コミュニケーションのきっかけとなる喋るTシャツ第2弾。面と向かって感謝を伝えるのは恥ずかしいから背中で伝える。クラファンでTHANKSの連鎖を作りたい。1つ支援すると+もう1枚プレゼント用にプレゼント!この企画で感謝してる人にプレゼントする機会を僕らが作りコミュニケーションのきっかけを生みます!

プロジェクト本文

 ▼はじめに

 

初めまして!

コミュニケーションのきっかけとなるTシャツ

喋るTシャツ を企画・運営している、稲沼と峯尾です。

※峯尾(左)稲沼(右)

 

単刀直入に僕らがこのクラウドファンディングで実現したいことは、感謝がテーマのTシャツでTHANKSの連鎖を作りたい!です。コミュニケーションをコンセプトとした喋るTシャツですが、Tシャツそのもの以外で感謝の連鎖を起こすことはできないか考えました。

 

そこでこのクラウドファンディング限定で、、、

1つ支援すると+もう1枚プレゼント用にTシャツをプレゼントします!この企画で感謝してる人にプレゼントする機会を僕らが作りコミュニケーションのきっかけを支援者さんに生みます!そうすることでTHANKSの連鎖を作ります!

 

 

もちろん僕らにとってはリスクでもあるのですが、このクラウドファンディングが開催される1ヶ月間限定でSUPPORT 1 PRESENT 1 を実行することにしました。支援はもちろん、シェアなども嬉しいです。THANKSの連鎖作りましょう!!

 

以下から喋るTシャツの詳細です。

▼喋るTシャツとは

 

高校同級生の2人で立ち上げた喋るTシャツ。通常のTシャツとは一線を画します!

コミュニケーションのきっかけとなるデザインが施されたTシャツです!そういう意味で喋るTシャツということなんです!!

 

↑喋るTシャツ第一弾出身地Tシャツ 香川県Tシャツ(model:香西 宏美)

▼喋るTシャツが生まれたきっかけ

 

発起人の稲沼が大学生の時に海外留学をした時の話です。

 

 

 

毎年日本人を担当するアメリカ人講師は

「Don't be shy!(シャイになるな!)」と開口一番に言い放ちました。

これを聞いて先入観で決めるなという悔しさを感じたとともに、

外国人から見た日本人はこんなにもシャイなイメージなのかと衝撃を受けた。

たしかに留学先で出会った外国人のコミュ力は高かった。

日本人の良さはたくさんあるのに、シャイで終わってたまるか。 

 

今よりもっと日本人のコミュニケーションが上がったら?今よりもっと日本人が会話したら?今よりもっと人間的な繋がりが豊かになったら、、、?

 

日本はもっと楽しい国になります。

 



僕たちは

海外で感じた日本人のシャイというイメージを変えるため、そしてより日本をより楽しい国にするため

誰もが着るTシャツから、コミュニケーションをUPするお手伝いをします。

 

喋るTシャツによって日本人のコミュ力が上がり続けた未来。2020年の東京オリンピックによって多くの外国人が訪れる未来。喋る日本人は外国人と楽しくコミュニケーションを取っているでしょう。

 

それが僕たちの見えている未来です!!

 

▼これまでの活動

 

喋るTシャツの第1弾企画として出身地Tシャツを企画しました!

出身地Tシャツは誰しもが持つ個性であり、初対面の時に必ずと言っていいほど、会話にでる出身地がアルファベットで逆さまにプリントされたTシャツです。

 

※沖縄県Tシャツ model:金島あや

 

出身地Tシャツではちょうど一年前の昨年11月にクラウドファンディングを行い、

総支援額140万2,084円、305名の方にご支援をいただき、目標の130万円を上回ることができました!

 

2人にとって初めてのクラウドファンディングでしたが大成功。涙がでるほどに嬉しかった。ありがとうが本当に全てでした。

 

最終日を相方と渋谷のカフェで迎え別れた後、LINEで改めて相方に感謝を伝えました。10年の仲ですが、もちろん男ですが、愛してるぐらい言えるほど幸せな感情だった。川崎の線路沿いの帰り道の感情を今でも覚えています。

 

 

▼第2弾企画 THANKS Tシャツ

 

そして喋るTシャツ第2弾 THANKS Tシャツはその名の通り、

THANKSつまり感謝を伝えるきっかけとなるTシャツです。

 

 

感謝とは重要なコミュニケーションと誰もが分かっています。

しかし特に仲良しの友達、恋人、家族などなど、関係が深まっていけば行くほど、

感謝の気持ちって面と向かって伝えるのが難しくなっていくと思います。 伝えなければ伝わらないのに。です。

 

そんな大切な人に感謝を伝えるため、背中から、TシャツからTHANKSを伝える。

それがTHANKS Tシャツのコミュニケーションツールとしての役割です!

 

ん?ところでこれ何がTHANKSなの?と思う方がいるかもしれません。

というか最初はほとんどの方が読めないと思います。

 

 

これを拡大すると分かりやすいです!

 

 

いかがでしょう?

黒を見るのではなく、白を見ることでTが浮き上がってきます。

そのまま先ほどの全体写真を見ると、、、

見えますか? THANKS

 

 

実はこの説明もコミュニケーションのきっかけとなっています。

このTHANKSを伝えるコミュニケーションが本気の感謝を伝えるという

行動のきっかけになってくれれば本望です。

 

※カラーは白/黒、半袖と長袖があります。サイズはS〜XXLです。

 サイズは各リターン項目よりご確認ください。

 

▼このプロジェクトで成し遂げたいこと(かなり重要です)

 

題名にもなっている通り、今回のクラウドファンディングは

感謝がテーマのTシャツでTHANKSの連鎖を作ることを目的としています。 

 

そこで今回、クラウドファンディング限定のリターンとして

Tシャツを1枚支援するとさらにもう1枚プレゼント

という1つの支援で合計2枚を受け取ることができるSUPPORT 1 PRESENT 1を実行します。

 

 

1枚は自分のTシャツ、もう1枚は感謝している人にプレゼントする。

その行動自体を感謝のコミュニケーションのきっかけにしてほしいと考えております!!

 

最初は限定数を決めて1つの支援で1枚プレゼント、あとは1つの支援でもう1枚は50%OFFなど考えました。しかし2人で話し合った結果、THANKSの連鎖を作りたいなら俺らがまずはリスク取ろうよと。限定数を決めず、全てのリターンに1枚のプレゼント分を追加することにしました。

 

バズる法則も、マーケティングな施策もさっぱり分かりませんが、純粋にこのTHANKSの連鎖が広がれば素敵だと思うんですが、いかがでしょうか??綺麗ごとよりも綺麗なコミュニケーションの世界です。

 

僕らは世界を今すぐ変えることはできない。しかしこのSUPPORT 1 PRESENT 1が、あなたとあなたの目の前にいる大切な人とのコミュニケーションを変えるきっかけになり得ると本気で思っています。

 

 

ご支援頂き、THANKSの連鎖を一緒に作れればとても嬉しいです。

 

シェアなども本当に嬉しいです。よろしくお願いいたします!!!!

 

▼資金の使い道

 

目標金額を100万円としています。

Tシャツの制作、撮影、HPなどの各種費用。そして今後の喋るTシャツを広めるための活動資金として大切に使わせて頂きます。

 

▼リターンについて

 

基本メニューを上記で説明しました

●SUPPORT 1 PRESENT 1

Tシャツを1枚支援するとさらにもう1枚プレゼント とします。

※カラーは白/黒、半袖と長袖があります。サイズはS〜XXLです。

 サイズは各リターン項目よりご確認ください。

 

 

さらに下記のようなリターンをご用意いたしました。

 

●SUPPORT 5 PRESENT 5

こちらのリターンを1つ支援していただくと、Tシャツを10枚プレゼントします。

半袖長袖、白と黒からサイズも含めて10枚お選び頂くことが可能です。THANKSの連鎖は俺に任せろ!という方に支援頂きたいです。

 

●喋るTシャツ宅急便 限定3名 50,000円/名(交通費込・税込)

稲沼と峯尾が直接THANKSを伝えるべく、直接どこへでもお届けにあがります。

ポイントは ど・こ・へ・で・も です。

※日程は要調整でお願いします。

 

 

●次回のテーマを決める権利 限定1名 100000円

コミュニケーションのきっかけとなる喋るTシャツは毎回テーマを決めています。

第一弾では"出身地"、今回の第2弾では"感謝"。
こちらは次回の第3弾のテーマを決めることができるリターンになります。

 

 

 

▼最後に

日本人のコミュニケーション能力をTシャツから上げるという大義名分の元、喋るTシャツを企画・運営し続けます。

目指すは2020年の東京オリンピックで外国人と日本人のコミュニケーションが今まで以上に行われ、これまで以上に楽しい国となることです。

 

Tシャツからコミュニケーション。コミュニケーションのきっかけとなるTシャツ。

 

喋りましょう!伝えましょう!もっともっと楽しい国にしましょうよ!!僕たちは本気です。共感して頂けたら本当に嬉しいです。

 

喋るTシャツを今後ともよろしくお願いいたします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください