• <ご挨拶とSOLumについて>
      • 皆さん、はじめまして。SOLUM株式会社の古川 将士です。
      • 私たちSOLUMは埼玉県吉川市美南エリアをホームタウンに「SOLum」ブランドでサッカーウェアやグッズを制作・販売している会社です。

      • 私はもともと、日本サッカー界の父・デッドマール・クラマーさんの「サッカーは子どもを大人にする」という言葉が大好きでしたが、そこから逆に「サッカーを通して、大人が子ども心に戻れるような、きっかけをつくりたい!」と思うようになりました。
      • そんなときに、漫画「キャプテン翼」の作者・高橋陽一先生とひょんなきっかけから知り合うことがあり、そこから高橋先生監修のもと「面白い“モノ”を創り出そう」をコンセプトに、「SOLum」というサッカーブランドを立ち上げることになりました。
      • ブランド名の由来は、高橋先生の名前「陽一」をポルトガル語訳したSOL(陽)+UM(一)を組み合わせたものですが、「SOL」は大文字、「um」は小文字にしています。ここには、大人にも子どもの頃に感じたワクワク感を届けたいという思いを込めています。
      • 高橋先生にはその後もお世話になっており、キャプテン翼GOLDEN-23では自身をモデルとしたキャラクター「古川洸太郎選手」を出していただきました。(高橋先生との出会いについては、以下でも紹介いただいております)
      • https://note.com/nobuaki1996/n/n53aa336af419

      • 私たちSOLUMは、サッカーウェア・グッズの制作・販売以外にも、サッカー・フットサルスクールの運営や、障がい者スポーツの支援なども行っています。
      • 幅広い年代の方にワクワクをお届けすることで、私たちのホームグラウンドの吉川市、そしてホームカントリー・日本でスポーツを通じた活気ある地域社会の創出に取り組んでいきたいと思っています。

      • <情熱の国アルゼンチンへの思い・そして無双ARGENTINAとの出会い>
      • 皆さんには、想像しただけで幸せになれる憧れの場所や憧れの人はいますか?
      • 私にとってのそれは、アルゼンチンとアルゼンチンサッカー代表でした。
      • 私がまだサッカー少年だった頃、テレビで観戦した世界最大のスポーツの祭典ワールドカップ、そしてそこで躍動するスーパースター集団アルゼンチン代表にくぎ付けになっていました。
      • 中でもひときわ輝いていたのが、ディエゴ・マラドーナで、「自分もマラドーナのようなドリブルをしたい!!」という思いで何度もサッカーのドリブルを練習していました。
      • こうするうちに次第に彼らに、そしてその彼らを輩出しているアルゼンチンという国に憧れを抱くようになりました。
      • 結果、今では日本代表の次にアルゼンチン代表を応援するほどのアルゼンチンファンとなりました。

      • そんなアルゼンチンファンの私が、「アルゼンチンに絡めて、なにかワクワクすることをやりたいな」と思っていたとき、アルゼンチンのサッカーチーム「無双ARGENTINA」の代表・森山 潤さんが声をかけてくれました。
        • 「無双ARGENTINA」は、森山さんがアルゼンチンでパートナーのフェルナンド・モヤ氏と立ち上げたサッカーチームで、プロリーグ入りを目指して日々奮闘しています。
        • (2021年11~12月にかけて行われたアルゼンチンプロ3部リーグ昇格戦に出場しました)

      • (無双ARGENTINAの選手たち)
        • 森山さんは、19歳で単身アルゼンチンに渡って、サッカー選手として活動したのち、現地で監督の資格もとっています。
        • 自身の幼少期を振り返ると、当時プロになるためにすべきことの情報が不足しており、「プロサッカー選手を目指す」のと「ウルトラマンになりたい」と考えるのは同じようなことでした。
        • そのため、アルゼンチンでプロサッカー選手になりたいという思いを持って、実際に行動に移した森山さんの行動力や意思の強さに感動しました。

        • そして、長期的には、チームの運営に加えて、「無双ARGENTINA」をかまえるアルゼンチンで、コートを作ったり、日本文化を共有するイベントをしたり、と地域づくりにも力を入れていきたいという志を持っています。
        • 私自身も、高校生時代から、土地家屋調査士の父の仕事を手伝うなど、街づくりには関心がありました。
        • また、今私たちSOLUMが店舗をかまえているイオンタウン吉川美南の屋上にフットサルコートを作ったのも、幼いころから生活してきた地元の少年犯罪の数字をゼロにしたいという思いからでした。

        • 森山さんのビジョン、その第一歩としての「無双ARGENTINA」のプロ入りの夢を、すぐそばで一緒に追いかけたい。
        • そして「SOLum」にできることを通して、チームの成長に関わっていきたい。
        • そんな思いから、私たちは「SOLum」につづく新しいブランドとして、2021年11月にアルゼンチンで新ブランド「SOLum ARGENTINA」を立ち上げました。
      • 「無双ARGENTINA」と一体になって、チームを勇気づけ、一緒に夢を追いかけるワクワクが感じられるようなブランドにしていくんだと決めました。
        • そして、同じく2021年11月に「SOLum ARGENTINA」として、まずは最初のユニフォームを提供しました。
    • 2021年11月提供のユニフォーム


















    • 「キャプテン翼」の高橋先生も、ワールドカップでアルゼンチンのプレースタイルに魅了されたことをきっかけに、一度もプレーしたことがなかったサッカーをテーマに漫画を描きはじめました。

        • 当時は、スポーツ漫画といえば野球が主流で、サッカーを描いても売れないなんて言われていましたが、今では日本のみならず世界中にファンをもつ有名な作品になりました。
        • 私たちも「キャプテン翼」や高橋先生のように、誰もやったことのないことを実現させたい、そしていつかそんなチームがアルゼンチン1部のリーグでボカジュニアーズと対戦したら?そのチームから有名な選手が出てアルゼンチン代表になったら?バロンドールを取ったら?
        • そんな夢のあることを、森山さんと、そしてそれを支援してくれる新しい仲間たちと一緒に追いかけていきたい。
        • 私たちの夢はつきません。

        • <“ワクワク”がつまったユニフォームをつくりたい>
        • 森山さんと「無双ARGENTINA」のビジョンに向かって一緒に走る、最初の一歩として、次は2022年3月頃から始まる次のシーズンに向けて、新しくユニフォームを作りたいと思っています。
        • 今回は、皆さんと一緒に「無双ARGENTINA」の夢を追いかける“ワクワク”を共有するために、ユニフォームのデザインを公募し、皆さんとデザインを選びたいです。

        • 日本とアルゼンチンそれぞれからデザインのアイディアを募集して、最後に残った1作ずつをホームとアウェーのユニフォームにして、早速3月からのシーズンで「無双ARGENTINA」の選手に提供します。

        • 「自分が選んだユニフォームデザインのチームがサッカーの本場アルゼンチンでプロ入りするかも!?」
        • そう考えただけでわくわくしませんか?
        • そんな子供のころのワクワク感を持ちながら一つのチームの成長を見守る、こんな感覚に共感してくれる方々の輪を広げていきたいと思っています。

          • <スケジュール>
          • 1/1(土)~1/23(日):日本・アルゼンチンからデザインを募集
          • 1/29(土)~2/2(水):一次選考(支援者の皆さんからの投票で、応募デザインから4つを選定)
          • 2/3(木):二次選考(無双ARGENTINAの選手によって、4つのデザインから2つの優秀作品を選定)
          • 2/4(金):結果発表
          • 3月下旬以降:順次リターン(新ユニフォーム)発送

          • <古川将士 プロフィール>
          • ・1975年生まれ
          • ・日本サッカー協会C級コーチ
    • ・日本サッカー協会フットサルC級コーチ
    • ・芸能人女子フットサルチーム 南葛シューターズ ヘッドコーチ
    • ・社会人フットサル 千葉県フットサルリーグ所属 MARE PARADA選手兼監督
    • ・高等学校教員免許 / 児童指導員任用資格
    • ・社会福祉主事任用資格 / 訪問介護員1級
    • ・漫画「キャプテン翼GOLDEN-23」古川選手モデル
    • ・カースク コーチ(毎週火曜20:00~22:00
    • ・好きなサッカー選手:キャプテン翼のアルゼンチン出身のキャラクター「ファン・ディアス」

  • <募集方式について>
  • 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください