※3月1日追記

【目標金額達成のお礼】

皆さんのおかげで目標の50万円を達成することができました!

ありがとうございます。

ご支援いただいた資金は大切に使わせていただきます。

クラウドファンディング終了までにはまだ時間がありますので、今後はネクストゴールにチャレンジさせていただきます。

ネクストゴールは100万円です!

せっかくいただいたこの機会、最後まで挑戦したいと思います。

よろしくお願いいたします!

数あるプロジェクトの中から、本プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

はじめまして!
神奈川県横浜市で(株)横浜G L I T T E Rの専務取締役を務める樽川めぐみです。

弊社ではハウスクリーニング専門店の『キラッとハウス』と、『JapanCleanigSchool』という清掃のセミナー事業を展開しています。
スタッフや友だち、SNSのフォロワーさんに「めぐみ専務」と呼ばれています!

10歳の時に遭った阪神淡路大震災から親の会社の倒産、夜逃げ、結婚、出産、離婚…と20年近く波乱万丈な人生を歩んできましたが、30歳で清掃というこのすばらしい仕事と出会ってから人生が開花しました。

時給890円の清掃会社でパート勤務の月収10万円だった時代から、女職人として独立開業した月に月収30万円の達成、そして夫のハウスクリーニング店を手伝い売り上げ3.8倍増に成長させて専務取締役に就任。

横浜で本気の清掃を提供します

清掃業界で一歩ずつ前に進んできた私のサクセスストーリーを

「金なし、コネなし、バツイチ子持ちが月100万稼ぐまで」(仮)

という書籍にします!

清掃業だけではなく、自分が望んでいない環境や苦境の中で生きていく方が幸せを手に入れるための虎の巻になればと思っています。


小学校4年生の終わりのとある日の朝、「ゴォーーーー!!!」というものすごい音と、激しい揺れでしばらく立つこともできず、弟と妹と布団の中でじっと隠れていました。

しばらくしてからテレビをつけると、道路が分断されて街中から煙が上がる悲惨な光景を目にして、あまりにも急なできごとに信じられず、ただ涙を流して見ていました。

1995年1月17日、阪神淡路大震災の日の朝のことです。

あの日から突然、私の悲劇の人生が始まりました。

両親は建設業を営んでいて、物心ついた頃から新築のタワーマンションに家族5人で住み、何不自由のない暮らしをしていました。

1歳年下の弟と幼稚園の頃それが震災から1ヶ月経った頃、父親の「来週、東京に引っ越すぞ」で、一家5人とペットのうさぎ・ピーターと愛犬・マックで大阪を去ることになります。

慣れ親しんだ大阪の街、おばあちゃん、親戚、友だち…。
大好きなものとの急な別れが辛すぎて、毎晩、家族にバレないように、息を潜めて静かに泣いていました。

車の中で何日も寝泊まりをして、何とか東京に着いたのです。
それが「夜逃げ」だったと知らされたのは、中学生になってからでした。

その後も関東の各地を転々としながらの10代は、慣れない暮らしに友だちもできず、転校するたびにいじめられたり仲間外れにされいつも孤立していました。

「なぜ私だけがこんな思いをしなければならないのだろう。もういっそのこと死んでしまおう」。

自暴自棄の真っ暗な毎日でした。

早く自立したい思いから22歳で1度目の結婚しましたが、これもリーマンショックの影響で経済苦がしばらく続いたのです。

そんな私が清掃の仕事と出会ってから少しずつ人生が明るくなりました。

掃除道具や洗剤が大好きで日々研究しています30歳の時、家計を支えるために清掃会社でパートの仕事を始めました。
しかし、時給は890円。
5歳の娘の育児をしながら限られた時間のパート勤務では月に10万円程度にしかなりません。
繁忙期には箸が持てないほどクタクタになって、帰宅をしてからの家事。

職場の人間関係の悩みもあり「いつ辞めよう」と思っていたある日のこと。
とあるお客さまの家の掃除が終わった後に、「こんなにキレイにしてくれてありがとう」と涙ながらに言われた時に、疲れが一気に吹き飛び、自分の方が泣きそうになりました。

「掃除をして人に感謝されてお金をもらえるなんて、なんてすばらしいんだろう」と、清掃の仕事にはじめて魅力を感じてから、「もっとお客さんを喜ばせたい」という気持ちは次第に強くなり、汚れを落とすことに没頭していきました。

2014年に書いていたお掃除ブログより

ですが、清掃の難しいところは、一筋縄では汚れは落ちないこと。

「マニュアル通りにやってるのに、なぜこの汚れが落とせないんだ?!」。

その答えを求めて会社中の人に聞いても、会社のトップすらも何も知らない。
悶々としながらネットで調べていくうちに、信じられないくらい掃除に対するマニアックなブログを見つけてしまったのです。

そのブログが、現在の会社の社長であり、夫の樽川一輝(たるかわかずき)が書いていた「かずき店長のブログ。」でした。

ブログからひしひしと伝わってくる掃除に対する熱い思いと、「日本一の掃除屋になる」という意識の高さ。
そしてNIKEのジョーダンを履きこなすお洒落なファッションや作業着に、一気にハマってしまいます。

2014年のかずき店長のブログより

清掃の腕をもっと上げたい。

仕事の合間に過去3年間の記事を全て読んだら、いてもたってもいられなくなり「弟子入りさせてください!」と思わずメールをしたのが出会いのきっかけでした。

彼が私にとって人生を変える1人目のメンターとなります。

早速、面接をしてくれることになり、その時に今まで溜め込んでた思いをぶちまけました。
落としたくても落とせない汚れがあること、清掃のプロになりたいこと、現在の会社に対する愚痴や不満まで、堰を切るように話しました。

ところが、今まで頑張ってきた努力を認めてもらえるだろうと思っていたのに、
「環境のせいにするんじゃない。今の職場でできることはたくさんあるはずだから、最後までちゃんとやりきりなさい」と説教されました(笑)。

喝を入れてもらってヤル気スイッチが入った私は、大手清掃会社を退職して独立開業。
働いた日数はパート社員時代のたったの半分で、初月に30万円の売り上げを達成することができました。

かずき店長の弟子として清掃現場で作業を教わっていくと、目から鱗の技術に毎日が驚きの連続で、職人としてさらに清掃の仕事にのめり込んでいきました。

「めぐみ専務のお掃除人生」ブログより

2人目のメンターは、羽田空港を世界で最も清潔な空港に導いたといわれる新津春子さんです。

パート勤務時代にたまたま見かけた掃除番組で新津さんを知りました。
ご自身の大変な半生の中で、女性でありながらも清掃業で偉業を成し遂げているその姿に感銘を受け、「いつか必ず新津さんのように、しっかりと清掃の技術を身につけて立派な女職人になる」とテレビに向かって誓ったものです。

そして2020年11月に、憧れのご本人と直接お会いする機会に恵まれました。
この出会いは自分の人生の中でも一生忘れることのないすばらしい出来事となりました。

憧れの新津春子さんにいただきました!


師匠のかずき店長と結婚した後に、『キラッとハウス』の一員となり6年が経ちました。

売り上げは当初の3.8倍増となり、2020年には念願だった法人化(株式会社横浜GLITTER)と店舗を構えることができました。

お店の様子2021年9月には私自身も専務取締役に就任し、従業員も6人に増えて、毎日にぎやかに営業しています。

2021年1月に行った床の補修の社内研修の様子

セミナー事業の『JapanCleaningSchool』では、「清掃業の発展からいつまでも綺麗な日本を」をビジョンとして掲げ、現役の清掃職人を講師として、清掃作業のノウハウの講座やセミナーを開催。
また、オンラインを導入したサロンの運営やコンサルティングで、清掃方法の共有や指導を行っています。
私自身もコンサルタントとして、独立開業した個人事業主のサポートをしています。


波乱万丈な自身の人生を通して、「金なし、コネなし、バツイチ子持ちの女性」がなぜ独立した初月で30万円の売上を達成することができたのか?
女職人という枠を超えて会社を組織化することに成功したのか?
を書籍にすることにしました。

今の私がいるのは、まちがいなくメンターの存在と、辛い時に家族や仲間が支えてくれたから。
体験を書籍として残すことで、お世話になった方たちへ恩返しをしたい。
そして、自分の力ではどうしようもできない不遇な境遇に遭ったとしても、自分次第で人生は大きく開けるのだということを、一人でも多くの人に伝えていきたいと思うのです。

■どのように孤独と向き合って逆境を糧にしてきたのか?
■なぜ清掃という映えない業種で独立しようと思ったのか?
■清掃は実際に稼げるのか?
■清掃業界のインフルエンサーを目指した理由とは?
■師匠との結婚生活、夫婦経営はどんな感じなのか?
■「作業車婚」って?
■今後はどんな方向に向かっていくのか?

など、普段SNSで書けないようなことも赤裸々に書いていくつもりです。

今の私には、昔と違って一生食いっぱぐれない自信があります!笑
それは「清掃」という仕事が、現代社会にとってなくてはならないものに大きく成長をしているからです。

カ政府公認のプロのクリーニング技術認定をしている機関IICRCにてアメリカ政府公認のプロのクリーニング技術認定をしている機関IICRCにて

アメリカの清掃の展示会「ISSA」にも行きました!

まだまだ男性主流の業界ですが、清掃自体は女性との相性がとても良い仕事。
インターネットを利用して体力を使わずにできる仕事がある中で、あえて体を使う清掃業の仕事をやってみると、多くの人を魅了していきます。

「あれ、こんなに清掃って楽しかったっけ」。

清掃未経験の従業員も、うちの会社に入ると口を揃えて言います。
それは清掃自体が一種の修行に似ていて、汚いところをきれいにする作業の中に、自己の鍛錬と併せて、他者を思いやる慈悲の心が必要だからです。

誰もが一度はやったことがある苦手な掃除。
億劫な掃除。
だけど掃除を職業とした時に感じる、清掃業のすばらしさや楽しさも、この書籍を通して知っていただけるきっかけになって欲しいです。

2022年8月の書籍出版を目指します!

タイトルは変更になる可能性がありますSNSも活用!
「めぐみ専務」の愛称で清掃業界のインフルエンサーを目指して活動中です。
お掃除アドバイザーとしてライターの仕事を手がけることもあります。

youtubeで【たるめぐチャンネル 掃除も家事も『ラクおわ』】を定期的に配信しています!


Twitter【1日1ツイ挑戦中!樽川めぐみ
facebook【樽川めぐみ
instagram【樽川めぐみ


【資金の使い道】

ご支援いただいた資金につきましては、書籍・電子書籍『金なしコネなしバツいち子持ちが月100万稼ぐまで』の出版費用として大切に使わせていただきます。

■『金なしコネなしバツいち子持ちが月100万稼ぐまで』 出版費用
■CAMPFIRE手数料等クラウドファンディング経費

【実施スケジュール】

2022年3月 クラウドファンディング終了
2022年5月 書籍以外の準備が整ったリターンの手配実施
2022年8月 書籍・電子書籍の出版、リターン発送


■書籍(お礼のメッセージ付き) 2500円
■電子書籍(お礼のメッセージ付き) 1500円
■清掃業として独立したい人向け相談(1回60分・日程調整) 10000円
■掃除業者様向け洗浄と洗剤のオンライン講座(1回2~3時間・日程調整) 25000円
■個人スポンサー 3000円

他にも魅力的なリターンを各種取り揃えています。
詳しくはリターン一覧をご覧ください。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

私は10代の頃、生きている価値のある人と、価値のない人がいるとしたら、自分は生きている「価値のない人」だとずっと思って過ごしてきました。

最低の自己肯定感からスタートして、今は他者に尽くすことに喜びを感じながら、家族、仲間、友だち、ビジネスパートナーなど、最高に大好き人たちに囲まれて充実した毎日過ごすことができています。

そんな自分になれたのは、「つまんねーな」「辞めたいな」と思う仕事であっても、その環境の中で自分にできることを100%やってみる。

仕事の面白さを自ら見つけようとする。

その気持ちを持ってチャレンジし続けたからです。

ですが最悪な環境の中で高い意識を継続することは並大抵のことではありません。
だからこそ、私が苦境の中で実践してきた、生き方や周りの環境さえも変えてしまう、高い意識を継続するための「小さなコツ」の数々をぜひ読んでみてほしいのです。

どうぞみなさま、応援をよろしくお願いします!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/08/19 09:47

    樽川めぐみです。本日、38歳の誕生日を迎えました!当初、本日の出版に向けて動いていましたが、時間的にどうしても間に合わなくて、また最後まで丁寧に原稿を書き上げたくて、出版日を9月19日の予定にしました。原稿は既に書き上がっていて、今最後の修正に入っています。お待たせしていますが、楽しみにお待ち...

  • 2022/04/06 22:03

    こんばんは、樽川めぐみです。「金なしコネなしバツイチ子持ちが月100万稼ぐまで(仮)」のクラウドファンディングが3月31日に終了しました。35名の方にご支援頂き、1,106,890円の資金を集めることができました!ネクストゴールとして設定していた、100万円を見事達成することができたのは、お1...

  • 2022/03/21 11:40

    こんにちは、樽川めぐみです。「金なしコネなしバツイチ子持ちが月100万稼ぐまで(仮)のクラウドファンディングも残り10日となりました^^皆さんのご支援のお陰で、クラファン開始3日目で50万円を達成して、今はネクストゴールの100万円を目指しています!!!ネクストゴールまで残り43,610円とな...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください