初めまして!ご覧いただきありがとうございます!
僕たちは静岡県牧之原市で生まれ育ち、
農業をしつつ、地元牧之原市の地域活性活動を行っています。

地域活性の活動の一つとして、
牧之原オリジナルのクラフトコーラ「T-Cola」を制作しています。


【メンバー紹介】
きょう(写真左)25歳/趣味:サウナ


僕は大学で県外に進学しましたが、「やっぱり地元が好き!」という理由で静岡のメディア系企業にUターン就職しました。
2021年に牧之原市を襲った竜巻災害で、自宅が半壊し、たくさんの方に助けていただいたたことをきっかけに地域貢献をしていきたいと思うようになりました。その後地域での活動を通して、「もっと地域の中に入って、地域の一人として活動したい!」という気持ちが強くなり、思い切って退社。興味のあった農業をしつつ、コーラを作ったり大好きなサウナを作ったり、イベントをしたりと地域で活動を行っています。田舎で何もないと言われますがそんなことありません!「牧之原」が大好きです!LOVE MAKINOHARA!

ようすけ(写真右)24歳/趣味:釣り

こんにちは!僕は、牧之原市で農業をしているようすけです!牧之原市には高校まで住んでいましたが、社会人で、県外へ転勤となり、牧之原市の魅力に気付き、退社をして父の元で農業を学び始めました。しかし、半年後に父が亡くなってしまい、僕1人で農業をしなくてはならないという状況になりました。半年間では何も身に付かず、当時は本気で諦めかけていたのですが、近所に住んでいる農家さんや、友人のお父さんなど、多くの方々に農業について教えていただき、助けてもらいました。そこで、牧之原に住んでいる方々の暖かさや、父が続けてきた農業の素晴らしさなどを感じました。僕はまだまだ半人前ですが、牧之原を活性化することで、今まで農業を教えてくれた方々に恩返しをしたいと強く思っています。この牧之原市の農産物を使ったT-Colaをきっかけに、多くの人に「牧之原市のすばらしさ」を伝えていきたいと思っています!


この度、僕たちが制作をした静岡県 牧之原市の特産品「お茶」と牧之原産レモンを使ったクラフトコーラ、「T-Cola」をシロップとして製品化し、皆さまにお届けしたく、初めてクラウドファンディングでの資金集めに挑戦をします!

僕たちは、牧之原の環境、住みやすさ、人の暖かさを実感し、牧之原がとても好きになりました。
災害や親族の死など、自分が困ったり悲しんだりしているときに全力で助けてくれる人たちがいる。
慣れ親しんだ風景や、自然、温かい雰囲気に心が落ち着く。

この地で生まれ育ったからこそ感じるものがあり、それを他の地域の人、
まだその良さに気づいていない牧之原の人に伝えていきたい!

そんな思いから地域の活性化に繋がる活動をしていきたいと思うようになりました。
それと同時に、この活動を通してお世話になっている人たちへの恩返しをしていきたいと思っています。

まだまだ僕たちにできることは少ないですが、まずは牧之原のオリジナルクラフトコーラ「T-Cola」を多くの方に飲んでいただき、少しでも「牧之原」を知っていただきたい!
そして牧之原に遊びに来るきっかけの一つにしていきたい!

「T-Cola」が少しでも牧之原の活性化に繋がるよう、今回のプロジェクトを計画しました。
そんな僕たちの挑戦にぜひ、ご協力をお願いします!




僕たちは静岡県、お茶所の「牧之原」で生まれ育ち、小さい頃からお茶畑に囲まれ生活をしてきました。
牧之原市のクラフトコーラを作るにあたり、やはり一番身近で自慢できる「お茶」を入れよう!ということでお茶で煮込んだ牧之原オリジナルのクラフトコーラを作ることにしました。

5月の牧之原はお茶刈りの時期で、街中でお茶の香りがして、一面黄緑色のとても美しいお茶畑の風景が広がります。
ご飯の時は必ず急須で淹れたお茶を飲む。それが当たり前の日常で、お茶は常に身近な存在です。



しかし、いつからか放棄され、手入れのされていない荒れ果てたお茶畑を見かけるようになりました。

理由は少子高齢化による後継者不足で、お茶畑を管理していく人が少なくなってしまったこと。
ペットボトルや、インスタントティーの出現などでお茶の単価が下がり、生計を立てることが難しくなり、お茶をやめてしまう農家さんが増えたことなどです。


また2021年お茶刈りシーズンの5月、牧之原市を大きな竜巻が襲いました。
僕たちの住んでいる地域は特に被害が大きく、自宅が半壊してしまうほどの災害でした。
周りのお茶畑も被害が大きく、瓦礫がお茶畑に散乱し、電柱や防霜ファンもお茶畑に倒れ込んでいました。
お茶農家さんは「お茶畑に瓦礫が入ってしまった…」と、とても残念そうにおっしゃっていました。








僕たちの「故郷」「日常」「当たり前」の風景が荒れ果てているのを見て、「何かできないか?」「牧之原のお茶についてもっとみんなに知ってもらいたい!」と思うようになりました。

そして、牧之原のお茶の新しい活用法を作るとともに、牧之原を代表するような物を作り上げるため牧之原オリジナルのクラフトコーラ、「T-Cola」を作り始めました!

「T-Cola」は、温暖な牧之原の太陽を浴びて育ったレモンと3種類の厳選したスパイス、三温糖を、お茶所の牧之原自慢の美味しいお茶で煮込んで制作をしています。程よい甘さとスパイシーさ、鼻を抜けるお茶の香り、レモンの爽やかさが楽しめる牧之原オリジナルクラフトコーラです。

炭酸で割れば、刺激のある爽快ドリンクに!牛乳で割ればまろやかなチャイ風ドリンクに!

原材料:お茶(牧之原産)、レモン(牧之原産産)、セイロンシナモン、クローブ、カルダモン、三温糖(国産)


牧之原市は、北にお茶所の牧之原台地、南には静波海岸、相良海岸など有名な海岸線を持つのんびりとした海辺のまちです。
また、空港もあることから、「山」「海」「空」が揃うとても過ごしやすい地域です。
市のスローガンは「RIDE ON MAKINOHARA」。波にも音にも夢にも!何にでも乗れるまちです!
また、牧之原市はサーフィンの聖地と知られ、五輪ホストタウンとして、アメリカや中国のナショナルサーフィンチームが事前合宿に訪れました。サーフィンを楽しむ専用施設「ウェーブプール」も完成し、マリンスポーツも盛んな地域です。
さらに個性的なお店も増え始め、「食」「自然」「スポーツ」が楽しめ、ゆっくりとした時間を過ごせる素敵なまちです!温暖な気候に加え、人も暖かい!牧之原市にぜひ遊びにきてください!

【RIDE ON MAKINOHARA】https://youtu.be/WFXrnDEhARA


【まきのはら活性化センター センター長 中山さん】

きょうとようすけが地域活性のために始めた「クラフトコーラ」プロジェクト。

出逢いはきょうくんがまだ静岡の大手新聞社に勤めているとき、その会社を辞めてまで故郷でチャレンジしたいと訪ねてきた時は、その熱い想いに驚かされました。正直、考え直すアドバイスをしようか迷いましたが、友人のようすけくんと何度も相談に訪れて、この地域を活性化したいと揺るぎない固い決意を聞くにつれ、私もふたりの夢に惹きつけられていきました。そんな最高のコンビを全力で応援したいと思いました。

地域のイベントで初めてT-Colaを販売したときには、まだ知らない方々にクラフトコーラを紹介しようと一生懸命アピールし頑張っていました。イベント出店を重ねるとリピーターも増え好評を得ています。若者が自由な発想で活躍出来るまちになるようにサポートをしたいと思います。これからも牧之原市の魅力をクラフトコーラを通じて伝え、この地域に関心を寄せるファンをたくさん増やしてもらえたら嬉しく思います。夢に乗るまち RIDE ON MAKINOHARA!



【やすらぎ工房 中川さん】

きょうくんと初めて会ったのはコロナ禍2年目の冬でした。地元の地域活性化センターの方の紹介で、「紹介したい人がいる」とのこと。私たちはコロナ禍、子どもたちの楽しみを作りたいと地域イベントを開催し始めていました。そのイベント前日準備している会場で待ち合わせ。

自宅が竜巻で被害に遭い地域の方の温かい助けに感動した事、地域の特産を生かしたクラフトコーラで自分の生まれた牧之原市を盛り上げたいと思っていること、将来、農業と福祉施設を連携させたケアファームを経営したい事を話してくれました。

「地域を盛り上げたい。自分の町を活性化したい。」

20代前半でなかなか言えることではありません。でも初めて会った私たちに真顔で言えてしまう。正直すごいなと思いました。私が24歳だった時そんなことは考えられなかったですから。

その後すぐきょうくんからようすけくんの紹介を受けました。ようすけくんは大企業に就職しましたが勇退、実家の農業を継承し、1から農業の勉強を始めています。1からですが、1からのはずなのに、もうすでにビジョンを持って新しい事にも挑戦している姿には感心を通り越して、驚きです。

彼らの「牧之原市を盛り上げたい!」そう思う気持ちはピュアで、熱く、そして本気!私は若い2人が、“どうして同じ熱量で地域活性を本気になって取り組むことができるのか”とても不思議でした。

付き合ってわかったことは、同じ高校の剣道部で共に汗を流した仲間だということ。そして今でもその仲間ととても仲が良く、関係を大事にしているということでした。高校の先生も驚く程、卒業してからも仲が良い年代だそうです。分かり合い相談し合える仲間の存在は、また彼らを活かし思いを強くしてくれているのだと感じています。

あれから私たちが続けている地域イベントで、2人は実行委員として大活躍してくれています。今ではなくてはならない存在。「子どもたちの未来が明るい未来であるように、私たちにできることを積み重ねて行くしかない」と思い続けていますが、いつも前のめりで協力してくれる彼らの存在に励まされ助けられながら、私たちも動き出す力をもらっています。

2人の存在は私達の「希望」であるとはっきり言うことができます。

彼らが作る牧之原の地域特性を活かしたクラフトコーラ「T-Cola」 には、2人の「地域を盛り上げたい地元愛」と「夢」がいっぱい詰まっています。私たちは、2人の思い描く「夢」を心から応援しています!

これからT-Colaの製品化に挑戦するきょう・ようすけに皆さまのお力をお貸しいただける様、私たちからも心よりお願いを申し上げます!!!

資金の使い道について

T-Colaの原液を製品化するにあたってのデザインやラベルの制作、初期ロット開発・生産に必要な費用、
また、返礼品の仕入れ・発送に必要な費用などに使用させていただきます。

・製品製造費(材料費、製造費、食品表示検査費)
・デザイン費(T-Colaロゴ、製品ラベル、パッケージ、POPの制作)
・プロモーション制作費
・T-Colaオリジナルグッズ制作費
・リターン品準備費
・運搬費
・CAMPFIRE手数料(12%)
・決済手数料(5%) 

スケジュール

2022年9月中旬   T-Colaロゴ、ラベルデザイン制作
2022年9月中旬   T-Cola原液製造(1〜2ヶ月週間程度)
2022年10月下旬  クラウドファンディング終了
2022年11月初旬  T-Cola原液完成
2022年11月下旬    リターン発送

【T-Cola】


今回のクラウドファンディングで制作をさせていただくT-Colaのシロップをリターン品として設定させていただきます!
T-Colaとして初めて製品になる貴重な1本です! 皆様ぜひ牧之原オリジナルクラフトコーラを試してみてください!
お飲みの際は、炭酸or牛乳などとT-Cola原液をおよそ3:1の比率で割ってお飲みください。(目安)
その他、今回制作するT-Colaロゴを使用したオリジナルグッズもリターン品としてご用意させていただきます!
こちらも完成をお楽しみに!
・T-Cola缶バッチ
・T-Colaステッカー
・T-Colaミニトートバッグ


【RIDE ON MAKINOHARAオリジナルグッズ】


牧之原市のスローガン「RIDE ON MAKINOHARA」のオリジナルグッズを多数ご用意させていただきました!
オリジナルグッズを身につけて牧之原市をPRしてください笑
・缶バッチ(ブルーorグリーン)
・グラス(印字:ゴールド)
・カッティングステッカー(ブラック)
・ミニトートバッグ
・ビッグトートバッグ
・前かけ

【g-Low's】

牧之原の恵みをまるごとみなさまへお届けしたい。
体に気をつけている方でも安心して口に運んでいただける、美味しいジェラートを作りたい。
そんな思いで、牧之原にある小笠原製茶さんが作ったg-Low's。
美味しいのに糖質もカットしたスロウなジェラートは絶品です!
深蒸し茶、ほうじ茶、みるく、静波レッドいちご、相良の塩など種類も豊富です。
牧之原の恵みをギュッと詰め込んだ美味しいジェラートをお楽しみください!


【ちゃっきり茶太郎茶】


令和3年5月1日に静岡県牧之原市内において竜巻等災害が発生し、主に市内の茶畑に被害の爪痕を残しました。
この災害発生後、静岡牧之原茶親善大使である橋幸夫氏からは、早々に動画での応援メッセージや、コンサート会場での募金活動をしていただき、災害復興に取組んでいただきました。
このご縁から、橋幸夫氏への感謝と、被害を受けた茶業関係者の救済を目的として「ちゃっきり茶太郎茶」が作られました。
今回ちゃっきり茶太郎茶ティーバッグタイプをリターン品としてご用意させていただきます!

※リターン品の詳細や内容は、各リターン内容をご確認ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
僕たちにできることはまだまだ少ないですが、少しずつ活動を広げ地域に還元できていければと思っています。
最初の一歩として牧之原オリジナルクラフトコーラ「T-Cola」を広げていきたいです。

僕たちの考える地域活性は、若い世代が牧之原に残りたい、戻りたいと思えるコンテンツや思い出を作ったり、将来がある子どもたちに「この街が好き!」と思ってもらえることです。

これから、どうしたらそう思ってもらえるかを自分達自身楽しみながら探し、見つけ、行動していきます。
また、同じ想いを持っている方がいれば、その考えや行動にご協力ができればと思います。

僕たちだけでは楽しくない!色々な方とこれから面白いものを作っていきたいですね!

きょう・ようすけ


<プロジェクトオーナーについて>

■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名、事業者の住所/所在地等は、請求があり次第提供致しますので、
 必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●プロジェクトオーナ:小杉山 京、縄巻 洋介
●プロジェクトオーナ電話番号:Tel:080-4966-9731
●プロジェクトオーナメールアドレス:kyo.ksgym@gmail.com
●送料:送料込み
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
皆様、ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

  • 2022/11/21 18:10

    皆様T-Colaをいつも応援いただきありがとうございます!リターン品の一つT-Colaオリジナル缶バッチが完成しました!実際にオリジナルのグッズができると、すごくいいですね!皆様のおかげです!一つ一つ僕達の完全手作りで、全てに愛情をこめました!バックにつけたり、服につけたり、缶バッチをご活用く...

  • 2022/10/24 20:18

    皆様、この度は私たちのプロジェクトにご支援いただき誠にありがとうございました!!とてもたくさんのご支援とご声援をいただき多くの方に応援をしていただいていることを実感いたしました。初めは不安も大きく、どうなるか心配もありましたが、「頑張ってね!」「応援してるよ!」というお声をかけていただき自分達...

  • 2022/09/16 20:00

    T-Colaをご支援いただき、ありがとうございます!皆様から、温かいメッセージをいただきとても嬉しいです。本当にありがとうございます。さてさて、今回はなんと!!【T-Colaのロゴが完成しました!】完成したロゴを皆さんに初公開させていただきます!T-ColaロゴT-Cola自体をキャラクター化...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください