はじめに・ご挨拶

2021年に長岡市×ホノルル市が姉妹都市締結10周年を迎えることを記念して行われた市民プロジェクト「長岡花火キルト」の発起人の島田桃子と申します。

このプロジェクトは長岡市とホノルル市の姉妹都市の記念に行われ、長岡市が誇る長岡花火をイメージしたキルト作品を市民の皆さんと作り、これからの友好の証に毎年3月に開催されている『ホノルルフェスティバル』で毎年展示したいと始まった企画です。

この試みは、2021年7月に完成し、7月31日~8月3日まで長岡市役所に飾られました。たくさんの方々から「長岡花火が中止になってしまったけれど、この作品を見て、涙が出た」「元気をもらえた」などのお声がけを頂き、姉妹都市友好の為に作られた作品ではありますが、このコロナ禍においては、それ以上の意味があり、この作品には皆さんを元気にするパワーがあると感じました。

残念ながら2022年もホノルルフェスティバルは開催中止となり、今現在、ホノルルに行けません。それなら、この作品を長岡花火を楽しみにしている長岡市民の皆さん、長岡花火のファンの皆さん、たくさんの人達にもっともっと楽しんで頂きたい。

長岡市の冬は厳しく、春を待ちながら過ごします。そんな冬に、この市民の皆様と制作した長岡花火キルトにプロジェクションマッピングをあて、文字通り光の「長岡花火」を打ち上げ、2022年の国際交流の再開と長岡花火へのエールとしてつなげたい・・・そんな思いです。

皆さん、ぜひお力添えを頂けたらと思います。
よろしくお願いいたします。



このプロジェクトで実現したいこと

2022年3月、新潟県長岡市とホノルル市が姉妹都市10周年記念を迎えます。この記念に、市民プロジェクトとして行われた1万個のキルトをつなげた「長岡花火キルト」プロジェクトは、コロナ禍という厳しい中で行われましたが、縦2メートル×横8メートルという大きな長岡花火キルトが完成しました。

ひとつ5センチにも満たない小さなキルト1万個集まって、この作品はできています。この1つのキルトには皆さん1人1人の長岡花火愛がこもっています。この気持ちのこもった巨大なキルトに、プロジェクションマッピングをあて、寒く雪深い2月の長岡市で2022年の希望となるような「光の長岡花火」を打ち上げたいのです。

~長岡花火キルトができるまで~

2021年3月 

長岡市役所「アオーレ」にて初めてのワークショップ
最初は数人でのスタートでした・・・







こんな小さなキルトを1万個つなげたい・・・
無謀な挑戦のスタートです

2021年5月

活動が口コミで広がり、多くの皆さんが参加してくれるようになりました。








全国の長岡出身者、長岡花火ファン、
有志のみなさんからも、
たくさんのキルトが集まりました。


色別に仕分けします。
仕分けもなかなか大変です・・・


2021年6月
いよいよ繋げます!

途中、うれしい事にテレビやラジオ、新聞の取材が入ったり、
磯田市長が参加してくれたりと段々とキルトの輪が広がっていきます。

長岡市の磯田市長

NHKの取材の様子








2021年7月30日

作品完成披露会!
行動制限の出る中、プロジェクトに参加いただいた皆さんが集まってくれました。

プロジェクトの全容が分かる動画をご覧ください。

プロジェクトのイメージソングとして曲を使わせて頂いたホノルル市出身ウェルドン・ケカウオハ氏と新潟出身の奥様YUKOさんが作品の前で踊っていただきました。
2021年9月~

長岡を中心に、新潟県内の公共施設、様々なイベントへの貸し出しを行い
いろいろな方に楽しんで頂いています。

アオーレ長岡広場にて

アオーレ長岡広場では
たくさんの方が足を止めてくださいました










ミセスオブザイヤー新潟会場前にて
取材を受ける90歳のムツさん

吉乃川酒ミュージアム醸蔵にて
階段踊り場に設置して頂きました
見上げると長岡花火が見えるようでした・・・
















長岡グランドホテルロビー        ホテルイタリア軒 ハワイアンイベント会場

長岡花火館
ソニー生命さんのイベントにて

長岡カントリー倶楽部レストランにて









実施計画

~プロジェクションマッピングについて~

プロジェクションマッピング制作は新潟出身の岸本氏に依頼。

岸本 智也 /   Tomoya Kishimoto
プロジェクションディレクター

2002年よりプロジェクターを多用した映像空間演出や

コーディネートを中心に、屋内外のイベントや展示、

インスタレーション作品等における映像デザイン、

システム構築、設営、オペレーションまで多岐にわたり

活動している



以前に岸本氏がキルトとコラボレーションした時の動画です。



~実施スケジュール~

冬に輝け長岡花火 ~みんなの願いをこめて~ 

光の花火打ち上げセレモニー

日程  : 2022年2月19日(土)
会場  : アオーレ長岡交流ホールA 12時開場 13時開始
詳細  : 新潟煙火工業 小泉欽一さんを迎えて
      ホノルル市出身ウェルドン・ケアウオハさんミニライブ
      日本を代表するフラダンス教室ハーラウオヴァイウル フラダンス披露
      会場には伝統的なハワイアンキルト展示
入場料 : 19日はクラウドファンディングしてくださった方々のために開催したいと思います。

光の花火打ち上げ(上映会)

日 程 : 2022年2月20日(日)
会 場 : アオーレ長岡 交流ホールA
時 間 : 11時 12時 13時 14時 15時  合計5回上映
入場料 : 無料 予約不要


その後、県内外問わず希望があれば巡回予定


資金の使い道

プロジェクションマッピング 100万円
イベント運営費 70万円
返礼品 5万円


リターンは2月19日に開催するお披露目会の入場チケットとしてご用意させていただきました。
多くの方に出席していただきたく、入場チケットとしてこのイベントにご協力いただけましたら嬉しいです。


最後に

「長岡花火キルト」は当初ホノルル市へ持参し、長岡市とホノルル市との国際交流の証としてホノルル市に展示して頂き、多くの皆さんに楽しんで頂く事を目標にがんばってきました。作成途中に長岡花火の2年連続中止が決まり落胆しましたが、それなら一人一人が花火師になりキルトの花火を打ち上げよう!と皆で励まし合い完成させることができました。

残念ながら3月にホノルルへ行き「長岡花火キルト」を展示することができなくなりました。それなら国際交流の再開と長岡花火の開催を願って光の花火で長岡花火を打ち上げよう!と今回の企画を考えました。

私たちの想いがつまった光の花火は長岡花火を心待ちにしている県内外のみなさん、そしてホノルル市に住むたくさんの方々、ひいては世界中の人達もオンラインで目にしてもらえると思っています。どうかこの想いに賛同いただけましたらご協力お願いいたします。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/01/16 14:13

    いよいよ作業スタート!1月14、15日と、アオーレ長岡交流ホールA をお借りして、実際に長岡花火キルトを飾りいよいよプロジェクションマッピングの制作がはじまりました!個人的にはプロジェクションディレクターの岸本さんとは2回目のコラボです。私が主宰する「ハワイアンキルトサロンMANA」の展示会の...

  • 2022/01/10 17:00

    チラシが本日できあがってきました。今週より長岡市内各地に配布したいとおもいます!たくさんの方にご支援いただけますようがんばりますので宜しくお願い致します。早速ご支援いただきました皆様 心より感謝申し上げます。すぐに助けていただきましたこと 一生忘れません。ありがとうございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください