こどもたちの教育環境、健康保障は平等に

  和歌山朝鮮初中級学校にエアコンが設置されていない理由は、主に財政難にあります。

 これは単に、通う子どもたちが少なくて財政的に苦しいというだけではありません。朝鮮学校は各種学校に位置付けられており、国や地方自治体からの助成金も望めない状況にあり、とてもエアコンを設置するどころではありません。
 そして昨今のコロナ禍、和歌山朝鮮初中級学校の子どもたちは、真夏の暑い時期にも関わらず、エアコンのない教室で、マスクで顔を覆いながら、首に冷感タオルを巻いて授業を受けるという過酷な環境下で学校生活を送らざるを得ませんでした。これは、熱中症の危険もあり、明らかに子どもたちの健康にかかわる問題であります。
 そこで、私たち一人一人の力で今の状況を改善しようと、今回クラウドファンディングを呼びかけさせていただきました。


みなさまの力で、教室にエアコンを

 業務用空調機器は高額で、和歌山朝鮮初中級学校ではこれまでに導入の必要性が何度か議論されながらも、苦渋の判断で見送られてきました。また、校舎の老朽化からくる雨漏りなどの影響で、近年では屋上の防水工事や校舎内の修繕などに多くの費用がかけられたということもあります。その修繕もすべて完了したわけではなく、現在でも雨漏りの影響で天井に大きな穴があいた教室もあります。引き続きこのような修繕作業も行っていきたいと思います。

しかし、昨今の地球温暖化による気温の上昇と熱中症の危険度もあり、子どもたちの健康と教育環境を考えた時に、冷房設備の設置はもう先には伸ばせないという結論に達し、今回のクラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げました。

 和歌山朝鮮初中級学校では、子どもたちが利用する各学年ごとの教室に一台ずつ、合計9台のエアコンを設置する計画を立て、その設備費、工事費として500万円、また、先述した校舎内の修繕費として100万円、合計600万円を見積もっています。その内、450万円を目標とし、今回のクラウドファンディングを立ち上げました。

 朝鮮学校の未来ある子どもたちのため、皆さまの支援を心よりお待ちしております。



朝鮮学校ーウリハッキョーのこと

 朝鮮学校は、朝鮮半島にルーツをもつこどもたちが通う学校です。現在幼稚園から大学まで、全国28都道府県に朝鮮学校は66校あり、朝鮮学校のことを愛着を持って「ウリハッキョ」(私たちの学校)と呼んでいます。

 和歌山県にも朝鮮学校が一校あります。和歌山市に校舎を置く和歌山朝鮮初中級学校です。和歌山朝鮮初中級学校は初級部(小学校)と中級部(中学校)、そして付属幼稚園を併設し、現在40名の子どもたちが通っている小規模校です。初級部、中級部では、民族のことばである朝鮮語を学び、日本の公立学校と遜色のないカリキュラムで授業を行っています。

和歌山朝鮮初中級学校 Facebook:https://www.facebook.com/wakayamakorea/


実行委員長から皆様へ

 皆様、はじめまして!

 和歌山朝鮮初中級学校創立65周年記念事業実行委員会、委員長の李浩一と申します。

 和歌山県那智勝浦町で生まれ本校を卒業し、大阪朝鮮高級学校、朝鮮大学校を経て地元に帰ってきました。高級学校、大学時代はラグビーに明け暮れ、ラグビーを通して生きていく上でのいろいろな事を学びました。

 朝鮮学校に通う子どもたちは日本の園児、小学生、中学生たちと何ら変わりはなく、一生懸命学び、遊びながら元気いっぱい過ごしています。そんな子どもたちの姿は微笑ましく、僕自身、たくさんの力をもらっています。

 そんな子どもたちを見ながら何かできることはないかと考えているとき、保護者や先生方などから、冬はストーブや厚着をしてどうにか過ごせるが、暑い時期の授業はとにかく過酷だという話がありました。

 記述にもあるように、和歌山朝鮮初中級学校は財政難であり補助金も受けられない現状です。コロナによりマスクを着用しながら汗だくで保育、授業を受ける姿を見ると、僕自身、胸が締め付けられました。

 調べてみると和歌山県内の公立小学校、中学校にはエアコンがほぼ設置されており、全国的にもエアコン未設置の学校は少数とのことでした。

 「これはどうにかしたい!」と共感してくれた最高の仲間たちと、エアコン設置という目標に向けてトライ(チャレンジ)してみようと思いました。

 どこかで聞いたことがあります。

 『ラグビーは人生の縮図だ』

 礼儀を重んじ、どんな時も人を敬い、そしてどんな人でも対等に。

 地方で小さく、人数も少ない学校ですが、ここで学んでいる子どもたちも対等であるべきではないでしょうか。

命に関わる問題、

私を含めた実行委員会一同はただ、

『最後まであきらめずひたむきに、一生懸命にまっすぐ』エアコン設置に向けて取り組んでまいります。

ぜひ、皆様の温かいご支援よろしくお願いいたします!


資金の使い道

①和歌山朝鮮初中級学校のエアコン設置への支援金

②和歌山朝鮮初中級学校の校舎内破損部分の修繕への支援金

⇒これらにより、民族教育を受けるこどもたちの学習環境を快適なものにすることに寄与する。


*総工事費約600万円の一部に、今回のクラウドファンディング支援金を充てさせていただきます。

工事費用内訳

業務用エアコン機器3台 合計60万円

家庭用大型エアコン機器6台 合計70万円

設置工事費 合計 370万円(電気工事、高所作業費込)

校舎内破損部分修繕費 合計100万円

*支援金利用内訳

目標金額450万円中、

工事費 約385万円

手数料 約40万円

リターン制作・発送費 約23万円

広報費(チラシ作成、郵送など) 約2万円

実施スケジュール

2022年 4月  2日  クラウドファンディング終了

2022年 5月  初旬  工事予定

2022年 8月中     リターン発送

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



リターン

    1000円:お礼メール

    3000円:お礼メール ,寄せ書きPDF

    5000円:お礼メール ,寄せ書きPDF 

                      ポストカード

 10000円:お礼メール ,寄せ書きPDF 

                      ポストカード ,ボールペン

 30000円:お礼メール ,寄せ書きPDF

                        ポストカード ,ボールペン ,タオル

   50000円: お礼メール ,寄せ書きPDF

                        ポストカード ,ボールペン 

                        タオル ,和歌山ハッキョTシャツ


*リターン制作及び発送のスケジュール

 プロジェクト終了後(4月)、制作及び発注開始。

 6~7月中に発送準備。

 8月中に支援者のみなさまへ発送。


主催団体

 -和歌山朝鮮初中級学校 創立65周年記念事業実行委員会

  →和歌山朝鮮初中級学校は2023年に学校創立65周年を迎えます。本実行委員会は創立65周年を迎えるに先立ち、当学校で学ぶ学生たちや園児たちのために、よりよい環境を整えてあげようと設立されました。今回はその事業の一環としてエアコン設置を計画し、また今後も学校環境を整える事業を実施していく予定です。

  お問い合わせ メールアドレス: wakayamahakkyo65@gmail.com

賛同団体

 -在日本朝鮮和歌山県青商会

  →和歌山県に在住する在日朝鮮人青年商工人たちの団体です。当団体も和歌山朝鮮初中級学校を支援する活動を主に行っております。


 -朝鮮学校を支援する和歌山の会

  →和歌山朝鮮初中級学校を支援することを目的とした日本人有志たちによる団体です。

  • 2022/01/21 16:39

     クラウドファンディング開始から1週間が過ぎました。 初日目から凄まじい勢いで積み重なった皆様の支援は、なんとこの1週間で目標金額の60%を越えました! 私たち実行委員会も目を疑うほどの盛況ぶりに感謝の言葉が尽きません。 皆様本当にありがとうございます! プロジェクトはまだまだ続きます。 引き...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください