はじめに・ご挨拶

 私たちのプロジェクトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。そして、今まで当店を支えていただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

 私たち「ナイトイン21世紀」は、ススキノ中心部(元祖さっぽろラーメン横丁隣り)で1972年にナイトイン「20世紀」として開店し、「21世紀」への改名を経てススキノで最も長く営業しているナイトクラブです。多くのお客様にご愛顧をいただき、お陰様で2022年9月に50周年を迎えます。

 半世紀にわたって毎晩、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、ボーイズ・タウン・ギャング、KC&ザ・サンシャイン・バンド、ビージーズ、D.D.サウンド、ドナ・サマー、 チャカ・カーン、ABBA、マイケル・ジャクソン、ドゥービー・ブラザーズ等、70年代~80年代の洋楽ディスコヒッツを中心に、米米クラブ 、ラッツ&スター、松任谷由美、荻野目洋子、バブルガム・ブラザーズ等の踊れる邦楽ナンバーまでをバンドで生演奏してきました。

 ステージとダンスフロア、ボックス席とカウンター合わせて150席という規模を誇り、システムは時間無制限で飲み放題、早い時間帯にはバイキングまで食べ放題という「昭和」の伝統を継承。地元の方はもとより国内外からの観光などたくさんのお客様が楽しく飲んで踊れる、笑顔溢れる幸福な社交空間でした。

 そんな光景がコロナで一変したのは皆様ご存知の通りです。2020年5月から1年半近くまともに営業できなかったり休業せざるを得なかったりする状況が続き、2021年10月中旬からようやく営業を再開したところです。

 バンドメンバー、スタッフ一同、営業再開まではなんとか歯を食いしばって耐えてきたものの、休業期間中の維持費だけでも莫大な負債として積み上がっており、このままでは店舗の存続が危ぶまれる状況に陥ってしまいました。

 苦しいのは私たちだけでないことは重々承知していますが、これまで多くの方々に支えていただいた「ナイトイン21世紀」の伝統を未来へ引き継ぎ、ススキノから音楽の灯を消さないために、存続をかけてクラウドファンディングを立ち上げることにしました。


このプロジェクトで実現したいこと

 「現状維持」のためではなく、前向きな「未来」のための挑戦です。

 当面の存続については、1人でも多くのお客様にご来店いただけるよう、これまで以上に地道な努力を続けることで凌ぐことができるかもしれません。しかしそれだけでは、やがてジリ貧になることが明らかですし、再びパンデミックに襲われることまで想定した備えも必要です。

 実は当店は経済産業省の「事業再構築補助金」に事業計画を採択いただき、大胆な投資の2/3を国から補助いただける「お墨付き」を得ています。しかしながら現状の体力では1/3の自己資金が用意できず、事業に着手できないまま期限切れを迎えてしまいそうです。

 そこで皆様のご支援をいただき「事業再構築」に着手し以下を実現したいと考えています。


①音響・照明設備の更新、映像演出の導入

当店の音響システムは開店当時から活躍している「骨とう品」です。音響の専門家からは、古いスピーカーから「いまだに音が出ているのが凄い」と驚かれる反面、「いつ切れてもおかしくない」と言われています。また照明も継ぎ足しで対応してきたため楽曲の展開に合わせてシンクロするような本格的なライブ演出には対応しておらず、50周年を機に最新の設備に入れ替えたいと考えています。そしてステージ背景には大型のLEDビジョンを導入し、グレードアップした多彩な演出でステージをもっと楽んでいただきたいです。


②ライブ配信設備の導入とレンタルスペース化

お客様の減少や感染症へのリスク軽減策として、業態の追加・変更を行います。ご自宅でバンドの生演奏による「ホーム・ディスコ」を楽しんでいただけるよう、複数のカメラや映像スイッチャー等の配信機材を導入しライブ配信に対応。また昼間や定休日を中心に、イベントスペースや配信・収録スタジオとしてのレンタルも開始します。


③内装・座席のリニューアル

昭和から続くナイトクラブとしての雰囲気は最低限残しながらも、レンタルにも対応できる汎用性の高い内装や導線にリニューアルします。併せて老朽化した椅子やテーブルも新調します。

現在の店内レイアウト


④50周年ドキュメンタリー映像の制作

「ナイトイン21世紀」50年の歴史は、そのままススキノの歴史でもあります。大箱と言われた「札幌クラブハイツ」(1971-2013)や「エンペラー」(1973-2008)をはじめ、たくさんのディスコやライブハウスなどと切磋琢磨していた当時から、バブル崩壊や拓銀破綻、リーマンショックなどの激動を経た現在までを映像や資料、関係者へのインタビューで振り返るとともに、100年に一度とも言われる現在の危機を乗り越えようとするススキノとナイトイン21世紀の姿、そしてこのクラウドファンディングを含めて未来へ向けた私たちの取り組みを映像として後世に残すことは文化的な価値があると考えています。


⑤50周年記念メモリアルブックの制作

50年間の記憶を映像だけでなく紙でも残したいと考えました。年ごとの出来事、ススキノやナイトイン21世紀のトピックスを1冊にまとめたメモリアルブックを制作します。私たちの手元には当時の写真が少ないため、皆様に広く呼びかけて当時のススキノやナイトイン21世紀(20世紀)の写真を募集する予定です。


プロジェクトをやろうと思った理由

 本来であればコロナ禍が落ち着いてきたらすぐにでも「事業再構築」に着手する予定でした。

 しかしその原資となる自己資金は、恥ずかしながら休業中に底をつき、負債だけが重くのしかかっています。銀行からの新たな借り入れも厳しい中で、私たちに残された最後の手段がクラウドファンディングでした。


在籍ミュージシャン

元々レベルが高いと言われるススキノのミュージシャンたち。その中でも精鋭の腕利きよる安定感抜群のレギュラーバンドGap'sと歌唱力に加え踊らせ上手なヴォーカリスト 、そして幕間を盛り上げるDJ陣をご紹介します。 

NORI Vocal/Stage Leader 
1985年よりナイトイン21世紀でレギュラーヴォーカルとして歌い始め、翌年21世紀CMソングをクラウンより発売し北海道有線新人賞を受賞。以降テレビ、ラジオ、イベントなど精力的に活動しながら35年間、21世紀で毎日歌い続けている。2018年にはDAZZ BANDやKOOL&THE GANG の元ヴォーカリストにしてグラミー賞アーティスト、スキップ・マーティンのサウンドプロデュースを得て、テイチクより『HOLIDAY』でソロメジャーデビュー。

TOMO Keyboard/Band Master
幼少よりオルガンを習い、高校時代には函館のナイトクラブでアルバイト。23歳からススキノのナイトクラブ等で演奏をはじめ、1982年よりナイトイン21世紀に在籍中。 

HIROSHI Bass
高校卒業と同時に札幌を拠点にベーシストとしての活動をスタート。1996年~1998年ナイトイン21世紀でベースを担当し、2007年に復帰して現在に至る。

TSUKASA Guitar
高校卒業後に上京。音楽専門学校を卒業後、ライブサポート、レコーディング、自身のバンド活動を行う。2007年より拠点を札幌に移し、ナイトイン21世紀レギュラーの他、精力的に活動中。年に3回、21世紀でロックンロールイベント「Durian Night」を企画・主催し、毎回大盛況を記録。

ぐっさん Drums
大学卒業後、ライブバーで不定期に演奏を開始。その後「cocoa butter notes」というバンドでクラブなどで活動。2019年よりナイトイン21世紀レギュラー。


KOHZI Vocal 
ナイトイン21世紀レギュラーヴォーカリストの他、ヴォーカル講師、ギター講師をしながらオリジナル楽曲を制作し、全国でライブを行っている。オリジナルアルバムを店内で発売中。


幸山 稔 Vocal
1973年からススキノで歌い始め、ナイトイン21世紀で20年に渡ってレギュラーを務める。


YUMIKO Vocal
23歳よりヴォーカルとして歌い始め、ススキノのナイトクラブ、イベントやパーティに多数出演。出産、子育てのブランクを経て復帰し、2018年よりナイトイン21世紀レギュラー。


DJ TAKASHIMA DJ
80年代にダンサーとしてキャリアスタートし、以降アクター、ラジオDJ、MCなど活動の幅を広げる。2000年代には懐かしいディスコ専門番組のDJを担当し、2013年よりナイトイン21世紀で週末を中心にレギュラーDJを務める。現在も各メディアやイベントなどで活躍中。

DJ TAKA DJ
2001年よりナイトイン21世紀で独学でDJを始め、現在週末のレギュラーDJとしてプレイする他、音響・照明など21世紀のステージを陰で支えている。またプロのトロンボーン奏者としての顔を持ち、フル編成ビッグバンド「札幌ジャズアンビシャス」にも参加。2020年1月22日にCD「ONE MORE TIME」をリリース。



ウィズ・コロナの活動

 2020年よりコロナ禍で疲弊が止まらないススキノですが、まともに営業できない期間中でも当店では復活のためのチャレンジを行ってきました。

 2020年10月にはススキノを音楽で応援するためにオリジナル曲「SUSUKINO BEAT」を制作。当店だけでなく同業のライブバー6店舗のミュージシャンにも協力をいただき、CDとDVD(ミュージックビデオ)を販売しました。DVDにはススキノの様々な飲食店やショーパブのスタッフも出演し、販売収益は各店舗に分配される仕組みとしました。

 緊急事態宣言やまん延防止期間には、完全入れ替え制の導入やスタッフ全員のPCR検査、保健所立ち会いのもと専門家による感染防止体制のチェック、バイキングを休止し同じビルに入居しているテナントからのフードをデリバリーする飲食店応援企画を実施。

 また営業再開後は、昼間に特別営業する「昼ディスコ」の開催、休止していた名物「バイキング」の復活や感謝フェアの開催、北海道による第3者認証制度「感染防止対策実践店」の登録など自分たちにできることは何でも行ってきました。



資金の使い道

・音響、照明、映像演出、ライブ配信設備の導入費用

・店内改装費用 

・ドキュメンタリー映像制作費

・リターンの制作費、送料

・CAMPFIRE手数料 

ご支援いただきました資金は大切に使わせていただきます。

 


リターンについて

ご支援いただける金額に応じて以下のリターンをご用意しています。

尚、リターンの「50周年 優待特典付きオリジナルキーホルダー」「50周年オリジナルTシャツ」「50周年オリジナルパーカー」に入るロゴマークは、3〜5案程度の候補を支援者様にメールでお送りして投票いただき、最も高い支持を得た1案を採用しグッズを制作します。メールは2022年2月上旬に送信予定です。

【01】お礼カード
バンドメンバーのサイン入りメッセージカードをメールでお送りします。
※必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
※特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りすることがございますのでご了承ください

【02】当店ホームページにお名前を掲載
「サポーター」「ゴールドサポーター」「プラチナサポーター」としてお名前またはニックネームなどを掲載させていただきます。

【03】支援者様限定の配信ライブ
支援者様だけがご視聴いただけるオンライン配信ライブを開催いたします。1ヶ月間の観逃し視聴(アーカイブ配信)にも対応します。
日程:2022年8月〜9月に実施予定
時間:ライブ30分×3ステージ+スペシャルトーク 合計120分予定


【04】50周年 優待特典付きオリジナルキーホルダー
支援者様の投票で決定する50周年ロゴマーク入りメタルプレート(シャインシルバー)キーホルダーをお届けします。2022年4月より1年間、このキーホルダーをご来店時にご提示いただくと入場料がいつでも500円オフとなります。

サイズ:32×94×9(mm)

【05】50周年 オリジナルTシャツ
支援者様の投票で決定する50周年ロゴマーク入りのオリジナルTシャツをお届けします。

【06】50周年 オリジナルパーカー
支援者様の投票で決定する50周年ロゴマーク入りのオリジナルパーカーをお届けします。

【07】50周年メモリアルブックにお名前掲載&サイン入りでお届け
50年間の歴史を1冊にまとめたメモリアルブックを制作し、支援者様のお名前またはニックネームなどを「ゴールドサポーター」「プラチナサポーター」として掲載。バンドメンバーのサイン入りでお届けいたします。
仕様:A4判  16ページ


【08】支援者様限定のプレミアムパーティ
当店で開催する支援者様だけのプレミアムパーティにペアでご入場いただけます。
開催日:2022年8月〜9月に開催予定
※当店までの旅費交通費は支援者様の自己負担となりますのでご了承ください。


【09】メタルプレートにお名前を刻印
特製メタルプレートにお名前(またはニックネーム)を刻印し「プラチナサポーター」として店舗の壁に大切に飾らせていただきます。

サイズ:100×30(mm)


【10】お好きな1曲をセットリストに追加
現在のセットリストにないお好きな新曲を1曲追加しご来店の際に演奏します。
有効期限:2022年4月〜9月
※曲目及びご来店日(演奏日)は、支援者様とメール・電話にて打ち合わせさせていただきます。選曲のご留意点などは事前にメールでお知らせいたします。(既存曲リストはこちら


【11】1ステージ特別プロデューサー
特別プロデューサーとして、ステージ1回(30分、5〜6曲程度)の演奏曲を自由に選曲いただけます。
有効期限:2022年4月〜9月
※実施日程及び曲目などの詳細は、支援者様とメール・電話にて打ち合わせさせていただきます。選曲のご留意点などは事前にメールでお知らせいたします。(候補曲リストはこちら


【12】1日特別プロデューサー
特別プロデューサーとして、1日(1回30分、5〜6曲程度、4~5ステージ)の演奏曲を自由に選曲いただけます。
有効期限:2022年4月〜9月
※曲目及びご実施日程は、支援者様とメール・電話にて打ち合わせさせていただきます。選曲のご留意点などは事前にメールでお知らせいたします。(候補曲リストはこちら


【13】1日貸し切り特別プロデューサー&ホスト
特別プロデューサー&ホスト(主催者)として、ステージの選曲に加え、50名様までお好きなゲストを無料ご招待いただけます。生バンドをバックに支援者様自ら歌っていただくことも可能です。
有効期限:2022年4月〜9月
※実施日程及び曲目などの詳細は、支援者様とメール・電話にて打ち合わせさせていただきます。選曲のご留意点などは事前にメールでお知らせいたします。(候補曲リストはこちら
※当店までの旅費交通費は各自の自己負担となります。



【14】出張ナイトクラブ
生バンドが出前演奏を行います。内容は30分×2ステージ+幕間DJを基本に、選曲などご要望に沿うよう打ち合わせにて決定させていただきます。
有効期限:日程:2022年4月〜9月(原則として当店休業日または改装工事期間中)
※実施日程及び曲目などの詳細は、支援者様とメール・電話にて打ち合わせさせていただきます。選曲のご留意点などは事前にメールでお知らせいたします。(候補曲リストはこちら
※改装工事期間は決定次第、メールにてお知らせいたします。
※会場は支援者様にてご用意をお願いいたします。
※基本的な音響・照明設備が会場にない場合、宿泊を伴う場合、遠方や道外への出張の場合は別途実費費用が必要となります。


【15】オリジナルソング&MV制作
当店の看板シンガーでステージリーダーを務めるNORIを中心に、支援者様がプロデューサーとなり共作でオリジナルソングを制作しレコーディング。そのメイキング過程を撮影したミュージックビデオを動画共有サービスで公開します。
制作期間:2022年4月〜9月
※打ち合わせは、支援者様とメール・電話のほか札幌市内にて直接お会いして行います。遠方の場合はオンライン会議サービスを利用します。制作にあたってのご留意点などは事前にメールでお知らせいたします。
※打ち合わせやレコーディングにお立ち会いいただく際の旅費交通費は支援者様の自己負担とさせていただきます。
※完成した楽曲・映像の権利帰属及び二次利用につきましては支援者様と協議の上決定いたします。


実施スケジュール

支援受付開始:2021年12月10日(金)

支援受付締切:2022年1月28日(金)

※2022年4月以降リターンの履行を進めてまいります。
※改装時期についてはコロナ感染状況などを鑑みて決定し、支援者の皆様に事前にお知らせします。


ステージリーダー NORIより皆様へ

昭和、平成、令和と30年以上、ナイトイン21世紀で歌ってきました。

数々の苦境を乗り越え、今では希少な「バンド演奏によるナイトクラブ」となりました。

コロナ禍を経て毎日歌えることの喜びと感謝を改めて感じています。

今まで支えてくださったお客様と共に来たる50周年を祝い、その後も店の永続を心より願っています。

今回のクラウドファンディングにお力添えよろしくお願いいたします!


最後に

この2年余り1日も早い営業再開と2022年の50周年を目標になんとか乗り越えて来ましたが、営業再開は果たしたものの今後は自助努力だけではどうにもならない状況に追い込まれています。50周年の先も生き残っていくために、ススキノから音楽の火を消さないために、 そしてまたナイトイン21世紀にたくさんの笑顔が戻って来られるように皆様のご支援をいただければ、と心より願っております。

何卒よろしくお願い申し上げます。


ナイトイン21世紀ホームページ
https://sapporo21.jp


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/01/10 17:38

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。当店は1月4日より営業を開始しまして多くのお客様にお越しいただきました。久しぶりのお客様との嬉しい再会もあり少しずつコロナ前の笑顔が戻ってきています。感染状況を注視しながらとなりますが引き続きしっかり対策を行って営業して参ります!そして・・・支援金額が80...

  • 2021/12/20 20:01

    支援金額が50万円を突破いたしました!ご支援いただきました皆様誠にありがとうございます。もう感謝しかございません。まだまだ目指すゴールは遠いですが引き続きどうぞよろしくお願いいたします。只今店頭では50周年へ向けて日頃のご愛顧に感謝してサンクスチケットを販売中です。2千円券が11枚付いて2万円...

  • 2021/12/13 18:54

    プロジェクト開始後はじめての平日を迎えました。12/10(金)22時のプロジェクト開始時にはステージ上でNORIがクラファンカウントダウンを行いました。その後は人気曲「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」でいつも以上に盛り上がりました。その効果もあってか(...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください