地方創生会議 in 福岡!! 和歌山に続く地方創生の波を九州から起こしたい!!

現在の支援総額
¥99,000
パトロン数
27人
募集終了まで残り
6日

現在66%/ 目標金額150,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2017/12/17 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

和歌山で開催され大盛況だった『地方創生会議』。その熱を九州からも伝えたい!! 今回は、福岡の大学生を中心としたNPO法人学生ネットワークWANが主催です。 『地方創生会議』の創設者小幡和輝氏の全面サポートのもと、地方に関わる各業種のトップランナーをお呼びしたトークセッションを開催します!!

 

▼はじめにご挨拶

今年の6月に和歌山で開催され大きな話題を呼んだ『地方創生会議』

>全国から高野山におよそ300人 地方創生会議がすごかった
https://news.yahoo.co.jp/byline/horijun/20170611-00071965/

 

私、浅田悠紀寛(九州大学経済学部4年)はその『地方創生会議』に参加し、そこで衝撃を受けました。。。

 

地方創生会議の創設者、小幡和輝さんは僕と同い年の22歳。
(↓左:小幡和輝さん、 右:僕です)

 

全国から著名なパネラーさんと地方が大好きな参加者の皆さんが本当にイキイキと交流を深めている様子をみて、

『小幡さん、すげぇ。』

と心から感服しました。自分自身もこの地方創生会議に参加できたことに強い喜びを感じるとともに、どこか遠巻きに見ている部分もありました。

 

”小幡さんのように『すごい人』が作った、地方創生会議という『すごい場所』”

 

しかし福岡に戻ってきたとき、ふとこんなことを考えました。

 

『僕らにもできるんじゃないか。』

『九州でできない理由はないんじゃないか。』

 

と。

 

そう思ってから約半年。いよいよその想いが形になりつつあります。

僕が所属しているNPO法人学生ネットワークWANでは、『学生の力で地方にキッカケを作る』をテーマに、全国19地域(佐賀県伊万里市、熊本県天草市、沖縄県宮古島市、和歌山県白浜町、北海道美瑛町など)の情報発信やコンテンツ開発を支援しています。

WAN公式ホームページ:
http://kg-wan.net/

▼『地方創生会議 in 福岡』で実現したいこと

今回の「地方創生会議 in 福岡」では4つのキーワードを用意しています。

『シェアエコ』 『複業』 『女性活躍』 『ICT』

 

どのワードも地方創生に関わるキーワードとして、ニュースなどでよく聞きますよね。

 

でも僕たちは、それら4つのキーワードを『組み合わせ』なければ意味がないと思っています。地方で実際の問題に日々向き合っている僕たちは、『組み合わせ』がなければ地方は「死んでいく」と日々実感しています。

 

今回の『地方創生会議 in 福岡』では『シェアエコ』 『複業』 『女性活躍』 『ICT』の4つの業界トップランナーの皆さんをパネラーとしてお呼びしています。パネラー同士の異業種間、パネラー×参加者、参加者同士など、縦横様々な『シナジー』を生み出し、次のプロジェクトの第一歩にすること、それこそが『地方創生会議 in 福岡』で僕たちが実現したいことです。

 

▼『地方創生会議 in 福岡』の企画概要

日時:2017年12月16日(土)10:30~16:30

場所:九州大学箱崎キャンパス文科系講義室

参加費:学生3000円、社会人5000円

【コンテンツ】

主催:NPO法人学生ネットワークWAN

共催:ビジップ株式会社

協力:地方創生会議運営事務局、九州シェアリングエコノミー推進協会、九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)、福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)天草IoTイニシアティブ一般社団法人シェアリングエコノミー協会

協賛:株式会社三好不動産ナレッジネットワーク株式会社一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会一般財団法人ネットショップ能力認定機構株式会社skyer

後援:RKB毎日放送株式会社、福岡市、明星和楽

タイムテーブル(変更になる場合がございます。)

10:30~11:00(30分)  はじめの挨拶&開催趣旨説明
11:00〜12:00(60分)  セッション1 「シェアエコで創造する地方発次世代事業」
12:10~13:10(60分)  セッション2 「パラレルワークでふるさと貢献する働き方」
13:20~14:20(60分)  セッション3 「女性が活躍する地域社会」
14:30~15:30(60分)  セッション4 「ICTを活用した地方創生事例のご紹介」
15:30~15:45(15分)  ライトニングトーク
15:45~16:15(30分)  参加者同士の交流会
    16:30     完全退室

テーマ:場所にとらわれない働き方

シェアリングエコノミー×地方創生

大津山訓男 アットマークベンチャー 代表
https://sites.google.com/a/venture.jp/home2010/

真鍋貴臣 無双地図株式会社 代表
http://musouchizu.jp/

大堂良太 九大生向け学生寮、熱風寮「糸(ito)」運営者
http://yoka-gotsu.co.jp/

複業×地方創生

石丸修平 福岡地域戦略推進協議会(FDC) 事務局長
http://www.fukuoka-dc.jpn.com/

中村龍太 サイボウズ株式会社
https://entrenet.jp/magazine/6575/

北尾洋二 下関市唐戸商店街の創業支援カフェ「KARASTA.」代表
http://www.tmr-inc.jp/

女性活躍×地方創生

松田美幸 公立大学法人福岡女子大学学長 特別補佐
http://miyukimatsuda.com/

石山アンジュ 一般社団法人シェアリングエコノミー協会事務局 渉外部長
https://libinc.jp/workstyle/real_woman_interview/1826

中村路子 合同会社visionAreal 共同代表
https://nakamura-michico.themedia.jp/

ICT×地方創生

森本登志男 佐賀県 最高情報統括監(CIO)

野間英樹 天草IoTイニシアティブ 発起人
http://iot-initiative.com/

石川麻衣子 Kids Code Club 代表
http://kidscodeclub.jp/

▼資金の使い道

イベント運営に関わる費用に使用します。

▼リターンについて

地方創生会議に参加できる権利はもちろん、一緒に企画側でご参加いただけるリターンをご用意しています。

地方創生のプラットフォームとして開催されている「地方創生会議」を福岡で開催することで、地方創生のムーブメントをさらに起こしていきたい。

そのためのチャレンジです。ぜひ、応援いただけると嬉しいです。

地方創生会議 in 福岡 公式サイト
https://peraichi.com/landing_pages/view/chihososeikaigi-fukuoka