ご挨拶

「天浜線」の愛称で親しまれる天竜浜名湖鉄道は2011年に36施設が国の有形文化財に登録された歴史ある鉄道です。

地元の企業・学生とのコラボイベントや、アニメ作品のモデルとなった事で、知名度は高まっていますが、施設の老朽化が進み、改修の必要性が出てきました。

特に全国でも珍しい現役稼働の転車台と、長年活躍してきた洗車機の傷みが目立つようになりました。

このたび、常より天浜線とのコラボ企画にご協力いただいている地元の浜松学芸中学校・高等学校様のご助力をいただき、転車台と塗装と洗車機の修理、そして天浜線の魅力を知っていただき、情緒ある施設を記録に残すためのVR制作を目的にクラウドファンディングを立ち上げました。


資金の使い道
  • 転車台の塗装
  • 転車台は部分的なメンテナンスを重ねてまいりましたが、80年の歴史の中で錆が目立つようになりました。この先も安定して稼働できるよう、塗装工事を行います。

  • 洗車機の修繕
  • 長年天浜線の運行を支えてきた洗車機ですが、モーターと排水設備が劣化し、いつ壊れてもおかしくない状況となりました。洗車機の購入から時間が経っているためパーツは特注で制作する必要があり、高額な修理費が必要となるため、ご支援いただきたいと思います。

転車台と洗車機イベント

天浜線では乗車したまま転車台の旋回と洗車を体験できるイベントを行っております。
地元の子供たちを中心にひじょうに人気のあるイベントで、鉄道の魅力を発信する重要な企画です。
こういったイベントを守っていくためにも、ご協力をお願いしたいと思います。


  • VRデータ通常版 ※どなたでもご覧になれます。

天浜線は多くの有形文化財を有しており、多くのファンにご愛顧いただいてきましが、今後の修繕や自然災害によって現在の趣深い姿が変わってしまう可能性が高くなってきました。

現在の姿を記録し、天浜線や沿線近隣の施設などの魅力を広く知っていただくため、VRコンテンツの制作を行うこととしました。浜松学芸高校社会科学部地域調査班のもと、天竜二俣駅と転車台、鉄道歴史博物館のVR化を進めていく予定です。

作成したデータは完成次第公開予定ですが、通常は立ち入れない扇形車庫と一部車両内が探索できる特別版をご支援者様限定でお届けします。(画像はサンプルです)

浜松学芸中学高等学校様とのご縁について

浜松学芸中学高等学校様には、日ごろより天浜線のPR活動にご協力いただいております。
今回は、VRコンテンツ制作にあたり「浜松学芸高校 情報PC探究」の生徒さん3名にご協力いただきました。

また、過去には天浜線を舞台に動画を制作していただきました。今回は学芸高校様が制作されたポスターとフォトブックを返礼品にさせていただいております。

浜松学芸高校社会科学部地域調査班制作動画


リターンについて

VRデータ特別版(支援者全員)

通常は立ち入ることができない扇型車庫と一部車両内部が閲覧できるVRの特別版を支援者全員にお送りします(PCやスマートフォンからご覧いただけます)。

クラウドファンディング限定品

・各駅入場券(無人駅を含む全駅の硬券、限定300部)


・1日フリー切符(限定300部)


・社長感謝の言葉

・鉄カード

・夜の転車台ツアー

・夜間貸切列車

・天浜線ポスターセット(浜松学芸高校制作)

浜松学芸高校社会科学部地域調査班が天浜線や地元のPRを目的として制作したポスターセットです。ディレクションやモデル、撮影まですべて生徒が行なっています。


・天浜線フォトブック(浜松学芸高校制作)

天浜線の駅を舞台に、浜松学芸高校社会科学部地域調査班の生徒が制作したフォトブックです。駅ごとにストーリーを添え、空間の魅力を最大まで引き出した写真が収められています。


・転車台周辺撮影会

予てからのご要望にお応えし、天竜二俣駅の転車台周辺におけるコスプレ撮影会を開催いたします。ご希望日時をご提示いただき、お仲間とご参加下さい。
普段は入れない、扇形車庫や、ご希望車両内での撮影も可能です。


・VRコンテンツ内への画像広告(期間限定)

天浜線の魅力を広く知っていただくためのVRコンテンツに広告をお出しいただけます。会社や趣味の団体などでご活用下さい(3月20日~5月末日まで限定、審査有り)。

 


実施スケジュール

クラウドファンディングの開始後、VRコンテンツの制作を開始(範囲はご支援に応じて順次拡大予定)。貸切列車やコスプレ撮影会などの体験型返礼品は、ご支援をいただいたのち詳細の打合せと実行日の決定を行います。そのほかの返礼品に関してはクラウドファンディング終了後に一斉発送を行います。

〇クラウドファンディング開始

・転車台の夜間特別見学会など、体験型返礼品のお申込みに対し日程調整を開始

・VR制作を開始。ご支援額に応じて二俣駅舎と扇形車庫まで拡大

〇クラウドファンディング終了(2/28)

・3月上旬よりポスターセットなどの返礼品発送開始。

・3/20よりVR広告を公開

・随時、体験型返礼品に対応(詳細は各返礼品欄からご確認ください)


最後に

天浜線では、地元企業との広告ラッピング列車をはじめ、アニメ作品に登場するモデル地の一つとなるなど、皆様に知っていただく機会が増えました。

 一方で、施設の老朽化とコロナ禍の影響の中でどう施設を保全していくかは我々に課せられた重大な使命だと考えます。

 周辺施設を含めた沿線の魅力を伝えながら、80年にわたって受け継がれてきた歴史を後世に引き渡していくためにも、ご協力をお願いいたします。


  • 2022/01/17 09:33

    皆様のご支援のお陰を持ちまして、ひとまず【VRコンテンツ第一弾 天竜二俣駅】が完成いたしました。今後、第二弾として転車台や扇形車庫、一部車両内部、鉄道歴史博物館、運転区事務室の一部をVR化していきたいと思います。※扇形車庫の内部、一部車両内部、運転区事務室の一部の閲覧はご支援者限定とさせていた...

  • 2022/01/15 16:23

    問合せが多かった撮影会の立ち入り可能場所についてご説明いたします。・天浜線の車両内部(ラッピング列車を含む全車両ご利用いただけます)・転車台周辺・扇形車庫内・鉄道歴史館内部コスプレでのご参加も大歓迎です。車掌の制服も貸与いたしますので、ご希望の際はお問合せ下さい。扇形車庫内車両内鉄道歴史館転車...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください