パリにある世界最大のスタートアップインキュベーション施設「Station F」に行き、約1000社のスタートアップ・約20社のVC・大企業がどのようにイノベーションの仕組みを創出しているかを発信します。私を全く知らない方でも、このプロジェクトを通して繋がりたいです!

プロジェクト本文

▼はじめまして、小酒井圭佑です。

みなさまは今年6月、パリで開設されたスタートアップインキュベーション施設「Station F」をご存知でしょうか?

https://stationf.co/fr/

約1000社のスタートアップ、約20社のベンチャーキャピタル、FacebookやMicrosoftなどの大企業が3万4000平方メートル(東京ドームグラウンド面積の約2.5倍)の建物に入居しており、日々イノベーションを生むために切磋琢磨しています。

例えば、以下のようなスタートアップが入居しています。

ー Mimesys(Ubisoftアクセラレーションプログラム採択)

ー alan(Facebookアクセラレーションプログラム採択)

ー GRAKN.AI(BNPパリバアクセラレーションプログラム採択)

ー AB Tasty(Microsoft アクセラレーションプログラム採択)

GuestReady(Station Fプログラム採択)

ー PayCar(moove labアクセラーレションプログラム採択)

ー KeeeX(Thalesアクセラレーションプログラム採択)

以上のように様々なアクセラレーターが同じ施設内でアクセラレーションプログラムを行っており、世界で見てもスタートアップエコシステムがこのような規模で集約されている場所は数少ないです。

すでに「Station F」のアポイントは取っております。(追記、Hardwear Club(https://hardwareclub.co/)というハードウェア専門VCのアポイントも取っております。)

当プロジェクトはAll-in方式でご支援を募っており、必ず実行します。(ただし、テロなどのアクシデントが起きて入国できない場合は実行致しません。)

▼このプロジェクトの意義

・「Station F」でのスタートアップエコシステムをインタビューを通して学び、発信する。

⇛「Station F」は設立してまだ間もなく、その内部の仕組みを詳しく調査したレポートは日本ではあまり見られません。

そこで、約1週間(資金次第で延長も考えています)の滞在を通して、目新しいスタートアップの製品やサービス、海外アクセラレーションプログラムの実態、オープンイノベーションの取り組みなどをレポートにまとめて発信します。

また、フランスは2017年上半期、ベンチャー資金調達額が英国・ドイツを抜いて欧州一位となりました。欧州における資金調達の27%がフランスで行われており、特にパリ市の年間スタートアップ創業数は欧州最多となる1,500社に達しております。

このような結果に至るまでの成功要因をインタビューを通じて学び、発信します。

▼このプロジェクトで実現したいこと

具体的には、以下のようなことを実現したいと思っています。

ー 目新しいプロダクトやサービスを行っているスタートアップとの交流

ー 面白いプロダクトやサービスの写真・動画を撮影し、私のFacebookに投稿

ー「なぜそのサービスを始めたのか、原体験は何か」、「現在の課題は何か、そのための改善策は何か」をインタビュー

ー「ロールモデルとしている企業はどこか」、「国内または海外で気になっているスタートアップ企業はどこか」をインタビュー

ー どのようなアプリを日常生活で使っているかをインタビュー

ー高校や大学で起業することに対してどのような認識をもっていたかインタビュー

この他にも、皆様が聞きたいことがあれば是非参考にさせてください!!!

▼プロジェクトをやろうと思った理由

・このプロジェクトに関わる人にとって、世界をより近く感じるきっかけになりたいと感じたため。

⇛長期インターン先で世界のスタートアップやアクセラレーターに関する情報を調査していたのですが、ネット上の情報だけだと海外プロダクトの使いやすさ・UIの良さなどははっきりと分からず、やりきれない思いがありました。

また、今までお会いした日本の企業様とのご面談で感じたのが、私含め、日本のマーケットに考えが依存しているのではないかということです。例えば、”海外の類似サービス企業はどのような課題を抱えていて、そのためにどのような改善策を行ったのか”などの視点を持つことで新たな発見に繋がるエンジンになるのではないかと考えております。

⇛そこで、当プロジェクトを通して、約1000社にのぼるスタートアップをレポートにまとめ、海外のマーケットにも視点を向けるきっかけになればと思い、当プロジェクトを立ち上げました。

(当プロジェクトのみならず、社会人になってからも休日に世界各国を周り、更新し続けます。)

▼これまでの活動

・デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社にて長期インターンを経験し、主にオープンイノベーション・アクセラレーターのマーケットリサーチを行ってレポートにまとめる作業を行っておりました。

・株式会社パラダイムシフトにて長期インターンを経験し、主にIT領域のベンチャー企業の事業提携やM&Aのニーズについてヒアリングしておりました。

・大学卒業後は、パリ発のコンサルファームにて勤務致します。

▼資金の使い道

往復渡航費(10万円)

▼リターンについて

・パリ取材完全レポート

 日本企業の皆さまが、自社におけるイノベーションの事例として、または投資やM&Aなどを含む提携候補先の調査としてご活用できる内容となっております。

パリの旬な情報を感じて頂き、貴社ビジネスの発展の一助となれば幸いです。

◆ 体裁:PDFファイル。レポートとスタートアップリスト約1000社(Excelでも可)

◆ 言語:日本語

◆ レポート詳細:現在想定している内容は、以下の通りです。

ー パリのスタートアップ市場概要

ー パリのスタートアップ相関図

加えてスタートアップリスト約1000社(企業名、ロゴ、サービス概要、拠点、資金調達額など)をPDFまたはExcelファイルにてお渡しいたします。

↓↓以下は、実際のレポートの例です。↓↓

・貴社で働きます!(働かせてください!)

 何でもします。必死に働きます。フルコミットで私の全力を出し切ります。

期間は以下のとおりです。

ー 3/19(月)~3/30(金)(土日除く9:00~19:00)

▼最後に

パリ現地では観光する気は全くなく、土日もスタートアップに関するイベントなどに果敢に参加するつもりです。「食事よりも行動、睡眠よりも行動」を意識した1週間を過ごします。

至らない部分もあると思いますが、皆さまの応援を背負って役立つ情報を持って帰ってきます。また、このプロジェクトを通して様々な方と繋がることを大事にしたいので、私を全く知らないという方も是非どうか、ご支援頂けると幸いです。

不明点やご希望があればどなたでもお気軽にお申し付けくださいませ!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください