はじめまして
daisuke4747 です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト
【お礼】
目標金額を開始わずか20分で達成する事が出来ました!全て、PilsnerUrquellとタップスターダイスケを応援してくださっている皆さまのおかげです!
本当に、本当にありがとうございました!!


皆さまのおかげで目標を達成出来たので、

感無量ですので、

これで終わろうかとの葛藤もありましたが、

もっともっとPilsnerUrquellと「旅するビアトラック」を世の中に知って貰うために、

クラウドファンディングも走り続ける事を決めました!


【ネクストゴール250万円】

資金の使い道

全国の皆さまにPilsnerUrquellを味わって貰う為に、各市区町村での営業許可を取る必要があります。

※1エリア15000〜18000円ほどの費用がかかります。

・各エリアの営業許可取得費用

コロナで苦しむタップスター仲間のお店も助けたい。そしてそのお店でPilsnerUrquellが好きな人達が集まりコミュニケーションを取る場所を作りたい!

・各タップスターのお店での飲食費用


ビアトラックのペイント代金はご支援頂けたので、ビアトラックをより現地の物に近づける為に、開口部に跳ね上げパネルを作り、

注ぎ分けのイラストをはめ込んだり、

サーバーを3台に増設するなど。

ビアトラックの改造資金


ビアトラックの周りで飲む際に、

PilsnerUrquellのテーブルなどを出して、

そこでウルケルファミリー達が語らうスペースを作りたい!

・ビアトラック周りの備品購入


【250万円いったあかつきには】

感謝の気持ちを込めて、

ビアトラック完成祝いとして、

振る舞いPilsnerUrquell100杯


江坂付近で振る舞いたい!



という事で、

リターンも色々と増やしました!

PilsnerUrquellの宣伝の為に、

長文はそのままですので、


一度読まれた方は、

すっ飛ばして、

リターンのコーナーを覗いてみてください!





世界初の黄金色のビール

「ピルスナーウルケル」をご存知ですか?

ピルスナーウルケルは、世界最古の黄金色のビールであり「ピルスナーの元祖」です。

ピルスナーとは、ビールの「スタイル」の1つで、世界中のビールの約8割ほどがこの「ピルスナースタイル」と言われています!

日本を代表するビールであるアサヒスーパードライ、ヱビスビール、サッポロ生ビール黒ラベルやキリン一番搾り、世界でも知名度の高いハイネケンやバドワイザーなども全て

「ピルスナー」なんです!

1842年にチェコでピルスナーウルケルが誕生し、世界中であっという間に、

この黄金色のピルスナーというスタイルに変わっていきました!

そんな歴史あるビール「ピルスナーウルケル」を沢山の人に楽しんで欲しい。

この想いを胸に、プロジェクトをスタートさせました。

ピルスナーウルケル タップスターの
小松大輔です!

初めまして!

2022年現在、日本で4人しかいないチェコ・ピルスナーウルケル醸造所の、公認バーテンダー「タップスター」のひとり、小松大輔(通称ダイスケ)と申します。

トム・クルーズ主演の映画「カクテル」を観て、そのカッコ良さに魅了されバーテンダーの道へ。

その後、大阪・江坂にある自家製ソーセージとビールのお店「サル・ベーコン」の創業に関わり、10年間ビールを注ぎ続けてきました。

そして、同店舗在籍中にピルスナーウルケル醸造所で行われるタップスタープログラムに合格し、現在はいちタップスターとして活動しています!


なぜ「旅するビアトラック」を作るのか

旅するビアトラックのイメージ

理由はとてもシンプルです。

ピルスナーウルケルの美味しさに気づいていない方がたくさんいることを、目の当たりにしたからです!

しかし、これは致し方ないことだったのかもしれません。

私自身も、日本で瓶のピルスナーウルケルを飲んだ時はピンと来なかったんですが、専用サーバーでハラディンカという注ぎ方で注がれるピルスナーウルケルを飲んだ瞬間に・・・

世界が変わりました!

スリーフィンガーの泡を作る伝統的な注ぎ方「ハラディンカ」

きっと、私のように「ピンとこない」と思っている方もいらっしゃるはず。

しかし、私のように世界が変わる体験をしてほしい!

そのためには、「専用サーバーから注がれる、鮮度の良いピルスナーウルケルを飲む機会をどうやったら増やすことができるのか」を解決する必要がありました。

そこで行き着いたのが、ピルスナーウルケル専用サーバーを乗せた

旅するビアトラック

というわけです。

待っているんじゃなく、

自分から日本中の色んな場所へ、

注ぎに行けば良いんだ!

私の想いと、世界最古の黄金色のビール「ピルスナーウルケル」を乗せて、日本を巡ります!


叶わなかった夢もありました。

私が、タップスターになった時から叶えたかった夢。

それは、ピルスナーウルケル専門のビアスタンド「ウルケルハウス」を作ることでした。

しかし、そこで襲ってきたのが新型コロナウイルスです。

飲食店に大きなダメージを与え、2022年現在もまだまだその影響を受けているお店がほとんどではないでしょうか。

私が携わっていた店舗でも、このコロナ禍の2年間で退職して頂くしかなかったパート従業員さんもいらっしゃり、それが本当に苦しく、辛い出来事だったんです。

そういった辛い2年間を経て出した答えが、店舗を構えるのでは無く、従業員さんを雇わずに移動出来るトラックビアトラック」です!

これが、私の新しい夢となりました。


店舗をつくる夢は叶いませんでしたが、

この夢は叶えたいと思っています!!!


ピルスナーウルケルのこだわりについて

日本で4人のtapster。左から、ダイスケ、佐藤氏、三川氏、野々村氏

チェコのピルスナーウルケル醸造所では、今でも1842年と全く同じ製法で作られ続けており、当時と全く同じビールが世界中のビールファンを魅了しています!

180年前のチェコで誕生した味が、全く同じ味で、180年後の遠い島国の日本で「美味しい!」って思えるってロマンがありませんか?

そして、ピルスナーウルケルには「醸造家がビールを醸造し、バーテンダー(注ぎ手)がビールを完成させる。」というブランド理念があり、そのため「タップスター」の育成も強化しています。

その現地と同じ味をそのまま再現する為に、専用のサーバーを使いハラディンカという現地と同じ注ぎ方をマスターしているのが、我々タップスターです!


実は、ピルスナーウルケルの世界観を変えた1杯は、日本人初のタップスター佐藤さんの1杯。

衝撃的に美味しく

ピルスナーウルケルが注ぎ方でここまで味が変わるのか!」

と衝撃を受け、自分もタップスターになる事を決意したんです。

今度は、私が最高の1杯を皆さんに届ける番です!



プロジェクトで実現したいこと

一般的なフードトラックを全面ペイントする事でピルスナーウルケルの為のフードトラックに作り変えたいです




そして、その「旅するビアトラック」でビアフェスやバーベキュー会場、スポーツイベント会場、公園やオフィス街、はたまたご家庭の駐車場などあらゆる場所に旅をして、ピルスナーウルケルというビールを日本中に広めていきたいです!



日本全国のウルケルファンの皆さんへ

ピルスナーウルケルの生が飲みたいのに、近くに樽生を置いているお店が無いという方は沢山おられると思います!

そういう方たちの元へ、ウルケルトラックはやっていきます!

そして、そこでファンの方達に飲んで貰う事はもちろん、飲食店の経営者の方々にも飲んでもらう良い機会になれば、そのエリアの飲食店さんがピルスナーウルケルを導入するきっかけになると信じています!

そうなれば、ウルケルファミリーの輪はどんどん広がっていくでしょう!


キッチンカーオーナーの皆様へ

ピルスナーウルケルに合う料理とコラボがしたい!

私のビアトラックは、フードは基本的には置かず他のビアトラックのフードとピルスナーウルケルの食べ合わせをしてもらう事で、飲食店では実現出来ない新しいフードペアリングの発見にもなると思っています!

色んなキッチンカーとコラボレーションしたいです!

宜しくお願いします!



資金の使い道・スケジュール

・ビアトラックの改造資金

・ビアトラックの塗装費用

・各地の営業許可申請費用

・CAMPFIRE手数料

ビアトラックにウルケルファミリーの想いも乗せたい

ウルケルファミリーのイメージ

今回は、ビアトラックを作るにあたり普通の無地のビアトラックにタペストリーなどでビールを訴求するのでは無く、全面塗装する事でよりPilsnerUrquellを愛する人の輪を広げられるような、ビアトラックに作り替えたいと思っています!

そして、後方の面には

応援してくださったお名前などもペイントし、

これから広げていく、

PilsnerUrquellのウルケルファミリーの、

最初のメンバーの名前を入れる事で、

キッチンカーという、

店舗を持たない業態であれど、

人との繋がりを大切に走り続けるという、

僕の信念を決意表明するようなビアトラックにしたいと思います!



最後に、私の「持論」を聞いてください

ビール離れ」って言葉がありますが、本当に旨いビールを飲んだらビール離れはしません!

本当に美味しいビールを飲む機会が減ったから、離れていったんだと思っています。

なので、本当に美味しいビールを注ぎ続ける事が、僕の使命だと思っています!

そして、ビールはとても公平なお酒だと思います!

ワイン好きの方が、ロマネコンティを毎日飲むのには莫大なお金が要りますし、大金持ちになれば、毎日年代モノのウイスキーを飲み続ける事も出来るでしょう。

日本酒も、焼酎も、お金さえあればとても素晴らしいモノがあります。

でも、ビールは、ピルスナーウルケルの味は、アメリカの大統領になっても変わりません。

毎日飲める価格です。

どんなにお金持ちになっても、飲むビールの味って変わらないんです!

最高かよ!って毎日思いながら、仕事終わりのビールを生きがいに生きてます!

あと、コロナ禍で加速した、オンライン化。

これにより、リモート飲み会みたいな事も流行ったりしましたが、僕はやっぱり、オフラインで実際に膝を付き合わせてビールを飲むのが好きです!

なので、ビアトラックで色んな地域で色んな人と飲みたいです!

※車中泊します

そして、リアルで会った全国のウルケルファミリーの皆さんを今度はオンラインで引っ付けて、みんなでオフ会して飲みましょう!

みんなでチェコに行きましょう!

こんな事を実現したいなぁという夢を持ってます!

これが、僕のビールに対する夢と持論です。


どうしても載せたかったチェコの写真たち

ピルスナーウルケル醸造所の精麦場



昔ながらの製法でも作り、味が変わっていないかチェックします


醸造所の外観


チェコのレストランに勤務



タップスタープログラムの授業の様子


現地で思ったのは、日本よりももっとビールが身近にあり、テラスで青空の下で気楽にビールを飲んでおり同じビールを愛するもの同士はファミリーであり、とにかくビールの周りには笑顔が絶えないという感覚。




テラスの席はいつも満席!


青空の下で飲むビールは最高です!


私はこの「ピルスナーウルケル」というビールの専用サーバーをフードトラックに乗せ、

「旅するビアトラック」として、


日本でももっと気楽に、

外でビールを飲むという楽しさを、

もっと伝えていければと思っています!



Na zdraví (乾杯)!!


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/02/28 11:19

    あと12時間で終了となります!ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございました!!応援が本当に励みになり、不安でいっぱいだった旅立ちに希望が見えてきました!これからも宜しくお願いします!専用ジョッキも残り6個となりました!おうちウルケルを楽しまれら方は、この際に是非是非!では、明日からリターンを...

  • 2022/02/21 10:02

    皆さまの温かい応援のおかげで、セカンドゴールを達成できました!江坂で振る舞いウルケルも4月くらいにさせていただきます!!ここから7日間は、ゆっくりやっていきます!!リターンは、3月よりドンドン進めて参ります!その際に、また個別にお礼を言わせてください!本当にありがとうございました!

  • 2022/02/19 14:30

    ホームページの製作にあたり、ホームページのトップの左上くらにアイコン的にロゴを載せたくて、現在、上記の案が上がってます!ご意見、ご感想を頂けると嬉しいです!ホップと水のイラストは足そうと思ってるのと、ロゴにはPilsnerUrquellの文字は使わないので、削除する予定です。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください