チクチクしない、暖かい、軽い「こころばせ」オリジナルマフラーです。ウールの暖かさとコットンの肌触りの良さを両立したウールコアコットン襟巻復刻プロジェクトです。寒さ本番の1月末お届けに予定。春先に使える薄手の大判マフラーの生産にご支援ください!

プロジェクト本文

ウールコアコットン糸とは

糸から新開発するこころばせプロジェクト第三弾、今回はマフラーです。素材のウールコアコットン糸とは、ウールを芯にふわふわなコットンを巻きつけた特別な糸なんです。ウールが真ん中で熱を貯めてほかほかになって、ふわふわサラサラなコットンがお肌にあたり蒸れない構造。ちょうどこんな感じ。

ウールをコットンで包みました

 

じつはこの糸を使ったマフラーは数年前まで糸井重里さんの「ほぼ日」「くびまき」として売られていました。糸井さんはこの糸を中羊糸と名付けられていました。流石のネーミング!。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。この糸こそ、こころばせ主宰の私が開発発明した糸なのです。たくさんのご発注をいただいた「くびまき」も絶版となってしまいましたので、開発者の私がもう一度復刻させたく思いプロジェクト化することとしました。

私が現在活動の拠点としている八王子は往時織物の街でした。今や織物工場は激減。そんな環境下でひときわ目立つ活動を続けたいらっしゃるのが有限会社澤井織物工場さんです。今回のウールコアコットンマフラーを作って下さっています。伝統工芸士でもある澤井社長さんとの出会いがなければ、このプロジェクトを立ち上げることはできませんでした。また、ありがたいことに私が開発する糸に価値を見出してくださっているので、快くサンプル作成にご協力くださいました。

  

 

 

シャトル織機とは

シャトル織機は織物の緯糸(よこいと)を織込む杼(シャトル)が左右に往復します。動画のシャトル織機は勿論機械式で、シャトルが左右に機械仕掛けで打ち出されて糸を織り込んでいいきます。手織の織機と原理は全く同じす。手でシャトルを左右に動かすか機械で動かすかの違いだけです。

下の写真が実物のシャトル。緯糸を内臓して左右に動くことで、緯糸が経糸と交差して織物が作られていきます。

 

現在多用されている織機の一つとして、レピア織機というのがあります。レピア織機も実はシャトル織機と遜色のない風合いの良い織物が作れかつ大量生産に適した機械なのですが、シャトル織機の織物と外見上で決定的に違う箇所があります。それが織物の左右(耳といいます)の仕上がりです。

左がシャトル織機製(本プロジェクトの襟巻)、右がレピア織機製です。シャトル織機では緯糸が入ったシャトルが左右に往復運動をするので生地の耳が綺麗です。対してレピア織機の場合は緯糸が一本一本入る毎にカットされるので、ふさ状の耳となります。

 

“お肌にやさしい襟巻"

ウールコアコットン糸はチクチクしない

ウールをコットンで包み込む特殊な方法て紡がれた糸ですので、肌にウールが触れることはほとんどなく、チクチク感がありません。お肌が弱くて、ウールが苦手だけどコットン100%では暖かさが足りないという方に最適です。

暖かさを測る指標として吸湿発熱性能というのがあります。下図の一番上の線が中心羊毛綿紡糸、一番下が同じ太さの綿100%の糸です。この差が最大で0.5度以上あれば体感出来る暖かさの差があるといえるのですが、綿100%と比較して約1度の差がありますので、ウールコアコットン襟巻が十分温かいことが分かります。

ウールコアコットン襟巻について  

サイズ 約82cm×200cm(ふさ部分を除いた長さ)  
重さ  160g
混率  ウール50% 綿50%

極薄の大判のストールとも言えるサイズです。 

 

   

リターンについて

プロジェクトがサクセスしましたら、3配色のマフラーを生産します。

【青色】
 

 

 【藤色】

 

【紺色】

 

“工場見学と機織り体験"

マフラー1枚と工場見学と手織体験をセットにした特別リターンを用意いたしました。5名さま限定!。プロジェクトがサクセスしましたら、平成30年2月3日(土)に開催します。写真の織機を使って実際に生地を作ります。織物の経糸と緯糸がどの様に絡んでるのか、交差しているのかを体験を通して勉強できます。

機織り体験で実際に使う手織の織機

 

 

こんな感じで機織り体験していただきます。出来上がった布はお持ち帰りいただけます。

 

全日本繊維産業協業プロジェクト

東京は八王子住まいの私が企画立案、大阪の繊維専門商社のサポートのもと新潟の紡績工場で糸を作り、八王寺の澤井織物さんで製品化。再び、私の事務所に出来上がったマフラーが届けられて出荷する予定です。

“八王子と新潟の工場、そして大阪の繊維商社が共同製作"

これまで培ってきた繊維開発の知見とアイデアを、日本中の繊維工場の力を借りて本当の意味での良質なメイドインジャパンを実現していきたいと思っています。私が主催する「こころばせ」ではこれからも、今回のウールコアコットン襟巻きのような「全日本繊維産業協業プロジェクト」を全力で展開していこうと思っています。


「全日本繊維産業協業プロジェクト」の第三弾、ウールコアコットン襟巻き復刻プロジェクトにご支援くださいますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

こころばせ主宰 大窪裕美

  • 活動報告

    こころばせプロジェクト絶賛準備中です

    2018/03/24

    ラミーコットンタオルやウールコアコットン 襟巻プロジェクトでは多くのご支援を頂きありがとうございました。襟巻は少し余分に作って下記のECサイトでも販売…

  • 活動報告

    本日(28日)より出荷開始しました。

    2018/01/28

    お待たせいたしました! 28日〜30日に襟巻きを、八王子より出荷いたします。 明日29日には一部のパトロンの方々に襟巻が届きます。 31日には全てのパ…

  • 活動報告

    あと数時間でプロジェクト終了です

    2017/12/20

    羊毛を綿花で包んだ包んだウールコアコットン糸で作った襟巻きプロジェクトは、望外のパトロン様のご支援をいただきました。 本当にありがとうございまし…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください