「誰かを応援するためにしか使えないお金」それがギフトマネー。このファンクラブはギフトな循環を共に創っていく仲間(家族)を集めるために作ったファンクラブです。集まったお金は、御縁のあった人たちの夢や目標を応援するためにギフトされていきます。「お金」を再定義するための実験。

プロジェクト本文

 
【どーもこんにちは〜(*´∀`*)♪】

このファンクラブ「Gift Family」を
作らせていただきました、
こばやし つよし と申します!!

みんなからは
「つよぽん」と呼ばれています。
気軽につよぽんって呼んでくださいね☆

 

※僕がどういった人間なのか、
 友人が描いてくれた本の中に
 詳しく描かれていますので
 よかったらぜひ読んでみてください。

▶︎『My Life Story 地球家族の旅路』

【無償の愛を受け取り続けて気づいた「お金の正体」】

2017年5月

当時、僕は住んでる家や
収入を得ていた仕事など、
全てを手放しバックパックひとつで
旅に出ました。

その旅の中でたどり着いた
四国という不思議な土地。

この土地には「お遍路」という、
四国八十八箇所のお寺を巡る、
巡礼の文化があります。

その修行の旅をする人のことを
「お遍路さん」と呼びます。

ぼくもお遍路さんとなり、
四国八十八箇所を歩いて廻りました。

その旅の中で味わった
「お接待」という文化に触れ、
僕はものすごく感動しました。

お接待とは、
お遍路さんに対してする
施しのことです。

お遍路さんは修行僧ですから、
お布施やお供え物といった意味合いで
食べ物や飲み物を渡してくれたり、
寝床やお風呂を貸してくださったり、
お金を渡してくれたりなど、
全てが無償で行われます。

お接待をしてくださる人たちは、
見返りなどは一切求めていません。
だからといって、
裕福な人たちという訳でもありません。

真夏のカンカンに照った太陽の下、
大きなバックパックを背負って歩く
僕の姿を見て、ただただ応援を
してくれたのです。

そんな暖かいお接待を
これでもかというくらいに
たくさんたくさん受け取っていると、

 

「今度は僕が誰かのために
 できることをしたい!!」

「見返りとかそんなのいらないから
 とにかく何か役に立ちたい!!」

 

という想いが湯水のように
ドバドバと内側から
自然に溢れてきたのです。

と同時に僕の中で、
お金に対する認識がガラッと
変わりました。

 

今までの僕は、

「働いて稼いだお金は自分のもの」
「お財布に入ってるお金は自分のもの」
「銀行口座にあるお金は自分のもの」

という認識を持っていました。

 

しかし、
お遍路をしている時、
自分のお財布の中に
残ったお金を見て気づいたんです。

「今、財布の中にあるお金って全部、
 みんなからお接待をしていただいて
 もらったお金だ…」

「ん?待てよ。これって俺のお金か?」

「いやいや、みんなのお金だよな!!」

「1円足りとも
 自分のお金なんてないじゃないか…」

「ん?でもこれって俺だけじゃなくて、
 みんなにも同じこと言えるよな!」

「会社からのお給料だって、
 元々はお客さんの
 お金だったわけだし、
 そのお客さんもどこかで
 お仕事をしていて、
 お金をお客さんから
 頂いているわけで…」

「ってことはやっぱり、
 "自分のお金"なんてものは
 どこにもないやん!!」

「自分のお金だと思っていたのは
 "幻想"じゃないか!!」

と、、

パラダイムシフトしてしまったんです。

 【お金を"応援券"として見たとき世界が変わった】

お遍路の体験を通して、
自分のお金などないのだということに
気付きました。

四国でお接待をしてくれた人たちは、
僕を応援しようとお金やモノを
無償の愛でギフトしてくれました。

お接待は「応援」であると
僕は思ったんです。

お金の正体もそう。

あなたがいつもよく行くお店で
ご飯を食べるということは、
そのお店がこれからも
続いて欲しいという応援なんです。

例え応援してるという
意識がなかったとしても、
そこでお金を支払うということは
結果的に応援しているということに
なるんです。

 

常日頃、僕たちは、
お金という名の応援券を使って
お互いに応援しあっているんです。

そのことに気が付いた時、
僕がお金に対して抱いていたブロックが
コロッと外れたのです。

今までの僕は、
お金はなるべく
使わないようにしようとか、
考えていたし、
お金を稼ごうとすることにすら、
違和感や抵抗を感じていました。

しかしそれは、
人を応援する機会を
自ら無くしているんだということに
気がついたんです。

 

なんてアホなことを
していたんだ俺はぁー
!!

って思いました笑

 

僕は夢や目標に向かって
ワクワク突っ走ってる人が
大好きだし、そういう人たちを
ガンガン応援していきたい!!

だから、
僕は応援券(お金)を
たくさん集めたいと思ったし、
そんな人たちを応援するために
たくさん使いたいと思ったんです。

そこで思いついたのが、
このGift Familyのファンクラブです。

【ギフトファミリーの仕組みって?】

 

毎月このファンクラブに
集まるお金(応援券)は、

 

◆夢や目標に向かってキラキラ突っ走っている人

◆これから新たに何か挑戦しようとワクワクしている人

◆人を笑顔にするために何かをギフトしたいと考えてる人

 

といった人たちへ、
モノやお金といったカタチで
ギフト(応援)させていただきます。

 

パトロンさん(家族)に
なっていただいた人たちには、
専用のFacebookグループに
招待させていただきます。

Facebookグループでは、
ファンクラブからギフトを
贈られた人たちから、
お礼のメッセージや写真、
動画などがシェアされます。

パトロンさん(家族)も
自分たちのお金(応援券)が
どんな風に使われているのかが
見えるようになっていたら
嬉しいですよね♪

 

また、
ファンクラブに毎月どれくらいの
お金が集まったのかの共有や、
どんな風にファンクラブを
盛り上げていこうかの話し合いなども
していこうと考えています!

当月、ギフトをして残った分のお金は、
翌月へと繰り越されてプラスされます。

ひとりひとりのチカラは小さいけれど、
愛を持ってひとりひとりが
チカラを合わせ、工夫をしていけば、
大きな夢も叶えられると
僕は信じています。

【新しい世界を想像し創造する】

このプロジェクトで僕は、
美しい愛の循環が広がっていき、
ひとりでも多くの人たちの
夢がカタチとなり、
現実化されることを望んでいます。

そして同時に、
多くの人が抱いている
「お金」というものに対しての
ネガティブな認識や価値観が
ポジティブにシフトしていくことも
望んでいます。

お金に振り回されるのではなく、
お金と仲良くなり、
上手に付き合っていける人が
増えていったら僕は嬉しいです。

このファンクラブは
そのためのひとつのキッカケであり、
実験の場だと思っています。

 

また、
僕が今住んでいる淡路島にある、
Gift Share World "musubi"では、

「Gift Share - ギフトシェア」という
"ギフトで成り立つ世界"
コンセプトとして、
同じ志を持った仲間たちと
共に運営をしています。 

ギフトという言葉には、
"贈り物"という意味以外にも、

天からの与えられた贈り物、
つまり「個性」や「才能」という
意味もあります。

musubiに訪れた人たちが、
「自分のギフトとはなんなのか?」
を自分自身に問いかけ、

「見つけたギフトを
 どう表現していくのか?」

を対話を通して探求していき、
自分という人間(ギフト)を
再発見していく。

そういった
才能や個性、モノやお金など、
たくさんのギフトが持ち寄られ、
愛ある循環の渦が
どんどん産み出されていく。
それがmusubiという場です。

そういったコンセプトを持った
musubiとこのファンクラブの
プロジェクトを結び、
新しい世界を創っていきます。

新世界を目指し大航海する船に
仲間がひとりでも増えてくれたら
僕はめちゃくちゃ嬉しいです(≧∀≦)♪

一緒に千の海を超えていきましょう!!

【最後に】

長くなりましたが、
最後まで目を通していただき
本当にありがとうございます。

僕が四国八十八ヶ所を廻る
お遍路の旅の中で得た気付き。
その大きなギフトを
多くの人にシェアしたいと
思いました。

このファンクラブが、
そのお遍路体験を再現できるかは
わかりませんが、
この活動によって
世界がほんの少しでも、
0.1ミリでも、
いい風になったらいいなと
思ってます。

お金というカタチの
おすそ分け(ギフトシェア)

親戚の子どもたちに
お年玉をあげるような感覚で
このファンクラブを
応援していただけたら幸いです。

最後まで貴重な時間を使って
読んでくださり、
本当にありがとうございます(o^^o)♪

Enjoy〜♪

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください