2009年、人気児童文学書「狐笛のかなた」(上橋菜穂子著)を初めて舞台化した演劇ユニット・風ノ環~かぜのわ~、7年ぶりの本公演「羅生ノ鬼 ~地に咲くは、かくも美しき桃の花~ 」を応援するプロジェクトです。

プロジェクト本文

▼風ノ環~かぜのわ~よりご挨拶

このプロジェクトページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。風ノ環~かぜのわ~の主宰、間宮知子(まみやともこ)と申します。

風ノ環~かぜのわ~のホームページはこちらです。

はじまりは、当時所属しておりました声優事務所の同期と2人で、

上橋菜穂子さんの著書『狐笛のかなた』を舞台化したいね──、と他愛のない会話でした。

話していくなかで、

頑張れば実現できるのでは?

もしかして、本当に出来る?

だったら『狐笛のかなた』を舞台化してみよう!! 

ただ、ただ、ひたすら、この作品を舞台化したい、という想いでこのユニットは生まれました。

約2年の準備期間を経て、2009年に上橋菜穂子さんをはじめ、多くの方々のご理解とご協力をいただき、無事に舞台化することができました。ファンの方々からもご好評をいただき、旗揚げ公演には異例の1,000人を超える動員を記録しました。

夢を実現し、これで満足すると思っていたのですが、この作品をご覧になられた方より、

「劇場を出たあと、東京の街の中のちょっとした緑の中に、

 主人公たちがこっそりと顔をのぞかせているようで、あたたかい気持ちになりました」

というご感想を寄せていただきました。

その時、舞台作品を通して、

人と自然とを繋ぐ “何か” 人と人とを繋ぐ “何か” ──私たちがどこかに忘れてきた、その “何か” を、ふと思い出してもらえるような作品をもっともっと生み出したい、そして、それをお客様にお届けしたい──。と、強く思ったのです。

メンバーの1人が別の道を見つけ活動を休止していた間も、間宮個人で芝居を続け、また制作として数々の舞台に関わってきましたが、その思いは消えず、新たなメンバー・柴原麻里子を迎え、こうしてまた動き出すことになりました。

2012年に北海道にて2人芝居を上演してから6年。
活動を再開するには、時間がかかってしまいました。

でもだからこそ、再開するからにはこれまで思い描いてきた夢のすべてをこの作品に詰め込みたい!
出演者、音響、照明、舞台美術、舞台を形作るすべてに妥協せず、こだわりぬいた作品を作りたいと思っています。

作品は、「羅生ノ鬼 ~地に咲くは、かくも美しき桃の花~」と言います。
風ノ環~かぜのわ~による完全オリジナル作品となります。
劇場は、池袋シアターグリーン BOX in BOX Theater。
日程は、2018年2月28日(水)~3月4日(日)。
シアターグリーンが主催するグリーンフェスタ2018参加作品です。

風ノ環~かぜのわ~の復活公演として、ふさわしい作品を創作するために、
皆様のお力添えをいただきたいと思っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!!!!

 ▼このプロジェクトで実現したいこと

旗揚げ公演『狐笛のかなた』では、華道家による美術や生のヴァイオリン演奏で舞台を彩り、原作の力もあり、1,000人を超える動員を記録しました。

活動復活となる本公演で、ぜひとも旗揚げ公演を超える作品を上演させてください!!!
皆様のご支援で、風ノ環~かぜのわ~復活公演『羅生ノ鬼 ~地に咲くは、かくも美しき桃の花~』の上演をさせていただきたいと思っております。

 ▼プロジェクトをやろうと思った理由

岡山県の新見市に『羅生門』と呼ばれる、太古の時代に地下の大洞窟が一部を残して陥没し、高さ40mに達する石灰岩の巨大アーチがあります。
たまたま、私、間宮が新見市に行くことがあり、その羅生門に連れて行ってもらったのですが、手入れのされていない小路、人の気配のないその空間は、まさに別の世界とつなぐ門のようで、その姿を目の当たりにした瞬間、この場所で感じた空気をお客様に届けたいと、強く思った瞬間に物語が生まれてきました。

作品の舞台となるのは、神話の時代です。
イザナギ・イザナミの神話をベースに物語は始まります。
そして、羅生門と出会った岡山県にはもう一つ有名なおとぎ話があります。
それは、『桃太郎』です。
この羅生門という場所、イザナギ・イザナミの神話、そして桃太郎のおとぎ話を、風ノ環~かぜのわ~らしくアレンジし、ご来場いただいた皆様にその世界をお届けするという夢を、クラウドファンディングで実現したいと思っています。

▼これまでの活動

2009年9月 風ノ環~かぜのわ~旗揚げ公演 『狐笛のかなた』(中野ザ・ポケット)

2010年10月 番外公演 2人芝居 『魔女の食卓』(千本桜ホール)

2011年4月 風ノ環~かぜのわ~第2回公演 『カミクイ』(TACCS1179)

2011年10月 番外公演 2人芝居 『リストランテ・ウィッカ』(絵空箱)

2012年6月 北海道公演 2人芝居 『リストランテ・ウィッカ』 (札幌市内2か所)

▼資金の使い道

風ノ環~かぜのわ~ 第3回公演
『羅生ノ鬼 ~地に咲くは、かくも美しき桃の花~ 』の公演資金とさせていただきます。

▼最後に

お芝居を始めたとき、演劇の世界のことなど何も知らない素人でした。
上手、下手も分からず、手探りで旗揚げ公演を上演しました。

あれから、少しばかり演劇の世界のことを知りました。

公演を打つ、ということは本当に大変です。
たくさんの方々のご理解とご協力をいただき作品を作り、そしてそれをお客様にお金を払って観に来ていただかなくてはなりません。
そして、お金を払っていただくことの対価として、作り手側は支払っていただいた金額以上のものをお客様にお届けしなくてはならないのです。

 「劇場を出たあと、東京の街の中のちょっとした緑の中に、

  主人公たちがこっそりと顔をのぞかせているようで、あたたかい気持ちになりました」

この言葉がどれほど嬉しかったか。
劇場を出た後も、私たちが作った世界(風)がお客様の中に残っていた。
それこそが、私がお芝居をすることの喜びであり、幸せです。

お芝居を通して、その方の生活や人生に、少しでもやさしい風をお届けできたら、これ以上のことはありません。

私たちが生み出す小さな風が、人と人、人と自然と繋ぐ環となって拡がり、やがて大きな風になってさらに多くの環を繋げるために、何卒、皆様のお力をお貸しください。どうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください