考えていた以上にたくさんの方々からの温かいメッセージやご支援を本当にありがとうございました!
なんと公開から2週間で最初の目標だった50万円を達成することができてとても驚いています。
ご支援くださった皆さまに、心より感謝申し上げます!

さらなる挑戦として、ネクストゴール+35万円を設定することにいたしました。
ネクストゴールで頂いたご支援も、今回のコンサートの赤字分の補填として大切に使わせていただきます。

そして一番大切な事は一人でも多くの方に会場に足を運んで頂いたり、配信を視聴して頂くことがです。

引き続き、よろしくお願いいたします。

新く追加したリターンとおすすめについてこちらでご紹介します。
*詳しくはリターンの項目をご覧ください。

ご用意をしておりました「VIP PASS」 がおかげさまで、公開後2日で定員に達しました。
ご要望の声に背中を押して頂き、今回新たに「SPECIAL PASS」を追加させて頂きます。

・Master Mind参加
・顔パス入場
・VIP席以外のお好きな席2名分
・当日のゲネプロ見学
・終演後の楽屋訪問乾杯
・オンライン打ち上げ

廣幡の実家は岡山県津山市にある「ヒロハタフローリスト」というお花屋さんです。
ヒロハタフローリストのお花で会場を飾ったり、出演者にお花を贈りませんか?
*注営利目的ではありません笑

廣幡の従姉妹が一つ一つ丁寧に心を込めてお花を生けています。

作品の様子はSNSをご覧になってください。
   @flowershop_22
 @hirohataflower

詳しくはリターンの項目をご覧ください。


プログラムは実は凄くこだわって制作られています。
デザイナーの進藤 一茂さんに制作して頂きました。

 @shindo2000

進藤さんのコメントです

「今回のプログラムは、定型と不定型を行き来する感じにしようと考えました。
フレームを使った一見トラディショナルなデザインですが、どことなく感じるそれ(定型)とは違うもの、というような引っかかり、というような。

具体的には例えば、プロフィールのフレームを全員違うものにしたり、本来ならメインタイトルが入るはずのリボンに写真のキャプションを入れたり、といったところです。

そうしたものを集積して全体から感じる「普通とは違うぞこれは」というニュアンスを、プログラムを受け取ったお客さんに感じてもらえればいいなと思いました。

表紙は、サインを入れるということで、地色を薄くしました。
白地やベタではちょっと寂しいので、表紙・裏表紙ともタテに5分割して、それぞれの枠に、出演者の出身地(県・州・市)の風景写真を練り込んであります。

ぱっと見、風景とはわからないかもしれませんが、それは意図したことなので大丈夫です。練り込んである(下地になっている)ということなので。

「パストラーレ」なので、なるべくゆるりとした写真を選んでいます。」


プログラムをちょっとご紹介

コメントにあったように、表紙の背景はよく見ると出演者10人の出身地になっています。

出演者の面白プロフィールなどもあり、コンサートの楽しみが10倍になります!

おかげさまで、「6冊限定の出演者10名サイン入りプログラム」も1週間で定員に達しましたが、
ご希望の声をいただいたので、5冊をリターンに追加させて頂きます。


柴犬ラク × パストラーレコラボクリアファイル
ラクの作者の𠮷田悠人君はとても優秀なクラリネット奏者で、桐朋学園でVnの山本君と同級生、ジュネーヴ高等音楽院ではClのべべちゃんと一緒の学校で学んだ仲です。

このクリアファイルとても可愛いくておすすめです!


すでに多くの方にご入会頂いております、アンサンブルパストラーレを応援する人々によるコミュニティグループです。

Mastermind にご入会頂くとFBグループページ「Ensemble Pastorale Mastermind 」にご招待します。運営の状況や目標を共有し、マスターマインド内の皆でイベント成功を目指します。

詳しくはリターンの項目をご覧になってください。


VIPとチケット等のセットのみだったドキュメンタリー映像を単体のリターンで追加しました。
リハーサルの様子やコンサートの楽屋、ステージ裏の様子等をドキュメンタリー撮影をお届けします。

ご挨拶・自己紹介

初めまして。東京フィルハーモニー交響楽団首席ファゴット奏者の廣幡敦子です。

2021年12月4日(土)に新大久保にある日本福音ルーテル教会において2年間温めてきた企画を開催できる事になりました。アンサンブルパストラーレというグループの旗揚げコンサートを開催いたします。

アンサンブルパストラーレは私達が2年間温めてきた交響曲を少人数で室内楽のように演奏するプロジェクトです。


私は東京芸術大学卒業後、広島交響楽団で4年、そして東京フィルハーモニー交響楽団に4年弱在籍し、日々ファゴットを演奏してきました。オーケストラ奏者にとって最も挑戦的な曲は交響曲というジャンルです。交響曲はまさにオーケストラのために作曲された大曲達で、ベートーベンやブラームス、マーラーなど歴史的な作曲家達が人生をかけて産み出してきました。私はオーケストラの壮大な交響曲が大好きで勉強を続けてきましたが、ふと耳にするピアノのフォーハンド版(作曲家本人によって作られることも多い2台ピアノのアレンジ)や室内楽版等の小さな編曲にとても心惹かれてきました。


10月21日に行われたアンサンブルパストラーレ最初のリハーサルの様子



2年間温めてきた企画

「いつか交響曲を小さな編成で演奏できたらいいね」と友人達と話していた直後に感染症が広まり、2020年の緊急事態宣言時に3ヶ月間全てのコンサートがキャンセルになりました。その間友人達と編曲をして自宅録画で動画を作成しました。       

2020年の緊急事態宣言中にそれぞれがスマホで録画した動画を合わせて作った、
ベートーベンの交響曲第6番「田園」


こちらの動画をSNSに載せたところ、以下のようにコメントを頂きました。

・今の季節にぴったりで爽やかな気持ちになりました。
・音と楽器がよくわかって、素人には新しい発見があり、楽しい。
・緊急事態宣言拡大で暗い気持ちの中帰宅しましたが、久々の素晴らしい音楽に心が洗われました。
・楽しいStay Homeになります。
・元気をもらいました。早く生演奏が聴きたい。

これらのコメントに勇気づけられ、大曲にも挑戦しました。


良い意味で勘違いをしてしまった私達はマーラー交響曲第1番「巨人」を選曲。
編曲も編集も大変すぎて2ヶ月かかってしまいました。


Ensemble Pastorale

このような経緯で緊急事態宣言中を有意義!?に過ごし、友人達といつ演奏会が実現するかもわからない「アンサンブルパストラーレ」なるグループを立ち上げることを決めたのでした。パストラーレとは田園を意味し、最初にベートーベンの交響曲第6番「田園」を演奏した事が名前の由来となりました。そして小さな編成の交響曲をエコシンフォニーと命名し、コロナ禍であっても、サステイナブルな演奏活動を目指しています。

このプロジェクトで実現したいこと

2021年12月4日19時、JR新大久保駅から徒歩4分の日本福音ルーテル東京教会にて自主公演の
アンサンブルパストラーレ旗揚げコンサートが決定しました

一人でも多くの方に私たちの演奏をお届けしたいので、入場チケットを2000円、配信を無料で公開することに決めました。従来のクラシックコンサートとは一味、二味も異なり、このプロジェクトに関わる全ての人と体験を共有できるイベントを目指しています。

今回のコンサート実現のためは、最初というのもあり、会場費、人件費、遠方からの出演者の交通費、広告費、配信のための外注費等々、100万近くの経費が掛かります。自主企画の為、赤字分だけでもご支援を賜れれば嬉しいなと考え、今回のクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。

コンサートのチラシ



【コンサート詳細】
12月4日 開場: 18:30 開演19:00
会場: 日本福音ルーテル 東京教会
(Japan Evangelical Lutheran Tokyo Church)
〒169-0072東京都新宿区大久保1-14-14

入場料2000円 コンサートを無料でLive配信予定です。

【プログラム】
・モーツァルト交響曲第1番
・クルークハルト:木管五重奏曲
・ベートーヴェン:交響曲第1番

【出演者】
満丸彬人(Fl)
荒川文吉(Ob)
アレッサンドロ・ベヴェラリ(Cl)
廣幡敦子(Fg)
加藤智浩(Hr)
髙橋宗芳(Vn)
山本琢也(Vn)
デイビット・メイソン(Vla)
寺田達郎(Vc)
岡本潤(Cb)

交響曲編曲者
森亮平(指揮者、作曲家)


【資金の使い道】

皆様からいただきました支援金は、ホール使用料、リハーサル会場費、編曲者、出演者への謝礼、交通費、チラシやプログラムのデザイン、印刷費、ライブ配信費用、スタッフへの謝礼、また、クラウドファウンディングのCAMPFIRE手数料にも充てさせていただきます。


【リターンについて】

詳しくはそれぞれのリターンをご覧ください。

・応援の気持ち

・楽しさ100倍コンサートプログラム

・オンライン打ち上げ

・柴犬ラク × パストラーレオリジナル コラボクリアファイル

・マスターマインド(オススメ)

・パストラーレドキュメンタリー映像

・VIP

・ソロコンサートオンライン or 会場

・パストラーレイベント開催権



【実施スケジュール】

12月4日コンサート当日
12月5日クラウドファンディング締め切り

【最後に】

クラシックは眠くなるから嫌い。わかりにくくて疲れる。このような声をよく聞きます。
私たちのプロジェクトはクラシック音楽に対してこのようなイメージを持つ方々に、クラシック音楽の魅力を理解するための第一歩を、よくあるような別の角度からでなく、正当な音楽をわかりやすい形で演出することで提供することができると考えています。

伝統的な芸術をより身近により自由に一人でも多くの方に届けるために、是非私たちと共にこのプロジェクトに参加してください! 私達の音楽とアンサンブルパストラーレが動き出す瞬間に共に動き出しましょう!



<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>
※プロジェクトオーナーとして資金を集めるにあたり、特商法に基づき次の表記をお願いしております(法人、個人を問いません)。以下の雛形をご利用ください。

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:Ensemble Pastorale 代表: 廣幡敦子
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:・・・
「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●事業者の住所/所在地:「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●事業者の電話番号:「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/12/03 00:36

    12・1のリハーサルの様子の写真を公開します!

  • 2021/11/22 20:50

    たくさんの方のご支援のおかげで最初の目標を達成することができました。ご支援くださった皆さまに、心より感謝申し上げます!さらなる挑戦として、ネクストゴール+35万円を設定することにいたしました。ネクストゴールで頂いたご支援も、今回のコンサートの赤字分の補填として大切に使わせていただきます。11月...

  • 2021/11/03 22:37

    10月31日 木5リハーサル木管五重奏の初合わせでした。皆楽しく脱線しながら笑顔が絶えないリハーサルとなりました。クルークハルト木管五重奏曲

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください