はじめまして
kabutomushi33 です
  • 東京都 / 
初めてのプロジェクト
はじめに・ご挨拶

はじめまして。カブトムシです。

カブトムシは、東京藝術大学に在籍中の4人組音楽制作チームです。『音楽制作チーム』を名乗っている理由ですが、プロジェクトごとに大きく形態やジャンルを変えて制作しているためです。これまでの活動は、主に即興や打ち込みによるライブ演奏、また、『忘れないで未知子』というラジオ形態の作品制作でした。今回の作品は、そんなカブトムシがフォークとロックという、バンドサウンドの領域に足を踏み入れた、意欲的な作品となっております。




プロジェクトをやろうと思った理由

普段からレコードで音楽を聴く身として、自分たちの音楽もこんな風に楽しむことができたら、と思い始めました。

1stアルバムとなる「色即ラグーン」では、作曲、アレンジから、演奏、録音、ミキシング/マスタリングまで、音楽制作における全ての行程を自ら行いました。音と真剣に向き合う中で、この作品を実感の持てる形で残したい!という想いが強まりました。ただ、インディペンデントで活動する自分たちは、レコード制作の予算があるはずもなく...。多くのレコードを皆さんの元に届けるのみならず、これからも自分たちの音楽が残っていくことを願って、このレコード販売プロジェクトを立ち上げました。


これまでの活動

①カブトムシトランス期

同じ学生寮に住んでいた藤井、堀、桒原は堀メンバーの部屋で定期的に即興演奏に興じていた。演奏を重ねるごとにメンバーのバイブスは共鳴しはじめ、ついにカブトムシとして活動を始めるのでした。



笑顔を守る期(2019年藝祭ライブ 『Protect Your Smile』)


『芸大の喫煙所で突如ラップを始めたピアニスト・大野志門。突然の変化に誰もついていくことができなかった。だが、その形容し難いフラストレーションに救済の手が差し伸べられる...。それが、伝説・カブトムシであった。』(関係者談)

そして『カブトムシfeat.Shimon Ono』として2019年の藝祭で、無名であったはずの大野志門は観衆の拍手喝采で受け入れられラッパーデビューを果たす。

『うれしかったです』(大野談)

まだカブトムシに加入前だった大野は、ライブのあまりの楽しさから、カブトムシへの加入を申し出ます。ただ、メンバー全員に断られ、1年間放浪生活をするのでありました。

③忘れないで未知子期


思いついては忘れ去られてゆく無数のアイデア、お話、即興、なんでも詰め込んで、ラジオ番組という形で発表してしまおう、という軽い思いつきで始まった「忘れないで未知子」(隔週発表、全24回、YouTube)。ですが、回を重ねるごとにフィクションのスケール、我々の熱量、ともに極限へと加速していきました。フィクションを超えたフィクション、アルティメットフィクション、それが忘れないで未知子。

隔週というスピードに駆り立てられながら、数々の楽曲、名演が誕生しました。一年にわたり放送を続けた我々は、永遠に紡がれるこの巨大フィクションを、観測不可能な宇宙に引き渡し、本当に忘れ去られる日を待つことにしました。

④ポストわすみち期

待ってる間、新境地を求めて歩み始めたカブトムシは、現代美術家・生須芳英に誘われ、ツーマンライブ『宝船CROSS2』に参加。ライブ前日に書き上げた大野の数編の詩を、旅人のヴァイブスで奏でた、Protect Your Smile以来のライブ。我々は音とともにやって来て、音とともに去っていきました。


『宝船CROSS2』を終えたカブトムシ。高まったバイブスは「ロマン主義」と「テクノミュージック」へ発散しました。二つの融合を目論んだカブトムシは、演奏会『DE-CHOPINIZE “別れない”』を開催しました。

ロマンテクノと名付けた連作の初演と、大野志門による「ノクターン」独奏、そして名曲「別れの曲」の合奏を終え、新しいショパンを垣間見せました。

その後、カブトムシは初のミュージックビデオを映像作家の内海拓と制作しました。

精一杯のおしゃれをして撮影に望みました。


⑤バンド期

バンド体制で演奏をあまりしてこなかったカブトムシはとある著名アーティストに「バラバラだね」という辛辣な言葉を受け、泣きました。見返してやろうという想いではじまったアルバム制作は練習から始まりました。半年以上かけて作った渾身のアルバム。これがカブトムシの「いま、ここ」。


資金の使い道

・アナログレコードプレス費

・リターン制作費

・宣伝・広告費

・クラウドファンディング手数料


リターンについて

・ステッカー5点セット 1500円

アーティスト・大里淳デザインの特製ステッカー5点セットです!

クラウドファンディング限定の商品となっております。

・レコード 3500円


カブトムシ 1st アルバム『色即ラグーン』のレコード単体での商品です。通常歌詞カードが付属しています。

収録曲 

1. 未知コ唄

2. 可愛い君の羽根

3. こっちにおいで

4. 哀哀愛

5. ゆめないで

6. パンジー咲かない

7. 飛天説法・夏の波頭


・レコード+ステッカー 4500円


大里淳デザインのステッカー(5枚)とレコードの2点セットになります!


・レコード+発掘キット 5000円


映像作家・内海拓の作品『ベッドタウンの神様in低俗の森』とレコードのスペシャル2点セットになります!「ベッドタウンの神様 in 低俗の森」は地域性の欠如したお土産をモチーフに扱った作品です。 それぞれのお土産に関する5つの映像 、発掘キットのCM 、エピローグを合わせた、計7つの映像作品によって構成されています。

発掘キットに封入されたQRコードを読み取ると、カブトムシの新曲5曲が内海拓監督のMVでお楽しみいただけます!


・レコード+マグカップ+ステッカー 6000円


レコードとステッカーに、更にメンバーの堀聖史がデザインしたマグカップがついた3点セットになります!未知コ唄を聴きながら、あったかい飲み物を飲んでください。 



・レコード+好きな曲の好きなパート譜ひとつ 6000円


レコードとパート譜の2点セットになります!メンバー・藤井登生監修のもと、お好きなパートの楽譜をお届け致します。

是非、演奏してみてください。(弾けるかな?♪)


*以下のパートからお選びください。

哀哀愛(ピアノorアコースティックギターorベースorドラム)

ゆめないで(エレクトリックピアノorギターorベースorドラム)

パンジー咲かない(エレクトリックピアノorギターorベースorドラム)

飛天説法・夏の波頭(エレクトリックピアノorギターorベースorドラム)


・レコード+特製冊子 8000円


レコードと特製冊子の2点セットになります!

特製冊子のデザインは、こちらもアーティスト・大里淳に依頼し、制作、装丁致します。

特製冊子は、レコードに収まるサイズを予定しております。

(我々一人一人のインタビュー、制作秘話、対談など、読み物として超面白く仕上げますので、ご期待ください。)


・レコード+特製冊子+特製レコードスタンド 12000円


レコード、特製冊子とレコードスタンドの3点セットになります!レコードスタンドはカブトムシデザインによる手作り一点ものです。


・レコード+特製冊子+アルバム全曲バンドスコア 20000円


レコード、特製冊子とバンドスコアの3点セットになります!

バンドスコアは、全7曲を掲載。メンバー・藤井登生の監修の元、製本しお届け致します。


・レコード+特製冊子+プレミアムTシャツ+マグカップ 20000円


特製のTシャツを限定で購入できる4点セットになります!デザインは、カブトムシのキャラクター『クソ虫』がワンポイントで登場しています。

クラウドファンディング限定の商品になります。

サイズは(S・M・L・XL)からお選びください。


・レコード+特製冊子+特製レコードスタンド+プレミアムTシャツ+マグカップ+ステッカー+アルバム全曲バンドスコア+歌詞カードにお名前記載 50000円


カブトムシ手作りのレコードスタンド、特製歌詞冊子、バンドスコアを含むスペシャルな7点セットになります!

*歌詞カードにはご支援してくださった方のお名前を記載させていただきます。


・レコード+特製冊子+特製額縁+プレミアムTシャツ+アルバム全曲バンドスコア+マグカップ+ステッカー+歌詞カードにお名前記載 80000円


特製の額縁を含む最もスペシャルな7点セットです。こちらのみ、限定4セットになっております。

特製額縁は、レコードを飾るために我々が格別こだわって作る一点ものです。取り外しが簡単なデザインで、レコードを聴いても、飾っても楽しめる商品となっております。

*歌詞カードにはご支援してくださった方のお名前を記載させていただきます。


実施スケジュール

2022年1月    クラウドファンディング開始

2022年3月   クラウドファンディング終了

2022年4月上旬  レコードプレス発注

2022年6月中旬ごろ  レコードプレス完了

2022年6月中旬〜7月下旬  リターン発送


発送は6月中旬から7月下旬を予定していますが、コロナ関係の影響で発送が遅れる場合がございます。


最後に

現在、『色即ラグーン』は各種サブスクリプションサービス(Apple Music, Spotify, Amazon Music, etc...)で配信しております。お聴きいただき、気に入っていただけましたら、是非レコード販売プロジェクトのご支援をよろしくお願い致します。

これまでの活動をお読みになってお分かりのことだと思いますが、カブトムシはこれからも究極の境地を目指し、終わらない音旅を続けてまいります。

これからの私たちの活動も、ご期待ください。



<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください