はじめに・ご挨拶

初めまして、こんにちは。盛岡どんぱ実行委員会と申します。

私たちはこの夏、盛岡市内および岩手県内の大学生や社会人、企業などで有志の実行委員会を結成し、市内で20数年振りの花火大会を2021年9月25日に復活させようと活動してきました。3年以上の構想期間を経て、いよいよ実現まで目前だったこのプロジェクト。


しかし、新型コロナウイルスに対する岩手県独自の緊急事態宣言が発令されたことを受け、我々は中止という苦渋の決断を下すことになりました。地域の安心安全を第一に優先した結果です。


このプロジェクトで実現したいこと

ただ、全く白紙に戻して良いものか

このコロナの時代、人々の下を向きつつある気持ちを元気づけようと 

実行委員が花火に限らず様々な感動するエンタメを用意して、努力をしておりました。

だからこそ、なんとか盛岡の人々を感動させる方法はないか考え、たどり着きました。

日時を変えて、短時間でもサプライズ花火を打ち上げたい!と。

盛岡最大級の花火大会「第1回盛岡どんぱ」の開催を「第0回盛岡どんぱ」として。

感染の可能性が極めて少ない「たった15分間の感動」なら、今まで頑張ってきた学生のために、

近隣の「盛岡どんぱ」を楽しみにしていた市民のために、お届けできるのではないか。

そんな思いで、盛岡の夜空へ花火を打ち上げたく、今回のクラウドファンディングを立ち上げました。

どうか皆様、目を通して頂けると幸いです。





花火大会の復活を目指した経緯

盛岡駅から約3kmに位置する盛岡市高松公園では、かつて毎年8月の盆踊り大会に合わせ、花火が打ち上げられていました。しかし、イベントの幹事を担っていたおばあちゃんが亡くなったことや、花火大会のスポンサー企業が移転したことなど、さまざまな理由が重なりイベントは打ち切りになり、1997年頃を最後に開催されなくなってしまいました。

それから20年以上。時は令和3年。

これまでお世話になってきた盛岡の方々に、大きな感動を届ける為に!

新型コロナの影響で暗くなっている感情を明るくする為に!

私たちは「盛岡どんぱ」と新たに銘打ち、再びここで花火を打ち上げたいと考えたのです。




これまでの活動

その想いに賛同し集まってくれた有志の実行委員は、今夏の実現へ向け、活動を1年以上前から続けてきました。盛岡市内および岩手県内の学生や若手社会人を中心に、約100名。イベントの開催を目指してともに頑張ってきた大切なメンバーです。

盛岡どんぱの特徴は、多くの若者たちと一緒に作り上げていることです。

大学生とのミーティング場所は盛岡食堂にて

どんぱの前イベントとして「高松の池フォトコンテスト」開催告知のチラシを高松公園で配布

ポスター・フライヤーのモデル撮影


「盛岡どんぱ」は、約3年前の構想段階から、岩手の“これから”を担う若者たちと作り上げたいと考えていました。

このイベント運営を継続させることでさまざまな人が繋がり、市内全体のコミュニティを活発にする狙いがあるのです。

大学生や高校生たちを含めた有志の実行委員はボランティアですが、社会人のサポートを受けながら公的な業務もこなしつつ、子供から大人まで、来場者の感動する顔を思い浮かべてまるで文化祭の準備をするように活き活きと前進してきました。

盛岡のフリーペーパーのスコップの取材時のワンシーン

すると、その様子は地元の岩手日報や読売新聞、盛岡経済新聞に取り上げられるほど注目を集めるようになりました。

読売新聞様取材時 左から発起人:八木、岩手大学生(柴田)、読売新聞記者様


そして、地元のデザイナーが手掛けた限定グッズも堂々の完成。プロのヘアメイクやカメラマンが携わった宣伝ポスターも完成し、映像クリエイターからは素敵なムービーが届きました。


当初は、8月21日(土)の開催を目指しておりましたが、感染状況が悪化していることから、ワクチン接種が進む9月の秋へと、1か月延期をしました。



このように私たちは、今年9月25日(土)のイベント当日に向け、一歩一歩着実に前進してきたのです。

※配布していたチラシ表

※配布していたチラシ裏


しかし、8月27日に県内独自の「岩手緊急事態宣言」が発令されました。

当初は、感染予防を徹底し、何とか開催出来ないかと模索しておりましたが、市民に喜んでもらいたいという想いが、このイベントの全ての源です。

その市民の皆様が安心して楽しめなくては、本末転倒。開催する意義が無くなってしまいます。

そして、私たちは中止という苦渋の決断に至りました。




楽しみにして頂いた皆様、準備して下さった花火師の皆様には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、いや、だからこそ…

形を変えて、盛岡の人々を感動させる方法は無いか?

なんとか学生たちに、自分たちが作り上げたものを形として残せないか?

やっぱりゼロから作り上げた花火で、盛岡の人々を感動させたい!

私たちは、そう考えました。


私たちの実行委員では大学生も活発に活動にしており、来年以降は参加できないというメンバーも少なくありません。

一生に一度しか無い、2021年。

打ち上がった花火は、大学生たちにとって、一生忘れられないものになるはずです。

そしてなにより、盛岡の多くの人々に喜んでもらえると信じています。

今回打ち上げる花火の開催日時は、公には明かしません。“9月某日”に無告知で上げる、サプライズ花火です。また、当初からは大幅に規模を縮小し、時間にして約15分間での打ち上げを予定しています。

花火に気づき、ふと空を見上げた方をたった15分間でも感動させられたら。


みなさまのご支援で、盛岡の夜空に、明るい希望を咲かせてみませんか。

来年への明るい兆しを、光の道標が導いてくれる事を願って!


(撮影:K.AIKI)



花火は「盛岡どんぱ公式チャンネル」で公開する予定です。

【盛岡どんぱYouTube】https://youtu.be/J4wKswBTTTU

チャンネル登録をして通知ONにしてください。

来年以降のイベント開催にも繋げるべく、しっかりカタチにして残します。その感動を、多くの人に見て頂きたいと願っております。


資金の使い道


15分間のサプライズ花火打ち上げ費用に全額充てます

今まで頑張ってきた学生さんたちをはじめ、近隣にお住いの花火に気が付いた盛岡の人達に感動と元気をお渡ししたいと思っております。


※無告知で行う関係上、当プロジェクト終了日が花火の開催日を過ぎているというケースも考えられますので、ご支援の際にはご了承ください。

※盛岡どんぱ第1回目の中止を8月下旬に決めたことによりクラウドファンディングをする時期が遅くなりました。何卒ご容赦ください。

※もちろん、全てのご支援に対して各種リターンはお送りします。


リターンについて


■発起人:八木から感謝のメッセージ

金額3,000円
●盛岡で会社を経営する「盛岡どんぱ」発起人の八木が、心を込めて、感謝のメッセージをお送りします。
●そして今回をきっかけに、ぜひ岩手や盛岡にまつわる縁を広げていきましょう。
●モノのリターンが不要な方へおすすめです。



■サプライズ花火記念ポストカード

金額3,000円(税込) 

●サプライズ花火のポストカードを1口3枚セットお送りします。 

●盛岡の夜空を照らし、市民を笑顔にする花火の煌きをお届けします。

●片面がサプライズ花火を撮影した画像予定です。


■オリジナルVTRのエンドロールにお名前を掲載

金額3,000円(税込)
●サプライズ花火の模様を撮影・編集し、後日公開予定であるオリジナル映像のエンドロールに、あなたのお名前を掲載します。
●備考欄にご希望の名前を記載ください。
 ・お名前の記載はローマ字で20文字まででお願いします。
 ・イニシャルやニックネームでも可能です。


■うちわ

金額3,000円(税込) 

【詳細】

●1口2枚(紺色と白色)セットのリターンです。
●特別協賛企業ヘラルボニー様(本店所在地が岩手県)に提供いただいた限定デザイン。
●機能性はもちろん、おうちのインテリアとしてもオススメです。
●裏面には今回の協賛者様が記載されております。


■ヘラルボニーアート扇子(税込) 

金額10,000円(税込)

【詳細】

●1口1本のリターンです。
●ヘラルボニー様に提供いただいた限定デザイン。
●今年だけでなく、ぜひ末長く使っていただきたいと思っております。
●限定50本です。




サプライズ花火当日、会場付近に渋滞や雑踏が発生した場合、この企画自体が当日中止になる可能性があります。

どうかご理解をお願い致します。

リターン品には、制作した盛岡どんぱ限定グッズを揃えました。

どれも愛情が込められたとても大切な、今となっては貴重な商品たちです。


実施スケジュール

9月22日 施設に花火の配布

9月下旬 盛岡どんぱ~来年こそ第1回~サプライズ花火「光の道標」 

10月  ポストカード、感謝のメッセージ、扇子、うちわの発送。映像の完成


最後に

今年開催を予定していた第1回の盛岡どんぱは、中止となりました。

協力を頂いていた公的機関や企業の皆さんへ、中止の決断を報告した時「そうか、やらないのか、しょうがないよね、、」と残念がっていました。私たちはそれがとても印象的で、多くの人が応援してくれていたこと、楽しみにされていたことに気付かされたのです。

その想いに応えるべく、来年は花火大会を実現させるつもりです。

今回は“第0回”と捉えて花火を打ち上げたいと考えています。ゼロというのは、無限の力を秘めています。これからの世界を勇気付ける号令、とはちょっと大袈裟かもしれませんが、一度は暗礁に乗り上げたプロジェクトを、どうか応援して頂けると幸いです。

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。


【Twitter】https://twitter.com/donpa_0821

【Instagram】https://www.instagram.com/donpa.morioka/

【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCKw3nRnzrbzUoThuCQjAnrw

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:盛岡どんぱ
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:・・・八木禅
 ●事業者の住所/所在地:: 〒020-0866 岩手県盛岡市本宮6丁目30−21
 ●事業者の電話番号:019-601-3577
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/09/30 20:00

    どんぱ から 新郎新婦へのプレゼント どんぱをサプライズで打ち上げるにあたり、一番喜んでもらい、思い出になる方はどのような方が良いかを考えていました。 花火を2週間前に控えて 結婚式を開くのが難しい場合、写真だけで式をしたことに済ませてしまう新郎新婦が多いことにどんぱ実行委員会は気づきました。...

  • 2021/09/28 18:34

    こんにちは!盛岡どんぱ サプライズチーム代表の齋藤河玖です!夏も終わり、秋の夕暮れが綺麗に色づき始めたこの季節に盛岡どんぱのサプライズ花火を開催できたこと、たくさんの人が見に来てくれたことをとても嬉しく思います。また会場に足を運んでくださった人たちに加え、たくさんの感謝の声をSNSで発信してく...

  • 2021/09/25 16:42

    盛岡どんぱ実行委員長の佐藤林太郎です。昨日9月24日にサプライズ花火を打ち上げました。みなさん、楽しんでいただけましたでしょうか?盛岡市街地から多くの方々が夜空を見上げていただき、暖かいお言葉がsns上でアップされているのを拝見し、やってよかった。 と一息つくことができました。協力してくれた実...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください