Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

アフリカ横断!!‐ホームレスがアフリカの現状を見てアフリカのことを伝える‐

現在の支援総額
310,500円
パトロン数
26人
募集終了まで残り
終了

現在155%/ 目標金額200,000円

このプロジェクトは、2016-06-28に募集を開始し、26人の支援により310,500円の資金を集め、2016-08-28に募集を終了しました

これから大きくなるアフリカの市場。アフリカを横断して、日本人とアフリカ人との間のネットワークを形成し、アフリカのことを知りたい。 さらにその様子を日本に発信していきます。

▼プロジェクト概要

目的:アフリカ大陸を横断してアフリカの現状を伝える。
内容:アフリカ大陸の横断
期間:2016年7月‐2016年8月:クラウドファンディング募集期間

   2016年10月ごろから3か月かけて横断


=====

▼はじめに

どうも!オオイシタツキです。
現在は、家なし、コネなし、金なしの「ホームレス」という職業をやっております。
収入もなければ、家もありません。


突然ですが、アフリカ大陸を横断したいです。理由は簡単!アフリカってどんな場所なのかすごく気になったからです。経済が発展している国もあれば、貧困の国もある。本当のアフリカってどんな場所なのだろう...。と思いました。

▼プロジェクトのきっかけ

僕は2015年5月‐2016年の6月までの約1年間を、ママチャリに乗って日本を一周する旅をしていました。貯金も0円に近い状態でやっていたのですが、日本の各地方を回り、いろいろな人に助けてもらい成し遂げた日本一周です。

そこで、次は、海外が見たいと思ったのです。ただ、日本を一周していて、アメリカ人も中国人もブラジル人もよく見かけるのに「アフリカの人ってあまり見かけないよなぁ..。」となりました。そのため、次の舞台を"アフリカ"と定めたわけです。

▼アフリカ大陸を選んだ理由。

国連の調査によると、アフリカの人口は、これからドンドン増えていき、世界の5人に1人がアフリカ人になっていくそうです。2050年の時点で25億人。2100年には42億人。これは、もう...21世紀はアフリカの時代になるのです。

加えて、モバイルの普及も著しいものがあります。

 

▼僕がアフリカに興味を持った主な4つの理由!

・携帯電話の普及率がほぼ100%の国がある。
(http://afri-quest.com/archives/1670)

・内戦、貧困、人口の増加と様々な条件の国がある。
・英語が通じる国もある。
・赤道直下に面した国もあるが、気候が日本よりも涼しい場所もある。

アフリカには、銀行に預金通帳が作れない人がいる中で、モバイルも発達しているので、将来的に面白い発展をする国があるのではないだろうか?と思ったのです。


しかし、日本企業にアフリカ進出への目立った動きがないのも事実。本当のアフリカってどんな場所なのだろう、と思ったので、今回、「アフリカを横断しちゃって、なるべく多くの国を見ればいいじゃないか!」と思ったのです。

アフリカのいろいろな場所を見てみたいです。力を貸してください!


▼今後の活動と主なルート先

 

7月~8月末までクラウドファンディング応募期間

10月から3か月ほどアフリカ大陸横断

 

 

エジプトからスタートした後は、

【エジプト】  【スーダン】  【南スーダン】【エチオピア】  【ケニア】  【タンザニア】  【ザンビア】  【ジンバブエ】  【ボツワナ】 【ナミビア】 【南アフリカ】 【アンゴラ】【ガボン】【ナイジェリア】【ガーナ】の 計14カ国を90日ほどかけてまわる予定です。 

※治安、疫病などの問題により回る国、ルートは変更される場合があります。

 

▼資金の使い道

アフリカ大陸での横断費用概要は以下の通りです。

・【宿】 50000円 【ごはん】 30000円 【移動】 80000円 【観光】 150000円

・疫病の予防接種など、他にも必要な費用が次々と出てくる可能性があります。

余剰資金が発生した場合は、アフリカのために何かしらの形で使いたいと考えています。また、可能な限り資金の使用用途についてはオープンにしていく予定です。

 

▼リターンについて

・アフリカ調査報告書
9月上旬から約1週間ほど調査した内容と事前リサーチの情報から報告書を作成してPDFにて送付いたします。


・お礼の動画
アフリカでの現地撮影したお礼の動画をお送りいたします。

・ケニアの写真を5枚送付
現地で撮影した写真をポストカードにして、お送りいたします。


・パトロンの方に限定でリアルタイムな写真や動画の配信
リアルタイムなメッセージや動画の配信、(Facebookグループ、もしくは限定URLでパトロンの方にお送りいたします。)

 

・アフリカでのお土産
ケニアで購入したお土産(コーヒー、紅茶、バラ)など、どれか一点ご希望の物をお送りいたします。(詳しいものは未定です)


・簡単な調査代行
調査の時間や費用によりますので、ご相談してください。

 

▼最後に

アフリカのことを発信していきたいです。よろしくお願いします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください