はじめまして
Cosmos_official です
  • 神奈川県 / 
初めてのプロジェクト

Cosmosは『人生に、多様性とチョイスを』をビジョンに掲げ、2021年1月に発足しました。現在はセクシャルヘルスに関する情報発信やイベント開催、そしてプロダクト開発を行っております。

2021/12/15 追記 プロジェクト達成のお礼とネクストゴールに向けて

なんと開始から11日で50万円を達成することが出来ました!皆さまのご支援のおかげです。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございます!

100%達成はしたのですが、Cosmosは止まりません!
ネクストゴールは300%の150万円に設定しております。

もし150万円達成すると、
ジェンダーレスコンドームケースの継続販売・イベント開催
を行うことができます!!

今回のクラウドファンディング以降もより多くの方に多様性とチョイスを与えていきたいと思います。
また、イベント開催ではご支援いただいた皆さまと一緒にお話しができる場をつくり、皆さまと交流を深めたいと思っています。

1月10日まで、引き続きCosmosは全力で走り続けますので皆さまご支援・応援よろしくお願いいたします!

<ネクストゴールでの費用内訳>
継続販売関連費 80万
イベント開催 8万
クラウドファンディング手数料 9万
ブランド運営費 3万
計100万
前回の50万と足して、150万


このプロジェクトは上記のような思いを持ち
コンドームを使う事が当たり前になる世界を目指して始まったプロジェクトです

ジェンダーレスコンドームケースとは
持ち運んだり、家で保管する際に使用する
コンドーム専用のケースです

開けやすいスライド式でコンパクトかつ軽さを追求し、木目の美しいケースに仕上げました

私たちの想いとこだわりを感じていただけると嬉しいです!


Cosmos(コスモス)とは

はじめまして!

この度はプロジェクトページをご覧いただきありがとうございます!

セクシャルウェルネスブランドCosmosの古川さくらと橋本阿姫(あき)です。
※詳しい個人の自己紹介は最後に載せております。

Cosmosは『人生に、多様性とチョイスを』をビジョンに掲げ、2021年1月に発足しました。
現在はセクシャルヘルスに関する情報発信やイベント開催、そしてコンドームケースの開発を行っております。

公式Instagramはこちら

日本がジェンダー・性教育の観点から後進国であることを、海外で生活していた私たちは肌身で感じてきました。

世界の性教育を体験したからこそ、30年前とほとんど変わらない日本の性教育をアップデートしていきたい。

そのためには、ポジティブに性に向き合う場を提供し、日本の性に取り巻くタブーやスティグマを無くすことで、性をインクルーシブにディスカッションできるようにすることが必要なのではないでしょうか。


どんな身体の性・心の性を持とうとも
自分に合った選択肢で自分を受け入れ
愛することができる世界

人生はコントロールでき
あなたが人生の主役です

私たちの想いを伝える一歩として
このジェンダーレスコンドームケースを
大切にお届けします


このケースはもちろん自分用としてもお使いいただけますが、
「パートナーや友人と性について考えるきっかけが欲しい」
「性教育の一環として、自分の子供へプレゼントしたい」
という方もぜひ手にとっていただければと思っています。

「コンドームは男性が用意するもの」という固定概念を払拭することも、このジェンダーレスコンドームケースの目的です。セックスにジェンダーは関係なく、自分の体を主体的に守ることは誰にとっても必要なことではないでしょうか。

そのため、全ての方々に違和感なくお使いいただけるように何度もデザインや機能を考え直しました。

 多くの方がこのケースを通して、自らの身体について考え、「ジェンダーを問わず自分の性の健康のためにコンドームをもつ文化」を築いていくことで、自分の人生を自分でコントロール出来るようにするきっかけになれば嬉しいです。

コンドームと聞いて、あなたはどのようなイメージを持ちますか?
「避妊のために必要なもの」
「女性がもっているのは少し恥ずかしい」
「男性のお財布に入っているもの」

そのような声が多いのではないでしょうか。

みなさんがコンドームをどのように捉えているか把握するため、私たちも独自でアンケートを行いました。

以下のイラストがその結果を示しています。

コンドームを持ち歩いていない人の割合は、7割以上にものぼります。
しかしコンドームは、最も手軽にできる避妊法であり性感染症を防ぐためにも重要です。

1回の性行為で、あなたとあなたの大切なひとの人生が変わってしまうことのないように。
あなたが望んでいる人生を、自分で選択できるように。

そんな意思表示のひとつとしても、コンドームを持ち歩く文化を日本に作りたいと思います。

しかし、ただ単に持ち歩けば良いわけでもありません。
コンドームはとても繊細で、目に見えない小さなキズが入ったり破れてしまう可能性があります。

このような結果から私たちは、「誰もが安全にコンドームを持ち運べることを追求したケースを作ろう」と決めました。


こだわりとデザインについて

あなたにフィットするコンドームケースを、ぜひ手に取ってみませんか?


※サイズは以下の通りです。

皆さんからの資金は以下の内訳で大切に使用させていただきます。

サンプル作成費用:72,000円
ジェンダーレスコンドームケース作成:255,000円
工場依頼費用:13,000円
発送費用:55,000円
CAMPFIRE手数料:45,000円
広告費用:15,000円
ブランド運営費:45,000円

また、今度のブランド展開は以下のように描いております!
私たちの第一歩となるこのプロジェクトを、温かく見守ってくだされば嬉しいです。



サンプルのモイストケアジェル

原材料・成分:グリチルリチン酸2K、濃グリセリン、粘度調整剤、ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na液、パラベン、pH調整剤


公式Instagramはこちら


古川さくら(右)

日本の短大卒業と同時に、カナダに渡り、カレッジにてGender Sexualities and Women's study を専攻。4年間の海外生活では、大学教授の元で生理についての研究員として働く傍ら、性被害に苦しむ女性たちのシェルターなどでボランティア活動を行う。帰国後、阿姫と本格的にコンドームケースプロジェクトを始動。
好きなものは、ミルフィーユ・CICAクリーム・味噌ラーメン。杜の都、仙台出身です。

橋本阿姫(左)

知り合いの卵巣の病気をきっかけに、中高生の頃からセクシャルヘルスに興味をもつ。大学時代には福祉分野からセクシャルヘルスや性教育を学び、卒業後は卒業と同時にニュージーランドに渡り、女性支援活動を行う。帰国後、さくらと出会いCosmosとして、コンドームケース制作に注力する。
好きなものは、アフリカ布・古着・カツ丼・地元関西弁です。

メンバー

27
TAU PDD在学中
コンドームケースデザイン・HPデザイン担当

17
TAUPDD在学中
HPデザイン・SNS担当

*名前は、プライバシーの為上記のように表示しております

FEMMAクルーはじめ、多くのサポートによってジェンダーレスコンドームケースが完成しました!

Thank you for all your support.


これまで、私たちは、多様性とチョイスを増やす事を大切にしてきました。

これは、No one behind (誰も取り残さない)で、誰もが自分を受け入れ、愛することができるようにです。

このジェンダーコンドームケースを通して人生や性の選択を広げることで、皆さんが人生の主役としてより自分らしく過ごせるようになることを願っています。

Cosmosが目指す「どんな身体の性・心の性を持とうとも、自分に合った方法で自分を受け入れ、自分を愛することで、パートナーも愛することが出来る世界」を、あなたと創っていきたいです。

古川さくら / 橋本阿姫


よくある質問

Q. 最大コンドームは何個入りますか?
A.日本で販売されている一般的なコンドームは3個入ります。しかし海外製のものやジェルが多いタイプなど、種類によっては最大2個の場合もあります。

Q. 水に濡れても大丈夫ですか?
A.木の劣化を防ぐため、乾燥している場所に置くことをオススメします。汚れた場合や日々のお手入れは、タオルなどで乾拭きしてください。また、日頃から多湿を避けるようにしてください。木材が多湿によって反りやすくなります。

Q. 友達と性教育について話したいけれど、どう切り出せばいいか分かりません。
A.「このケースかわいいでしょ?中に何が入っていると思う?」のように、友達にCosmosのコンドームケースを見せながらお話ししてみてください。Cosmosのコンドームケースは、友達やパートナーと性の会話のきっかけにしやすいよう、見た目の洗練さや木材使用にこだわっていおり、いちオシャレアイテムとして持っていただくことも可能です。

そして、ケースを通して、日常的に性の健康について考える、または人と話すことで、精神的にも、身体的にもヘルシーな生活になることをサポートします。

Q.ジェンダーレスと書いてありますが、どの様な人が対象ですか?
A.性別を問うことなく、全ての方を対象にしています。


補足

※日本性教育の現状
2009年にユネスコが世界保健機関(WHO)等と作成した【国際セクシュアリティ教育ガイダンス】では性教育は5歳からになっています。また、Cosmosの二人がそれぞれ在住していた、カナダ・ニュージーランドでも同様に未就学の子どもたちが、性器やジェンダーについて学べる機会あり、中学生にもなると学校の授業で実際にコンドームを触りながらコンドームの装着を学びます。しかし日本では、正しく実践的な性の知識を学べる機会は少なく、誰もが平等に十分な性教育を受けれていません。さらに、現代はインターネットに小学生からでも簡単に触れることができ、SNSで間違った性の知識を、正しい知識を学ぶことなく得てしまっているのが日本の現状です。

※femtech fesについて
詳しくはこちらをご覧ください。


  • 2022/01/10 10:00

    最終日!いよいよ最終日となりました!ジェンダーレスコンドームケースの企画を考え始めたのは、2021年1月29日でした。ちょうど一年前にCosmosが動き出した頃は、ここまで多くの方にご支援いただけ、ご共感していただけるとは正直思っていなかったので、172%達成をできていることに驚きと感謝でいっ...

  • 2022/01/09 10:00

    いよいよ残り1日になりました!なんと!いよいよ残り1日となりました!これまで多くの方にご支援・応援をしていただいており、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。実は、予想をはるかに超える多くの方にご支援をしていただくことができ、ジェンダーレスコンドームケースが在庫オーバーになり...

  • 2022/01/08 10:00

    残り2日です!!皆さま、今日も活動報告を見ていただきありがとうございます!クラウドファンディングも残り2日となりました!!これまでたくさんの方にご支援いただき、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。残り2日ですが、最終日はなんと成人の日です。思い返せば、20歳の誕生日や成人式...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください