名古屋・円頓寺商店街に「西アサヒ」の別館をつくります!ボルダリングハウスKNOTさんと一緒に、空き家をリノベーション。ゲストハウス+ボルダリングジムの新・複合施設「那古野ハウス」をオープンします!

プロジェクト本文

●1月10日:新リターンを追加しました!

新リターンとして、「30万円 法人・団体向けKNOTコース」を追加しました。法人の福利厚生としてもご利用いただける、団体で利用しやすいコースとなっています。ご確認ください。

 

皆さんはじめまして。名古屋の円頓寺商店街でカフェレストラン&ゲストハウス「西アサヒ」を運営している、ツーリズムデザイナーズの田尾大介です。
2015年にリニューアルオープンしてから、みなさんにご愛好頂いている西アサヒ。いま、そんな西アサヒの「別館」を立ち上げるプロジェクトが進行しはじめています!


西アサヒ別館は、本館同様に円頓寺商店街の空き店舗をリノベーションし、「那古野ハウス」としてスタート予定。
その費用の一部と、このプロジェクトを一緒に盛り上げる「仲間」を募集しようと、今回クラウドファンディングに挑戦します。

 

●円頓寺商店街ってどんなところ?


円頓寺商店街は名古屋駅と名古屋城のちょうど中間に位置しています。歴史は古く、信長が清洲から名古屋に移った頃にできた商人の町がルーツだと言われています。昭和初期〜戦後は名古屋随一の繁華街として賑わっていました。その後、時代とともにかつての賑わいは影を潜め、徐々にシャッターが目立つようになってきていました。

しかし近年、空き家対策チーム「ナゴノダナバンク」を中心に個性的な新規出店が進み、
昔からの名物店舗と並んで、少しずつ賑わいを取り戻しはじめまています。
名古屋の下町の雰囲気を残しながら、新しい魅力にも出会える。ここにしかない新しい商店街へと姿を変えつつあります。

●「喫茶、食堂、民宿。西アサヒ」

そんな円頓寺商店街に2015年に誕生したのが「喫茶、食堂、民宿。西アサヒ」です。
元は80年以上の歴史を持つ純喫茶「西アサヒ」だった建物を改装し、ゲストハウスと喫茶を融合させた施設としてオープンしました。
周辺地域だけでなく、今では国内外からたくさんのお客様が訪れてくださる場となりました。
お客様の半分が外国の方で、「商店街に泊まる」という新しいスタイルを楽しんでくださっています。


とはいえ、イベントのない日など、まだまだ客足の少ない日もあります。
さらに多くのお客様に円頓寺を楽しんでいただける方法はないか?
そこで動き出したのが、西アサヒ別館が入る複合施設「那古野ハウス」プロジェクトです。

 

●西アサヒ別館の特徴をご紹介します。

那古野ハウス」という複合施設内で展開する西アサヒ別館。そんな西アサヒ別館のテーマは「体験型宿泊施設」。急増する訪日外国人の方々にもお越しいただき、商店街での交流をさらに喚起します。

そのために、ラウンジはコミュニティスペースとして開放。自由な調理を楽しめるように、オープンキッチンやBBQ設備、さらに薪ストーブのクッキングオーブンなどを設置します。


たとえば、商店街を回って自分たちで食材を調達して、思い思いに料理を楽しんだり、
商店街のテイクアウトメニュー、スイーツなどを買い出ししたりしながら地域の人と海外からのゲストが交流したり。商店街と一緒に、円頓寺で暮らすような体験を提供します。

現在も、本館では円頓寺商店街や名古屋駅からほど近い柳橋市場などで食材を調達し、名古屋メシや寿司作りを行う料理教室を開催していますが、さらにこの取り組みを進化させていきます!このラウンジからまた様々な交流が生まれていきます。

そして、那古野ハウス内には西アサヒ別館と一緒になんと!「ボルダリングジム」が併設されます。

須澤智子さんが運営されるこちらのジム、その名も「KNOT(のっと)」。「縁・結ぶ」という意味を、クライミング用語に込められた店名です。


今回、円頓寺を盛り上げるために想いが合致し、共に施設を作り上げることとなりました。西アサヒ別館と、ボルダリングハウスKNOTが協働してつくりあげるのが、この新施設「那古野ハウス」です。


●なぜ、”ボルダリング”なのか?

円頓寺にいま必要なのは、この商店街にとどまって交流できる時間をつくること。今までなかった「スポーツ」というカテゴリは、商店街での新しい過ごし方を生み出すはずです。

特にボルダリングには「交流」という側面を考えると、一過性の流行だけではない確かな力があります。
まず全天候型でいつでもできること。そして、年齢・性別・ハンディキャップの壁がなく、どんな人でもそれぞれ自分にあった強度・スタイルで続けることができるという特徴があります。
また個人競技でありながら、競技者同士のコミュニケーションも盛んで、新しい出会いや仲間ができやすく、まさに交流に向いたスポーツです。


今回ご一緒する「KNOT」さんは家族経営のボルダリングジム。きっと暖かな雰囲気の店内をつくってくださると思います。店名の通り、お客様同士の「結び目」となるボルダリングジムが出来る予定です。



那古野ハウスは、円頓寺商店街の東の入口付近にある旧・サカエ堂という、以前は電器店だった店舗をリノベーションして活用します。
敷地面積は商店街最大の180平方メートル。2階建てで、一部吹き抜けでボルダリングスペースが設置されます。
コミュニティラウンジを1階に、ゲストハウスとしての機能は1、2階に設置し、
ベッド8台、個室3室で最大15名の方が宿泊できます。


▲旧・サカエ堂の様子と、リノベーション後のイメージ

西アサヒ別館+ボルダリングハウスKNOTでつくりあげる「那古野ハウス」の可能性、伝わったでしょうか?
皆さんにはぜひ、この那古野ハウスのポテンシャルを応援していただき、円頓寺商店街を一緒に盛り上げていく仲間になっていただければと考え、今回以下のようなリターンをご提供します。

●リターン限定オープニングイベント

那古野ハウスのオープンにあたって支援者限定のイベントを実施致します!
出来たばかりの那古野ハウスでBBQ&ボルダリング体験&トークショーを行う予定です。

日時:3月中予定

参加上限:100人

※詳細は確定次第お知らせいたします。

またリターンコースは下記のように準備いたしました! 

●1月10日:追加リターンをご用意しました!

※150回分の計算は、利用料のみのにて算出しています。レンタル料は含まれておりません。
※利用料チケットは初回登録料・ジム利用料・レンタル料に関してご利用頂けます。物販にはご利用頂けません。
※法人カードは、カードをご持参頂いた登録法人メンバーの方お一人のみご利用になれます。(同時に複数のメンバーの方はご利用になれません。)
※利用料チケットは、登録されている法人メンバーの方であれば、複数人でご利用頂けます。

 

各コースの詳細は下記の通りです。

 

※KNOTギフトカードはKNOTにてジム利用・商品購入にご利用頂けます。

※各種チケット・ギフトカードの利用には諸条件がございます。詳しくはお問い合わせください。



長くなりましたが、以上が「那古野ハウス」の全貌です。
私たちは、この那古野ハウスによって、また円頓寺商店街が変わる、地域の人も海外の人もさらに楽しめる場所になるとワクワクしています。
しかし、私たちが提供できるのはあくまで「場」でしかありません。
皆さんが来てくださる、楽しんでくださることで那古野ハウスは交流が生まれる拠点となります!
ぜひ私たちと一緒に、那古野ハウス、そして円頓寺商店街を盛り上げてください。
皆さんのご支援をお待ちしております!

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    プロジェクト達成の御礼

    2018/01/16 14:20

    那古野ハウスを応援いただいたみなさまへ みなさまの大きな大きなご支援により最終日の昨日総額1,000万円を超えプロジェクト達成いたしました!! ほんとうにほんとうにもったいないくらいのたくさんのご支援と温かい気持ちをいただき、ただただ心から感動し言葉にならない感謝の気持ちでいっぱいです。 ...

  • 5a5788e7 f93c 4677 89a5 4b090a7ea167.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    工事着工90日目

    2018/01/12 00:55

    あけましておめでとうございます。本年も、西アサヒ&KNOTを宜しくお願い致します。 今年、最初の現場打ち合わせがありましたので、工事状況をお知らせします。 工事は、ほぼ順調に進んでおり、基礎工事が完了しました。外部からは、ほとんど変わりませんが、内部は大工さんによる木工事が進んでいます。 ...

  • 5a487093 7f80 467c b8df 4c2c0a7ea167.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    2017年の工事状況まとめです。

    2017/12/31 14:07

    2017年大晦日になりました。約160名・2,824千円のご支援をいただき、本当にありがとうございます。ご支援いただいたみなさま、これからご支援くださるみなさまに向けて、工事着工から、本日までの状況を報告します。   写真の左上から順に・・・ 1)10月6日:内部解体工事完了。地鎮祭後の...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください