はじめに

みなさん初めまして、ネコノテ代表の後藤と申します。
広島県の東部にある福山市で12月初旬に個人事務所「ネコノテ」を設立する予定で準備をしております。

私は、この度「起業」という道を選びました。

先日まである病院で看護師をしておりました。
前々から漠然と

『人の心の支えになるなにかで起業したい。でもなにをしよう…』

ずっとこの想いを抱えながら過ごしてきました。

そして、
この度、ネコノテという個人事務所を設立し、
夢であった起業をする決心を致しました。
個人事業主からのスタートではありますが、
いずれは合同会社を目指して頑張っていきたいと考えております。


「猫の手も借りたい」
そんな切実な思いを抱えている人に応えられる仕事がしたい、
そんな想いで

『ネコノテ』

と名付けました。

ネコノテとして最初に行っていきたい事業内容は、

【お買い物代行事業】

です。
お年寄り、障がいや疾患をお持ちの方、小さなお子さんをお持ちのお父さん・お母さんなど、なかなか身動きの取れない方の代わりにお買い物を代行させて頂きます。買い物やその他の用事に付き添うコースも検討中。
また、最初から広範囲にわたるお客様のサポートは難しいので、まずは福山市、隣接する府中市での活動を中心に行っていきたいと考えております。

その他、
・訪問による見守り支援サービス
①あんしん報告コース
離れて暮らされるご家族の方の心配の緩和を目的に、オンライン通話や動画等を取り入れ、ご本人の様子をお伝えします。

②げんきサポートコース
ご高齢の方の【より質の高い生活】を目指し、コミュニケーションをとりながら共に体操、レクリエーション、ご本人様の趣味を行ったりする事などで認知症予防の一環、寂しさの解消になればと思います。


いずれも看護師の経験を活かして、個別性を重視し、お一人おひとりに合った「オーダーメイドサービス」をご提供致します。



「ただのサービス業ではなく、お一人お一人の状況や環境、個性等に配慮しその方にあった寄り添い方ができるお手伝いをしたい。」


私自身、子供の頃から不安障害や自律神経失調症を持ち生きづらさを抱えていました。

小学生の頃、大好きだった母を亡くして居場所を失った感覚、「頼れる人、甘えられる人がいない」という環境で育ちました。

社会人になっても生きづらさは変わらず、何かに逃げてしまうことも多い人生でした。

一時は、フリーターだったり派遣社員だったりでしたが、そんな環境のなかでも様々な業種を経験し、学ぶことは多くありました。その後は正社員として働いたりもしました。

いい歳の社会人になった頃、

自分と同じように苦しむ人の支えになれるのでは、と考えるようになり、精神科•心療内科で働く為に看護学校に通い看護師の資格を取りました。

精神科勤務を経て、もっと色んなことを学びたいという思いで違う科のある病院に転職しました。

経験から学ぶことはとても多かったですが、人間関係など恵まれた環境でありながらも、ある時からうつ状態、不眠症、レストレスレッグ症候群などに悩まされるようになりました。

「自分が世の中で言うところの【普通】ではない」

そんなことを思いながら、カウンセリングを受けていた時期もありましたが、いつの間にか中断。
しかし、うつ状態に陥ったことから、きちんと治療することを決意し、内服も開始しました。

理解ある上司、同僚のもと療養期間を取るなどさせて頂き、今では通院・内服こそしているものの、かなり良くなりました。

以前から人の心の支えになる何かで起業をしたい、と漠然とは決めていました。

が、その「何か」が曖昧でした。

療養中‥心が止まってスマホもTVも観られない、と言う状態の日もありました。

家族もいるし、自分自身の食べるものもないし買い物に行かなければ・・・

という状態にありながらも一時希死念慮もあるくらいだったので

買い物どころでもなく‥天井を見ながら

「誰かお世話してくれないかな‥」

「助けて欲しい」(主に精神面で)

「代わりに買い物とか行ってくれる人いないかな‥」

という思いが駆け巡り

「そうか、私が元気になったらそれを創ればいいんだ」と思ったことが始まりです。


その後もやっとのことで買い物をしていらっしゃるお年寄りや泣き喚く小さなお子さんを抱き抱えながら大変そうに買い物をしていらっしゃるママさんを見るとその思いは強くなりました。


そして今もなお、社会からは理解されにくく偏見もまだまだ多い精神疾患を持つ方にこの姿を見せたい。

ウツでも不安障害でも夢を叶えたよ!というところを見て欲しいのです。
SNSで知り合った仲間たちは毎日何かと闘っています。


「代わりに買い物とか行ってくれないかな」

「助けて欲しい」


同じように困っている人にこの二つの願いを一緒に叶えられたら、という思いで準備をしてきました。


私はお一人お一人の背景、環境、状況などをできるだけ加味して

それに応じた、心のこもったサービスを提供していきたいと考えています。


当たり前ではありますが、
お客様に良いサービスをリーズナブルな価格で提供しようと思うと、その分コストがかかってしまいます。
事業立ち上げコスト、サービスを充実させるための資金援助を頂ければと考えております。

どうか皆様の力のお貸しいただければ幸いです。

主な必要経費

・CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料
約18万7000円(目標額100万円集まった場合)

・サービスを拡散させるための広告、予約ができるホームページの開設などの制作費用
約60万円

・オリジナルのネコノテカー
約190万円
ネコノテのロゴとネームが施された介護用の車を発注。
買い物の際に必要となる社用車としての使用はもちろんのこと、買い物の付き添いを希望されるお客様のために車いすを載せることもできる車を想定しています。
後々は、買い物代行だけでなく、「買い物付き添い」「その他用事の付き添い」等も行っていきたいと考えています。


事業開始までのスケジュール

2021年11月12日 ネコノテカー納車
2021年12月初旬  ホームページ開設、事業開始
2021年12月15日 クラウドファンディング掲載終了
2022年1月 リターン発送


リターンのご紹介

3,000円コース
・お礼のメッセージ

5,000円コース
・ネコノテステッカー2枚

10,000円コース
・マチ付きトートバッグ

15,000円コース
・ネコノテタンブラー

20,000円コース
・ネコノテブランケット

50,000円コース
・お買い物代行をご利用の際に使える1万円分のサービス券。

50,000円コース
・府中家具で有名な府中市で作られたトレー2点

100,000円コース
・デニムの生産量日本一の福山産デニムネクタイ

300,000円コース
・府中家具で有名な府中市で作られたスツール(座面はデニム生地)


※金額に関係なく、お礼のメッセージ&HPに「立ち上げ時にご支援いただいた方」の欄にお名前を記載させて頂きます。


最後に

最後までご覧くださりありがとうございます。

私は「買い物代行」「見守り支援」という仕事を淡々と“こなす”つもりはありません。自分自身の経験、感じてきた思いを活かし、多くの方が日頃抱えられている様々な思いに寄り添うことを第一に、心身が少しでも楽になるようお役に立てたらと強く思っています。

どうか皆様の力のお貸しいただければ幸いです。


その他
ネコノテ代表 後藤由美子は、「特定非営利活動法人日本サポートマーク普及協会」の会員、理事を務めております。
https://supportmark.or.jp/

『困っている人を助けたい!』
その気持ちを表すのがサポートマーク。
サポートマークは援助が必要な方を助けるためのマークです。
日本には今、様々な障がいを持った方、周囲からの配慮を必要とする方々を表すマークがあります。しかし、この様々なマークに対するサポート方法がわからない、サポートする気持ちはあるが、「いつ」「どうして」良いのかわからない方が多いのが現状。
純粋に困っている人に手を差し伸べたいと思っている方は沢山いると思います。
「サポートマーク」は、「遠慮なく声を掛けてください!」という意思表示として考えられています。


  • 2022/01/21 20:34

    こんばんは。いつも応援して頂き、ありがとうございます。昨日1/20に、ステッカーの発送をいたしました。近隣の方ですと、本日届いている頃でしょうか?もし数日経っても届かない・・ということがありましたら、ご連絡くださいませ。なお、ステッカーとその他のリターン品がある場合は全て届き次第、まとめて発送...

  • 2022/01/19 17:10

    こんにちは。いつも応援いただきありがとうございます。遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。昨年は本当にありがとうございました!本年もどうぞネコノテをよろしくお願いいたします。リターン品の発送についてなのですが、該当の方には先日個別にご連絡差し上げましたが、ノベルティーのバッグ、タン...

  • 2021/12/15 10:43

    お読み頂き、ありがとうございます。9月末ごろから準備してきたクラウドファンディングも終盤を迎えております。本日23時59分まで。最後までよろしくお願い致します。ご支援頂いた方、本当に本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願い致します。ネコノテより。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください