【ご挨拶と自己紹介】

皆さん、こんにちは。私は札幌で風水鑑定の仕事をしながら易占術、パワースポット、東洋の運命占術を研究しております「北の風水師・大谷修一」です。風水の「吉方」を使って神戸から北海道に引越を敢行し、その凄い効果を自ら体感。以来「風水と易で人を幸せに!」をテーマに札幌で活動してます。

コロナ蔓延以前は「吉方」に向かって「開運の旅」と称した温泉旅行=風水トラベルを毎月のように繰り返していましたが、コロナで動けない状況になって旅行はNGに!その「お籠もり時間」を活用し、様々な占いカードの開発に着手しました。

私の簡単なプロフィールは次の通りです。

宮の森風水鑑定所代表

札幌で15年にわたり風水、パワースポット、易や運命占術研究にたずさわる。結婚、引っ越し、風水住宅の設計や企業相談と平行して北海道のパワースポット調査を行う。全道取材の折各地の観光協会や地域住民とネットワークを構築し、「風水と観光」をテーマに幅広い活動を展開してきた。

東洋の易占術と西洋のタロット占いを融合した「大谷流易占タロットカード」、また断易占を使って高度な占いが簡単にできる「断易カード」や、易占タロットと断易を融合したハイブリッド形式の「易占タロット・超(スーパー)」を開発し、新しい占いカードのクリエーターとして注目されている。

これらのカードは公式サイト他占い学校・セントラルタワー、Amazonで好評発売中。

https://centraltower.base.shop/

また北海道の地元テレビでも人気占い師として活躍。北海道テレビの番組「イチオシ!」や札幌テレビ放送の人気番組「1×8いこうよ!」にも出演し、大泉洋氏の開運指南役として好評を得た。

【プロジェクト発案の理由】

→ 難解な東洋占術をもっとわかりやすく!

皆さんは「風水や易といった占術を勉強したいと思い、いざ参考文献を片手に勉強をはじめたがあまりに難解でギブアップした」という苦い経験をされたことはありませんでしょうか?

古人が生み出した占術は、うまく使いこなせば「皆さんが迷った時の道しるべ」となってくれますが、いかんせん非常に難しく、マスターするのに時間もかかります。

これをもっとわかりやすく、もっと使いやすくしたいと考え、出した答えが「占いのイメージを絵で見せる」という事、すなわち各占術のオリジナルタロットカード作成でした。3年の歳月をかけて最強の占術「易」のカード化をようやくクリヤー。そして次は占いの世界では初めての「カードを使った推命術」にチャレンジということで、今回紹介する「紫微斗数(しびとすう)」と呼ばれる東洋の運命占術に目標を定めた次第です。

【プロジェクトで実現したいこと】

→ 幻の東洋占星術をたくさんの方々に活用してもらいたいけれど・・・

「え、紫微斗数ってなに?運命判断なら四柱推命の事じゃないの。」プロの占い師からでも、まだまだこんな言葉を聞くかもしれません。

紫微斗数(しびとすう)とは中国の唐~宋時代に活躍した陳希夷(ちんきい、872年-989年)という道教の師 によって創設されたという東洋の占星術です。

紫微星(北極星)を主とするイメージ上の星群(今回は主要14星と副星26星を使います)を、生まれた年・月・日・時間から12の場所=宮(きゅう)に配置し、皆さんが持って生まれた性格宿命毎年と10年単位の運勢を占うという術ですが、これがとにかく当たる!私自身が試験的に自分の事や家族、知人の命運を鑑定して凄い的中を自ら確認。その結果この占星術をたくさんの方々に活用してもらいたいと思うようになりました。

ただこれは星の解釈や各宮への配置方法が難しく、「命盤(めいばん)」と呼ばれるライフチャートを作り上げて運勢をリーディングしていく為には、難解な書籍を読破して専門知識を身につける必要があります。これではちょっとハードルが高いかも・・・

→ 「簡単」が大切!カードゲーム感覚で自分を知る「ライフチャート」

このライフチャートを作るという一番の難所を「簡単にスルー」できるよう、あれこれと試行錯誤の末に作りだしたのが、こちらの「紫微斗数 命盤作成シート」です。

あなたの名前、生まれた場所、生年月日と時間を入れ、シート内の表と付属の「円盤12宮カード」を回転させながら赤枠内を埋めるだけで、簡単にあなたのライフチャートとも言える「命盤(めいばん)」ができあがるシステムを開発しました。

できあがった命盤にあわせて40枚の「紫微タロットカード」を置いてみれば、各宮の星たちがあなたの魅力や注意すべきところ、また財運や仕事、まだ見ぬ(あるいはすでに側にいる)人生の伴侶や友達の姿を描き出してくれます。実際にやってみると、このプロセスは「占う」というより「カードゲーム感覚で自分の命運を解き明かすという感じですよ。

→ 古代中国秘伝の占術を日本人に馴染みやすい和風キャラでイラスト化

紫微斗数の星たちは、中国の奇書「封神演義 (ほうしんえんぎ)」という物語の登場人物をモデルとして作られたとのこと(異説あり)。好きな人にとっては興味津々で学ぶ意欲もわいてくるでしょうが、大部分の人にはあまり馴染みがないのが現状。その為私は紫微星群のイメージを「和風」にこだわり、主要14星も帝や陰陽師、豊臣秀吉や時代劇の人気キャラ・遠山の金さんにも登場していただくことにしました。(笑)

【これまでの活動(執筆、出版関係)】

平成17年6月「風水トラベル・北海道」 (あるた出版) 出版

平成20年6月「らくらく風水トラベル・北海道編」(柏艪社) 出版

平成23年4月 「風水トラベル・北海道風水パワースポット探訪」(柏艪社)出版

平成24年2月 「実占者の為の易占ハンドブック」出版

平成25年7月 パワースポットDVD「らくらく風水トラベル・北海道パワースポット探訪・DVDブック」制作

平成25年11月 北海道Walker冬号 にて「2014年風水占い」特集を掲載

平成25年12月 パワースポットDVD 英語版「Easiest Way to Get Feng Shui Power  LET`S GO!  POWER SPOTS IN HOKKAIDO」制作

 (こちらは現在、北の風水師・公式サイトにて無料公開中)   

平成26年7月~27年6月

  北海道Walkerにて風水コミック「風水師・しゅういちの鑑定備忘録」連載

平成28年10月30日

 東洋の易占術と西洋のタロット占いを融合した「大谷流易占タロットカード」を発売。

 「風水開運の書」の第1号(平成29年度版)発売をスタート。

 以来令和4年版に至るまで毎年出版を継続し、多くの読者から好評を得ている。

平成30年9月

 著書「実占者のための易占タロットカードハンドブック」出版

令和2年4月 「断易カード」を開発、発売

令和2年9月 

易占タロットカードと断易カードを結合したハイブリッドの「易占タロットカード・超(スーパー)」を開発、発売

北の風水師・公式サイト

その他風水・パワースポット関係の執筆

オールアバウト 

トラベルjp

東洋経済オンライン

 

【資金の使い道】

1.紫微斗数入門マニュアル、紫微タロットカード、命盤作成シートの作成・印刷費

2.紫微斗数の参考文献購入費(一般流通してないレア本が多く、これが一番のコストアップ要因でした)

3.プレゼンテーション動画の作成費

4.製品告知の為の広告宣伝費

5.CAMPFIREの手数料

【リターン品】

支援金額に応じて下記リターン品を用意しました。

Aコース 2000円 

 礼状、紫微タロット(校正印刷)1枚。記念やお守りとして。限定21名、カード内容選択不可。

Bコース 6000円 

 礼状、紫微斗数入門マニュアル(11P、A4カラー)、命盤作成シート(A3)10枚、円盤12宮カード

Cコース 17000円

礼状、紫微斗数入門マニュアル(11P、A4カラー)、命盤作成シート(A3)10枚、円盤12宮カード+オリジナルデザインの「紫微タロットカード」(ワンセット40枚)

Dコース 20000円

 紫微斗数カードを使った個人鑑定:性格、命運、令和4年と10年運を鑑定 (生まれ時間がわかる方)A4判の鑑定書2枚にまとめてお送りさせていただきます。

Eコース 42000円

礼状、紫微斗数入門マニュアル(11P、A4カラー)、命盤作成シート(A3)10枚、円盤12宮カードオリジナルデザインの「紫微タロットカード」(ワンセット40枚)+ Zoomによる紫微斗数入門講座受講(1時間x全4回、講座内容は後日閲覧可能)限定20名 

【実施スケジュール】

令和4年1月 募集開始

1月中旬 入門マニュアル 製品完成予定

2月20日 募集締め切り 

2月25日~3月 リターン品を順次発送

3月~4月 隔週日曜日14:00(予定)に「紫微斗数入門講座」をZoomにてリモート開講。

講座内容は後日受講者限定で動画を公開し、「後から受講」および「復習閲覧」にも対応します。 

【最後に】

この紫微斗数をマスターする事で自分の魅力、自分では気がつかなかった長所や短所、そして家族や友達、仕事や財産など皆さんを取り巻く環境などを再確認できます。

兵法の達人・孫子は、その著で「彼(敵)を知り、己を知れば百戦殆(あやう)からず」と語りました。皆さんも自分を知り、その自分を長所も短所も含めて肯定しながら未来の希望に向かって積極的に進む・・・これで「百戦」を勝ち抜き、「人生の勝利」を手中に収めてください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合でも計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください