はじめまして
SEKAI_SHOKUDOU です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

【NEWS】(2021年12月12日更新)

プレオープン日が決まりました!
詳細は本文中盤に記載されております!是非ご覧くださいませ!



これから始まる物語は
どこか、ありそうでなかったフィクションのような実話のはじまり。

いまこの瞬間あなたが読み始めるこのお話は、近い未来に必ず訪れる出来事です。
なのにこの瞬間あなたがこの物語に飛び込んでしまえば、私たちが想像できなかった違う未来になっていくのです。
「未来が変わること」
この現象を私たちは楽しみにしています。


「いらっしゃいませ。世界食堂へようこそお越しくださいました。」
近い未来に訪れるその言葉が、あなたにどう感じていただけるのか。


このあと書かれている【episode.〇】で始まる文章は、とある世界線のお話です。
もしかしたらアナタのことかもしれないし、まだ見ぬ友人のことかもしれません。

今回のクラウドファンディングはそんなパラレルワールドの分岐点になっていると思うのです。










 【episode.0 /世界食堂をみつけた】


外食に求めるものとはなんだろう。
味、見栄え、店の雰囲気、人それぞれに求めるものは千差万別だ。


わたしが「世界食堂」を見つけたのは偶然だった。
いつも赤信号で待ちぼうけする交差点、赤く光るその光が青に変わるのをボーッと眺めていると、いつも視界に入る看板があった。

「世界食堂」得も知れぬその看板に何故か惹かれるものがあり、
休日に友人を誘い、わたしはそっと扉を開けた。


カウンターには常連らしき人たち、他のテーブルにも数組の人が見受けられた。
案内され席に座る。木製のやわらかな印象のイスとテーブルだった。

ふとテーブルの上に目をやるとカードゲームのような束が置いてあった。
なにかと思えばそれはメニュー表だった。その不思議なカードをパラパラと捲る。
アジア、ヨーロッパ、アメリカにアフリカ。そこには世界中の料理があり、見聞きしたことのない料理もあった。

気になった料理をひとつ注文し、改めて店内を見渡す。
カウンターにテーブル席、私達が座っている側と奥側で少々雰囲気が違うようだ。
しかしひとつひとつの空間がそれぞれしっかりと統一されており、それはさながら様々な世界が入り乱れてこの場所へ集合しているようであった。

多面性があって一見統一されていない世界観なのに、そのカオスさが何処かノスタルジーを感じさせる。

幼い頃おもちゃ箱を開いたときのような高揚感に包まれる感じだ。

店内は数組の人が居て賑わっていた。だが不思議と人の話し声も店内のBGMも気にならなかった。
心地の良い距離感がそこにはあった。

運ばれてきた料理を食べながら久々の友人との会話に花を咲かせた。
気がつけば結構な時間が経っていた。しかし店内の何処かゆっくりと流れる時間に、ついつい時間を忘れてしまっていた。またふらっと食べに来よう。



・・・そんな物語が当たり前に集まる場所。それが私たち「世界食堂」の目指すものです。





【ごあいさつ】

この度はわたしたちのプロジェクトをご覧いただき誠にありがとうございます。

いつも色々と遊んでいただいているみなさまこんにちは、
そして、この機会を通して知っていただいた皆様、はじめまして。
今回のプロジェクトを担当する株式会社RPGworksの角田テルノと申します。



会社での1枚 / 真ん中がテルノです

2011年 所沢市でビンテージトイショップを開店し独立
まちづくりに興味を持ちマーケットや夜祭の企画なども行う。
2021年現在 (株)RPGworksの共同代表に就任し、様々な事業を新規立ち上げしている。



この度は、この後ご紹介する世界食堂プロジェクトに関わる様々なキーマン達を代表して、
クラウドファンディングを通して「世界食堂」を伝える機会を頂けたことに感謝いたします。
改めてこのプロジェクトにたどり着いていただき、誠にありがとうございます。




今回のプロジェクトは埼玉県所沢市にて「まちおこし」をキーワードに繋がった、
RPGworks × sumikko1031の協業企画としてスタートいたします。


街に”賑やかで穏やか”な場所を提供する会社


×

地域に"おいしくて楽しい"食事を提供する会社



たくさんのドラマを願い、熱い想いを込めて、出来るだけ深く考えながら、
「この時代のこの街に必要だと思う飲食店」を作る計画です。

令和に始まる新時代的大衆食堂「世界食堂」とはいったいどんなお店なのか?

長くなりますが、是非ご一読いただけましたら幸いです。




「こりゃ楽しみだよ!応援してみよう!」
って思っていただけたら是非ともリターンまでご覧いただけたら嬉しいです。

そして、ファンディングしなくとも、「お、世界食堂?知ってるよ!」なんて声をかけて頂けたら幸せです。

12月17日をオープン目標に鋭意準備中です。
世界食堂でみなまにお会いできることを心より楽しみにしています。

それでは何卒よろしくお願いいたします。




【episode.1 /美味しいご飯とそれを楽しめる適切な距離感】


所沢という街に暮らしていて思う。

チェーン店や居酒屋、特化した料理で勝負する専門店はたくさんある。
しかし毎日、食べたくなる「ごはん屋さん」が足りない気がするのだ。


手軽に気兼ねなくご飯の食べられるお店があればなと思っても
日々の暮らしの中でなかなか見つけることができないと感じているさなか、

信号待ちをしていてたまたま見つけた「世界食堂」という看板。

初めて足を運んだのに、どこか毎日来たいと思える雰囲気がそこにはあった。


味が好みなのはもちろんのこと、バリエーションも飽きが来ず豊富で、そしてなにより安定したコスパ。
私のワガママを詰め込んだような場所だった。

誰でも気軽に立ち寄れる心地の良い雰囲気を醸し出しながら。
口に運ぶと伝わる作り手が分かる料理。

珍しさとホッコリ感、私のお財布事情に合った金銭感覚。
この街の外食に欠けていたなにかが「世界食堂」には存在しているような気がした。


店内のインテリアや装飾も強く主張せず、でも明らかにディティールへの配慮がある。
「場所」「人」「出来事」それらカオスな群像劇がどこか自然と馴染んでいる。

さりげない植物のレイアウトやテーブルの間隔で感じるソーシャルな空間が
居心地の良さを作り出し、私は心落ち着かせながら「ごはん」を食べることができたのだ。




【世界食堂プロジェクトで実現したいこと】


街に無かった新しい飲食店を出現させる。
ごはん先に迷う難民を救う。
食べたことのないご飯があるのに気軽に立ち寄れる食堂を作る。

そして、いろんなドラマが生まれる場所にもする。


今回のプロジェクトの答え合わせが3年後に起きるかもしれない。
だから世界食堂は嬉しいご飯がある大衆食堂であるだけでなく、
「きっかけ」を作り続けることも大きなテーマとしました。



RPGworksが運営するシェアスペースSAVEAREAのカフェコーナーでの1枚。
たくさんの交流を生んできました。


世界食堂はオープンする前から、オープンした後もずっと、
未来に影響を及ぼすかもしれない分岐点を数多く生み出していきたいと考えています。


ですので今回の世界食堂プロジェクトでは"お店ができてから"の世界観だけでなく、
お店ができる前の、、
例えば"施工段階から縁が生まれる"ようにする仕組みにもトライしていきたいと考えています。


そういった意味でも今回のクラウドファンディングを行う目的のひとつとして
コストや予期せぬイレギュラーを解決する馬力になるだけでなく、
"オープンする前"からみなさまと関係値を築いていく貴重な機会として活用させていただきます。
今回のプロジェクトは内装・メニュー開発・縁起をより良く生み出せる潤滑油になると考えています。




【世界食堂_メニュープロジェクト】


世界食堂はなにより料理を楽しめる場所を目指しています。

「楽しくて、美味しい食事」を提供するために
お客様が「ワクワクを共体験」できるような「ごはん」を提供したいと考えました。


「ごはん」はおそらく世界で最も親しまれている「クリエイティブ」だと考えます。
味わいを楽しむ、作ることを楽しむ。感情が動く。
メニューが時間とともに変わっていくことすら楽しんでいただきたいと考えています。


そこで私たちは美味しいご飯を提供するにあたり、イタリアンレストランsumikko1031でシェフをつとめている「相原」を料理長として招き、相原自身がチャレンジングでワクワクする料理を提供するお店にしたいと考えました。



sumikkoが提供していたお料理の一部です。
sumikkoではイタリアンを中心とした料理を提供していました。


キャリア30年のシェフ相原を迎え、
その腕をもって、改めて、世界食堂のワクワクする料理とは?を考えテーマを決めました。



【料理テーマ】


「初めて知る料理や行ったことのない国の料理があったらきっと楽しい」マニアックさと、
「やっぱり肉じゃがとかあるって聞くと安心するよね」みたいなホッコリ感。
この二つのテーマを共存させることを主軸としながら

なによりシェフ自身の「料理をしていて楽しくなる」気持ちを尊重していきます。


料理や空間を通してシェフの経験や発想を皆様に体験していただくだけでなく、
シェフ自身が挑戦したり発見したりするようなワクワクする出来事が増えれば、
それはお客様に良い経験となって戻ってくると考えています。

食を通して「癒し」や「沸き立つ高揚」を感じて頂けるような楽しいお店にしたいと考えています。


30年以上の経験を持つシェフ相原が実験的要素の多いメニューに挑戦する。
それ自体がとても珍しいことであり、
非常に稀有な体験をお客様に感じて頂けると私たちは考えています。


-----------------------------

相原優一 / Yuichi AIHARA プロフィール

料理人として31年
東京、埼玉でフレンチイタリアンを中心に、和食、中華、アジアンと様々な飲食店に従事
現在はキッチンカーにて、埼玉、東京にて出店中
_
【コメント】
世界食堂は世界の料理が食べられる?!かも。
世界食堂では完成された料理の正解は無いというスタンスで、
世界の料理を私の世界観で美味しく作りだしたいと思います。
ですから、〇〇の国の〇〇料理が間違っていることもあるでしょう。
でもそんな時は是非とも教えてください!
お客様が料理人に料理を教える… そんな飲食店があるのも良いですよね 笑

-----------------------------



そしてここで、相原だけでなく世界食堂に関わる人々をご紹介しておきます。



【キッチンプロジェクト_人物紹介】

お客様にワクワクする料理や時間を提供する登場人物をご紹介します。

西所沢駅前にて「サイトウ薬局」を経営。 薬局閉局後に、sumikko1031を開業。
現在は、東京都国分寺市にて放課後等デイサービス事業所を運営。

料理人として31年
東京、埼玉でフレンチイタリアンを中心に、和食、中華、アジアンと様々な飲食店に従事

北海道札幌にて飲食店(立ち飲み屋)を経験したあと所沢に拠点を移す
DRAFT STAND・DRAFTBONSの店長を経て、現在RPGworksの飲食事業責任者として従事

20代前半からフリーランスとしてロゴデザイン、紙面デザイン、WEBサイト制作等、
数多くのクラアントからオファーを受けている

 


こんなメンバーが織りなす料理の世界です。
いったいどんな展開が待っているのか楽しみにしていただけたら嬉しいです。


そしてお次は内装についてです。



【世界食堂_内装プロジェクト】


世界食堂は所沢市で17年以上にわたって「音楽」や「文化」を交差させつづけてきた「音楽喫茶mojo」の居ぬき物件を元に内装をリニューアルいたします。

音楽喫茶mojoは、たった50m先に移転しているだけなので、この繋がりを念頭に入れて、
mojoに感じた居心地をほのかに残しながら、新しい世界食堂なりの居心地を提供することを心がけます。

プロジェクト当初に制作された3D完成イメージ

プロジェクト当初に制作された3Dイメージ



今回は空間を作成するにあたってひとつの実験的要素を盛り込んでいます。
それは、テーマ・設計・家具製作・塗装・フロア・機材調達・クリーニング・植物演出などの施工を横の繋がりで実行する計画を行っています


ワンストップの発注で仕上げずに、
あえて各施工者がプロジェクトメンバーとして現調段階から顔を合わせ、
「プロチームをDIY的に作り上げていく」要素が入っています。
発注者も請負者も設計者も施工者も、上も下もなく打ち合わせをするところから始めました。



旧店舗「音楽喫茶mojo」に現調しに行った際の写真

プロジェクト当初につくられた3Dイメージ




【内装テーマ 】


17年間mojoのシンボルだった三角形のカウンターは生かしながら、
お客さんと店員さんの距離感や、カウンター席とテーブル席の物理的な距離感などが心地よいお店を作る。
人と親密になれそうな場所もあれば、
開放的なのにプライベートが保たれているような感覚になる場所もあり、
矛盾した用途が共存できることを目指す。

空間に共存する人々の「其々の世界観」で楽しめる間合いを生み出す。
ただし、物理的に壁やパーテーションなどは用いらず意識的な部分でセパレートを感じてもらえるよう設計していきたい。

お客様は気づかないかもしれないけれど、様々な部分に理由を持たせるような難しいテーマを盛り込みました。


プロジェクト当初に作られた3Dイメージ


そして設計段階から施工者がアイディアを出し合うことで、
問題解決力を高めたり、新しい角度が生まれるようにすること。
不確定要素をわざと残し、想像しなかった空間が構築されていくことを受け入れ行くよう努める。


私たちが予期しない世界観になっていくことを楽しみに
「作家の暴走性」を受け入れることも裏テーマにしています。


そして上記のような曖昧なオーダーを実現するにあたり、
私たちは内装プロジェクトの陣頭指揮を藤原芳博氏に依頼し進めていくこととなりました。




藤原氏による最初期段階の平面図

-----------------------------

藤原芳博 / Yoshihiro FUJIHARA プロフィール

国内外の公共空間・公共交通にプロダクトデザイナーとして従事。
埼玉県所沢市を拠点にローカルに特化したプロジェクトを進行中。

_
【コメント】

知識や経験によって世界の見え方が違っているのは当然ですが、
知識や経験が変われば世界の見え方が変わるとも言えそうです。

となると世界食堂が目指すのはただの飲食店ではなさそうです。
百人百様の楽しみ方があるように思います。

-----------------------------


確かな経験と知識を持ちながら、不確定要素を受け入れるのは難しいことと考えていますが
横の繋がりを意識したコミュニケーションを用いて藤原氏は次々と課題を解決していきました。


そして横の繋がりを重視した、内装プロジェクトのメンバーもご紹介させていただきます。



【内装プロジェクト_登場人物】

前橋工科大学大学院修士課程終了後、建築設計事務所を経て国際的なデザインファームに参加
主に国内外の公共空間のデザインに従事し、所沢でローカルに特化したプロジェクトに取り組む。
主な受賞に「グッドデザイン賞」「コクヨデザインアワード」など

2013年武蔵野美術大学大学院博士課程修了
第12,16,20,22回 岡本太郎現代芸術賞入選
2018年アンデルセン公園こども美術館 個展
第3回,8回六甲ミーツ・アート 出展
おおさかカンヴァス 選出展示
巨大なスケールの立体作品を主として、鑑賞者の体験を重視した制作を行っている。

10代は格闘技と音楽。20代は流木家具作家。30代で溶接技術、歯科技工学、建築業界に技術者として携わる。
36歳の今、10~30代の技術を纏めるフェーズに入って色々創作中。

内装、外装・メンテナンス等、塗装に関する様々な要望を迅速丁寧に遂行してきました。

2021年に創立した地元の仲間で組織したプロ集団です。

昭和45年創業、正式名称は「当麻園芸」
直売している植物は当麻園芸独自のノウハウの下、徹底した管理で質の高い商品を生産しています。
「満足な花と緑のある生活」を楽しんで頂きたく日々こだわりを持って営業しております。

(株)コト エージェンシーにてコンサル事業・WAKKU WORK合同会社にて飲食事業を経営
2020年に(株)RPGworksの共同代表に就任。
色々な人が夢中になれることを応援し続けています。
 



このように内装段階から個性的なメンバーを集めて立ち上がった今回のプロジェクト。
準備段階からつながった縁がこの先どのような展開を生むのか、今から楽しみにしています。


さらに今回のクラウドファンディングを始める際も、個性的なメンバーを介入させることで
このプロジェクトを読んでいるみなさまにも楽しんで頂けるよう工夫をいたしました。



【世界食堂_クラウドファンディングプロジェクト】


世界食堂を知っていただくために様々な認知活動が必要とされるなか、
クラウドファンディングに着目し、支援だけでなく認知の拡大も期待してプロジェクトを行うことにしました。

同じ街で繋がった漫画家と文作家と合作し、あまり今までのCAMPFIREでは見なかった「物語調の展開」を差し込むことで、
ご覧いただいている方に不思議な疑似体験をしていただけるように設計することにしました。



【クラウドファンディング_登場人物】



このように、世界食堂がオープンする前からおよそ15名程度の横のつながりが関わる構造になっています。

たとえばこのプロジェクトに関わった各キーマンが5人の友達を呼び、その友達の中に別のキーマンとの共通の友人がいたら。
その空気感は、きっと同席して居合わせた面々にも伝播していきますし、
その場の盛り上がりに呼応してさらに新しい人も交わっていったら。。。。
複雑に絡み、未来へと広がっていく。
その源流が生まれるのではないか?と期待せずにはいられないのが正直な気持ちです。



【アクセス・オープンまでのスケジュール】


【店舗情報】

住所
〒359-1124 埼玉県所沢市東住吉7−9 ティーイングビル 201

席数
35席

営業時間
11:30~24:00


【スケジュール】

11月 / 契約開始
▼天井・壁・床・トイレなどの内装
▼厨房機器の搬入
▼メニュー確認・オペレーション確認

12月中旬
プレオープン予定

【プレオープン→グランドオープン日が決まりました】(2021年12月12日:情報更新

\ ス ケ ジ ュ ー ル /

★プレオープン日★


【12月27日(月)】

▼通常営業
16:00~22:00

▼イベント|ミラクル忘年会アフターパーティー
22:30〜
charge 2,000yen 1D込
ミラクル忘年会@MOJO参加の方はフリーでご招待
※ミラクル忘年会のお問合せはDMください。


【12月28日(火)】

▼貸切
18:00-20:30

▼通常営業
21:00〜24:00


【12月29日(水)】

▼イベント|DRAFT LABO忘年会(チケット制)
17:00~24:00


【12月30日~2020年1月4日】

年末年始のお休み


★グランドオープン★

【2022年1月5日(水)】

▼ディナータイム
17:30〜22:30

▼ナイトタイム
22:30〜24:00


★ランチスタート★

【2022年1月6日(木)~毎週火曜日定休】

▼ランチタイム
11:30〜15:00

▼ディナータイム
17:30〜22:30

▼ナイトタイム
22:30〜24:00

ーーーーーーーーーーーー

※プレオープン日について

プレ期間中はプレ期間メニューとなります。

また様々なオペレーション等の調整のためご来店いただく皆様にご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、どうぞ温かくお見守りいただけたら幸いです。



【episode.2 / 他にはないご飯屋さん】

埼玉県所沢市。
都心部から程近く、近年鉄道の乗り入れ路線も増え、東京だけでなく神奈川方面へのアクセスも良い。


気が付けば新しいマンションが次々と立ち並び、駅から少し行けば昔ながらの閑静な住宅街が拡がっている。池袋や練馬、新宿方面のベッドタウンとして快適に成長している。

実際に暮らしていて不便と感じることは殆どない。有名なチェーン店やお店は軒並み揃っていると感じる。しかし、この街に住んで早幾年、ひとつだけ物足りないと感じる物がある。

それは「食」のバリエーションだ。
確かに再開発のシンボルとして開発された所沢駅の新駅舎やそこから伸びるプロペ通りには新旧含めて様々なお店が軒を連ねている。
充分お店があると感じている。


しかし生活している身からすると、その殆どがチェーン店であるような印象も持っているのだ。

極めて個人的な言い方になるかもしれないが、
イチ所沢市民とし、「行きたいお店が決まらなかった」こともあるのだ。


自炊をしていても、家庭があっても、外食の機会というものがある。
「その店の料理が楽しみ」という気持ちになるお店がないわけじゃない。

だけどワクワクしながらいくお店は、まだ少ないように感じるのだ。
ファミレスのような個人店。ありそうでないものを私は求め始めているのかもしれない。


専門店や酒の場は別だ。肉バルやしゃぶしゃぶ、うなぎ。小料理に懐石、つまみの多いお店。
ある一つのジャンルに特化した専門店や、お酒が楽しいお店はある。

だがしかし、ご飯を作るのが面倒というだけで専門店に行くには少々敷居が高いし。
酒の場に関しては美味しい楽しい名店が沢山あるが
「ごはん」を食べることに特化したバリエーション豊富な「ごはん屋さん」はあまり見受けられない気がする。


私にとって生きている最大の楽しみは「ごはんを食べる時」だ。
私にとって所沢には「今日は食べに行きたい!」と思ったり「行きたいところが決まらなくてもあそこに行けば勝ち確定だな」と思えるような大衆食堂がなかった。

酒じゃない日でも、家族で行きたいときでも、一人でも、宴会でも、受け入れられるようなご飯屋さんは、この街にはなかった。



【バリエーションのクセがすごい大衆食堂】

例えば近年人気の新大久保、一歩街へ出れば韓国料理、中華料理、ベトナム料理にインド料理、その日の気分で食べられる様々な種類の「ごはん屋さん」が軒を連ねています。

しかし所沢でははどうだろうかと考えたとき、
バーガーじゃない、牛丼、ラーメン、うどん、そば、カレー…ピンとくる物がないという経験があるのではないでしょうか。


かといってなんでも食べられるコスパの良い「ごはん屋さん」が思いつかないのでコンビニで済ませてしまうといった経験はないでしょうか。


だから私たちは今までは都内の専門店で食べていた料理や、まだ知らない料理とも出会えて
足しげく通えるリーズナブルさを兼ね備えた大衆食堂を目指すことにしました。


世界食堂があったら毎日の食事が楽しくはならないだろうか?
街で外食をするときに選べるごはん屋さんが増えるキッカケを作りたい。


この世界観を作っていくことが、
世界食堂の目指す「食でワクワクや楽しさを提供したいきたい!」想いになっています。




【運営責任者】
株式会社RPGworks
所沢市で「SAVE AREA」シェアスペース運営
「DRAFT LABO」「UP TOWN」の飲食店2店舗を運営

WEBSITE:https://rpgworks.net/
IG:@welcome.rpg.world
FB:SAVE AREA
TW:@welcome_rpg_inc

住所:埼玉県所沢市山口647-4


【フードプロデュース】
sumikko1031シェフ 相原
フレンチやイタリアンなどの飲食店を渡り歩きキャリアは30年
新しい挑戦の場として世界食堂の料理長に就任

IG:@bancarella.sumikko.1031



【予定メニュー】


世界食堂の「世界」とは、人々の「世界観」が由来となっています。

様々な世界の料理が食べられるのも、
その世界中に存在する世界観を、
シェフを通して表現したら、どんな世界観のメニューになるのか?がキーワードとなっています。

早口言葉のような説明ですが、
この大衆食堂は世界の料理を担保するわけではなく、
世界観を大切にする料理を提供するお店だと思ってご覧いただけたら幸いです。

シェフが初めて挑戦する料理もたくさんあります。

なぜそのようなメニュー構成になっているのか。
それはイタリアンフレンチなどをはじめ30年以上のキャリアを積み重ねてきたシェフが改めて「挑戦」することも世界食堂の世界観のひとつだからです。


※メニューは現在準備中。ラインナップは一部の抜粋、価格は仮のものとなります。


~前菜・おつまみ~

【➖インド➖】  マサラ・ドーサ \600
スパイスで味付けした野菜を米粉を使った生地で巻いたもの。

【➖イタリア➖】 カポナータのブルスケッタ \400
いろいろな野菜をトマトソースで煮込みバケットに載せて。

【➖アメリカ➖】 フレンチフライ \400
ガーリック、チリペッパーで和えて。 

【➖ベナン➖】 クリ・クリ \350
ピーナッツをペースト状にして揚げたもの。


~サラダ~ 

【➖タイ➖】 ヤム・ウンセン \650
タイ風春雨サラダ。

【➖フランス➖】 キャロットラペ \400
ニンジンのサラダ。

【➖バハマ➖】 コンクサラダ \600
貝類を使用したサラダ。

【➖北アフリカ➖】 タブレ \550
クスクスのサラダ、モロッコ風のひよこ豆を入れて。


~メインディッシュ・食事~

【➖ベトナム➖】 フォー・ガー \600
ベトナムの米粉の麺料理、チキンを使用しています。

【➖ドイツ➖】 ハンブルグステーキ \750
ハンバーグを俺の世界観で。

【➖ケイマン諸島➖】 フライ・フィッシュ \800
白身魚をさっぱりバター焼きに。

【➖南スーダン➖】 シャイア \1,000
ラム肉の煮込み料理。


~ほっこり和食~

マグロ山かけ
玉子焼き
ポテトサラダ
肉じゃが
西京焼き
とんかつ
生姜焼き
...など


~シェフの世界観ランチメニュー~

世界食堂のカレーライス 単品 \850 セット \1,100

世界食堂の本日のパスタ 単品 \850 セット \1,100

世界食堂のハンバーグステーキ 単品 \900 セット \1,200

※セットはドリンク・スープ・サラダ付き

和風プレート(ドリンク・デザート付き)\1,500
和風のお惣菜を日替わり定食スタイルで。

世界プレート(ドリンク・デザート付き)\1,500
様々な国のお惣菜を日替わりにワンプレートに盛り付けて。


~シェフの世界観デザート~

プリン \350

チーズケーキ \450

ガトーショコラ \450

アイスクリーム \300


~コース料理~

【3900円コース】
①オードブル
三種盛り合わせ
②スープ
本日のポタージュ
③魚料理
真鯛のソテー サフランソース
キノコのリゾット添え
④ピッツァ
本日のピッツァ
⑤肉料理
低温調理のチキンのグリエ マスタードソース
⑥デセール
⑦自家製パン
⑧コーヒー

ほか、5000円コースや、25000円コースなども予定しております。


【episode.3 / 渡る世間は〇〇ばかり(群像劇)】

カウンターの角の席に座りネクタイの紐を緩め重いため息をひとつ。1杯目のビールを頼む。
今日も1日お疲れ様。ここでしか会わない友人達との乾杯。
彼らは僕の仕事を知らない、僕も彼らの仕事を知らない。
だけど乾杯をしビールを一口飲むと安堵のため息が溢れるのだ。


いつも1人で2杯くらいのお酒を嗜み帰っていく彼が何故だか気になる、
お酒を片手に彼が読んでいる小説が私の好きな作家の作品だからかもしれない。
声をかけたりされるのは嫌だろうか?
…でもこのままでは物語は始まらない。次に会うときは小説の話でもしてみようかな。


思い切って気になるあの娘を食事に誘った。
食事の趣味すら聞けなかったからなんでも食べれるここに来た。
カウンターからいつもの馴染みの声が聞こえる。
しかし彼女と食事を進めるうちにいつしか周りの音は気にならなくなっていた。


僅かな小遣いとバイト代でやりくりをする僕らはなかなか食事にお金を割けない。
ドリアやバーガーは安くて美味いが、飽きる。
しかしここは同じような値段で世界中の料理が食べられる。
今はまだ仲の良い友達とだけの秘密の場所にしておこう。



【令和に始まる新時代的大衆食堂】


「多様的」であることが当たり前に言われるようになって、改めてどこまでが「多様的」なのだろうか。
哲学的な話になりそうですが、昭和時代に感じた大衆と今の大衆は質感が違うような気がしています。

だけど心が感じる大衆感はいつの時代も同じ部分が震えているのではないかと思います。
「人のあたたかみを感じること」

その大事な部分だと思う「あたたかみ」を感じてほしくて私たちは大衆食堂というスタイルを作っていきたいと思っています。

一人でも癒されたり楽しめたりする場所、家族で来ても居心地いい場所。
誰にも邪魔されずに料理を楽しむ、好きな人と過ごすことができるのは当たり前。
そんないままでの大衆食堂の良さをキープしつつ、

つながりを求める人や、時には結婚式の二次会などに使えるような
現代ならではの使い方にも順応したフレキシブル性ある世界観を作ります。

個人酒場の一人じゃ入れない感を生まずに、ゆるやかなご近所づきあいができる場所を目指すには、
設計や料理だけでなくカウンターが描いていく空気感にも委ねられると私たちは考えます。



【カウンターが織りなす人間交差】

そこで、私たちはゆるやかなつながりを生んでいく一つの手法として、
テーブル席が織りなす世界観とは別に、カウンターで生まれる世界観を作っていきます。

カウンターに座るお客様や常時カウンターに立つ店長中村との会話を楽しむのはもちろん、
世界食堂では定期的に1日店長を招き「ワンデイソーシャルサーバー企画」を行っていきます。

表現者、街の代弁者、主婦、学生、フリーターなど、さまざまな世界観を持っている人たちが、
1日限定でカウンターに立っていただく企画を行っていきます。


たまたま世界食堂に来たお客様と、1日店長を目当てに遊びにいらっしゃったお客様が
たまたま交差してしまったときなど「新たなストーリーが生まれる」きっかけを作れたら。
世界食堂のカウンターが目指す世界観は完成となります。



【カウンター模様_人物紹介】


【最終話 episode.4 / 世界食堂のある世界線】


気がつくと、この世界食堂に足繁く通うようになっていた。
気の置けない友人との食事、大切な人とのひととき。


そして、なんとなく腹が減ったから。


いつの間にかフラッと立ち寄るのはいつもこの店になっていた。

あの日赤信号で待ちぼうけしていたわたしは、時間に追われ、外食にワクワクすることもなくなっていた。

今思えば食事は「楽しみ」ではなく、
日々生きていく中でのある種「作業」になってしまっていたのだと思う。

しかし世界食堂の扉を開け、この空間、空気、人、そしてなにより他にはない料理。
その世界観に触れていく内にわたしもその世界観の一部になっていくような感覚を覚えたのだ。


ここには色々な人がいて、みな各々の世界観がある。
それは来ている人だけではなく、このお店に関わるすべての人の世界観。
それぞれの仕事や生活、パーソナルな事柄が食事を通じて交わり「世界食堂」という世界観になっている。

そう感じつつ、わたしはわたしの世界観を守りながら過ごすことができる居心地。


そしてなにより「美味しいごはん」がここにはある。


ここからまた新しい「なにか」が生まれていくんだろう。
客観的に楽しむこともできるし、気分次第では「なにか」に飛び込むこともできる。
自分の好きな過ごし方でいい。そんなことを思わせてくれる、ワクワクできる場所が所沢にできたのだなと確信する。



わたしの中で「作業」となっていた食事が「楽しみ」となった。


美味しいごはんが食べたい人は迷わず世界食堂の扉を開けてほしいと感じながら、
なんとなく誰にも教えることなく今日も気分で「私だけのごはん」を楽しんでいた。


不思議な愛着。特別な場所。いつの間にか「私のお店」になっていることに気づいた。

お店の中にはそんなことを感じていそうな人があちらこちらにいる気がする。
話しかけてもいいし、話しかけなくてもいい。これが新たな時代の居心地なのだろう。


「世界食堂」言い得て妙な「地元の」大衆食堂だ。



【さいごに / 文・RPGworks 角田テルノ】


ここまで御覧いただき誠にありがとうございました。

この先、世界食堂がどのように生まれて、変わっていくのか、
内装段階は定期的にこちらで報告していきたいと思っています。

また今回のプロジェクトは本年いっぱいまで開催しますので、
クラウドファンディング中にオープンする予定となっております。

どのような未来が待っているのか、とても予想ができません。


今回プロデュースを担当したRPGworksのテルノは、
19歳の時に生まれて初めて個人店の飲み屋さんに足を踏み入れました。
ドキドキしながら扉を開けて、カウンターに座り、ソフトドリンクを注文しました。

17年前にその経験をさせてくれたお店が音楽喫茶mojoでした。
その音楽喫茶mojoが移転に伴い退店した場所で、世界食堂が始まります。

17年経った2021年。
mojoが50m先へ移転する話がRPGworksに入ってきたとき、
「mojoの三角形のカウンターに染み付いた人間ドラマをなくしたくない」と思ったのが初期衝動でした。

そしてRPGworksの理念である「街おこし」につながる飲食店を作ってみたい。と思いました。


時を同じくして、
頼もしいチームがRPGworksの運営する「SAVE AREA」にやってきていました。
それがイタリアンレストランsmikko1031のキッチンカーバージョン
「bancarella.sumikko.1031」でした。

屋台で食べているとは思えないクオリティとコスパの良いのハッシュドオムライスに感動し、コミュニケーションをとっていく中でsumikkoチームの方々も理念の中に「街おこし」を持っていることを知り、
意気投合をいたしました。
そこににmojo移転の話が流れてきました。


「RPGworks × sumikkoなら面白い街おこしに繋がる飲食店をつくれる!」
ハッシュドオムライスにマッシュポテトのトッピングが追加されたころ、
世界食堂はRPGworks × sumikko の共同プロジェクトとして立ち上がりあがりました。


そしてSAVE AREAで出会い、
出会う時間に比例して様々なプロジェクトを計画したり実行したりするに至っていたFujiharaさんに
空間デザインを主とした内装の陣頭指揮を依頼しました。

すでに「SAVE AREA」が織りなす出来事の中で生まれたような世界食堂。
必然的に運命的に始まったこのプロジェクトが実現することで、
街が穏やかな活気と平和を生み出す世界線に入ると信じて、
新型コロナウイルスが蔓延るこの時代でも、挑戦することにしました。


今、ここまで読んでいただいた皆様とも、
世界食堂ができる前から縁を持ち、出来た後はそれぞれ思い思い好きに使って、楽しんで、
その先も一緒に見守っていただけたらと思っています。

この街に住む人と、このお店が楽しそうだと思っていただける皆様の活力になれるようなお店を目指します。

以下、用途内訳とリターンを記載いたしました。
ご参考までにご覧いただけたら幸いです。

皆様からの温かいご支援と応援を心よりお願い申し上げます。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。
これからの世界食堂をどうぞよろしくお願いいたします。




【設備費用】※見積書取得済み

▼内装全般 /2,000,000
トイレ壁面、扉・レコードディスプレイ+棚ブラケット+机スタンド・レコード収納・DJブース・テーブル・グラス棚・厨房間仕切り・テーブル什器一式・洗面台・椅子24脚・床タイル張替・照明機器等

▼追加厨房機器/2,000,000円
業務用冷蔵庫・スチームコンベクションオーブン・食洗器等

▼装飾費/550,000円
植物装飾・音響機器・ロゴ作成・デザイン一式

▼外装費 / 450,000
各種看板・エントランス掲示板作成・エントランス収納棚等

今回のクラウドファンディングでは
この設備費のうち200万円を目標金額に設定いたしました。


また今回は目標金額に届かなくても、
今後のブラッシュアップにつながるように大切に使用させていただきます。
応援・ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。



【バラエティ豊富なリターン】

緩やかながら繋がりを生めるようなリターンをご用意しました。

是非、小さくて大きな機会が訪れることを楽しみに選んでいただけたら嬉しいです。

※詳細に関してはリターンをご覧下さい。


★ 【500円~】 

   サンクスメール。


★ 【7,800円~】

   世界食堂オリジナルステッカー

   世界食堂アクリルキーホルダー、

   ワンドリンクチケット1枚


★ 【10,000円~】 

   ワンドリンクチケット 20枚


★ 【10,000円~】 

   ランチチケット 6枚。 


★【13,900円~】

   世界食堂栓抜きキーホルダー

   世界食堂ランチボックス

   世界食堂今治コットンタオル

   ワンドリンクチケット3枚
   ※併用不可。お一人様1日のご利用1枚まで。


★ 【先着50名! 13,900円~】 

   5,000円コース チケット 4枚。

   シェフ相原によるフレンチイタリアンを中心としたコースを予定しております。


★ 【先着30名! 15,000円~】 

   スペシャルパーティー招待券。

  (世界食堂ステッカー、世界食堂キーホルダー、世界食堂タオル付き)

スペシャルパーティー

日程:予定 2022年1月16日(日) を予定

時間:12時からを予定

場所:世界食堂(埼玉県所沢市)

内容:飲み放題・ごはんあり

※交通費等はご負担願います


★【20,000円~】

   ワンドリンクチケット 20枚。
     ※併用不可。お一人様1日のご利用1枚まで。

   世界食堂栓抜きキーホルダー

   世界食堂アクリルキーホルダー 



★ 【30,000円~】 

   30,000円未満のリターンを選び30,000円以上のファンディングした場合でも
   任意でENTRANCE(入口)にBIG FOUNDERとしてお名前を掲載できる。

   BIG FOUNDER限定キーホルダー


★ 【39,000円~】  

   ENTRANCEにBIG FOUNDERとしてお名前を掲載。 

   ドリンクチケット5枚

   BIG FOUNDER限定キーホルダー ※デザインは活動報告で順次公開していきます。

   5,000円コースチケット 3枚。

   シェフ相原によるフレンチイタリアンを中心としたコースを予定しております。


★ 【10名限定!39,000円】 

   ソーシャルサーバーエントリー券。
   ※1日店長として3回カウンターに立つことができます。
    宣伝等にご利用ください。

世界食堂のカウンターに立ち、接客をすることができます。
イベントとして世界食堂のSNS等で告知などをおこないますので、
人とつながりたい方や、友達を楽しませたい方、ご自身の活動を宣伝したい方などご利用ください。



★ 【10名限定!50,000円】 

   超得!3時間貸切割引券。

        ↳ (3,900円コースのお料理を20名まで提供します。)

コース内容はシェフ相原によるフレンチイタリアンコースを予定しております。


★ 【5名限定!78,000円】 

   料理長があなたの食べたい料理を1品ヒアリングします。
   うまくいけばメニューに採用いたします。

ヒアリングMTG/1回
試作品/2回
実際の店舗で限定試食期間の開催いたします/1回
支援者は料理名を名づけることができます。
試食されたお客様にアンケートを行い、採用が過半数を超えた場合メニューに載ります。


★ 【3名限定!78,000円】 

   イベント企画協力。
   RPGworksのテルノが一緒にイベント企画のお手伝いをします。

結婚式の二次会、ご自身のブランドプロモーションなど、ぼんやりでも「なんかイベントやってみたい」方へ企画の段階からご協力します。アーティストなどとのつながりもご紹介して充実感のある1日を一緒に考えていこうと思います。


★ 【5名限定!300,000】

   DJ中、
   シェフがあなたのために作るフルコース料理6名様をご招待

生BGMセレクトにDJを用意してシェフ相原がコストリミッターを解除した状態で最高のコース料理をご提供します。

まずは食べたいものなどのヒアリングから打ち合わせを行う予定です。


★【300,000~】

   お店が営業し続けている限り半永久的に世界食堂のメニューで初めて食べるものはすべて無料
   ※新メニューが追加された時も適用
   ※併用不可。お一人様1日のご利用1枚まで。
   

★【500,000~】

   お店が営業し続けている限り半永久的に
   おひとり様でのご来店時にお会計から50%オフ


★ 【1名限定!1,000,000円】 

   ワンドリンクチケット 30枚。

   ランチチケット 10枚。

   5,000円コースチケット 10枚。

   スペシャルパーティー招待券

   世界食堂ステッカー

   世界食堂アクリルキーホルダー 

   世界食堂栓抜きキーホルダー 

   世界食堂ランチボックス

   世界食堂今治産タオル

   BIG FOUNDERとしてお名前を掲載 。

   BIG FOUNDER限定キーホルダー

   ソーシャルサーバーエントリー券。

   世界食堂貸し切りチケット。

   お店が営業し続けている限り半永久的に世界食堂のメニューで初めて食べるものはすべて無料 

   料理長があなたの食べたい料理をヒアリング。

   DJが音楽提供する中シェフがあなたのために作るフルコース料理6名様ご招待

   イベント企画協力

   他、RPGworksやsumikkoが手掛ける事業との協業など様々な分野でのプロジェクト協業などへの展開を生めるかもしれないご縁として。





リターンは以上となります。


ここまでお読みいただき本当に本当にありがとうございました。

私たちはepisode0の今から期待と不安を胸に挑戦しています。

ですので、これを読んでいただいた皆様が
「世界食堂のクラウドファンディング読んだよ!」と口コミやSNSなどで伝えていただけるだけで力になります。

ここまで来て改めて今回のクラウドファンディングプロジェクトでは、
より多くの「機会」を生みたいと思っています。

その様々な機会を大切に、
精一杯応えてまいりますので、どうぞご支援ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。


世界食堂メンバー一同




<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/12/19 11:03

    工期の順序立てを自分たちで組んでいくことが最初の難関でした。本来ならばワンストップで納期を待てばいい。しかし今回は違います。どの段階で、塗装するのか、床をかえるのか、棚などを設置するのか。など。順序だてていかないと先にやれば良かった案件が出てきてしまうためです。工程は天井/Hi-Dさん塗装/冨...

  • 2021/12/17 14:44

    今回のプロジェクトでどうしてもこだわりたい点がありました。それは工務店などにワンストップで発注するわけではなく、横のつながりで、仲間を集めて施工していくこと。私たちのリソースを最大限使って出来ることに挑戦したい欲です。これは一言で言うより大変な作業となりました。今となっては工務店さんの存在って...

  • 2021/12/15 09:57

    ここでは世界食堂にまつわる登場人物を簡単ながら紹介させていただきます。この世にはたくさんのお店が存在していることが当たり前ですが、この「存在して当たり前」からもう少し巻き戻して考えてみたとき、このプロジェクトに関わることになった数奇な運命を持ったキャラクターたちがこの場所が生まれる前からその場...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください