日頃より BAR FAM を応援して頂き誠にありがとうございます

1993年【BLUEblue】としてオープン。その後【berkana】としてリニューアル (※株式会社コンセプションさま運営)

2006年【berkana】を私が引き継ぎ5年。2011年【fam】に店名を変更し10年。

今年は私がお店を引き継いで15年目のアニバーサリーイヤーでございました。

2021年11月にて、のべ28年に渡り音楽を発信し続ける稀有な場所としてあり続けました。

2021年末を目処に長い歴史に幕を下ろし、2022年、新たな場所に移転し、微力ながらも皆さんに喜んでいただける場所を提供できますよう準備してゆく次第でございます。

下記にて詳しくお伝え致しますが、本来の規模とは大きく異なるプロジェクトになってしまいました為、私の力だけでは少々厳しい状況でございます。

コロナ禍の中、お店を存続させる為のものだけではなく、未来の運営をお約束した形でのクラウドファンディングをお願いをさせて頂きたく思います。

杜の都・仙台の文化・芸術の灯を途切らせることのないよう尽力致します。

どうぞお力添えのほどよろしくお願い致します。


・このプロジェクトで実現したいこと・やろうと思った理由・これまでの活動

長文ではありますが一読くださいませ


新型コロナウイルス感染症が世界を蔓延し、すでに一年半以上が経過しました。

さまざまな業種の方々が未だご苦労されていることと思います。

以下、私の心情とこれからのお店に纏わるメッセージを皆さまへお伝えしたいと思います。少々お付き合いくださいませ。


〜新しいスタイルのお店を提供できないかを模索していた〜

お店はもとより、20年以上音楽の仕事に携わり、長期に渡る運営の中で 気力・モチベーションを保つために、どこかで新たなスタートをせなばならないということだけは常に頭にありました。

ざっくりではありますが「時代のニーズに合う小規模運営による新しい遊び、寛ぎ、癒しを提供したい」と考えておりました。また同時に" fam "を継続できないかという考えがあったのも事実です。

しかしながら、新型コロナウイルスが世界を覆い、一気にそれらの想いは" fam "を早い時期にクローズせねばならない~という絶望の心境に陥ったことを今も鮮明に覚えております。

とにかく食いつながねば~という思いからお弁当配達の業務委託の仕事を始め、先月末までの1年6ヶ月続け凌いで参りました。

長いコロナ禍の時間を過ごしたことで、新たな想いが生まれました。

このような大変な状況下でも変わらず応援してくださるお客さま、友人たちへの感謝の気持ちです。それをどう恩返ししていくことができるのか、という気持ちへ大きく舵をとる方向に変化していきました。


〜苦労を共にしたかけがえのないスタッフの急逝〜

2021年8月14日。長い間、ファム、そして自分を支えてくれたスタッフ【6969】が突然この世を去りました。

これからという時の突然の別れに、心の中にぽっかりと穴が空いてしまいました。

しかし、コロナ禍でも支えてくれる方々のパーティを止めることだけは違う。それは彼も望んでいないだろう、という思いにて、様々な宣言中もなんとか切り盛りしこなして参りました。

と同時に、これまで二人で運営してきた日々を一人で行うこととなり、気力体力の限界を感じておりました。


〜9月 " HI-HAT " クロージングパーティーで生まれた想い〜

ご挨拶に伺ったハイハットのフロアにて「こんな素敵な場所が仙台から無くなってしまって、いのだろうか?」という思いが一気に溢れてきました。

この数年、場所を変えるなら小さな箱へ~といった気持ちが、次の日の早朝、まだ空も暗い時間ふと目覚めたとき、180度心境が変化しておりました。

それは惜しくも閉店された、仙台の素晴らしいヴェニュー“ HI-HAT ” の場所での運営が可能か否かという気持ちでした。

もちろん全くのノーアイデアであり、もう次の借り手がいらっしゃるかも何もわからず、です。

ましてや今の店舗よりも大きなお店の運営など全く頭の片隅にもございませんでした。

「あの場所でやりたい?」自分の感情に自身が問いかける複雑な心境のまま、ハイハット店長のカピくんに連絡をしました。自分でも戸惑いの中の出来事でした。

折り返しの連絡が入り、その日にはハイハットオーナーの関さんとお話をし「鈴木さんのような人にこの場所を継続してもらえるならば大変嬉しい」との言葉を頂き、すぐ管理会社さまをご紹介~契約に至った次第です。わずかな時間の中でこのような運びとなりました。


〜支えてくれた皆さまへの感謝の気持ち。これから自分が出来ること〜

年齢、現在一人でのお店の運営を考えると、固定費・場所・広さ、全てにおいて小規模での運営しかないと思っておりました。それなのに何故今よりも大きな店舗にて運営をしようとしているのだろう、と自分に問いただしました。

それはすでに先にも述べておりました、周りの人々への感謝の気持ち、そして仙台のカルチャー、音楽シーンを頓挫させてはいけない、という気持ちが、年齢や考え、気力体力を上回ってしまったことに気づかされた、というのが本音です。


〜歴史、人々を繋ぐ場所。カルチャーのこれから。新しい場所へ〜

現在のファムへの思い、また15年に渡る運営から特別な愛着もあります。
また個人としても大変思い入れのある場所です。四半世紀を超える歴史がございます。

93年オープン。東北のクラブカルチャーを全国に響かせた伝説のクラブ【BLUEblue】

山形の田舎から仙台に移り住み、初めてDJをやらせて頂いたのがこの箱でした。

仙台市内の2つのレコードショップにて勤務したのち、2002年のサッカー日韓W杯を前にオープンした スポーツバー & ダンスクラブ【SHAFT】にて2001年より勤務。同時に自身にてインディペンデントレーベルを運営しつつ同場所、また CLUB ADD 等にてイベントを行なって参りました。

その後パーティ・イベント・店舗運営はお休みしておりましたが、現店舗【fam】にて現場復帰し現在に至ります。

縁あり コンセプション様 からお店を引き継ぎ15年。あっという間に時は過ぎるものです。

長文になりましたが、本文に記させて頂きました理由によりこのような結論に至った次第です。

【fam】残された時間を皆さまと大切に過ごして参る所存です。

どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

また、新店舗へ向けたご協力・ご支援のほど何卒宜しくお願い致します。


資金の使い道

設備投資、新店舗移転における旧店舗の家賃負担分、諸経費、CAMPFIREの手数料


リターンについて

2パターンのリターンをご用意しております。
ご支援をしていただく際に、どのリターンも「上乗せ支援」が可能でございます。
ご都合が許すようでしたら、リターンの額に上乗せしてご支援頂けますと幸いでございます。


1. ¥3,000 / シンプルなご支援

*シンプルに応援して頂ける方はこちらにてお願い致します。お店より感謝のメッセージ、ならびに新店舗の詳細・ご案内をお送り致します。


2. ¥5,000 / ドリンク付イベント入場チケット支援

*通常イベントへの入場チケット (1回分 ※ドリンクサービス含む) をリターンさせて頂きます。
*各種DJ・LIVE等、新店舗にて開催されるイベントへのインビテーションチケットになります。
*有効期限はお届けの月から3年とさせて頂きます。


実施スケジュール

<クラウドファンディングスケジュール>
支援受付開始:2021年12月○日 ○○:00
支援受付締切:2021年12月31日 23:59


2021年12月~1月 新店舗修繕・内装工事
2022年1月中旬~2月 新店舗にて運営開始


最後に

2022年、新しいヴェニューにて、皆さまのご期待に添えるよう精進する所存でございます。

コロナ禍の影響は現在も続いており、建築資材の不足、労働力不足、音響機器、他諸々、すべてにおいて準備ままならない状況が続いており、ご迷惑ご不便をお掛けするすることと思いますが、引き続きのご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

週末のDJパフォーマンス、LIVEパフォーマンス等のイべントはもちろんのこと、平日の穏やかな時間と音を提供する新たな試みも準備いたしております。

また、音楽以外のさまざまなカルチャーを発信してゆく場所としての機能を兼ね備えた展開も視野にございます。

微力ながらも、皆さんに喜んでいただける場所を提供できますよう準備してゆく次第でございます。

皆さまからのご支援のほど、何卒宜しくお願い致します。


【店舗概要】

bar fam(バーファム)

住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-3-9 第三藤原屋ビルB1F

営業時間:18:00~3:00

定休日:不定休

※営業日、時間につきましてはSNSにて告知いたしますので、ご確認ください。

https://twitter.com/bar_fam


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください