Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

ネパールで村人と共に、地域の憩いの場を取り戻したい!!

5a147758 8d08 434c 89a0 55710aba16f5.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
438,000円
パトロン数
53人
募集終了まで残り
終了

現在109%/ 目標金額400,000円

このプロジェクトは、2017-11-24に募集を開始し、53人の支援により438,000円の資金を集め、2017-12-26に募集を終了しました

ネパールの村で2年前に起こった大震災によりコミュニティハウスが倒壊した。村人自ら再建を目指すが、資金不足が原因で途中で打ち切りに。日頃から村人が集う場だけでなく祭りの会場としての機能も持つこの建物の再建を、村人と共に行うことで工事という行為を超えた「自主性の促進」や「人々のつながりの強化」を目指す。

団体紹介

こんにちは!私たちFIWC九州は国際協力に励む福岡の大学生で構成される団体です!FIWCとは Friends International Work Camp の略で、村人と共にプロジェクトを遂行する「ワークキャンプ」という手法を取っています。実際に村に住み、同じ食卓を囲み、同じ視線に立って1つの目標に向かって活動します。また、単に物やノウハウを提供するのではなく、そこに住む村人も作業に加わることで、村人と共に考え、より彼らに寄り添ったワークをすることを目指しています。

 

▲村人と共に働きます

 

 

プロジェクトの紹介

私たちは、来年の春にネパールの山村にてコミュニティハウスを建設します!一般的にネパールではコミュニティハウスは村人が集まる憩いの場や結婚式や葬式、村のお祭りの場にも利用されており、お寺としての機能も備えています。2年前の大震災を受けほぼすべての家屋が倒壊し、今回活動するグマンマニサワラ村も例外ではありませんでした。家だけでなくコミュニティハウスまでもが倒壊しました。そのため、あの震災以来活気ある光景は消えてしまいました。そんな村の現状を少しでも変えるため、このコミュニティハウスの再建を目指します!ただ日本人の一方的な支援で作るのではなく、「ワークキャンプ」という手法を用いて、村人と共に考え働くことで本当に必要とされているものを作っていきます。営利的な目的を持たず制限なく活動できる学生だからこそ成し遂げることができます。そしてこの事業で、コミュニティハウスに集う村人の笑顔を再び取り戻したいです!

▲村人の笑顔を取り戻します!

 

 

いま、村は「つながり」を必要としています!

2015年4月、ネパールでマグニチュード8の大地震が発生しました。震源地近くの村にも多大な被害を受けました。地震から2年以上経った今でも仮設のトタン家屋での生活を強いられています。私たちが今回活動するグマンマニサワラ村でも立ち直りは見せているものの、震災で村から避難した人も多いことからも村人間のつながりが希薄になっているように感じました。事実、この9月に村で約30人からヒアリング調査をしたのですが、「村人で集まる機会が減った」や「若者の結婚を全員で祝いたい」という意見を耳にしました。そこで、震災復興といえば壊れた家屋の再建、インフラ整備など物を作ることに焦点を置きがちですが、それを超えた人々の心に向き合うワークを私たちは行いたいです。村人も仕事を中断してまで調査に協力してくれ、活発に意見を出してくれたことで熱意も感じることができました。今本当に必要としているのだということが伝わり、その思いに応えたいです。

▲村で行ったミーティングの様子

 

 

60年を超える歴史、中国、韓国、フィリピンでも活動実績

FIWCは65年前に関東で発足し、国内外の多くの場所で様々な社会問題の解決に向けて学生なりに試行錯誤しながら活動してきました。その後関西、東海と活動拠点を広げ、13年前に九州拠点が立ち上がりました。九州では中国のハンセン病快復村での啓蒙活動、フィリピン、ネパールでは農村部でインフラ整備を行ってきました。これまでに水道設備の改善や橋の建設など継続的に同じ地域で活動を続けることで、その地域との信頼関係を築いてきました。

▲昨年度のネパールキャンプでは水場の整備を目的にタンクを作りました

 

 

資金の使い道

私たちはいただいた金額に応じて段階的にワーク内容を変えるプランを立てています。現状ではコミュニティハウスの一部のみ建設はしていますが、雨風をしのげる屋根はなく使える状況ではございません。第一目標は、使えるようになるためにもまずはこの屋根の完成を目指しています。もし十分な支援金をいただけなかった場合は、屋根ではなく壁の建設に切り替えることを考えています。
コミュニティハウスを作るにあたっての資材費内訳は
① 屋根のみ: 600,000円
② 壁のみ: 400,000円
③ 完成: 1,000,000円
となる予定です。
いただいた支援金はこれらの資材費に充てられます。また、クラウドファンディング以外にも別の方法で支援金を模索しており、
① 九州地域NPO活動助成金: 200,000円
② 寄付金: 150,000円
③ 新たに申請予定の助成金: 200,000円
④ 前年度キャンプからの繰越金: 60,000円
を準備しています。

 

 

  ▲現在のコミュニティハウスの様子

 

 

現地の雰囲気をあなたにも届けます!!!

リターンとして、ご支援いただいた方々全員に私たちのネパールでの活動をまとめた報告書をお送りします。他にもご支援いただいた金額に応じて、手芸品や村の動画など現地の雰囲気が伝わるようなものも用意しています。また、1万円以上ご支援していただい方には今回建設されるコミュニティハウスにお名前を刻ませていたいただきます。

 

 

 

 

成功に向けて…

今年の春からプロジェクトが発足し、夏に3週間かけ自分たちの足で実際に1件1件家を回り、ヒアリング調査を行いました。複数の村を調査していく中でも特にグマンマニサワラ村で話を聞く内にこの村人とワークをしたいと心から思いました。まだまだ未熟な大学生という身分ではございますが、思いだけは誰よりも負けておりません!ぜひともご支援のほどよろしくお願いします!!!