学校にゆけない、ゆきたくない。でも、学びたいー

 昨年、全国で16万人と言われた不登校は翌年18万人います※1。学校に行けないけど安心して学びたい。私たちは設立以来、学校の教科学習が苦手な子どもには出会いましたが、全く学ばない子どもに出会ったことは一度もありません。

 ただ、不登校の子どもでも7人に1人は経済的な困難を抱えています。今回は、この子どもたちも安心して学びの場【フリースクール】を利用できるよう、フリースクールの運営費をクラウドファンディングで集めてゆきます。

※1 出典:文部科学省「学校基本調査」


フリースクールとは

 寺子屋方丈舎フリースクールは、こどもたちが自分に合った学びを選択し、自分たちで学びを作ってゆくことができる、こどもたちの主体的な居場所・学びの場です。

 不登校やひきこもり、高校中退など子どもたちに関する課題に対し、不登校経験のあるスタッフや多様な経験を積んだスタッフが子どもの主体性を尊重した関わりによってその子に合った成長を応援します。フリースクールでは活動の主体を子どもに置き、個々の興味に寄り添った「個別の学び」と、子どもミーティングを中心に子どもたちでつくる「みんなの活動」を実施しています。

 私たちは、教科学習のみに重きをおきません。また、子どもたちを評価しません。

 運動や学習、物作りやみんなでの調理など、子どもたちが作り上げるプログラムを通し、互いを知り、認め合い、自己肯定感を伸ばす学びをつくり上げ、子どもたち一人一人の社会参画を目指しています。

【会津若松フリースクール】

[対象年齢] 7才~21才
[開設時間] 毎週火曜日~土曜日 10:30~18:00の間、来る時間も帰る時間も自由です。

【郡山フリースクールトレーラー】

[対象年齢] 小学生から高校生まで
[開設時間] 毎週火〜木:9時00分~16時00分 毎週金曜日:12時30分~16時00分
※開設時間内ならいつ来て、いつ帰っても大丈夫です


1人でも多くの子どもと関わることで

 コロナ禍でも、10代の自殺は減りません。私たちは、子どもが一番自死しやすい 9月の1ヶ月間に合わせて、初めてフリースクールに通う子どもの無償での受け入れを行なってきました。

 子どもたちができるだけ早くフリースクールへ相談に来られるように、無償での相談も行なってゆきたいと考えています。
 子どもも保護者も、自分を受け入れてくれる場所を手に入れれば、自然と元気になることができます。



【目的】どの子にも学ぶ権利が保障される必要があります

 経済的な事情に左右されずどの子も学ぶ権利があります。

   どの子も受け入れ、学びを保障して行くために、コロナ禍困難を抱えた子どもの相談、受け入れを行なってゆきます。

   これはオンラインでの相談や、フリースクールの活動にも適応されます。


このプロジェクトで実現したいこと

(1)一時的な経済環境の悪化により、
   フリースクール利用費負担が困難な子どもの受け入れのための運営費確保

(2)緊急時の無料相談、無料受け入れの実施時の運営費確保


応援メッセージ

フリースクール「福井スコーレ」代表  小野寺 玲 さん

福井県で「福井スコーレ」というフリースクールを運営している小野寺玲と申します。日々子どもたちと対話し、活動していくのは充実感があります。 しかし、フリースクールの運営は大変です。

できるだけ月謝を安くし、家庭の状況に関係なく通えるようにしたい。
一方、経営を安定させて、豊かな場所づくりをしていきたい。常にジレンマが付きまといます。

 それを解決する方法の1つとして、クラウドファンディングがあります。社会から広くご支援をもらい、みんなで子どもたちを支えていくということです。 今回のクラウドファンディングを応援しております。 

小野寺玲:中学で不登校を経験。フリースクール福井スコーレ代表。多様な子どもたちが共に育てる社会を作りたい。講演や研修、居場所作りのサポートもしています。

  https://twitter.com/onoderarei0813

資金の使い道

●無料相談運営費 のべ66件分(198,000円)

●経済的に困難な子どもの受け入れ時のフリースクール運営費 30,000円×12ヶ月×4件=1,440,000円

●クラウドファンディング手数料(9%) 162,000円

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

リターン

【個人向け】

■5,000円(上限なし):サンクスメール

■10,000円(上限なし):サンクスメール、報告書

■30,000円(上限なし):サンクスメール、報告書、支援者名を当団体Webサイトに記載

■50,000円(10名まで):サンクスメール、報告書、支援者名を当団体Webサイトに記載、当団体代表理事江川和弥によるオンライン講演(質疑応答含む60分)

※報告書はクラウドファンディング終了から約6ヶ月後に一度、データにてお送りいたします。
※支援者名はクラウドファンディング終了から約6ヶ月間、当団体Webサイト寄付ページにて掲載いたします。本名のほか、イニシャル・ニックネームでの掲載も可能です。但し、掲載スペースの関係から10文字以内でお願い致します。
※江川和弥によるオンライン講演は、支援者様と調整の上で開催日時を設定し、「Zoom」を用いて実施いたします。支援者お一人につき1回のみ実施します。


クラウドファンディングを達成したら...

(1)のべ48人(月利用)の子どもが経済状況に左右されることなく、フリースクール利用や相談ができるようになります。

(2)保護者の無料相談をのべ66人分無料で行うことができます。

(3)子どもたちに安心できる居場所が提供されるとともに、その子に応じた支援が受けられるようになります。

 必ず達成させ、一人でも多くの不登校に悩む子どもの力になりたい。経済的な理由でとりこぼされてしまう子どもを作りたくない。そんな思いで実施いたします。

一人でも多くの皆様の応援をいただけますと幸いです! 



団体紹介・活動実績

1999年に会津若松市初のフリースクールとして設立以来、学校外の学びの場として活動を重ねてきました。現在は郡山市と2箇所のフリースクール、経済的に困難な子どもの学びの支援(こども食堂、ジブン塾)、自然体験などを行う自遊学キャンプや、冒険ひろば(冒険遊び場事業)を行っています。

  • 2021/11/26 17:35

    フリースクールに通う保護者の方から応援のメッセージをいただきました!

  • 2021/11/25 12:00

    【応援メッセージ】NPO法人ネモネット フリースクールネモ 代表前北 海 さん●自己紹介 千葉県習志野市・市川市でフリースクールネモとうフリースクールの代表をしています。普段はフリースクールネモ習志野のスタッフとして子どもたちと関わっています。 そのほかにもフリースクール全国ネットワークの理事...

  • 2021/11/24 12:00

    【理事メッセージ】新潟ろうきん福祉財団 地域共生推進室長富澤 佳恵 さん 先日、とあるミーティングの中で「フリースクールってどうしてこれだけ全国に増えていて、減らないんだろうね」という会話をしていました。 少子化で子どもの数は減っているはずなのに、フリースクールは増えている。 そして、生きづら...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください