オラクルカードを作ってみたいと思ったことはありませんか?

はじめまして、の方がほとんどだと思います。私は「癒し」をテーマにイラストを描き、ヒーリング・アートを提供する活動をしています。Rukanaと申します。

自分が描いたイラストを、オラクルカードにして、メッセージを伝えられたら、どれだけの人のお役に立てるだろうと、長いこと夢見ていました。自分にはとても無理だとも思っていました。

ですが、CAMPFIREさんの力を借りて、クラウドファンディングで募集を募り、もし、皆様のご支援をいただく事が出来たら…ひょっとして、ひょっとしたら実現可能なのでは?と思い、恥を晒す覚悟で一念発起いたしました。

ヒーリング・アートを描くきっかけ

スピリチュアル・ヒーラーさんに人生の窮地を救っていただいた事をきっかけに、ヒーラーの道を志し、セラピストとして活動していました。

対面セッションで、クライアントに寄り添い、お顔が晴れて元気になっていく様子を見るのがとても嬉しかったんですが、次第に重症者が訪れるようになり、ついにある日、心療内科に通っていて脳に障害がある方からセッションの依頼がありました。

実際にお会いして、お話を伺いましたが、とても私の手に負える案件ではないと判断し、お断りしようとしたのですが、絡みつくように縋りつかれ、逃れることができず、何度かセッションをさせていただきました。

すると、そのクライアントさんは見違えるように元気になりました。
しかしながら、それと同時に私は身も心もボロボロになりました。

エネルギーだけでなく、運気も吸い取られてしまったようで、時を同じくして、職場の人間関係や仕事、プライベートまで上手くいかなくなり、心身ともに大きなダメージを受けました。
対面カウンセリングはとても続けられないと判断し、 以後、セッションの受付を停止しました。


オリジナルのオラクルカードを作ることを思いつく

それでも、「誰かを癒したい」「自分が救われた恩返しをしたい」という気持ちに変わりはなく、何か他の方法で提供出来るものはないかと模索していた時、絵を描く事を思いつきました。

私が描いた絵を通じて、間接的に潜在意識で個々に必要なメッセージを受け取ってもらえれば、対面セッションのようなダメージを受ける事なく、より多くの人を癒やせるのではないか、と考えました。

ギャラリーで展示会や、イベント参加にも挑戦しましたが、会場を訪れた方にしか見ていただく事が出来ません。

自分で描いたイラストをオラクルカードにして、多くの方に使っていただきたいと思いつきました。

ハンドメイドでオラクルカードを制作

オラクルカードを作るにはいったい、どのくらいのお金かかるのだろう?
手始めに見積もりを計算しました。
市販されているオラクルカードと同じサイズで全種類を印刷するとかなりの費用がかかることがわかり、一旦は諦めて、全てハンドメイドで作ることにしました。
描いイラストをスキャンして取り込み、1種類ずつ素材に合いそうな色を選んで、フレームデザインしました。
強度があり、インクジェットで印刷できる用紙を探し回り、適当な用紙を手に入れました。ですが、表面にやや光沢があるため、何度も印刷に失敗し、インク代ばかりかさみました。
印刷したシートは、1ミリでもズレてしまうと、文字がずれて全体のバランスが崩れてしまうので、裁断機は使わず、1枚1枚、すべてカッターでハンドカットしました。
腕は筋肉痛になり、カドを丸く落とすためのパンチで、丁寧に四つ角を切り落としたところ、指が真っ赤に腫れました。

トランプのようにカードをきっても、インクが剥がれないようにコーティング剤をたくさん発注して、両面に何度も吹き付けて一枚ずつ広げるように並べて乾燥させました。

木のボックスに白いペンキを塗って、装飾金具を取り付け、木のぬくもりを感じられるオリジナリティ溢れるボックスを作りました。
※今回の募集では数量の都合上、紙のボックスになる予定です。

メッセージブック用の用紙を別途購入し、直観で感じた事をメッセージとして書き留め、ページ毎に面付した原稿を作成して、プリンターで印刷して製本しました。

お陰様で、作った分はすべて完売したのですが、手間がかかりすぎるため、量産ができず、さらには作れば作るほど経費と時間ばかりかかって、利益は全く出ず、タダ働きが続きました。

人を癒すために頑張って活動しても、自分が苦しくなるのなら、絵を描いて作品を世に出している意味がありません。

美術館やギャラリーで展示会、デザインフェスタ等のイベントに参加して作家としてのプロモーションをしてきました。
お陰様で、いくつか賞もいただいて、ギャラリーから個展のお話もいただきましたが、コロナで中止になってしまいました。
今は主にインスタから情報を発信していますが、アーティストとしての今後の在り方について考えるようになりました。

instagram
https://www.instagram.com/rukana_art/


プロジェクトをやろうと思った理由

この度、長らくお勤めさせて頂いた会社を辞める決断をいたしました。

昨年、愛犬が膵炎から糖尿病を発症し、毎日インスリン注射をしていますが、度々、低血糖状態になっています。

さらに、私自身が、若年性難聴と診断され、現場で周囲とコミュニケーションをとりながら業務を遂行するのが難しくなり、リモートワークに切り替えてお仕事を続けておりました。

前職場は、リモートワークを認めておらず、限定的な措置だったこともあり、周囲から特別扱いだと不満の声があがり、悩んだ末、退職させていただきました。

人それぞれ考え方や価値観が違うし、コロナ渦で状況が変わった事もありますが、「会社」というひとつの枠に囚われていては、自分の可能性を試す事ができないと思いました。

収入は不安定になるし、先の保証は一切ありません。
それでも、飛び出してみる事にしました。
思い悩み、自分の可能性を枠にはめてしまい、行動を制限していた頃、発病した愛犬が、最近、本当にとても良い表情をするようになりました。
1番そばにいて、日々、私の事を見つめている愛犬が、何が正解かを知っていて、このまま仕事を続けていたら、いずれ精神的に壊れると、身をもって教えてくれたのです。

業務委託契約の話もあったのですが、今後のためにフルリモート可能な職種でのスキルアップしています。
それと並行して、ずっと夢だった自分のイラストでオラクルカードを作る夢企画をクラウドファンディングで立ち上げました。
カードの枚数を大幅に増やして、量産しようと思い立ちましたが、仕事を辞める決断をしたので、これまでのように、自分が働いたお金で資金を調達することができなくなってしまいました。

デザインもイラストもすべて自分で制作するので、私自身へのお給(ご褒美)料も必要です。
そこで、クラウドファウンディングを利用して、資金を集めることを思いつきました。

売れるかどうかわからない商品に高い経費をかけて、在庫を抱えて苦しむのはもうやめよう!と決心したのです。

人の力を借りたり、甘えることはいけないことではないと、自分に言い聞かせながら、周囲に協力をお願いしております。

少しでも共感していただけましたら、ご支援をよろしくお願いいたします。
もし、あなたの好みに合わなかったとしても、周囲にご興味ありそうな方がいらっしゃいましたら、ご紹介だけでもしていただけませんでしょうか。
SNSやブログで記事をシェアしていただけるだけでも幸甚です。


ルノルマン・カードの制作

本格的にオラクルカードを制作しようと思った、きっかけのひとつにルノルマン・カードの制作依頼がありました。
カードのイラストと、デザインの全てを一任していただき、働きながら約4か月かけて、独学でデジタルツールを習得しながら、ほぼ毎日時間を作って制作しました。
時には、なかなかOKをいただく事が出来ず、資料探しに時間を費やしました。没になってしまい、世に出していないイラストが何枚もあります。
しかし、このカードの完成が、自身でオラクルカードを出版するための大きな自信に繋がりました。
このプロジェクトが成功したら、オラクルカードの制作依頼も引き受けていきたいと思います。
Liange 魔女スクール代表♡Reikimaster 彩乃さんのブログはこちらから♡↓
https://ameblo.jp/reni-ayano/entry-12688317036.html
※彩乃様から掲載許可をいただいております。


作品受賞歴

あまりこういった事には挑戦しないのですが、地元のギャラリーで開催された公募展に何回か応募させていただきました。

2018年 横浜アートフェスティバル A賞受賞


2020年 横浜アートフェスティバル 部門賞受賞


2021年 横浜アートフェスティバル 部門賞受賞2021年 



電子書籍の出版にも挑戦

ライティング力を磨くため、Amazon電子書籍にも挑戦しました。

最大5部門で1位を獲得 ベストセラー 入りを果たしました。※2021.1.9調べ
地理・地域研究部門 売上ランキング1位
地理・地域研究部門 新着ランキング1位
地理・地域研究部門 無料ランキング1位※無料キャンペーン適用時
実用絵画部門 新着ランキング1位
実用絵画部門 無料ランキング1位※無料キャンペーン適用時



資金の使い道

赤裸々に語ります。
オラクルカード専門の業者で見積もりを取ったところ、税込み739.552円で絶叫しました。
眩暈が収まらず一瞬あきらめかけましたが…あちこちの業者を調べて最も安く印刷できる方法で見積もってみました。
◇印刷代 127,900円(2022.1.11現在の最安値)
◇メッセージブック作成費 41,140円(2022.1.11現在の最安値 )
※印刷においては予算に余裕があれば紙の質をあげたり、表面に艶出し等の加工を施すことができます。
◇ボックス代 46,990円(キャラメル箱)※仕様により金額差あり。
出来れば貼箱が望ましいのですが。
どこで見積もっても軽く15万円くらいかかるので、集まった資金によってグレードアップさせたいと思います。
◇イラスト+デッサン製作費 1枚5000円×44枚=220,000円
※こちらに関しては、決まった金額相場というものがないのですが、著名なイラストレーターであればあるほど、高額になってくると思います。
仮に、私が引き受けるなら最低でもこの金額は欲しいなという料金設定にさせていただきました。
合計 436,030円

CAMPFIRE手数料17%(キャンペーン適応時10%)74,125円(43,603円)

総計 51,0155円(479,633円)

どうですか、この金額。呆然としませんか?くらくらしますよね?(←個人の感想です。)
とても一個人が出せる金額ではありませんよね?(←個人の感想です。)
でも、諦めたくない!どうしても作りたい!(←個人の…以下略)
そこで、CAMPFIREでクラウドファンディングの力を借りようというわけです。
え?でも、目標金額足りなくない??と思ったそこのあなた!
正解です。35万円でもぜ~んぜん足りないのです。恐るべし、オラクルカード。

つまり、何が言いたいかというと、資金が集まらない場合は、何かを削るしかないのです。
あなたの助けが必要なんです!!!
少しでも多くの支援を募り、足りない金額は、ボックスを他のもので代用するしかないでしょう。
それでも、足りなければ、私のイラスト+デザイン製作費を削るしかありません。
つまり、ただ働きというわけです。
私を応援してくださいませんか?

オラクルカードを作って欲しい!と言ってくださるのは、本当に本当にありがたいのですが、実際、作るとなると、最低でもこれくらいの金額がかかるわけなんです。



リターン

☆完成したオラクルカードを1部
40~44枚セット(多少前後する可能性あり)
メッセージブック
オリジナルボックス(紙仕様になる予定です)
※送料込み

☆ペットの肖像画1枚+リーディング+完成したオラクルカード
ハガキサイズ(額入り)

出来るだけ鮮明に映っているお写真を数枚お借りして、最も肖像画に適したお写真から描き起こします。 オラクルカードを使って、ペットさんが飼い主さんに伝えたいことをリーディングして、完成作品と共にメッセージをお届けします。
さらにオラクルカードもセットになったお勧めリターンです。

※限定3名様
※額はこちらで選ばせていただきます。
※額代、送料込み。

☆癒しの風景自選イラスト集1冊
「心揺さぶる癒しの風景」
A4サイズ
36ページ
オールフルカラー印刷
※送料込み

Amzzonで販売した初の電子書籍「潜在意識にアクセスする癒しの風景」がAmazonランキング5部門で1位を獲得し、ベストセラーになったことに感謝の意を込めて、電子書籍版を大幅に加筆したグレードアップ版を出版しました!

今回は特別にいままで誰にも見せなかった写真を多数掲載しています。
モデル撮影会の様子や、作品の資料に使った写真も初公開!

アドバイスをいただいた方々、作品のモデルさんのご紹介など、制作秘話を赤裸々に語っており、これ、どうやって描いてるの??っていう疑問にお答えする内容にしています。

創作することの楽しさをお伝えできればいいなと思います。

こちらのプロジェクトにご参加頂いた方には

ヒーリングアートコレクションから
「女神のイラスト集」1冊他にもポストカード5枚セットか、A4ラミネートシート1枚をお届けします。
※絵柄はお選び頂けません。

実施スケジュール

2022年1月 募集開始(制作準備)
2022年3月 募集終了(本格的な作業に入る)
2022年7月 印刷業者に入稿
2022年8月 商品の発送

最後に

いままでは、誰かに喜んでもらうため、癒しを提供するために、自分を犠牲にするようなやり方を選択してしまい、苦しくなってしまうことが多かった。
これからは、自分も、商品を手に取ってくれたお客様も、双方が笑顔になるような活動を選択していきたいと思います。
その活動を、応援してくださる方を募集します。
なお、カードや絵は、効果効能を保証するものではないことをご理解の上、ご応募ください。
よろしくお願いいたします。


※こちらに掲載されている作品はすべて自作であり、著作権はすべてRukana本人が所有しております。
クラウドファウンディングをシェアされるのは大歓迎ですが、作品画像を無断で転載する事を禁じます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください