はじめまして
sakura2company です
  • 兵庫県 / 
初めてのプロジェクト

さくらさくらカンパニーは総合エンタティメントの提供を目指します。
今まで世間にあふれている、「当たり前の舞台」「当たり前の発表会」「当たり前のイベント」……
そういう「当たり前」を一新し、さらに精度を極めた「エンターティメント」にしていきたい。
そんな声から、さくらさくらカンパニーは発足しました。
既定に捉われず、常に新しい可能性に目を向けて、あらゆる芸術をクリエイトしていく。
「やりたい」人も、「見たい」人も、妥協することなく楽しめるクオリティの高さを求め、創造活動をサポートします。
さくらさくらカンパニーでは舞台・イベントごとに出演者をオーディションで選ぶユニット形式でのステージングを行っております。

さくらさくらカンパニーは2019年まで7年連続で、新選組のふるさと日野で公演を行ってきました。 コロナ禍になり上演が難しい2年を過ごしましたが、歴史を過去のものでは無くその中で生きた人々の繋がりや想いを伝えるために、2022年は日野とカンパニー本拠地の関西での公演を目指しています。

はじめに・ご挨拶

さくささくらカンパニーは2003年に結成されたエンターテイメント集団です(現拠点:兵庫県)
ミュージカルから時代劇まで、ジャンルにとらわれない妥協のない質の高いパフォーマンス創造をモットーに掲げ、これまで様々な舞台表現に取り組んでまいりました。

中でも歴史的事実を深く掘り下げ、その生き様や命の尊さをテーマとした「歴史モノローグシリーズ」は、ガラス細工のような舞台と表現されるほど緻密で芸術性の高い作品となっております。


結成1作目から新選組を取り扱った「さくらのごとく」シリーズを上演し、ご好評により以後何度も再演を重ねております。

特に2006年にはNewYork国際芸術祭への参加を果たし、エンターテイメントの本場であるブロードウェイにて「さくらのごとく~新選組桜真説~」を上演。新選組と武士道の精神は多くのニューヨークの人々の心を動かし、参加200団体の中から注目を浴び審査員特別賞を受賞しました。

その後は、毎年定期的に本公演やショーイベント・ボランティア公演、子どもミュージカルのプロデュースなど活動の場を広め、中でも2013年からは新選組の故郷である日野市において、5月に開催されるひの新選組まつりとのコラボ企画として、毎年舞台上演・路上でのパフォーマンスを行ってまいりました。

コロナ禍で2年間この企画を中止せざるを得なくなり、再活動のためには一から活動の指針を練り直す必要があります。何よりも運営し続けるための資金が底をつき、このままでは多くのファンの皆様と繋いできたこの活動を継続することが不可能になってしまいます。

われわれカンパニーの最も大きな柱となるこの活動を、ぜひ皆様のお力で再開できますよう、どうぞお力添えをお願いいたします。


このプロジェクトで実現したいこと

コロナ禍で2年連続中止となったひの新選組まつりは、2022年どのような形になるかまだ分かりません。しかし、まつりに集まる多くの方々を再び笑顔にしたい、日本の東西での歴史をつないで多くの方々に知ってもらいたい、未来へ継承したいという思いは日を追うごとに強まっています。

さくらさくらカンパニーでは今年、まつりの形がどのようなものであろうと自主的に舞台上演を行い、日野の街に全国から集まる明るい笑顔と元気を取り戻す力になりたいと考えています。そして、改めて多くの方に先人たちが紡いでくれた歴史が示す「生き方」や「志」を知っていただき、明日への元気に繋げて頂きたいと考えます。

プロジェクトをやろうと思った理由

関西から東京に遠征するにあたっては、多くのハードルがあります。舞台を上演するにあたってかかる費用はもちろんのことですが、関西を拠点にする我々が関東において観客を動員することはとても難しく、またコロナ対策での客席数の制限に加え、実際に芝居を観に行くことへの抵抗感もまだまだ存在するでしょう。

それでもこのプロジェクトを立ち上げたのには様々な思いがあります。我々は関西の小さな団体ではありますが、過去7年間に渡り積み上げてきた繋がりで、日野市をはじめ東京都の皆様はいつも私たちを温かく迎えてくださいました。関係者の方々はもちろん沿道に集う沢山の方からも笑顔や拍手をたくさんいただき、大きな力や喜びを得ることができました。

日本全国から集まる皆様との温かく強い繋がりを是非今年は実現させていただきたいのです。
そして今度は私たちが元気を届け、皆様にご恩返しがしたいのです。


これまでの活動

2013年5月  「北天幻桜~土方日想野夢 ~」

2014年5月  「笑運★幕末グラフィティ新鮮組!

2015年5月  「時代楽劇 ASAGI」

2016年5月  「NOSADA~ようこそ池田屋へ~ 」

2017年5月  「新選紀IVA!」

2018年5月  「ヒストリックレビュウ ISHIN! 」

2019年5月  「deja vu ~碧血の夢~」

2020年5月   公演中止

2021年5月   公演中止

いずれも 土曜日2回公演、日曜日路上パフォーマンスを実施

資金の使い道

舞台芸術は日々進化しています。私たちはその進化の一つとして「殺陣・ダンス・歌」だけでなく、「アニメーション」「映像」など近年注目されるエンターテイメント的舞台の手法を用いて、より臨場感のある舞台を作り上げたいと思っています。

舞台を上演するにあたってかかる費用(ホールレンタル、施設設備使用料、スタッフ人件費)、舞台美術、衣装代はもちろんのこと、上記のような新しい手法を用いるための諸経費、関西から東京都に遠征のための宿泊費・交通費等も自己負担となり、個人的な負担は大変大きいです。

またコロナウイルスの蔓延で遠のいたお客様に少しでも多く舞台をご覧いただくために、できる限り質の高い配信映像も可能にしたいと考えています。

■プロジェクト実施にかかる費用

ホール代・ホール設備代        150,000円
照明・音響・映像スタッフ人件費    300,000円
稽古場代               100,000円
宿泊費・交通費補助          300,000円
撮影機材代・人件費           50,000円  
その他(送料・リターン制作費・印刷代)  50,000円 
CAMPFIRE手数料にも使用されます

★これらの資金の一部(主にホール代・ホール設備費・人件費・宿泊費・交通費)に充てさせていただきます。

リターンについて

関東・関西いずれかの公演チケット付きプラン各種と、チケットなしのプラン等各種ございます。

・公演チケット付きプランについては、当日受付にてのお渡しとなります。
・公演DVDは上演後に編集・作成いたしますので後日お渡しとなります。


実施スケジュール(公演詳細は順次更新します)

2月 キャスト顔合わせ・稽古スタート

4月 日野市と東京都内にて打ち合わせ、広報のための日野市内回り

チケット発売日 3月1日頃

◆◆日野公演本番 (日野市・ひの煉瓦ホール)◆◆
※エル・プロダクツとの合同公演です
  チケット料金 2,000円(2公演通しチケット)
 5月13日(金) 18:00~19:10 エル・プロダクツ  「作品名未定」
       19:20~20:30 さくらさくらカンパニー  「MUGEN~ムゲン~」(仮称) 
 5月14日(土) 12:00~13:10 エル・プロダクツ  「作品名未定」
       13:20~14:30 さくらさくらカンパニー  「MUGEN~ムゲン~」(仮称) 

 ◆◆関西公演本番  (伊丹市 AI・HALL)◆◆
  チケット料金3,500円
 6月18日(土) 14:00~/18:00~   2回公演  「MUGEN~ムゲン~」(仮称) 
    19日(日) 14:00~        1回公演  「MUGEN~ムゲン~」(仮称) 

 ※今後の感染症流行の様子次第では、公演日程等に変更がでる可能性もございます。

最後に

「舞台演劇」や「ミュージカル」が好きな方々、我々の想いに共鳴してください。
「歴史」「殺陣」「時代劇」「幕末」「新選組」のお好きな方々、
人と人の心をつなぐ大切さを知る皆様だからこそ、先人たちの想いを故郷へ届けるために
私たちを東京へ行かせてください!

さくらさくらカンパニーは自分たち自身も歴史大好きな人間が集まっています。

先人たちの想いを知ることで人はつながり、「歴史」が心を豊かにしてくれます。歴史がもつ魅力をもっと身近に感じて、さらに多くの方々とつながっていけるようにこれからも活動を続け、新選組の舞台となる京都、日野のみならず、いずれは新選組終焉の地となった函館でも上演できるよう、力一杯精進してまいります!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


※今後の感染症流行の様子次第では、公演に変更等が発生する可能性もございます。可能な限り現状のスケジュール通り行えるよう善処いたしますが、変更となる可能性も視野に入れていただいた上でのご支援を宜しくお願い致します。


※使用した画像・動画はさくらさくらカンパニーより掲載権得て使用しております。

さくらさくらカンパニー公式ホームページ
  • 2022/03/29 22:43

    おみつ姉さんを迎えた本日の動画は、総司が姉さんの前だからって調子に乗って妙に能弁になっておりますよ。クラファンもあと二日。まだまだ頑張ります!いつもご覧いただいてありがとうございます。

  • 2022/03/28 20:57

    さくらさくらカンパニー初のクラウドファンディングも、残り三日となりました。支援してくれる人が現れるだろうか・・という不安とともに始まったプロジェクトでしたが、嬉しい支援の心が集まってます。地元関西の方々、公演先である関東の方々、そしてなんとニューヨークからも・・・。これまでメンバーが築いてきた...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください