はじめまして
TEAM _PERFORMANCE _LABO です
  • 愛知県 / 
初めてのプロジェクト

『世界中の子どもたちに笑顔を届けるスマイルクリエーターであり続けたい!』

という理念を掲げ、サーカスアーティスト、クラウン(道化師)、マジシャン、俳優、音楽家、歌のお姉さん、ものまね芸人などが集まった総合エンターテイメント集団として2006年に旗揚げしました。



参加メンバーは演目、プロジェクトごとに構成されていて
シルク・ドゥ・ソレイユ、木下サーカス出身者など、
国内外で活躍する一流のパフォーマーが集まったドリームチームです。

追記:温かいご支援を頂き、心からありがとうございます!
ネクストゴールについての詳しい取り組みは
こちらからぜひご覧ください。

DEARクラウドファンディング/ネクストゴールへ向けて

新しいリターンを追加しました!

■ご挨拶

こんにちは!私たちは「TEAMパフォーマンスラボ」の
舞台作品「DEAR」のプロジェクトメンバーです。

「TEAMパフォーマンスラボ」は
愛知県名古屋市を拠点に、
様々なエンターテイメントを創作している集団です。


『世界中の子どもたちに笑顔を届ける
 スマイルクリエーターであり続けたい!』

という理念を掲げ、サーカスアーティスト、
クラウン(道化師)、マジシャン、俳優、音楽家、
歌のお姉さん、ものまね芸人などが集まった
総合エンターテイメント集団として2006年に旗揚げしました。


参加メンバーは演目、プロジェクトごとに構成されていて
シルク・ドゥ・ソレイユ、木下サーカス出身者など、
国内外で活躍する一流のパフォーマーが集まったドリームチームです。

1人でも多くの人にエンターテイメントを届け
舞台の素晴らしさや感動を届けられることを目指しています。


これまでにもアーティストのライブでのサーカス演出や
テレビ番組でのサーカス芸指導や出演
プロバスケットボールBリーグのハーフタイムショー出演
小中高等学校の芸術鑑賞教室など
様々なエンターテイメントを届けてきました。
メディアの実施写真は
TEAMパフォーマンスラボのホームページをご覧ください。


また、コロナ渦において活動の場を確保するために
自主公演による舞台公演
(名古屋市公会堂、名古屋市内各文化小劇場)にも取り組んでおります


■2020年8月舞台公演の様子(会場:名古屋市公会堂)



■今回の公演の概要

「DEAR」2022年5月21日 名古屋市北文化小劇場にて

プロジェクトメンバー及びキャスト

   少女:MIYU


パサロ:粕尾将一

   コネキリ:Kei


キナーゼ:BiNGO


ガトー:ココロ


ラナ:快斗


少女友人:ASUKA



ゲストパフォーマー


コネホ:doNcHY..



セルピ:堀田聖奈



エンテ:中島梨乃


脚本演出:MIYU

広報デザイン:BiNGO

企画:DEARプロジェクトメンバー

制作:TEAMパフォーマンスラボ


■なぜクラウドファンディングを始めようと思ったのか

私たち TEAM パフォーマンスラボの舞台公演活動は
一般公開向けの作品と、
小中高校の芸術鑑賞教室で上演する作品の
大きく2つに分かれています。


学校公演では約 15 年間にわたり、
全国各地の学校で様々な作品を上演してきました。
そのオリジナル作品の中でも、

今回の「DEAR」という作品は中高生を対象にした
言葉を使わない「ノンバーバル演劇作品」です。

【DEAR芸術鑑賞教室の様子】


多感な思春期にある中高生は、
友達・進路・恋愛など、多様な悩みを抱えています。
日常に深く根付いているスマホや SNS。

そして「空気を読む」「周りと同じように合わせる」
人間関係の世界を題材としてとりあげました。


作品全体を通し「仮面をかぶらずありのままの自分を認めよう」
というメッセージを、子どもたちに受け取ってもらうことを目指しています。
(※作品については演出からのメッセージもありますので
よろしければご覧ください)





<生徒さんよりいただいた感想より一部をご紹介>

「DEAR」を観て、ただただ感動しました。
私は、人が嫌いで、本当に心を開ける友人も数少ないです。
いつも、私じゃない自分がいるように思っていました。
本当は明るく振舞いたくないのに、わざと、そう振舞ったり。
今日の「DEAR」を観ていた時、人の心の温かさに触れたような気がしました。
特にラストシーンでは思わず涙がこぼれそうになりました。
あのシーンを観て、たくさんのことを感じました。友情、恋心、思いやりなど。

「仮面を付けなくてもいいんだ。」と言った気がしました。
あの少年も、青年も、悩み、苦しみ、答えにたどり着いたんだと思います。
セリフがないのにここまで心が動きました。本当に有難うございました。

(高校2年生)


最初はセリフがないノンバーバルだと聞いてびっくりしました。
でも、セリフがなくてもセリフがあるんじゃないかってくらい

内容や状況がわかって、家に帰ってからも
ずっとあの夢のような空間にいるみたいで、
次の日体育館に行った時もまたサーカス団のみんなが
出てきてくれるんじゃないかとか思ってました。
私も嫌われたくなくて、めんどくさいと思われたくなくて

今まで、自分の思いを言えずにいました。
少女のように自分から少しずつでも動いて仲直りしたり、

行動したりできるようになりたいと
私も思って友達にちゃんと気持ちを伝えて仲直りすることもできました。


これから少女のように本当の自分をだして生きていきます。 
(中学3年生)



********************************************

全国で上演を行い、子どもたちに「DEAR」の作品が持つメッセージを届けてきました。
学校の先生方や生徒さんたちからもたくさんのお声をいただいています。


「自分の生活と重なるところがあり、思わず涙が出ました」
「この作品を見て本当の自分を出す勇気をもらえました。」
「友人と本音で話して行動することができました。」

自分の本音を出すことが難しかった子どもたちが
実際にそれぞれの登場人物に共感し、行動に移すことができた、という
ご意見をいただき、私たちも胸がいっぱいになります。


また、今まで気づかなかった、
「仮面をかぶって苦しんでいる人」の存在に気付いて
自分とは違う人に目を向けられるようになったという
メッセージをいただくこともあります。


これまで「DEAR」の公演は
中学高校での芸術鑑賞教室での実施がほとんどでした。
しかしながら、芸術鑑賞会で届けられるのは
鑑賞会を実施できる学校に通う限られた子ども達だけです。


そして、上演を続けていく中で、このお話や
本当の自分を隠して、周りに合わせて役割を演じる仮面の存在は
中高生だけではなく、大人の社会にも大きく通じる事だと感じる機会も多々ありました。


「仮面をかぶらずありのままの自分を認めよう」というメッセージ。
子どもたちに限らず大人の方も含め、もっとたくさんの方に届けたい。
この思いを胸に、メンバーたちで一般向け自主公演を企画しました。


一般公開のための再演出にあたり、
通常の予算のある芸術鑑賞教室での公演とは違い、
舞台美術や大道具、衣装などその他
多くの備品を持ち出しによって制作してまいりました。

【DEAR舞台美術の様子】


ご存じの通り昨今の情勢で舞台業界全体に厳しい風が吹いております。
コロナ禍の影響によりスポンサーの獲得も現在はなかなか難しい中
今回私たちの活動にご支援をいただきたく
この度クラウドファンディングを立ち上げることとなりました。



■作品に込めた思い 


「自分の生活と重なるシーンが出てきてドキッとした」 


舞台を見た中学・高校の生徒さんからよくいただく感想の1つです。 


私たちの作品を見て、
より共感してもらえるメッセージを届けるために
「中高生の時を振り返って その当時何に悩んでいたかを脚本に起こしてほしい」と
仲間たちから声があり、書き起こした今作品。


「空気を読む」
「全部うわべの付き合いだった」
「自分はそういうキャラじゃない」
「本当の自分ではない」


そんな悩みを持っていた 10代の頃。
自分らしく生きられるようになるまでには時間がかかりました。
私が学生だった頃からは年月が経った今も、
抱えている悩みは同じなのだと、たくさんのお声をいただきます。

子どもたちに限らず、誰しもが自分に付いている
いくつかの「仮面」と生活をしています


周りを意識して合わせ、仮面をかぶる人
仮面の存在がまだわからない人
持っているけどかぶらないでいられる人
自分が仮面で周りと付き合っていることに気づいていない人


仮面は形を変えて会社や家庭、友人の付き合いなど
大人の社会にも潜んでいます。


この作品には最初と最後のナレーション以外に言葉でのセリフがありません。
メッセージの答えがありません。


それぞれの「仮面」と向き合う姿や、
キャラクターそれぞれの成長に伴う変化も、
観る人の普段の生活と重ねて観ていただける事が多いです。


多感な時期の子どもたちには地域や年齢によって、
始まってすぐ、様々な反応があります。
よく笑う学校、真面目におとなしく見ようとする学校、
盛り上げようとする学校…。


上演を開始して数分。
最初に息をのんで会場の空気が静まり返る場所は、
全国どこに行っても必ず同じ場面です。
「現実の世界」で少女が友人を傷つけてしまうシーン。
会場は水を打ったように静かになります。

息が止まるように会場の空気が変わるのを感じる場面は
他にも数か所、いつも「現実の世界」のシーンです。


今作の主人公は「少女」 役として名前はあえて付けていません。
そして「現実の世界」のシーンに出てくるメンバー全員にも名前がありません。
特定の「誰か」ではなく、そこに出てくるのはきっと…


「異世界」のシーンではそれぞれ自分らしさを全面に出している
少し風変わりで、でも日常のどこかにいるような
個性的なキャラクターたちが登場します。

この作品は脚本を当て書きしており、各パフォーマーは本当の性格を、
それぞれデフォルメしたキャラクターとして演じています。

パフォーマーたちがそれぞれ仮面をとった
人間臭い自分の姿を演じているのも見どころの一つです。

今回は子どもから大人の方までご覧いただける一般公開に際しまして、
皆さんにお楽しみいただけるように再演出をし、お届けさせていただきます。

「現実の世界」そして「異世界」でも
あなたの中の「私」や「周りの人」を
作品の中で見つけていただけますように…。


脚本・演出 MIYU




■これまでの活動

TEAMパフォーマンスラボは2006年に旗揚げされ

全国のたくさんのパフォーマー、アーティストたちとともに

たくさんの舞台作品を作り上げて参りました。


(全国各地からいただいたお手紙・感想・メッセージ)


「DEAR」の他にも

「ミラクルイリュージョンサーカス」「クラウンサーカス」

「サーカスエコロジカル」「ラボラトワールドゥシルク」

「紡ぎ」「トワイライトガーデン」

「ハッピースマイルコンサート」「ウィザードオブサーカス」など

全国各地で上演を行っています。

詳しくはパフォーマンスラボのHPをご覧下さい。



■資金の使い道

・劇場使用料  ¥106,200‐

・付帯設備使用料 ¥29,100‐

・機材運搬費用  ¥16,940‐

・音響・照明・受付・会場等 上演に関わる人件費 約¥300,000‐

・チラシ・ポスター・チケット費 ¥80,000‐

・その他製作に関わる費用の一部 ¥50,000‐

・CAMPFIRE 手数料、返礼品送料 

これらの資金の一部

(主に劇場使用料・付帯設備使用料
スタッフ人件費・移動交通費・宿泊費など)に充てさせていただきます。

ご支援いただいた費用は大切に使わせていただきます。 

目標金額より多くご支援いただいた場合は、
公演をよりよくするために使用させていただきます。

※出演者スタッフ一同、感染症対策に注力しながら
作品を皆様にお届けできるように上演に向け動いてまいりますが、
今後の感染症流行の様子次第では、
公演に変更等が発生する可能性もございます。
ご支援いただく際はあらかじめご理解・ご了承をお願いいたします。



■リターンについて

今回ご支援いただいた皆様にはこのようなリターンをご用意しております。
こちらには一部を記載させていただきます。
詳細はリターンのページをご覧ください。


〇DEARオリジナルイラスト 

オリジナルイラストが描かれた画像1点に
TEAMパフォーマンスラボから
感謝のメッセージを添えたお礼メールを差し上げます。


〇DEARオリジナルクリアファイル<NEW!>

クラウドファンディングでご支援いただいた方々限定のデザインです。


〇オリジナルフォトブック<NEW!>

メンバーたちのサイン入りのフォトブックをお届けします。
舞台裏やキャラクター設定、オフショットなども掲載予定です。


〇各メンバーたちからのお礼の品<NEW!>

キャスト達がそれぞれ自分の持ち味を生かしたリターンを準備しました。

ここでしか手に入らない非売品もお見逃しなく!
詳細はリターンの項目をご覧ください。


〇パンフレットクレジット

DEAR特別サポーターとして当日配布される
パンフレットにお名前をクレジットさせて頂きます。
(お好きな名前で登録可能。応募の際に記載して欲しいお名前をご入力ください。)


〇ペアチケット&DEARイラスト&パンフレットクレジット

通常席チケット2枚分と
オリジナルイラストが描かれた画像1点に
TEAMパフォーマンスラボから感謝のメッセージを添えた
お礼メールを差し上げます。
さらにDEAR特別サポーターとして当日配布される
パンフレットにお名前をクレジットさせて頂きます。
※記載されるお名前は2名分のみ
(お好きな名前で登録可能。
 応募の際に記載して欲しいお名前二人分をご入力ください。)


〇優先席1枚&記念写真 各回限定10枚

優先席のチケット1枚と公演終了後に演者たちと記念撮影ができます。
(お客様を含めた演者たちとの集合写真を一枚、
 ご自身のカメラでの撮影となります。
 スマホやデジカメなどご用意下さい。)
※優先席は客席1列目もしくは2列目の座席となります。


〇優先席1枚&公演映像DVD(お礼のメッセージ映像付き)

優先席のチケット1枚と当日の公演を記録した
DVD(約90分)に特別メッセージ映像(メイキング映像等約10分)を
収録したものをお送りいたします。
※優先席は客席1列目もしくは2列目の座席となります。


〇優先席チケット2枚&パンフクレジット 

優先席のチケット2枚とDEAR特別サポーターとして
当日配布されるパンフレットにお名前をクレジットさせて頂きます。
※記載されるお名前は1名分のみ
(お好きな名前で登録可能。応募の際に記載して欲しいお名前をご入力ください。)
※優先席は客席1列目もしくは2列目の座席となります。


〇通常チケット10枚&企業ロゴクレジット 

通常席のチケット10枚と当日配布されるパンフレットに
企業名および企業様ロゴをさせて頂きます。
※記載されるロゴの大きさは名刺の半分ほどの大きさになります



■実施スケジュール

2022.2月末 クラウドファンディング終了

2022.3月 制作&稽古スタート チケット販売開始 

2022.5.21(土) 公演本番


■最後に

私たちのプロジェクトをご覧いただきましてありがとうございます。
ご覧いただいている皆様はご存じの通り、
コロナ渦において舞台演劇業界は非常に厳しい状況であり
私たちも上演を続けながら、
全国に作品やメッセージを届ける方法を必死に探し続けております。
皆様からのご支援をいただき、
より良い作品づくりと公演活動をこれからも続けていきたいと思います。
最高の舞台をお見せすることでお客様全員にお返ししたいと存じます。
皆様からのご支援をよろしくお願いいたします!




<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/05/28 17:13

    2022.5.21「DEAR-ウソつきの私-」北文化小劇場クラウドファンディングをご支援いただいた皆様改めまして、本当にありがとうございました。おかげさまで2公演とも車椅子席を含め全席満員御礼で当日を迎えることができました。また、ネクストゴールとしてかかげていた聴覚障害をお持ちの方児童養護施設...

  • 2022/03/01 15:56

    <DEAR一般公演チケット販売開始!>本日、3月1日(火)9時〜から販売開始となりました!詳細は下記ページからお願いします!「DEAR」一般公演チケット販売について今回クラウドファンディングでリターンの優先席、及びネクストゴールの企画でのご招待チケットへのご支援もいただいており、通...

  • 2022/03/01 15:30

    <クラウドファンディングお礼>2月28日まで行われていた「DEAR」一般公演へ向けてのクラウドファンディングにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!初めてのクラウドファンディング,3週間という短い時間でしたが200%を超える本当にたくさんのご支援と日々頂く温かいメッセ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください