🐾はじめに・ご挨拶🐾

ページをご覧頂きありがとうございます。千葉県北西部で猫の保護活動を個人でしております、神山と申します。

2008年より千葉県動物愛護センターから、人の手助けがないと生きることの難しい幼齢猫を中心に育成し譲渡する活動を行っています。現在は柏市、茨城県からも引取をしております。

猫が大好きな、ごく普通の会社員。保護活動のお手伝いしてくれる6歳の娘がおります。

▼保護活動についての多頭飼育養届け出(印旛保健所)済

🐾これまでの活動について🐾
Instagramは毎日更新しております。また、過去の活動等については、blogをご覧頂けたらと思います。

Instagram

https://www.instagram.com/p/CTzGCf2JQnZ/?utm_medium=copy_link

blog

https://nekoronn.exblog.jp/

私の自宅で人と一緒に暮らしながら、新しい家族へ迎えてもらう日まで愛情込めて育てています。

現在(10/5)は、幼齢猫(生後10日前後~1ヶ月まで12頭)、子猫(1ヶ月~6ヶ月まで7頭)が治療をしながら頑張って成長しております。


🐾このプロジェクトで実現したいこと

収容された子達を助けることで

「殺処分をなくしたい」

この為だけに、日々活動を続けています。

千葉県は、殺処分数は毎年減少していますが、それでも令和2年度/猫:439頭が殺処分されています(政令指定都市以外  千葉県HPより)

引取で殺処分ゼロを目指すだけでなく、「収容数を減らす」ために不妊手術する活動も実施しています

▼画像はオリジナルで作成したものです。

「TNR活動」

 捕まえて

手術して

元の場所へ

千葉県/白井市役所に協力いただき市内の野良猫に対して不妊去勢手術を定期的に行っています。


🐾プロジェクトをやろうと思った理由🐾

愛護センターから引取をする猫は産まれたばかり「臍の緒が付いている」母さん猫から離されたばかりの子や生後1か月未満の子猫です。

臍の緒付きの子達は70g~100gが大半です。

ほんの少しの間違いも許されないぐらい、繊細な幼齢猫たち。

親から離された事で「猫風邪」「感染症」「下痢」「ケガ」と言った疾患があり、ほとんどが、何らかの治療が必要です。

2021/6月保護→9月  眼球摘出

年100頭の保護数の内、何の治療もせずに育つ猫は1割もいません。

引取の猫の中には生まれつき障害を持った猫もいます。

2021/8月引取

心臓奇形、眼球萎縮

これまで、自己資金やご支援からで治療をしながら育成をしてきましたが、今年は春から、夏、秋に入っても幼齢の猫の収容が途絶えることがなく、限界が来ました。

全てを引き取るのは難しい、助けたくても助けてあげれないもどかしさ。

もっと早く引取してあげれたら..助けられたかもしれない、と何度も涙を飲んだこともあります。

私が出来ることは適切な医療とほんの少しだけ手を貸してあげるだけ。

愛らしく、見違えるように元気になるんです。

「幼齢猫」を引き取れるボランティアさんはとても少なく限られています。センターでは、適切な世話がされなければ死んでしまいます。

せっかく元気にに産まれた命は助けたい。

最近は、私が引取る幼齢猫の育成を手伝って下さる方も増え輪が広がり、去年からは引き取れる頭数も増えました。

ただ、引取だけではなく感染症対策も考慮しながらの活動。ある程度大きく育ったら、譲渡ボランティアさんへお願いし、次の引取と終わりは見えません。

次に会うことが叶わない子達もたくさんいます。

多くの収容の中で、ボランティアへ引き取られていくのはその中のごくごく一部です。

継続した引き取り手の少ない幼齢猫を出来るだけ多く引取して命を繋ぎたい、その為に今回のプロジェクトを立ち上げました。

🐾「資金の使い道」と「目標金額」🐾


今回のプロジェクトの目標金額は
1.287.0000円と致しました。


内訳としては以下の通りです。

(1.100.000+CAMPFIREへの手数料17%=187.000円=1.287.000円)


1、大きな負担となっている医療費に   80万円

主に猫風邪、下痢、嘔吐の治療

症状にもよりますが、1頭当り

譲渡出来る月齢まで育てるのに検査代金以外に、約5000円~8000円 かかります。

現在の年間の育成数は約100頭

最低でも100頭×5.000円=50万が必要です。

それ以外に感染症等の体調不良から入院、そして怪我による外科的な手術等は別に    30000円~50000円の医療費がかかります。

トータルすると全体の医療費は最低でも80.0000円です。

2、フード・消耗品の購入代に 30万円

「輸液」「翼状針」「輸液セット」「療法食」それに、育成に必ず必要となる「ミルク」「離乳食」「ドライフード」「ペットシーツ」「ペーパー」にも充てさせて頂きます。

●輸液パック  250ml  (20入り) 

10.000円×3=30.000円

●輸液セット(50入り)

6.000円×1=6.000円

●翼状針(50入り)

5.000円×2=10.000円

●療法食  (腸内バイオーム )

 4500円×15=67.500円

●森永ゴールデンキャットミルク (24入り)

38.000円×2=76.000円

●哺乳瓶用乳首f

400円×50=20.000

●ロイヤルカナン(キトンムース)

4500円×10=45.000円

●ロイヤルカナン(ドライフード10キロ入り)

10.000円×5=50.000円

その他、ホッカイロや、トイレシーツ等


🐾実施スケジュール🐾

このプロジェクトはAll-in方式です。

集まったご支援金に応じて成立した後には、以下の通り実施とさせて頂きます。

1、治療については、猫の体調に合わせて必要な治療をしていきます

2フード・消耗品については、プロジェクトが終了した時点でのご支援金額に応じて、2022年2月末までに、纏めて購入したいと考えております。

※治療、購入後は活動報告にて明細書をを掲示致します。


ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に

2008年からずっとずっと、殺処分される子達を救いたい、その思いで活動を続けてきました。たくさんの幼猫を育成する事で、毎日の病院、手を尽くしても助けられない子もいたりと、心折れる日も多くため息ばかりの日常ばかりの日もあります。

それでも、私に出来ることは活動を止めないこと。

是非、私のプロジェクトを応援とご支援よろしくお願い致します。


【募集方式について】
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/01/08 08:00

    皆様からのご支援金より来季に向けて必要な物を購入させていただいております。購入品明細は以下に纏めています。↓ねころんhttps://nekoronn.exblog.jp/30927668/2021年12月に引取の乳飲み子4頭に早速、使わせて頂いております

  • 2021/12/06 22:39

    ご支援下さった皆様改めまして、ご支援、応援下さった皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいですえしたいです。子猫達が、すやすやと心地よく安心して眠ることができ、お腹いっぱい良質なフードを食べれるのは、皆さんからのご支援やご支援金から購入のフードのおかげです!!クラウドファンディングからのご支援金(手数...

  • 2021/11/17 10:47

    終了まで残り10日となりました。前回までに引取した子猫達はみんな、よいご縁が決まりそうです!次回、茨城県動物愛護センターからの引取は11/19です毎日、保護猫の写真など投稿しています↓Instagramhttps://www.instagram.com/p/CWWsW6thJF6/?utm_m...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください