大間まぐろを東京築地市場に出荷している魚忠の目利きが、厳選して直接買い付けた船団の大間マグロを、キャンプファイヤーユーザーに向けてお正月用に特別放出!命がけで獲ってきた極上の大間マグロを召し上がって、大間のマグロ漁師を応援しよう!

プロジェクト本文

 

このプロジェクトは、大間の漁師の生活を安定させること、そしてマグロや漁師が好きな方に最高のマグロを食べて幸せになっていただくために、大間マグロを食べて応援していただこうという取り組みです!


【このプロジェクトの目的は、ただ2つ】

①大間の漁師の生活を安定させる。

②マグロが好き、漁師が好き、そんな方々に、最高のマグロを食べて幸せになってもらいたい。

 

①は当店の経営理念「大間の漁師と共に生きる」に基づいたもの。

②はこれからもっともっと力を入れていきたいと思っている事です。


お客様が大間マグロを召し上がって幸せになって頂き、少しでも大間の漁師に興味を持って頂く事で、それが大間のマグロ漁師の力になります。

このプロジェクトは、皆様の力をお借りして大間の漁師を応援・サポートしていく為のものです!

 

 

【この取り組みによる、、、】

◎漁師さんのメリット
・相場が低い時でも、良いマグロなら高く買ってもらえる。(これが一番大きいです!)
・みなさまと繋がっていく事で、身近に感じてもらえて力になる。

◎当店のメリット
・お預かりした支援金で、漁師さんのマグロを少しでも高く仕入れる事が出来る。

◎オーナーのメリット
・支援金のリターンで極上の大間マグロが手に入る。
・大間マグロを始め、青森の様々な海産物の情報を最優先でご紹介。
・優先で濃い情報を得る事で、大間の漁師のドラマを肌で感じる事が出来る。

 

【このプロジェクトに参加することで、こんな特典が!】

(支援金額によって変わるものもあります)

・支援金のリターンで、大間の目利きが選んだ極上のマグロが召し上がれる!

・大間マグロ以外にも、大間や青森県の海産物をオーナー最優先でご紹介!

・保管・管理は当店が責任を持って行うので、冷凍庫のスペースの心配無し!

・好きな時に、好きな量が、好きな日時に届く!

・支援者として大間マグロをサポートしているのを実感!

 


ここ大間の本マグロも、同じ種類のクロマグロ。

大間でも年々漁獲量が減っていく中、大間のマグロ漁師を取り囲む情勢も、年々厳しいものとなっています。

近年、太平洋のクロマグロが絶滅危惧種に指定され、ここ大間町でも昨年から小型の魚体の物には数量規制がかけられていましたが、今後はは更に規制が厳しくなるのでは?価格も高騰するのでは?という憶測がかなり流れております。

既に30キロ以下の魚体の漁獲制限を行っており、大間をはじめ、マグロが水揚げされる各漁協の間では頭の痛い問題になっております。

 

 

 大間マグロと言えば、数年前の初競りで1憶5千万円の値が付くなど、一攫千金のイメージや、ブランドとしての華々しいイメージを思い浮かべがちですが、一攫千金など、その年に運の良かった1人の漁師だけ。

しかも数年ほど前からは、初競りでとんでもない値段が出る事も無くなり元の相場に戻り落ち着きました。

さらに、年々マグロの水揚げ量が少なくなっていく中、燃料代や資材代の高騰、漁師同士の競争による高額の設備投資などで、大間のマグロ漁師に対する向かい風が厳しいものになっています。

しかも、マグロの漁期以外に行っている、イカ漁やタコ漁やウニ漁など、そのほとんどの漁獲量も年々減ってきているという始末。

このままでは大間の漁師、特にこれからの未来を担う若い漁師には夢も希望もありません。。。

 

大間のマグロは多い時で1日に30~40本、少なければ水揚げが0(ゼロ)の日が何日も続くこともあります。

さらに、一本釣りや小型の船のはえ縄で漁をするので、1隻あたり1日に良くて1本。
資源を守りながら漁をしていますが、その分お客様にご紹介できる量も限られてくるのです。


さらに当店では、日に何本かしか上がらない中から最高の物を、小売り用として店舗で解体→柵取り(製品)にしますので、納得のいくものが無ければ当然ですが仕入れる事はありません。。。

ですので、当店でも最悪の場合、品切れを余儀なくされる場合もありますし、ご注文の集中する12月には、取れる量の少ない大トロなどは毎年早々に品切れになります。

 

私たちは、青森県下北郡大間町にあります

「大間マグロを東京築地に卸す店 魚忠(うおちゅう)」です。

大間のマグロ漁師「魚忠船団」が命をかけて釣りあげてきた大間の本マグロを、大間漁業協同組合を通して買い付けし、東京は築地市場のみならず、全国の市場のマグロ競り場に出荷しています。

現地の大間町には直売所があり、

市場だけではなく一般のお客様にも大間の本マグロをご提供しています。

 


【大間の漁師と共に生きる】

当店は創業当初から、「大間の漁師にいかに高く還元できるか」「大間の漁師の生活をいかに安定させる事が出来るか」を考え、「大間の漁師と共に生きる」を経営理念として掲げてきました。

そして、大間マグロを取り巻く状況が厳しい中でも、大間の実店舗、ネットショップで販売を続けているうちに、少しずつですが漁師さんに貢献できるようにもなってきました。

そんな中、昨年から取り組んできたものがこちらです。

 

【今年も大間まぐろを食べて応援して頂くメンバーを募集いたします】

今回、このキャンプファイヤー限定で、大間マグロを食べて応援して頂くメンバーを募集させて頂くにあたり、ご参加して頂きやすい様に、限定セットを始め、限定特典が詰まったリターンをいくつかご用意いたしました。

そのリターンをもとに集まった支援金は、「漁師さんから少しでも高く大間マグロを仕入れるため」に使います。

例えば、1匹300,000円くらいの相場でも、マグロが良いものであれば350,000円や400,000円で仕入して少しでも漁師さんに高く還元する為に、今回支援して頂いたお金の合計と、リターンとしてお送りする為に必要なマグロの量を計算した上で、良いマグロを最大限に高く買います。

漁師さんに高く還元して仕入れたマグロは、当店で責任もって解体→200gの柵取りをし、順次仕分けをし、旨さと鮮度を保つため-60℃の専用の超冷凍庫に発送まで密閉保管いたします。

 

在庫管理も当店で徹底して行い、残り在庫に関しましては定期的にご連絡させて頂きますのでご安心ください。

12月末や1月初めの配送も承りますので、お正月に皆様で極上のまぐろをお召し上がりください。

当店で扱うマグロの希少部位や、地元でしか流通されていない様な物も、後ほど優先的にご案内していきます。

 

 【この取り組みは、このような方々にオススメ】

・大間のマグロを、産地直送で食べてみたいという方。

・大間のマグロのテレビ特番を毎回欠かさず見ている方。

・マグロが好きで、年間に数万円~の金額を使っている方。

・なかなか手に入らない大間マグロの部位を、特別に食べたい方。

・会社で毎年お歳暮や贈り物に高級食材を使っている方。

・社内のイベントや、クライアント様に向けたご提案で、マグロの解体ショーをお考えの方。

・大間のマグロを使ったイベントをしたいとお考えの飲食店様

・大間の漁師を応援したいと思っていただいた方。

 

 

 ◎全リターン共通事項

・大間の目利きが厳選した極上大間マグロ!

・美味さと鮮度を保つため、-60℃の超低温専用蔵で急速冷凍!発送まで責任をもって保管します!

・3万、5万、10万プランは、数回に分けての発送も可能です。残り在庫数をお知らせします。

・専用の解凍方法を、分かりやすく記載したリーフレット付き!

・大間をはじめ青森県の希少な海産物などの情報を優先的にご紹介!

◎全リターン共通の注意事項

・募集締め切り後すぐに、配送依頼のフォームをメールで送りますので、そちらから配送依頼をお願いします。

 

☆★☆今までのの事例☆★☆

場所:霞が関 新橋チャーハン王肉BAR

来客数:35名

使用したマグロ:5万円・3万円、各1口分(旧プラン大3・中10・赤6)

  

 当店から青森県の地酒を持参して山本が出向き、刺身・盛り付けのパフォーマンスを行いました。

また、サービスで持ち込みさせて頂いた大間マグロのカマも、カマ焼きにして出していただき、皆様に喜んでいただきました。

飲食店・社内イベント限定の100,000円プランのリターンとして、この様なサービスを提供することが出来ます。

 

 

 今までになかった新しい試みですが、実現して来年も再来年も続けていければ、漁師さんにとっても、私達にとっても、マグロを美味しく召し上がってくれるみなさまにとっても、とても幸せなことだと思います。

命をかけて釣り上げてくるのを心待ちにしてくれている皆さまがいるので、まさにあなたのために釣り上げて来ると言っても過言ではありません。

資源を守りながら海の男のロマンを体現している大間のマグロ漁師。

是非この取り組みにご参加頂き、美味しいマグロを召し上がって幸せな気持ちになりつつ、大間の漁師を応援・サポートして下さい。

宜しくお願いいたします。

 


【補足】前回の問題点(頂いたお客様の声)と、その解決策

①発送が遅い

A・昨年度は8月発送という設定でしたが、夏場はやはり脂の薄いマグロが多く、なかなか納得のいく魚がありませんでした。
今年度は少し余裕を持たせて頂いて、9月頃から発送受付開始とさせていただきました。自然に左右されるものですので前後する場合もあります。何卒ご了承ください。

 ②フォームが分かりづらい

A・昨年度は初めての試みと言う事で、試行錯誤の部分や、想定外のトラブルも多く、みなさまにはご迷惑をおかけしました。
今シーズンは、もっと分かりやすくシンプルな形にして、簡単に申し込めるようにしております。

③電話でも申し込めるのか?

A・大変申し訳ございませんが、お電話でのお申し込みは今回は控えさせて頂いております。少ないスタッフで効率良く運営して行く為、
連絡はメール中心とさせて頂いております。
お申し込みの際にも、必ず連絡の取れるメールアドレスでお申し込み下さい。

  

当店代表 新田からごあいさつ

 

今回のこの取り組みをご覧いただき、誠にありがとうございます。

大間マグロを東京築地に卸す店 魚忠の新田と申します。

昨年から始めたこの取り組み、「どうせすぐダメになる」などと言われ続けましたが、各スタッフの努力もあり、何とか今年度も開催する事が出来ました。

また、昨年度お申し込み頂いた、既存の参加者の皆様、至らない点が多々ございました事、この場を借りてお詫び申し上げます。

しかしながらこの取り組み、今年でまだ2回目、参加者数も350人ほどです。

これから皆様が快適にご利用いただけるような取り組みに成長させる為、スタッフ一丸となって取り組んでまいりますので、もうしばらく温かい目で見守って頂ければ幸いです。

大間の漁師の雄姿・生きざま・日常などに触れて頂き、実際に大間の漁師を応援している一体感を感じながら、リターン到着時には極上のマグロを召し上がって幸せな気持ちになって頂ければと思います。

第二回目の今年度は、前回を上回る取り組みにしてまいりますので、今年度もどうぞ宜しくお願いいたします。

 株式会社 魚忠 代表取締役 新田忠明

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください