はじめに・ご挨拶

東北ユースオーケストラは東日本大震災直後に坂本龍一監督の呼びかけで始まった、楽器の点検・修理のプロジェクトから生まれた、岩手、宮城、福島出身の小学4年生から大学生による混成オーケストラです。年1回の定期演奏会のほか、被災地での有志演奏会なども行っております。震災を乗り越えて生まれた強くて美しい音楽を東北から全国、世界の皆様へ届けていきたいと思い、日々練習を頑張っています。


このプロジェクトで実現したいこと

わたしたちが経験した東日本大震災から10年経ちました。よく10年ひと区切りと言われますが、まだまだ復興途上にあるのが現実です。311が10年の節目に忘れられないために、11年目以降も活動を続けていきたい、わたしたちの音楽を通じた復興支援への思いを、クラウドファンディングを通じて伝えていきたいのです。そして、2022年3月の3年ぶりの定期演奏会を成功させたいのです。盛岡、仙台、福島、東京のホールで、観客のみなさまから大きな拍手をいただけるような演奏をしたいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

想像もしなかった新型コロナウィルスの発生。みんなが一つの場所に集まって、楽器を奏で演奏することを積み重ね、本番を迎えるという、わたしたちの活動が奪われてしまいました。感染拡大が続き、まさかの2年連続の毎年3月の定期演奏会の中止。演奏会のチケット収入等は、わたしたちの活動資金として、とても重要でありました。

ようやく10月から福島市で行う合同練習会を再開することができました。日々変わりゆく状況に応じて、感染防止対策に配慮した合同練習を行い、100人規模のオーケストラとして存続していくためには、多くのみなさまの継続的なサポートが無ければ実現できません。

音楽を通じた心の復興の灯火を消さず、末長く続けていくためにもご支援のほどよろしくお願いいたします。


これまでの活動

【東北ユースオーケストラ設立の経緯】

2011年7月、音楽家の坂本龍一さんが発起人となり、東日本大震災の被災地の幼稚園・小・中・高校に対し、楽器関連の復興支援および演奏活動の支援を行うため「こどもの音楽再生基金」が設立されました。

2013年9月、スイスルツェルン音楽祭による復興支援イベント「ルツェルン フェスティバル アーク・ノヴァ 松島2013」に出演する期間限定の団体として「東北ユースオーケストラ」(指揮:坂本龍一)が結成されました。

2014年3月、「こどもの音楽再生基金」を引き継ぐ形で、「一般財団法人東北ユースオーケストラ」が設立されました。以後、毎年3月の定期演奏会の他、有志演奏活動、依頼演奏など、音楽を通した心の復興のための活動を行っております。


【合同練習会】

月に1度、福島県に集まり定期演奏会に向けた合同練習会を行っています。

小学生4年生から大学生まで年齢層の広いオーケストラですが、年上の団員が年下団員をサポートしながら活動しています。

【定期演奏会】

2016年3月に最初の定期演奏会を東京オペラシティにて行いました。その後は東京公演だけではなく被災3県である福島、宮城、岩手公演を行ってきました。2020年、2021年の演奏会は新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいましたが、2022年3月は東京と被災3県での公演を予定しています。

※これまでの定期演奏会

2016年3月 東京オペラシティコンサートホール
2017年3月 東京オペラシティコンサートホール/ 郡山市民文化センター
2018年3月 東京オペラシティコンサートホール/ 東京エレクトロンホール宮城
2019年3月 盛岡市民文化ホール/ 東京オペラシティ

過去の演奏会では、坂本龍一監督との共演、吉永小百合さん、のんさんにも詩の朗読で共演頂きました。


【有志演奏活動】

東日本大震災における被災三県の中でも最も被害の大きかった沿岸部を訪問し、演奏活動を行っております。被災地の皆様に寄り添い、被災地の皆様に音楽とともに笑顔をお届けできるよう活動しております。また、被災地以外でも演奏会を行うことで、復興の状況を知っていただき、震災を風化させないように活動しております。

有志演奏活動は、TYOの団員が自分たちで企画、交渉、開催しており、2016年~現在に至るまで、岩手県、宮城県、福島県、東京都の各地で行ってまいりました。


ご支援の使い道

心の復興を目指して続けてきた私たちの演奏活動は、皆様のご支援で成り立っています。例年、東北ユースオーケストラホームページや演奏会にて、皆様のご支援を頂いてきました。感染拡大による演奏会の実施、感染対策を講じた上での練習実施など、日々変わりゆく状況に対応しながらオーケストラとしての活動を継続していくにあたって、皆様の継続的なサポートが無ければ存続していくことができません。無事、演奏会の実施を実現するためにも、どうかご支援の程宜しくお願い致します。

*資金の使い道には、クラウドファンディング手数料(17%)も含みます。


返礼品について

ご支援金額に応じた返礼品をご用意しております。

※全ての返礼品について、ご支援頂いた方への御礼のメールをお送りさせて頂きます。

【TYOステッカー】(支援金額2,500円)
東北ユースオーケストラを日常の中で身近に感じていただけるよう、様々な用途を想定した、大小複数のサイズ、パターンのロゴステッカーです。白地に黒線のオーソドックスなものと、透明地に白線の2タイプをご用意いたしました。ステッカーの台紙にも是非目をむけていただければと思います。2タイプをセットでお送りします。


【TYOオリジナル 大判ハンカチーフ】(支援金額4,500円)
57cm四方の大判ハンカチーフに、東北ユースオーケストラのロゴである五線譜で構成された「TYO」をあしらっています。2016年3月の初めての演奏以来、楽団員全員が身に着けており、東北ユースオーケストラの共通アイコンに。大判なので、リボンとして、ポケットチーフとして、ネクタイ風、楽器にまくなど、様々なアレンジをお楽しみいただけます。


【書籍『響け、希望の音 東北ユースオーケストラからつながる未来』+TYOステッカー】(支援金額5,000円)
東北ユースオーケストラのこれまでの歩みをまとめた書籍、『響け、希望の音 東北ユースオーケストラからつながる未来』(フレーベル館)とTYOステッカーのセットです!書籍の著者はTYO事務局長の田中宏和です。東北ユースオーケストラが生まれるまでのエピソード、団員の3.11体験、夏合宿や有志演奏会などこれまでのTYOの歩みが、ぎゅっと1冊にまとめられています。小学生の団員でも読めるくらい、易しい文章で書かれています。「菊池雄星 文化プロジェクト 第54回岩手読書感想文コンクール」の小学校高学年の部の課題図書として選出されたほか、福井県が選定する優良図書(令和2年度)にも選ばれました。


【コットンバック】(支援金額5,500円)
TYOのロゴデザインをあしらった、GOTS認定のインド製オーガニックコットンキャンバスバッグです。47×44×10cm、容量20Lとたっぷりサイズ。内ポケットが付いていて使いやすく、小さくたたんで携帯するのもおすすめです。オーガニックコットンとは有害な農薬を使用せずに、その土地・環境に合った自然な農法で栽培されたコットンです。


【「notabag」2WAY バッグ】(支援金額8,500円)
トートバックにもリュックにもなる「notabag」。小さく折り畳んで収納することができるので、行きは手ぶらで買い物に出かけ、少しの荷物ならトートバックに、荷物が多かったり重かったりする場合はリュックサックにするなど、状況に合わせた使い分けが可能。表面には反射素材を採用しているため、夜間や災害時の利用にも役立ちます。収納ケースにはTYOロゴが入っています。


【トートバック(エンジ)】(支援金額15,000円)
コロナの影響で中止になってしまった演奏会2020の記念品として坂本龍一監督より団員全員へプレゼントされたものです。団員以外は持っていないプレミア物です。グラフィックデザイナーの長嶋りかこさんが手懸けたTYOのロゴがおしゃれにプリントされています。A4サイズで普段使いもしやすいので、団員おすすめのバッグです。


【「MINIM+AID」防災セット】(支援金額35,000円)

地震などの災害が起きてから避難所へ行くまでに必要なものを、必要最低限まで絞り込んで収めた防災セット「MINIM+AID」。ランタン、ラジオ、ポンチョ、ホイッスル、ケースを、防水性があり水に浮く直径的5センチの筒にまとめました。肩にもかけられるベルト付き、ラジオは手動で充電でき、USBを通してスマホやランタンなどを充電することも可能です。セットに入っている防災用品の詳細はこちらをご覧ください →https://minim-aid.jp/

お支払い方法について

クレジットカード(プリペイド式・デビットカードはサポートしておりません)
コンビニ払い
銀行振込(Pay-easy払い)
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い
ドコモ払い
FamiPay
Paypal
楽天ペイ
PayPay
au PAY

 
実施スケジュール

2022年3月の演奏会にむけて徹底した感染対策を行いながら福島県で月1回の合同練習を行っています。

■東北ユースオーケストラ演奏会 2022 

・盛岡公演  2022年3月22日(火)  盛岡市民文化ホール 大ホール
・宮城公演  2022年3月23日(水)  東京エレクトロンホール宮城
・福島公演  2022年3月24日(木)  とうほう・みんなの文化センター 大ホール
・東京公演  2022年3月26日(土)  サントリーホール 大ホール

※各公演の詳細は、決まり次第東北ユースオーケストラ公式HPにてお知らせいたします(2022年1月頃の予定です)。

東北ユースオーケストラHP: http://tohoku-youth-orchestra.org/


最後に

私たち団員はみんな東北ユースオーケストラが大好きです!!!

3.11をきっかけに生まれた私たちの音楽を通して、定期演奏会でコロナ禍や災害に苦しんでいる方々に元気や勇気を届けられるよう、今期も練習に励み、素敵な音楽を作り上げていきたいと思います。

どうか存続のために皆様のご支援をよろしくお願いいたします!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


<特定商取引法に基づく表記>

●販売事業者名:請求があり次第提供します。メッセージ機能にてご連絡ください。

●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供します。メッセージ機能にてご連絡ください。

●事業者の電話番号:請求があり次第提供します。メッセージ機能にてご連絡ください。

●対価以外に必要な費用:無し

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください