はじめまして、主に壁画家、絵本作家として活動している河野ルルです。

学生時代はテニス一筋で、絵の勉強は全くしたこともなかった私がアーティストになれたのは、世界一周の旅行をしたことがきっかけでした。2015年にベトナムから東南アジア各国を旅し、徒歩でインド、スリランカ、トルコとアジアを巡りヨーロッパへ。その後、アフリカ大陸、欧州ポルトガルを経てメキシコに渡りますが旅費が底をついてしまいました。

そこで、「壁に絵を描くからタダで泊めてもらえないか?」と宿にかけあい、宿泊費の代わりとして宿屋の壁に絵を描くことで3ヶ月滞在。壁画で絵を描く楽しさに目覚め「絵を仕事にしたい」と決意し日本に帰国。2016年からアーティストとして活動を始めました。

私の作品や活動はこちらでご覧ください。
https://www.instagram.com/lulu_kouno


▼プロジェクトのきっかけ

壁画で子どもたちの笑顔を増やしたい

2017年に意を決して出展したアートフェア「UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA」で、思いもしなかったグランプリを獲得することが出来ました。そのことが大きなきっかけとなり、台湾、アフリカ、タイ、メキシコ、中国など様々な国の学校・病院・孤児院・障害児施設に壁画を描く機会をいただけるようになりました。


*「UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA」出展ブース


*「UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA」グランプリ発表の瞬間

世界を巡り壁画を描く中で、様々な事情で生活もままならず、自分の将来を自由に描けない子どもたちがいることを目の当たりにしました。そんな中、壁画をご依頼いただいた方々から「ルルさんがたくさんの色で、壁を明るくしてくれたことで、この場所が明るくなり子供たちの笑顔が増えました。」「子どもたちが自然と絵を見ることや、描くことが好きになりました。」などと言っていただきました。


そうした経験から、私が壁画を描くことで子どもたちの笑顔を増やし、自分の好きなことに気づくきっかけにもなることを知り、世界中の子どもたちのために壁画を描き続けたいと思うようになりました。



アジアの子供たちに壁画をプレゼント

アジア各地からアーティストが集うUNKNOWN ASIA、そして、アジアを舞台としたクリエイティブトーナメントのubisumでも、皆さんの応援のおかげでグランプリを受賞することができました。

私の夢を叶えるきっかけとなった、この2つの出来事からアジアには特別な思いがあります。そうした思いから今回はアジア中に壁画を描いて周り、そこで暮らす子どもたちにプレゼントしたいと思っています。

アジアの出来るだけ多くの場所を訪れ、子供たちに壁画をプレゼントするために渡航費などの活動資金を今回、皆さんにご協力をお願いできればと思っています。



絵本を買うことが、アジアの子供たちの笑顔に繋がる

これまでに『ちいさないきもの』『うみのいきもの』『ウニャコロピン?』『あいにいくよ』という4冊の絵本を制作してきました。そして、ずっと描きたいと思ってあたためていた『リンピアピーパス』の絵本がようやく完成しました。

この絵本を買っていただく売上の一部を、アジアの子どもたちへ壁画をプレゼントする活動資金にさせていただきたいと思っています。絵本を買うことが、アジアの子供たちの笑顔に繋がる。「リンピアピーパス」が、そんな素敵なおまけがついてくる特別な絵本になればとても嬉しいです。




リンピアピーパスについて

子どもの頃から図鑑が好きで今でも良く眺めています。図鑑を開くと想像が膨らみ、不思議で楽しげな生き物が次々と頭に浮かんできます。虹色のうんちをするかいじゅう、あたまからパイナップルの羽が生えた鳥などなど...。

今回の『リンピアピーパス』では、そんな想像上の生き物たちをたくさん描きました。子どもたちが大人と一緒に絵本を指差しながら、図鑑のように面白い生き物を見つけて、想像を膨らませて楽しんでいただけたらと思っています。


そして、この変わったタイトルですが、メキシコを旅して去るときに、お世話になった家族からもらったプレゼントの袋を閉じたモールのことを「リンピアピーパス」と言うと教えてもらいました。なんと可愛い響きなんだろうと、ずっと記憶に残っていて、みんなが楽しくつながっていく、そんなきっかけにしたいと思い今回の絵本のタイトルにしました。




このプロジェクトで実現したいこと

・アジアの子どもたちにより多くの笑顔を届ける
・アジアの子どもたちが自分の好きなことを見つけ可能性を開く

経済的もしくは教育的な制限から、アートに触れる機会が少ない子供たちのために、学校・病院・孤児院・障害児施設などに壁画を描くところを見てもらうことで、自由に発想し絵を描く楽しさやを知ってもらいたいのです。また、カラフルな壁画がその場所にずっと残ることで、子どもたちや周りに暮らしている人たちの気持ちを明るくしたいと思っています。

そのために以下の活動を実現することが必要だと考えています。

・絵本を広める
・絵本の売上で旅に出て壁画を描く

そして、ぜひ皆さんに協力をお願いしたいと思っています。ご協力いただいた支援金で、絵本「リンピアピーパス」の制作費と、アジア各地で壁画を描くための旅費や画 材などの活動資金とさせていただきます。

アジア各地(中国、タイ、インドネシア、韓国等)の学校・病院・障害児施設にて5つ以上の壁画制作を予定しておりますが、達成金額に応じて出来るだけたくさんの壁画を描きたいと思っています。

(内訳)
・アジア各地、5ヶ所への渡航費用(飛行機チケットと宿泊費):約80万円
・壁画の画材、足場などの費用:約50万円
・リターン費用(絵本「リンピアピーパス」制作費用、発送費等):約160万円
・Good Morning手数料:約9万円

*宿泊費は1日あたり約5,000円を想定しており、1つの壁画制作につき約20日間前後、宿泊予定をしています。
*画材と足場の費用は1つの壁画につき約10万円、5つの壁画を制作予定しています。
*壁画を描く施設は現在確定しておりませんが、グランプリを受賞したubisumを主催する株式会社ユビエスのアジア各地のパートナーによる協力が決まっており紹介により確保いたします。

スケジュール

2022年2月 クラウドファンディング終了
2022年4月 リターンの絵本発送開始
2022年9月 (河野ルルをアジアへ見送る会)イベント開催
2022年10月 壁画制作のため海外渡航予定
*感染症の影響により、海外渡航の目処が2023年3月までに立たない場合は、国内に限定し学校・病院・障害児施設などに描くという代替手段をとります。


【 壁画をご依頼いただいた方の声 】

江森貴之さん (MUZINA / Latyaa21 カルチャースペース(タイ、バンコク))

おおきなおおきなルルちゃんの描いた木の壁画。数年経っても、ご神木のように、ここに住む人や外から来た人を暖かく前向きに見守っているような気持ちにさせてくれています。この壁画がきっかけで住む子どもたちは、自然と絵が好きになっています。


岩原園長先生(みどり保育園)

園庭の壁面に動物や花、キノコのおうちで遊ぶ子ども達を描いてもらいました。「ママがあかちゃんにミルクあげてるね。ウサギさん、笑ってるね。キノコのおうちだね」と、子どもたちがルルさんの壁画をみながら、家族やお友達とお話ししたり、壁にさわってみたり。

ルルさんの絵からはエネルギーを感じます。それは、人間同士のあたたかいかかわり、深い動物愛、旅で出会った驚きや喜び。そのすべてが、とても器用な左手から魔法のようにキラキラとあふれ出します。ルルさんと楽しくおしゃべりしながら壁画作製でふれあえた子ども達は、忘れられないひとときになりました。

これからもみんなでルルさんの絵本を囲んで笑い、会話して、人も動物も自然も大切に思う心を育んでいきたいと思います。



井上先生(たちえ幼稚園)

子どもたちが壁画の前を通るたび自分のお気に入りのキャラクターを手や指で撫でています。また、誕生児は年に1回の写真撮影を壁画前で行うのですが「どこにしようかなぁ ここにする!」と、園内に、お気に入りが沢山できました。ありがとうございました!



大森康弘さん(株式会社電通)

東経135度、北緯35度が交わる日本のへそ・兵庫県西脇市の河野ルルさんの壁画、通称「ヘソノオ銀河」は、西脇市民の宝物です。日本のへそからへその緒のようみんなが繋がり、宇宙までつながれば、という想いで描いていただきました。観光スポットとしてもすっかり西脇の名物になりましたよ。本当にありがとう!



リターンについて

*ご支援いただいた方々には、活動報告として河野ルルが旅先からメルマガをお送りします。

●絵本購入コース

(通常版)
通常版 ハードカバー B5 32頁 
・「リンピアピーパス」絵本1冊お届け 2,800円
・「リンピアピーパス」絵本2冊お届け 5,600円


(特別装丁版)ハードカバー 布クロス表紙 B5 32頁 
・「リンピアピーパス」絵本1冊お届け 5,800円

温かみのある布クロスに箔押し。河野ルル直筆のシリアルナンバー入りの特別装丁版を限定50部でお届けします。*河野ルルのサインと手書きのシリアルナンバー入り


●「リンピアピーパスの本屋さん」になるコース

本屋さんになって一緒に絵本を広めて、子どもたちに壁画をプレゼントしよう!
出来るだけたくさんの壁画をアジアの子どもたちにプレゼントするために、一緒に絵本「リンピアピーパス」を広めていただくプランです。

・「リンピアピーパスの本屋さん」になる(絵本5冊 × 2,300円)11,500円
・「リンピアピーパスの本屋さん」になる(絵本10冊× 2,300円)23,000円
・「リンピアピーパスの本屋さん」になる(絵本30冊× 2,300円)69,000円

*河野ルルが描いた宣伝用POP(プリント)をつけてお送りします。
*絵本は1冊2,800円で販売することも、他の方へプレゼントすることも可能です。

絵本1冊2,800円のところ、2,300円で仕入れていただき、みなさんの感想や言葉を添えて、ご自身のSNS、Webサイト、またお店やオフィスで販売いただいたきます。(1冊につき販売価格2,800円 - 仕入れ価格2,300円 =利益500円となります。)もちろん、お友達やお知り合いへプレゼントいただくことも可能です。



●見送る会参加コース(リアル会場)
・河野ルルをアジアへ見送る会に参加 15,000円

*東京、渋谷近郊にて開催いたします。
*感染症対策として下記を徹底いたします。
十分な換気対策
検温・手洗い・アルコール消毒
マスクの着用


●見送る会参加コース(オンライン)

・河野ルルをアジアへ見送る会に参加 5,000円

*オンラインにて開催いたします。


●壁画に登場できるコース
・河野ルルが描く壁画に登場できる 45,000円(限定20人)
*ポストカードサイズの原画つき

*お一人様を河野ルルが描くキャラクターとしてアジアで描く壁画のどこかに登場させます。
*描いたキャラクターはアジア出発前に、ポストカードサイズの原画として描きお届けします。




●壁画制作コース
・壁画制作  500,000円(限定5社(団体))

企業・団体様のご要望に応じ壁画を制作いたします。

*サイズ:縦3m前後×横5m前後(サイズ・モチーフ応相談)
*交通費、宿泊費、塗料代別途



最後に

コロナが明けたらすぐに、絵本を買ってくれた皆さん、 広めてくれた皆さんの気持ちをたずさえて アジアのどこかで待ってくれている子どもたちに 壁画をプレゼントしにいきたいと思います。

いろんな事が起こる世の中ですが、世界のどこかに わたしたちが送った壁画のプレゼントが、今日も子どもたちを、 そしてそれを思い出しているわたしたちをも ポッと心に灯りがともるような温かい気持ちにする。。 そんな場所を少しずつ増やしていけたらいいなと思います。

どうかこの絵本が皆さまに笑顔を届けられますように。 最後までご覧いただきましてありがとうございました。

河野ルル


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください