今後のスケジュール

9/15(水)、16(木)、17(金)作品搬入
9/18(土)~10/5(火)
アート・プログラムin鶴林寺vol.05 ~施美時間~ 現代美術×国宝×0円ハウス 開催
10/5(火)リターン「お礼メール」送信
10/6(水)作品搬出

9/16(金)以降、ネット配信チケット購入者へ随時動画を配信予定
10/2(土)以降、スーマー「弾き語り-この日この時-」準備出来次第、ネット配信チケット購入者へ配信


最後に

今秋に6度目の開催を迎える「アート・プログラム in 鶴林寺」は、鶴林寺の長い時間の流れに現代アートを加えることで、美の施しがさらに豊かになるのではないかと期待しています。そのような願いを込めて、東日本大震災が起こった2011年よりテーマを「施美時間(せみじかん)」といたしました。

現代作家の作品は、同時代を生きる作家の意図と鑑賞する人々の思いが、社会の情勢の影響を受けながら呼応して力を発揮します。
未曾有の震災を経験し、祈りと希望を希求する今、長い歴史の芸術を擁して人々を育んできた鶴林寺において現代アートの作家によるアート・プログラムを開催できることは、また、未曾有の好機と感じる次第です。
皆様のご支援をお願いすると共に、多くの方々に施美時間を過ごしていただきますことを心より念じております。

アート・プログラム実行委員会

(2013年アート・プログラム開催時の野村直城の展示)


■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:アート・プログラム実行委員会
 ●事業者の住所/所在地:〒675-0039 兵庫県加古川市加古川町粟津81-5
 ●事業者の電話番号:Tel: 079-424-7766
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください