ドラゴンガンフォースプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

ファミコンRPGの雰囲気やドット絵風のファンタジーなボードゲームを作りたい!この1点に懸けてプロジェクトを起案しました。ゲーム内容についてはローグライク×デッキ構築をアナログカードゲームで再現することをコンセプトとしています。

ページの中程に起案者であるGRANDNOTEのプロジェクトへの思いも掲載しておりますが、まずはゲームの内容を紹介させていただきます。


「RPG風のファンタジーカードゲームの世界で繰り広げられるカードバトル!」

他にもまだまだ面白い効果のカードが盛りだくさん!カード235枚+αのボリュームで飽きさせません!勇者や僧侶、魔法使い、時にはドラゴンやモンスターとも好きな組み合わせでパーティーを組んで戦います。


1枚のカードに2つの効果を使い分け、様々なカードの組み合わせで遊べます!TCGの醍醐味のカードコンボがたっぷり楽しめます!


ランダムに引き当てるカードはガチャみたいな★によるレアリティが表示されます。最高レアリティの★★★★★を引き当て、無双する高揚感はやみつき!


毎回、ランダムに登場する敵に、ランダムに引くカードからデッキビルドで対抗!カードの組み合わせで遊ぶ度に新しい発見やドラマが生まれます!
準備は10秒!家族で、友達と、1人でも!気軽に遊べるのに極めるには奥深い!遊べば遊ぶほどカード知識が貯まり、より楽しくなるスルメゲームです!


生き残りをかけたバトルロイヤル方式。カードを並べるだけの半自動バトルのゲームシステムが新しいカード体験を生み出します!プレイヤー同士の対戦ではないので、圧倒的に敵を無双してもギスギスせずに遊べます!

「あー、ボードゲームが遊びたい!でも人が集まらないなぁ。」と思っている方にぜひ!ソロプレイ対応で2人プレイと全く変わらないプレイ感で楽しめます!


魔力のカオスドラゴン」はラスボス級のキャラです。プレイヤーも疑似対戦相手も同じ山札からカードを引くため、いきなりカオスドラゴンが出現することも!逆に仲間として引けば圧倒的な強さが手に入ります!


あなたは「影のハーミット」を引き当てました。場に並べても強く、レリックも強力でどちらとして使うかはプレイヤー次第です。全カードにスキルとレリックの効果があるため、どちらを選択するかは自由です!

カードは並べた順番に戦います。行動順を事前に計画し決めるのですが、戦う相手のカードは裏向きにされていてカードを並べる段階では何のカードか分かりません。

「何のカードと戦うか分からないのにカードの並びなんてどうやって決めるの?」

例えばナイフジャグラー」や「毒炎レイラ」は常に効果を発揮する[常時]スキルを持っているため、すぐに倒されないように後ろの方に並べ何回も効果を使えるようにします。「玉座の覇王」は順番が回ってきた時に使える[発動]で2枚追加でカードを並べられるので先頭の方に並べて早めに戦力アップさせた方が有利です。

各カードのスキルやレリックを見極めベストな並べ方を探しだす楽しみ、カード同士の組み合わせによるコンボやシナジーが型にハマり無双する面白さがあります!


黄色の枠の術カードはスペルと呼び、プレイヤーが好きなタイミングで使うことができます。カードを並べたら半自動で進むバトルのアクセントにもなっています。

例えば「アルティメットファイア」というスペルを使えば、相手の攻撃前に追加10ダメージを5回分与えられます。凶悪な相手を一掃してやりましょう!






◉詳細な説明書7枚◉

全7枚の説明書はPDFにて確認・ダウンロード印刷していただけます。

http://swordrion.iinaa.net/setumeisyo.pdf


「ドラゴンガンフォースプロジェクト」をご覧いただきありがとうございます。

GRANDNOTEは1人でボードゲームを個人製作しているチームとなります。私自身、ボードゲームに数年前からハマり、子供たちと色々なボードゲームで遊ぶ内に自分好みのボードゲームが作りたいと思うようになりました。

子供が生まれるまでボードゲームはおろかテレビゲームも全く遊ばなかったのですが、私自身が子供の頃に遊んだファミコンRPGみたいな雰囲気のあるボードゲームがあればと思いたくさんのボードゲームで遊びました。海外製が多いボードゲームでは絵柄が合わないこともあり、私の求めるファミコンRPGみたいな ボードゲームはありませんでした。

「ファミコン風ならデジタルゲームにいっぱいあるよ?」

歳を重ねるといちいちゲーム機やパソコンの電源を入れるのが億劫になります。

「ボードゲームの方が面倒な気がするけど....?」

それはボードゲームの方が面倒に決まっていますが、カードやボードを机の上に並べるだけでその世界が拡がりワクワクしませんか?箱庭というか想像力を掻き立てるというか。スマホゲームも流行り、無料で面白いゲームもたくさんある中で、わざわざ高いお金を払ってボードゲームを遊ぶ方なら、私の伝えたい事が分かってもらえると思います。

思い出で美化された記憶のことを思い出補正などと言いますが、まさに思い出補正をカタチにしたボードゲームを作りたいのです。

40過ぎで子供の学費や住宅ローンなど、なかなか自分のために使えるお金がありません。私と同じようにファミコンRPGの雰囲気のあるボードゲームを求めている方々からご支援をいただければと思いプロジェクトを起案しました。

このプロジェクトで実現したいこと

ドラゴンガンフォースを完成させ皆様に遊んでいただく事がプロジェクトのゴールです。ゲームとしての完成が目標のため、箱の簡易化や説明書のPDF化など様々な製作コスト削減に努めています。

プロジェクトをやろうと思った理由

私は前回「ソードリオンプロジェクト」を起案しましたが失敗に終わりました。ご支援いただいた方には申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
「ドラゴンガンフォースプロジェクト」は前回の失敗という結果を受けての始動となりました。

失敗というマイナスからのスタートとなりましたが、決してネガティブではなく前向きにより面白いゲームにしようという思いです。

私の作りたいボードゲームはファミコンRPGや現代ならドット絵風のゲームです。

ローグライク×デッキ構築という基本ジャンルは前回と同じです。今回は、すべてのカードに2つの効果を付けてることにより、480枚→235枚+αとカード枚数こそ減らしましたが、より多くのカード効果の組み合わせが楽しめる仕組みとしました。カード枚数を調整したことによりご支援金額も少なくてすむようになりました。

カードイラストもイメージはそのままにすべて刷新しました。ソシャゲ風の★マークを付けたり、ゲーム性だけでなく見た目にもこだわりました。

カードの引き運によるギャンブル性、ローグライク特有のランダム要素をプレイスキルで乗り切る点、カードゲームでは珍しいソロプレイなどを盛り込んだ斬新なゲーム内容にぜひご期待下さい。


カードゲームの醍醐味のひとつにカードに描かれたイラストがあります。ドラゴンガンフォースではトレーディングカードゲームの主流であるアニメ絵イラストではなく、お子様にも親しんでもらえるようにチビキャラを採用しています。家族で遊んでも安心なデザインです。多くのカードゲームと差別化ができ、往年のファミコンゲームのようなテイストを大事にしています。

カード1枚1枚すべて違うキャラクターが描かれており、同名カードや色違いは1枚もありません。カードやこのページで使われている画像はすべてGRANDNOTEオリジナルです。画像の掲載権利はGRANDNOTEにあります。無断転載はご遠慮下さい。尚、すべてのカードは製作中のため、予告なしに画像など変更させていただく事があります。


ご支援いただいた資金はカードの印刷代を主に以下のとおりゲームの製作に使わせていただきます。

⚫︎カード印刷代 11万3300円(印刷会社の印刷代50セットにて計算。)

⚫︎キューブトークン代 1万6730円(アクリル製、通販サイトにて購入予定。)

⚫︎簡易箱代6600円(ダンボール箱通販にて購入予定。)

⚫︎キャンプファイヤー手数料 2万4010円(決算手数料、消費税含む。)

⚫︎リターン送料 3万3000円(クロネコヤマト宅急便コンパクト660円×50個で仮計算。)

⚫︎総額19万3640円

多くのご支援を達成できれば、カードの質アップや専用箱など製品のクオリティーアップに使わせていただきます。



ご支援いただいた方へのリターンは6種類ご用意しました。前回のクラウドファンディングの反省を活かし、よりシンプルで皆様に平等に支援していただけるようなリターンとしました。



 ドラゴンガンフォースプロジェクトを応援していただける方に向けたプランです。ストレッチゴールへの力添えにもなりますので、ぜひご協力をお願いします。心ばかりですが『お礼メール』をリターンさせていただきます。



20セット限定でドラゴンガンフォース本体×1個を300円割引にてご提供させていただく早期にご支援いただける方に向けたお得なプランです。


ドラゴンガンフォース本体×1個をリターンとするメインプランです。


45セット限定でドラゴンガンフォース本体×1個、プレミアムゴールド専用カード4枚をリターンとするプランです。


 20セット限定でドラゴンガンフォース本体×2個を1個あたり600円割引させていただく、とてもお得なプランです。お友達の分などを検討していただける方向けです。保管用としてもおすすめです。


20セット限定でドラゴンガンフォース本体×2個、プレミアムゴールド専用カード4枚×2セットをリターンとするプランです。

プレミアムゴールドプランシングルセットよりも1個あたり300円割引となるお得なプランです。お友達の分や保管用にぜひご検討下さい。

プレミアムゴールド専用カードについて

ドラゴンガンフォースのすべてを遊び尽くしたい方への感謝を込めたスペシャルな4枚のカードセットとなります。カードcode.PP〇〇にて表記されます。

※4枚のカードがなくても問題なく遊ぶことができます。

※カードサイズは59×88mmです。 

ご支援金の達成率に合わせて、少しでも感謝の気持ちが伝えられるように多数のストレッチゴールをご用意させていただきました。すべてドラゴンガンフォース本体にカードを1枚追加する仕様です。応援プランでご支援いただいた方にはストレッチゴールは適用されません。達成率110%ですべてのカードが解放されます。



※ストレッチゴールの追加カードはcode.CP〇〇で管理されています。達成する度に活動報告にてカードの詳細をお伝えさせていただきますのでお楽しみ下さい。


2022年4月20日 クラウドファンディング開始

2022年6月13日 クラウドファンディング終了

2022年6月19日〜 印刷会社にてカード印刷、キューブトークン購入、簡易ダンボール箱の購入などリターン品の準備。

2022年7月下旬〜 リターン品が準備でき次第、順次、発送予定です。

※計画は社会情勢やコロナなどの影響により大幅に変更となる事があります。大幅な変更が生じた時は活動報告にてお伝えさせていただきます。


ここまでご覧いただきありがとうございます!ゲーム完成を実現するため、様々なコスト削減に努め通常の商品としては未完成とも言える簡易的な箱、説明書はwebのみという仕様となっております。ご支援いただく際はこの点に十分ご留意下さい。 (集まったご支援金額が目標を大きく上回れば箱の製作も実現したいと思います!)

トレーディングカードゲームのように、箱などはなく集めたカードを自前のデッキケースなどに収納する感覚と思ってもらえれば幸いです。※カードはすべて59×88mmサイズを予定しています。

ボードゲーマーとしてはプレイ前に箱裏を眺めたり、所有欲を満たすという意味では箱は大事な要素です。しかしTCGという点で見るとデッキケースはあってもよいと思うのですが箱の必要性は感じません。

ほとんどの方がゲームに求める1番大事なことはゲームそのものの面白さです。カード枚数を減らせば箱も立派なものができるのですが、肝心なゲームの面白さがスポイルされてしまいます。

カード枚数にコストをかけたおかげでゲーム内容はとても面白いものができました!1枚1枚違うキャラクター、一見するとオーバーパワーのとんでもない効果を持つカードが同じくオーバーパワーの相手カードと戦うハチャメチャなバトルが展開されます!カードのスキル×レリックの組み合わせによっては楽勝でゲームクリアできる組み合わせも多数存在します!

カードを引くだけで楽しいカードゲームの原点を追求した新しい形のトレーディング風カードゲームの完成にぜひ、ご支援をお願い致します。


〈ツイッターアカウント〉 

http://twitter.com/grandnote

※拡散、リツイート大歓迎です。ぜひご協力・応援をお願いします。

〈リターン品を使用をしていくための権利は支援者様のものになります。〉


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはありません。

  • 2022/05/22 19:39

    ツイッターで公開しているイメージ画像を紹介します。ゲーム内容の想像にお役立ていただければと思います。「グリムクイーンティアラと2冊の魔法書」です。カードをドローした画像で実際のゲームでのドローの醍醐味を表現しています。2冊の魔法書は左側が「ネクロ読本」、右側が「最後のジャッジメント」でゲーム中...

  • 2022/05/18 21:19

    ご支援金の達成率に合わせてキャンペーンカードを公開させていただいております。今回はおかげさまで20%を超えることができましたので、「王冠ノーム」を公開させていただきます!「なぜ、こんなモブキャラをキャンペーンカードにしたの!?」と突っ込まれそうなカードですが、GRANDNOTEとしてはモブキャ...

  • 2022/05/17 15:53

    デッキビルドについて紹介しているPDFです。GRANDNOTEはボードゲームのサマリーシートとか文字の羅列の中に少し挿絵がある感じが好きなので少し見にくい構成となっています。ぼんやりと雰囲気だけでも感じてもらえればと思います。PDFファイルはこちらからどうぞ。↓↓↓http://swordri...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください