はじめまして
Astrodesign です
  • 東京都 / 
初めてのプロジェクト

アストロデザインは1977年の創業以来、ハイエンドニッチ(High end niche)を企業理念として、大企業が参入をためらう未成熟かつ技術的難易度の高い市場への事業展開をしています。特にリアルタイム高速デジタル信号処理技術を得意として、8K関連製品をはじめとした世界初や日本初の製品を開発してきました。

 インターネットや人工知能などテクノロジーの進展によって、世の中はますます便利で豊かになり、人々が求めるものも変化していきます。アストロデザインは、これまで培った映像技術にさらに磨きをかけるとともに、新しい分野にも積極的にチャレンジして、世の中のさまざまなシーンで活躍したいと考えています。

 限りない可能性に挑戦し続けるアストロデザインのこれからに、どうぞご期待ください。

まだ誰も体験したことのないサウンドをあなたのご自宅に!
22.2ch Chair Style Speaker チェア型スピーカー「TamaToon SA-1852」

きめ細やかな音、微細な響きに包まれることで、自分がその場に居合わせている感覚となり、目の前に広がる映像や音楽に吸い込まれてしまうような没入感を体験してほしいと願いをこめて 「TamaToon SA-1852」を開発しました。
シアタールームを作らなくても、「TamaToon SA-1852」1台でマルチチャンネルに対応した立派な専用室が誕生。
スペースの確保が難しく騒音に配慮が必要な集合住宅でも、周囲を気にしなくても臨場感あふれる音を楽しめるのです!


「22.2ch」は、360°すべての音を再現することができ、聴取者が音に包み込まれるような、高い臨場感を実現することのできる音響技術です。

8K(スーパーハイビジョン)放送とも深く関わっており、8K放送の音響システムとしても採用されています。

「22.2ch」と呼ばれる理由

天井面の「上段」に9ch、聴取者の「中段」に10ch、床面「下段」に3chの3層合計で22chに併せ、重低音のウーハー2個(0.2ch)の3層に分けて組み合わせであるため、「22.2ch」と呼ばれています。

22.2chサラウンドの音響設備を自宅に作るとなると、スピーカーを24台含む音響設備、更に、一台のアンプでは接続が不可能なので、複数台のアンプをそろえなければなりません。 費用は高級車1台分、およそ1000万円以上の費用がかかり、防音設備などの事も考えると・・・なかなか現実的ではありません。



22.2chの放送を聴くことができる家庭用のハードウェアはまだ製品として発売しておらず、気軽に自宅環境で楽しむことができません。さらに、22.2chを自前で組もうと思うと、「日本の住宅事情」「設置が難しい」「値段が高い」といった大きなハードルが立ちはだかり、まだまだ一部の愛好者が楽しむものとされているのが現状です。

そこで、「TamaToon」は、自宅に設置して22.2chのバーチャルサラウンドを「All in One」で楽しめる唯一の製品として誕生しました。

1.  硬質シェルの内側に24個の高性能スピーカーを内蔵。

2.  22.2chの3層のスピーカー配置をシェル内部に再現し、
     よりリアルに、よりきめ細かい音が届けられるような音響空間を実現。

3.  通常のハイファイスピーカーに比べてはるかに広帯域な再生を実現。
     少なくとも30Hz~40,000Hzまで中音域と音圧レベルが変わらず、
     しかも 40kHzにおいてもピストンモーションの動作域という
     驚異的な超広帯域再生が可能。(ハイレゾにも対応。)


8K大画面テレビの目の前にTamaToonを置き、臨場感あふれる音に包まれながら8K放送を十分に楽しめます。22.2chのみならず、ステレオやDolby Atmosにも対応し音場をよりリアルに体感できる他、アンビソニックスなどの立体音響の制作や体験に使用することもできます。

22.2chサラウンドの音声は、何種類ものマイクを複数使い録音され、その音をミックスし22.2chに割り振って作られます。

そのマイクで拾った一つ一つの繊細な音もこの「TamaToon SA-1852」で聴けば、すぐそばでオーケストラが音を奏でているような…、目の前でアスリートが競技をしているような…そんな、まるでその映像の世界に入り込んだような臨場感が味わえます!!





3畳程度のスペースでバーチャルサラウンドが体感できる

全国の戸建て比率は55%、共同住宅は42%というデータがあり、三大都市圏に限ると共同住宅の比率はさらに高くなり、日本人の約半数は共同住宅に住んでいるということが言えると思います。
※総務省統計局「平成25 年住宅・土地統計調査」
https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2013/10_3.html

共同住宅では音に関するトラブルが上位に挙げられ、良い音を良い環境で楽しみたいと思っても、多くの方はその環境とは程遠いリスニング環境で音楽を聴いているのではないでしょうか。

「TamaToon」の特徴は日本の住宅事情に対応したことです。
その解決策はシェルに収めることにあったのです。近未来的なデザインの「ボールチェア」を参考にシェル型にすることで遮音効果や吸音効果が見込め、この中で映画音響が再現できるほどのスピーカーを付けたら素晴らしいサラウンドが聞こえるイスになりました。


【シェル構造の秘密】
美しく近未来感のあるデザイン。
迫力と臨場感を生み出すことにも一役買っています。

室内でのスピーカー再生と比較すると、集合住宅でも周囲を気にせずに作品に没入し、世界観や迫力を味わえることも魅力の1つです。作品に没入できる理由は、身体に近いスピーカーと硬質シェル構造による雑音カットにより、はるかに小さな音で十分な音量感が得られるためです。さらにボールチェアから着想した吸音性の高いやや硬めのウレタンの内装材によって、防音対策もしております。

騒音に配慮が必要な集合住宅でも音楽や映像を楽しめ、そしてなによりヘッドホンで耳が痛くなる心配もなくなります。


Bluetoothスピーカーやヘッドホンの普及により、誰もがいつでも気軽に音楽を楽しめるようになりました。一方で「オーディオは一部の愛好家が楽しむ趣味の世界」と思われている方も大勢いらっしゃるでしょう。確かにピュアオーディオと呼ばれる世界はケーブルや電源に至る細部までをチューニングして、自分の理想とする音響空間を作り出すことを目的としています。自宅のリスニング環境を整えるには、こうした専門的な知識やこだわりがないとできないと思われていることで「難しい」ものだと認識されています。

「TamaToon」は、シェル型の椅子にその優れた音響特性を生かすために、クオリティーの高い専用設計のスピーカー・ネットワークを構築していますので、置きたい場所に設置するだけです。

【All in Oneの音響設計】

筐体とサブウーハーを一体で音響設計している為、硬質シェルが巨大なサブウーファーとなって重低音を再生しています。シェルの中にスピーカーが24個設置されていますので、「360度を音がなっているサブウーファーの中でエンターテイメントを体感している」というイメージがわかりやすいかもしれません。



映画館やライブハウス、スタジアムへ足を運ぶ理由のひとつに、その場でしか感じられない「生の雰囲気を味わいたい」ということが挙げられると思います。テレビの大型化やプロジェクターの小型化、高精細な映像を可能にする4Kや8Kといった映像技術の進化により、その臨場感を味わうための映像空間を自宅に構築する人が増加してきました。

しかし、映像とは違い、音響空間を構築するにはアンプやスピーカー、部屋の環境等を整備する必要があり、手軽に楽しむこととは程遠い高いハードルがあるのが現実です。




自宅に同じ環境を整えようとすると部屋の防音工事、アンプ、スピーカー×24台、分配器・・・と高級外車1台分相当の出費が伴います。本製品は椅子に防音対策、スピーカー×24台を収めたことにより、自宅環境を損なうことなく、リーズナブルに理想的な音響空間を作り出すことが可能になりました。

家に届いたその日から自宅にバーチャルサラウンドを楽しめるリスニング環境が誕生します。

※TamaToonで音を鳴らすためには、増幅器であるアンプが3台と、各アンプに音を振り分けるオーディオデコーダーが必要となります。

 

【系統図】


推奨アンプ
DENON製AVアンプ『DENON AVR-X1700H』


 定価:77,000円(消費税込)
 寸法:W434 × H215 × D339mm (アンテナを立てた場合)
    W434 × H151 × D339mm (アンテナを寝かせた場合)
 質量:8.6kg

[7.2ch AVサラウンドレシーバー ブラック]

AVC-X1700Hは、新世代のオブジェクトオーディオ技術「Dolby Atmos」、
「DTS:X」に対応しています。

頭上も含む全方位に展開する自然な音響空間に包み込まれることにより、
リスナーはあたかも映画の世界に入り込んだような感覚を得ることができます。

またハイトスピーカー信号を含まない従来のチャンネルベースのコンテンツも、
「Dolby Surround」や「Neural:X」で3Dサウンドにアップミックスすることができます。

AVR-X1700Hは7chのパワーアンプを搭載しているため、
[5.1.2]のサラウンドシステムを構築できます。

(サイドサラウンドとリアサラウンド、トップフロントとトップリアはそれぞれ同じ音となります。)



推奨オーディオデコーダー
アストロデザイン製オーディオデコーダー『MA‐1851』

 定価:1,650,000円(消費税込)
 寸法:W430 × H44 × D250mm (突起物含まず)
 質量:2.5kg

MPEG-4 AAC オーディオ入力に対応したオーディオデコーダーです。
HDMI×1 MPEG-4 AAC 22.2ch/5.1ch/2ch オーディオ信号をデコードし、HDMI×3またはMADI×1による出力が可能です。22.2ch音響システムをシンプルに構築することができます。




オーディオハート株式会社
代表取締役
相澤 寛

元音響メーカーエンジニアの相澤寛が、スピーカーの部品から完成品まですべての工程に携わり、25年前に独立。

45年間培ってきたスピーカーのノウハウを活かし、オリジナルの商品を製造・販売しています。2018年に発売した一人掛けチェアスピーカー『VRS-1』は、有名人や映画ファン・ゲーマーの方にご好評いただいています。


1977年の創業以来、ハイエンドニッチ(High end niche)を企業理念として、大企業が参入をためらう未成熟かつ技術的難易度の高い市場への事業展開をしています。特にリアルタイム高速デジタル信号処理技術を得意として、8K関連製品をはじめとした世界初や日本初の製品を開発してきました。

本製品も、8K放送を一般家庭でもフルスペックで楽しんでほしいとの願いから開発をスタートし、6年の時を経て完成いたしました。

インターネットや人工知能などテクノロジーの進展によって、世の中はますます便利で豊かになり、人々が求めるものも変化していきます。
アストロデザインは、これまで培った映像技術にさらに磨きをかけるとともに、新しい分野にも積極的にチャレンジして、世の中のさまざまなシーンで活躍したいと考えています。



■22.2ch Chair Style Speaker「TamaToon SA-1852」
 誕生までの歴史

2015年  
名作チェア「ボールチェア」に着想を得て立体音響を自宅環境でも気軽に楽しむための
製品開発スタート。 【オーディオハート】

2016年ー2017年 
試作品金型製作。内蔵スピーカーユニット開発。ネットワーク等音響設定の検討。【オーディオハート】

2018年5月 
1人用 11.2ch Chair Style Speaker「VRS-1」完成。【オーディオハート】

2018年12月 
新4K8K衛星放送スタート。

2021年7月 
2人用 11.2ch Chair Style Speaker「VRS-W1」クラウドファンディング開始。【オーディオハート】

2021年7月 
22.2ch Chair Style Speaker 「TamaToon」発表。【アストロデザイン】

今回ココ ⇨ 2022年3月。【アストロデザイン】
22.2ch Chair Style Speaker 「TamaToon」
クラウドファンディング開始




①「TamaToon+8Kシアター」のご体験! 10名様

当社にある「TamaToon」と「8Kシアター」を
ご体験いただけるセットになります。

当社のTamaToonは、70インチ8Kテレビの前に設置してあるため、迫力ある映像と共に22.2chをご体験いただけます!また当社では、8Kシアタールームを常設しており、TamaToonをご体験後に、8Kシアターでも迫力ある映像をご視聴いただけます。

※ご体験は合計1時間となります。
※ご視聴したいコンテンツを持参していただくことも可能ですが、
 事前に再生可能かメールにて確認のご連絡をください。
※東京都大田区のアストロデザイン本社(東急池上線 雪が谷大塚駅徒歩2分)までお越しいただきます。
 その際の、交通費に関してはご支援者様の負担とさせていただきます。
※日程はこちらからメールにて複数提示し、ご都合のよい日に来社していただきます。


8Kシアター
当社に常設している8K3Dおよび8K 120Hz映像、22.2ch音声に対応した8K3Dシアターです。 
170インチのスクリーンに映し出された映像を2.5mの最適視聴距離からご覧いただけます。


 

②22.2chチェア型スピーカー「TamaToon」を
 お貸しします! 2名様

「TamaToon」をお貸しします!イベントなどで
どうぞご活用ください!
視聴に必要な周辺機器や、テレビを含め一式をお貸しし、
弊社プロの作業員が設置・設定・撤収まで行います!

〈内容〉

チェアスピーカー『TamaToon』(背当てクッション1個、ひじ掛けクッション2個付)×1
周辺機器一式『8Kテレビ、オーディオデコーダー、AVアンプ×3台』

※貸出期間は1週間となります。
※本リターン場所に沖縄、北海道、離島は含まれておりません。
※設置場所やコンテンツ、日程など事前の確認が必要となります。
 メールにて確認事項を記載し、ご連絡させていただきます。

今回ご支援頂いたお客様には、弊社のプロの作業員が直接お伺いし、設置・設定・撤収作業を行います。



③【限定割引】
「TamaToon」本体+設置費用込で2,266,000円! 2名様


一般販売価格 
本体2,442,000円+設置費用 198,000円=2,640,000円のところ
     ↓
限定割 2,266,000円【14%引き】

〈内容〉

チェアスピーカー『TamaToon』(背当てクッション1個、ひじ掛けクッション2個付)×1

※本リターン品のみでは利用できません。別途アンプが必要です。
※リターン配送時にアンプがない場合、設定ができませんのでご了承ください。
後日設定にお伺いする場合は、交通費をご請求させていただきます。
※色はワインレッド、ソファー部はグレーのみのご用意となります。
※皆様の応援購入により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。
※デザインおよび仕様は変更になる可能性がございます。ご了承ください。
※ご注文状況、部材の供給状況、製造工程上の都合等によって出荷時期が遅れる場合がございます。
※本リターン場所に沖縄、北海道、離島は含まれておりません。別リターンをご用意しましたのでそちらをご確認ください。

今回ご支援頂いたお客様には、弊社のプロの作業員が直接お伺いし、
『TamaToon』の設置及びアンプやテレビの設定をさせていただきます。


 

 
④【BOOSTER割】
「TamaToon」本体+オプション品+設置費用込で2,442,000円!

一般販売価格 
本体2,442,000円+オプション品 181,500円+設置費用 198,000円=2,821,500円のところ
     ↓
BOOSTER割 2,442,000円 オプション品サービス!

〈内容〉
チェアスピーカー『TamaToon』(背当てクッション1個、ひじ掛けクッション×2個付)×1
【オプション品】ネイティブセンタースピーカー(取付金具付)×2

※本リターン品のみでは利用できません。別途アンプが必要です。
※リターン配送時にアンプがない場合、設定ができませんのでご了承ください。
 後日設定にお伺いする場合は、交通費をご請求させていただきます。
※色はワインレッド、ソファー部はグレーのみのご用意となります。
※皆様の応援購入により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。
※デザインおよび仕様は変更になる可能性がございます。ご了承ください。
※ご注文状況、部材の供給状況、製造工程上の都合等によって出荷時期が遅れる場合がございます。
※本リターン場所に沖縄、北海道、離島は含まれておりません。別リターンをご用意しましたのでそちらをご確認ください。

今回ご支援頂いたお客様には弊社のプロの作業員が直接お伺いさせていただき、
『TamaToon』の設置及びアンプやテレビ等の設定をさせていただきます。



⑤【BOOSTER割】 離島(沖縄、北海道含む)
「TamaToon」本体+オプション品+設置費用込で2,642,000円!


本体2,442,000円+オプション品 181,500円+設置費用 198,000円=2,821,500円のところ
     ↓
BOOSTER割 2,642,000円 オプション品サービス!


〈内容〉
チェアスピーカー『TamaToon』(背当てクッション1個、ひじ掛けクッション×2個付)×1
【オプション品】ネイティブセンタースピーカー(取付金具付)×2

※本リターン品のみでは利用できません。別途アンプが必要です。
※リターン配送時にアンプがない場合、設定ができませんのでご了承ください。
 後日設定にお伺いする場合は、交通費をご請求させていただきます。
※色はワインレッド、ソファー部はグレーのみのご用意となります。
※皆様の応援購入により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。
※デザインおよび仕様は変更になる可能性がございます。ご了承ください。
※ご注文状況、部材の供給状況、製造工程上の都合等によって出荷時期が遅れる場合がございます。
※本リターンは沖縄、北海道、離島の方向けになっております。
 沖縄、北海道、離島以外の方は別リターンをご用意しましたので、そちらをご覧ください。

今回ご支援頂いたお客様には弊社のプロの作業員が直接お伺いさせていただき、
『TamaToon』の設置及びアンプやテレビ等の設定をさせていただきます。

 
2022年3月 クラウドファンディング募集開始

2022年4月 クラウドファンディング終了

2022年5月 商品発送開始

2022年6月 商品発送終了

※スケジュールは変更になる場合がございます。



■この製品のオプション・アンプの開発資金


【開発中】 マルチチャンネルパワーアンプ  PA-1853

32個のパッシブスピーカーを駆動することができるマルチチャンネルパワーアンプを開発中です。

MPEG4-AAC 22.2chデコーダー内蔵により、8K放送の22.2chを1台で視聴可能とするパワーアンプです。HDMI、MADI、Danteなど様々な入力インターフェースを備えています。

現在、22.2chを聴ける環境にするには、アンプ3台と音を各アンプに振り分けるためのデコーダーが 1台、合計4台の周辺機器が必要となります。

しかし、このPA‐1853が完成すれば、周辺機器が1台で済み、シンプルな系統にすることができます。

【想定系統図】




■プロダクトの設置及び機器の設定 

今回ご支援頂いたお客様には弊社が直接お伺いさせていただき、 『TamaToon』の設置及びアンプやテレビ等の設定をさせていただきます。

※使用用途などを考慮させていただき、 環境に合わせたセットアップをさせていただきます。



Q チェアスピーカー内部は暑くなりませんか?

 
このスピーカーはパッシブスピーカーで、 熱源のアンプは内蔵していません。
またスピーカーも視聴にはそれほど大きなパワーを必要としないので、 ほとんど熱くなることはありません。
ただしエアコンの風は内部に直接当たりませんので、 スピーカ内部まで適温にするためには、早めに部屋を適温にしておいた方が良いでしょう。


Q どのような機器との接続やソフトの再生ができますか?


『TamaToon』はAVアンプにより駆動されます。

すなわちAVアンプで再生できるものは、 すべてこのスピーカーで聞くことが出来ます。

多くのAVアンプが『HDMI』での接続はもとより、 『光デジタル』『オーディオ赤白ピン』『USB』『LAN0『Bluetooth』など多くの入力に対応しているので、 『YouTube』や『Netflix』などの動画、 各種オーディオ音源や『ドルビーアトモス』『DTS:X』といったサラウンド音源の再生が可能です。



Q  耐荷重量や設置時の注意点を教えていただけますか?


耐荷重について建物の方は建築基準で床の積載荷重は 1,800 N/m2 ( =183.5Kgf/m2 )以上となっています(事務所は2900N/m2)。

TamaToonは重量約139Kg, 人が座ると少なくとも1.4m x 1.4mほど専有します。

これから(1.4x1.4x183.5-133)=220.7Kg まで可能となります。

通常はTVまでの距離も取りますし、 イスが回転する為に椅子の周りも少し余裕を取ると思いますので、 余裕はもっと生まれます。

昭和25年以前の家はこれに当てはまりません。 また昭和25年以降でもベタ基礎でない古い住宅は、 湿気で床の強度が落ちる可能性がある為、 昔ピアノを設置する時のように床を補強したように注意が必要です。

※生産状況・天候・配送問題などで、輸送が遅延する可能性がございますのでご了承ください。

※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
 その場合は速やかに活動レポートにてご報告いたします。

※製品の特性上、ご支援後の返品、交換、キャンセルはお受け致しかねます。

※このスピーカーはチェア内の音をあまり外に漏らしませんが、完全防音ではありません。
 使用の際は近所迷惑とならない音量で視聴をお願いいたします。
 (特に重低音は小さな音でもあまり減衰せずに遠くまで伝わります。)

※閲覧の環境により実際の商品の色合いと異なって見える場合があります。 

※ページ内の数値に関しましてはあくまでも試験環境下での結果であり、すべての状況で同様の性能を
 保証するものではございません。

※リターンのお届けができず弊社に戻ってきてしまった場合は、再配送費用をご負担いただく可能性が
 ありますことをご了承ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください