イノベーティブ都市、福井県鯖江(さばえ)市にある5LDK、立地最高、セルフリノベOKな古民家を、フリーランス(志望)の第二拠点として、仕事に集中するためにこもったり、フリーランス同士の交流によって、友人ができるだけでなくネットワークができる、今海外でも話題の【コリビング】へと生まれ変わらせたい

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

1年半ほど前に東京から福井県鯖江市(さばえし)に移住、今年2017年の夏から秋にかけて、空き家だった5LDKの古民家「コタツ」を借りて、福井県初となるフリーランス養成合宿をしていた、フリーランスの井元と申します。(福井新聞にも取り上げていただきました。)

 

フリーランス養成合宿の様子

 
「Co-living(コリビング)」とは何なのか

今、アメリカやイギリス、欧米などで流行している、リビングがコワーキングスペースとして使われ、時には「短期的な宿泊施設」の機能もある場所を言います。

 

コリビングの利用者は、主に起業家や、アーテイスト、クリエイターなどが多く、特にフリーランスは集中して仕事をすることができ、効率よく仕事もはかどります。

また様々な業種の人との繋がりができ、人脈が広がります。そうする事で、仕事の幅も広がったり、今まで知り合えなかった人との出会いがあるのも、大きな魅力なのがコリビングです。

 

リビングで、それぞれが作業をしたり、話したり。

 

実際にフリーランス養成合宿をやってて痛烈に感じたことは、集まって作業をしたり、話をしたり、交流をすることで、セレンディピティ(偶然を起こす能力偶然をきっかけに思いがけない発見をすること)が何度も起こり、新しいアイデアが生まれました。

 

今はなんでもオンラインで完結してしまうからこそ、改めてこういった集まる場所の重要性を感じます。

実際にフリーランス養成合宿が終わったら、熱が冷めてしまって、あのときの情熱がなくなってしまったという話も聞きます。

 

一緒に頑張れる仲間がいるかどうかはモチベーションに大きく影響し、それが売上にもつながってきます。

オンラインが充実してきたとは言っても、やはりリアルな場所にはまだ勝てないのです。

 

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由
新旧の良いとこ取り

「コタツ」は、昔ならではの懐かしい、おばあちゃんの家に帰ってきたみたい、と来てくれた人によく言われます。


「コタツ」の1室(寝室)

昔ならではの良いものは残して、今、海外で話題のコリビングに、


・今、海外で話題のコリビング→新
・昔の日本ならではの大きい古民家→旧


古民家「コタツ」を、新旧掛け合わせた良いところどりをしたフリーランスの拠点にしたいのです。
*ゆくゆくは独立してフリーランスの方も対象です。

 

東京にはコワーキングスペースや、一部ではコリビングがすでにありますが、

この新旧の組み合わせは、日本でも世界でも他にないんじゃないかと思います。


「コタツ」のリビング

 
最低月50万以上を目指すフリーランスの拠点へ

「コタツ」はフリーランスのための拠点という話をしました。もっと具体的なコンセプトを言うと、今、フリーランスの人もこれからなりたいと思ってる人も、最低月50万以上の収入を超える意欲がある人に来てもらいたいと思っています。

 

フリーランスは、自由が最高!とよく言われますが、現実問題、お金の問題が後を絶ちません。色んな人を見てきましたが、フリーランス1本で十分やっていけるという人は正直少ないです。ただ、それはやり方を知らなかったり、自己流でやってる場合が多いです。

 

なので、「個」の力だけでは達成できないことも、知恵やノウハウを出し合い、みんなで達成していってほしいのです。そのためには、集まる場所が必要です。

 

逆に、お金の問題さえ解決してしまえば、一人ひとりにとって理想のライフスタイルを送れるようになると思うのです。

 

僕自身、身体が弱く、長く働けない、ストレスを抱え込めない事情から、

 

每日4時間だけ、好きなときに、好きな場所で、好きな人と、好きなことを仕事にして暮らしていくライフスタイルを選ぶことができるようになりました。

 

僕は身体が弱いからという理由ですが、育児、結婚、介護、精神的な問題など、長く働けない、家でしか働けない事情がある人は世の中に少なくありません。

 

そんな人でも、快適に生きていけるライフスタイルを選べるようになってほしいという思いがあります。

 

もちろん、身体が元気な人、仕事が大好きな人はバリバリ働いて稼ぎまくって、どんどん世の中に価値を生み出して欲しいです。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと
・「コタツ」を継続して使ってもらいたい

地方は空き家問題で深刻です。「コタツ」は元々、空き家でした。最初は何もなくて、ホコリだらけ。

生活に必要な冷蔵庫、洗濯機、食器類、布団、扇風機、などをはじめとした生活必需品を搬入したり、周囲の友人に大掃除を手伝ってもらうことで、住める家として空き家を今年の春に再生させました。

 

5LDKの家に一人で住むのも、心もとなかったので、今夏、フリーランス養成合宿を開催することにしました。東京ならまだしも、こんな場所に、内心集まるのかなとドキドキしましたが、蓋を開けてみると30人以上の方に参加していただき、フリーランス養成合宿の成功は「コタツ」なしにはありえませんでした。

フリーランス養成合宿中に外国人もたくさん来ました!

 

アジア各国からのホームステイ

 

そんな大活躍だった「コタツ」ですが、管理人である私が2017年12月から、フリーランスとしてのステップアップのため、2年間イギリスへ行きます。

 

そうすると、また空き家になってしまいます。ここをなんとか継続して使ってもらうためにも、「コタツ」をもっと使いやすく、そして交流が生まれる場所へ、フリーランスの拠点として、コリビングに生まれ変わります。(管理人は福井を拠点として持っているフリーランス養成合宿参加者にやっていただきます。)

 

しかし、古民家がゆえに断熱性がなく、エアコンもないのです。フリーランスの強みは、平日も休日もあまり関係なく、季節問わず移動がしやすいところで、1年中快適に過ごせる環境が必要です。

 

フリーランス養成合宿中にも真夏日を過ごしたのですが、扇風機だけで真夏を乗り越えました。1人1台使っていましたが、それでも真夏は本当に暑かったんです。エアコンが効いてる近くの施設へ避難したりと工夫しましたが、「コタツ」自体はコリビングとして、集中して仕事ができるとは言い難い環境でした。

 

今これを書いてるのもまだ12月前で、かなり寒くて、春と秋は快適に過ごせますが、夏と冬は厳しいです。

 

そこで、集中して仕事をすることができ、交流が生まれる場所へするためにも、新しく生まれ変わるコリビングを使ってくれるメンバーをたくさん巻き込み、そして一緒に、「コタツ」を快適にするための本格的なエアコンを導入したいのです。

 

そのための費用が約45万円かかります。

 

見積もりも出しました。

 

エアコンとその他もろもろの諸費用

これに2年分の賃料と光熱費など、48万円をプラスして、計92万円が必要です。


集めた費用から支払う手数料、計13%が差し引かれるので、約105万円を集めないといけません。

 

 

本当はもっと費用をかけたいところがたくさんあるのですが、
(本格的な見積もりを取ると230万近くかかると言われました)

 

まずは、最低限必要なエアコン、そして費用を出してもらうことで、「コタツ」に巻き込む人を増やしてコミュニティを活発にしたいという思いで、このプロジェクトを始めました。エアコンの費用だけなら、安く仕上げたり、自分で出すことも不可能ではないですが、このプロジェクトに関わる人を増やしたいのです。


今まさに、副業解禁やフリーランスの人口がどんどん増えてきている流れもあり、こういった場所の必要性はますます加速するはずです。「個」の力を鍛える、鍛えるとはいっても一人でなく、他の人と一緒にやったり、その「個」を活かしてチームでプロジェクトをする、この流れはおそらく来るでしょう。アメリカではすでに来ています。

 

なんでもそうですが、次に来るものを読んで先行スタートしたものに参加すると、なにかしらのメリットが必ずあります。今回で言うと、情報感度が高い人が集まるはずです。

 

セルフリノベもOKなので、リノベが得意な人がいれば、 さらに快適に使えるようになります。

 

 

▼これまでの活動
イノベーティブ都市・鯖江

鯖江は、今、全国でもトップレベルで最先端、注目されているおもしろい地方で、イノベーティブ都市・鯖江とも言われてるくらいです。

おもしろい取り組みがありすぎです。

 

身体がたくさんあったら全部、関わりたいくらいです。

 

僕の周りだけでも、

 

限界集落で炭焼きしたり、森の幼稚園をしたり、

小学生〜高校生を対象にした、ただの学習塾ではない、今の義務教育とは真反対な、好奇心を育てたり考える力を身につける塾を運営してたり、

高校生が起業してたり、

来年、北陸最大級のサンドーム福井で、主婦がものづくりのイベントをしたり、

鯖江×Googleで、鯖江市がGoogle Mapで全てわかるようにする「ググれるまち さばえ」プロジェクトだったり

鯖江×Yahooで、ヤフオク×鯖江でサバオクを開催したり

空き家のリノベーションに外国人を誘致したり、

余った食材で調理して食べる0円食堂ならぬ「ゆるい食堂」があったり、

鯖江がシェアリングエコノミーを活用した、シェアリングシティに認定され、東京と鯖江を行き来するシェアリングエコノミー研究家がその普及活動をする「シェアベース鯖江」を立ち上げたり、

 

まだまだあるんですが、とにかくもう、おもしろいプロジェクトがありすぎなんです。

 

本当に全部関わりたい。ただ身体は1つしかないので、泣くなく関わるものを選んでる状態です。

 

2年間、イギリスへ移住してしまうこともあり、僕の代わりにおもしろいことに関わってほしい、というのが正直なところで、その2年の間に鯖江がもっとおもしろくなっていたら、と思ってます。

全国すみずみまで回ってないのでわかりませんが、色んな場所へ移住体験をして、おそらく全国トップレベルでおもしろい「鯖江」とつながるのは、ビジネス的にもプラスになります。

 

すでに、東京のコンサル会社がここ鯖江にサテライトオフィスを構えて、本格的に2017年11月から動き始めました。 

もちろん、東京にもおもしろい場所はたくさんあります。ただ、東京にないものが地方にはたくさんあります。中でも誘惑のない集中できる環境は地方ならではです。新しい取り組みをしやすい地方で、集中できる環境は鯖江ならではだと感じています。

 

鯖江もおもしろいんですが、古民家「コタツ」の立地も抜群

僕自身も、イギリスから帰ってきたときに、色んなおもしろいところがつながってたら最高だな、と思ってます。

特に、僕が来てもらいたいのはフットワークの軽い地方のフリーランス、あるいは今は東京にいるけど、脱東京をして、ゆくゆくは地方へ移住したいと思ってる方です。

 

まず、つながりを持つために必要なことは、拠点を持つことです。そのために拠点として「コタツ」を破格で使ってもらいたいのです。

・駅近徒歩8分

・1000円以下で、和洋なんでも定食が食べれるコスパ最強の富士屋会館

・福井に長年住んでる友人が、今まで食べた中で一番おいしかったエビチリだったと言わしめた中華屋さん

・異次元レベルのここでしか食べれない究極のそば「佐野そば」

・400円でトレーニング施設、サウナ付き銭湯

・スーパー、コンビニが歩いて8分

・福井ブランドでもある若狭牛が仕入れ値に近い値段で食べれるお好み焼き屋さん

・鯖江のB級グルメ「鯖江ドッグ」が食べれる肉屋さん

・いつも満席のリノベしたオーガニック食堂

・女性客が9割以上を誇るオシャレかつリーズナブルなフレンチレストラン

・日本の歴史公園100選に認定され、公園内には、動物園や庭園、遊具などが設けられ、子供も大人も一緒に遊べる場所「西山公園」

・JALのファーストクラスで使われてる鯖江を代表する日本酒「梵」が数十種類置いてある酒屋

 

車がなくても快適に暮らせます。鯖江を案内した外国人に、人に会うのが難しいとも言ってたほどの静けさで、田舎を感じさせるんですが、これ全部、徒歩圏内にあるんです。

 

都会と地方のバランスが上手く取れている場所だと、移住して1年半、ひしひしと感じてます。

 

異次元そば「佐野そば」

▼資金の使いみち

「コタツ」は最寄り駅(鯖江駅)が近いので、大阪や東京との二拠点生活も全然いけます。LCCなども駆使すれば、沖縄からでもいけますし、現に沖縄から「コタツ」に一泊二日で来てくれた人もいます。

 

衣食住は人が生きていく上で、最低限必要な生活条件とされています。僕がこれまで色んな場所へ移住体験してきて、衣食住でなく新たに、酒・人・立地・静けさ・気候の5つが大事だと気付きました。

 

その点、「コタツ」は立地良し、酒と食べ物がおいしい、人もおもしろい、リラックスできる環境と最高です。

 

この中で僕が唯一、弱点だと思ってるのは気候です。福井だけでなく北陸はよく雨が降りますし、夏は暑いし、冬は寒いです。良いふうに言ってしまえば、四季をより一層感じれるのですが、家の中はせめて快適にしたい。古民家は古い作りなので、特に夏は本当に暑いし、冬はめちゃくちゃ寒いんです。

 

そこで、今回支援してもらいたいのが、暖房・冷房を完備したいので、2階建てなんですが、せめて1階だけでも、本格的なエアコンを、支援していただくお金で取り付けたいのです。また費用を出していただくことで、第二の拠点として、「コタツ」を存分に使って欲しいのです。

 

拠点を持つことで、フリーランスが集まって、横のつながりを作ったり、相談し合う関係になったり、一緒にプロジェクトをやったりと、イノベーティブシティ鯖江とも一緒になにか仕掛けたりといったことができるようになります。すでに前例も出ています。

 

とは言っても、住んでみないといまいちわからないと思うので、移住を考えている方、「コタツ」を二拠点目にしたい方、やがてはフリーランスになりたい、独立したい、フリーランスとつながりたい方、鯖江にちょっとでも興味が出た方はいかがでしょうか?

 
▼リターンについて

リターンは大きく分けて2種類で、全て早割価格、限定の超破格です。(詳細は各リターンをご覧ください。ここでは、簡単な説明だけします。)


他にこの立地で、これ以上安く提供できる場所があれば、教えてほしいくらいです。(過去に家賃3万円で募集をしたところ、すぐに埋まりました。)今後、追加募集をするかどうかは全く未定です。

 

「コタツ」に来ていただくリターンを選んだ方は、コタツコミュニティ(facebookグループ)に招待します。そこで、他のメンバーと一緒にプロジェクトをやってもらっても良し、仲良くなっても良し、横のつながりが欲しいフリーランスという共通言語があるので、自然とつながりができるはずです。

日程調整は、Googleカレンダーを使ってみんなが見れるようにして、決めていただきます。支援者が希望する場合は合宿などのイベントで貸切利用も可能です。(他と重なる場合は応相談)


横のつながりを増やしましょう。

 

1.
フリーランスのための拠点なので、フリーランスを目指している、あるいはすでにフリーランスの人に、最低50万以上を稼ぐために必要なスキルセット(フリーランス養成合宿で教えた7つのスキル)をオンライン、あるいはコタツで集中的に学ぶ+コタツコミュニティ(facebookグループ)に入る権利

 


2.
・スキルはすでに持ってるけど、どうしても、フリーランスの働き方は、相談相手や横の繋がりが薄くなるため、もっと横の繋がりや共創をしたい、集中して仕事がしたい方、

・地方創生に興味がある、鯖江とつながりたい方

・お試し移住をしてみたい

こういった方向けに、コタツの使用権(2年間で1日〜30日まで)+コタツコミュニティ(facebookグループ)に入る権利

*注
30日以上、滞在したい方は1ヶ月の権利を複数枚、ご購入することで対応できます。

具体例
2年の間に60日分→1ヶ月の権利を2枚購入
2年の間に90日分→1ヶ月の権利を3枚購入

 
▼最後に

このメッセージを見て、ピンと来たら、このチャンスをぜひ活かしてほしいので、その想いでメッセージを書いています。


このプロジェクトはいつでも参加できるわけではなく、今回が先行価格になっています。これを見て1ミリでも興味があればすぐに支援してほしいのです。

フリーランスじゃないからまた今度機会があれば。。。みんなと仲良くやっていけるかな。。。とか言ってると、いくらでも参加しない理由は見つかります。

 

 

思い立ったらすぐ行動。フリーランスとしてやっていくためにも、即決はチャンスを掴む鉄則です。
 
このプロジェクトは2年で終わるというわけではありません。区切りとして2年にしていますが、その後もつながりはずっと続きます。

意外と知られてないのですが、実は福井は人口比の「社長輩出率」で35年続けて日本一です。

なので、ゆくゆくは、福井の中でも新しい取り組みに挑戦する鯖江が、フリーランスの聖地になるんじゃないかと思っています。

 

 

その仲間入りをして実際にあなたと会えるのを楽しみにしています。

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください