はじめまして
Snowman_WAKAYAMA です
  • 和歌山県 / 
初めてのプロジェクト

ご覧いただきありがとうございます。
阪本健悟です。
この度、父と母が築いてきた農園を何とか支えて盛り立てたいと一念発起し、クラウドファンディングに参加させていただきました。
父はもう長くなく、医師から越年できるかどうかと言われております。
先日病状を聞いた際の父の遠くを見つめるまなざしに、何とか「ああ、これで大丈夫だ」という姿を見せてあげたいという気持ちが一段と高まりました。
どうぞみなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。
リターン品は自慢の果物と野菜たちです。どうぞご賞味くださいね。

ご報告

みなさまのご支援のおかげで、ついに目標額100%を達成いたしました!プロジェクト終了まであと少しですが、少しでも効率よく今後の農作業にあたれるようにすることも考え、ネクストゴールとして目標を設定し、最後まで頑張ります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶

はじめまして、阪本健悟です。地元和歌山県で学習塾を経営する傍ら、合唱指揮をしています。

私の両親は10年前ゼロから農業を始めました。私は本業の塾業や合唱の仕事があるため手伝いもせず、「農業なんて難しいだろうけど、まあ老後穏やかに過ごしたいんだろうなぁ。」くらいに思ってきました。

昨年11月、父に少し身体の不調が見られたためMRI検査を受けたところ、即入院。悪性神経膠腫のグレード4である膠芽腫と診断され、突然余命平均14ヶ月となりました。先日退院し、現在自宅で療養しています。しかしながら、治らないことは明白な上、運動機能にも制約が多く、畑に出ての作業はできないとのこと。

無理とはわかっていても仕事復帰しようとリハビリにチャレンジする父。突然のことに呆然としながらも不慣れな外仕事にも出ていく母。これまで農園の力仕事を一手に担ってきた父を失うわけですが、そんな中で届いたひとつのメッセージーうちの息子はもう大学生になりました。娘も高校生です。毎年はっさくを食べて大きくなりました。ーを見て両親の創り上げた農園、果物が名前も知らない誰かの人生に関わっていることに感動し、これを守りたいとの想いから一念発起することにしました。

クラウドファンディングにチャレンジした背景

ゼロから立ち上げた農園のため、当初は畑や農機具もほぼない状態でした。その中でコツコツと開拓や格安の機具を揃えていき、現在では高齢化が進む田舎で、体力的に作業が難しくなった近所の方々の代わりにもなって果物を作っています。野菜は地元の産直市場で販売、果物はメルカリで出品しています。特にメルカリでは評価13,600件以上(2/7現在)と、多くの方にご愛顧いただいています。

【雪だるまの産地直送フルーツ王国】https://jp.mercari.com/user/profile/216110809

10年かかって、ようやく軌道にのりこれからというタイミングでこのような事態になり、このままでは農作物をこれまでのように届けるのが不可能となりました。私が不慣れな農業を手伝うことで支えていますが、本業もありフルタイムでは働けません。また、母もこれまで外での力仕事は父に任せていたこともあり、作業効率も下がっています。とりあえず現状を凌ぐために、経費をかけ送料などに支払う分を増やして回転させていますが、その分薄利になり厳しい状況です。とはいえ、みなさまに安心・安全をお届けするために妥協はできません

そこで、母と私でも効率よく農業を行えるように農機具や電動作業機具、農作業補助道具、軽トラック(現在壊れてしまっていて、軽乗用車にコンテナを積み込んでいる状況です)などを揃えて計画的に運営をしたいと考えました。しかしながら、父の入院や今後の治療などにも多額の資金も必要となっており、そちらも支援しながらでは私個人では限界があります。

みなさまのお力添えをいただき多くの方に喜んでいただける農作物を日本中に届けたいと考えています!

商品・農園のこだわり

◎“メルカリのみ”で販売しているからこその強み

当農園の果物をご購入いただけるのはメルカリだけです。

そのため一般的にデパートやスーパー等へ出荷されるような『美品』や『秀品』もそのまま商品として梱包しております。

今なかなか会えないご家族へ、大切な方への贈答用としてもお使いいただけます。

◎サイズをそろえたり無理な栽培をしない 

当農園では減農薬栽培にこだわっています。

無農薬だと避けられない初期の病気を防ぎつつ、栽培中期以降は自然に任せています。

「安心・安全」を重視し、味わい深い果物を育てています。

また、さまざまなサイズをお楽しみいただくために無理な摘蕾や摘果をあえてせず、ひとつひとつの木から育つ果実の魅力を大切にしています。

リターンのご紹介 (詳細はリターンのところをご覧ください)

◎紀の国わかやまはっさく

和歌山県の温暖な気候は寒さに弱いはっさくの栽培に適しています。ゆたかな自然環境のなかで光合成を促進させ、早採りせず最適時収穫に徹しています。収穫後も追熟していきますので、食べる時期によってさまざまな“味わい”の表情を楽しめるだけでなくゼリーやジュースに、またそのまま食べるのが難しい外皮はジャムやマーマレードに加工したり、お風呂に浮かべて“天然の入浴剤”としても活用していただけます。

◎旬の味覚コレクション『フルーツ玉手箱』

色んな果物を食べてみたい!色んな味を楽しみたい!この玉手箱があれば、フルーツカクテルも作れちゃいます♪そんなみなさまの夢をかなえるその名も『フルーツ玉手箱』をご用意いたしました。揃ったときにしか願いがかなわないドリームパックです。

以下のような果物を複数ぎっしり梱包してクロネコヤマト宅急便にてお届け!

はっさく、紅はっさく、不知火、スイートレモネード、スイートスプリング、リスボン、柿、みかん各種など。

※こちらは揃い次第の発送となるため、完全数量限定となります。

※当農園には現在さまざまなフルーツを栽培しております。収穫時期により商品内容は変わります。

◎畑で採れたて季節の新鮮野菜

今の時期は『なばな』『祝蕾(子持ち高菜)』などを中心に栽培しています。その他、季節に応じたさまざまな野菜を肥沃な土壌と豊富な水、温暖な太陽の三位一体が成せる自然の恵みを送り出しています。地元の産直市場では販売開始から早々に売り切れるため追加注文の連絡が来るほどです。

◎紀の国の恵み『季節のフルーツ』

こちらは和歌山を代表する厳選果物を4回お届けする特別な品となります。
和歌山はその豊かな自然の賜物であるフルーツ王国です。季節によってさまざまな果物が収穫されています。
例)冬『はっさく』春『不知火』夏『桃』秋『みかん』など
※同じものを複数回ご希望の場合は、備考欄にてお知らせください。

※果物によって商品価値が異なるため、送付の量は異なります。ご了承ください。(上記例の場合、『桃』の場合2kg、『不知火』はサイズによりますが大きいものは5kg、その他は原則10kg)

当農園のはっさくのご感想 (一部ご紹介いたします)

※掲載にあたりご本人の許可をいただいております。

その他、メルカリの評価もぜひご覧ください。当農園の自慢は、多くのリピーターのみなさまに毎年お買い求めいただいていることです♪

プロジェクトで実現したいこと

多くの方々に愛されている両親の果物や野菜を引き続きみなさまに届けたい。私の置かれている状況では農業に従事できる時間に限りがあるため、効率よく作業できるように整えていきたい。

そして、多くの人々に愛される農園を継続させ、父を安心させたい。

資金の使い道

◎力の弱い母でも使いやすい農機具購入 

労働しやすい機具を使用することで、母の作業効率をアップさせてあげたい。

◎電動作業機具購入

燃料によるものなど、使用が難しいものを避け、電動のものを用意したい。

◎農作業補助道具導入

力仕事が多いため、このままではすぐに限界を迎えます。そこで、母や私でも作業しやすい補助道具を導入したい。

◎軽バン購入資金 

以前使用していた軽トラックが壊れたため、現在軽乗用車のみでコンテナの積込、箱購入、出荷を行っています。コンテナの積込量も少なく時間がかかっているため、雨の日でも気兼ねなく積載可能な軽バンを購入したいです。

◎リターン品にかかる経費

リターン品作成のためにかかる経費に充当させていただきます。

◎CAMPFIRE手数料その他諸経費

支援金の中から、手数料やその他諸経費を充当させていただきます。

◎農機具購入費・・・・・・・約15万円 →約20万円 

◎電動作業機具購入・・・・・約30万円 

◎農作業補助道具導入・・・・約40万円

◎軽バン購入資金 ・・・・約20万円 ※頭金の一部として →軽トラックも検討・・・約30万円

◎リターン品にかかる経費・・・約30万円 ※送料、箱代等含む

◎CAMPFIRE手数料・・・・・・約10万円

◎諸経費・・・・・・・・・・・約5万円 →害獣対策電気柵等約20万円

合計・・・・・・・・・・・・・約150万円 →約200万円

スケジュール

2022年3月    クラウドファンディング終了
2022年3月下旬  リターン発送 ※以降随時
2022年3月下旬  各種機具、車両を順次購入予定
2022年4月以降  活動状況などをSNSもしくはYouTube等にて報告予定

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。今回、メルカリでお客様とメッセージのやり取りを担当することになって、初めて両親の農業に込めた“まごころ”の深さを知ることができました。父の病気がなければ、このことに気づけなかったかと思うと、これもひとつの恵みなのではないかと今は実感しています。多くの方々に愛されている両親の農作物をこれからも届けていくことが、私の目の前にあるミッションであるように感じています。そのことで尊敬すべき両親への恩返しが少しでもできたらと思っています。みなさまのお力をお貸しいただければ幸いです。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/16 19:51

    長らくご無沙汰しており、すみません。最近は、柑橘のシーズンが終わりまして、栽培期に入っております!初体験なことばかりでもう日々てんてこまいです。この時期とにかく大変なのは『草刈り』車が入っていくところは除草剤を撒くのですが、木の周りはそうもいかず、草刈機の出番です。というわけでエンジンタイプと...

  • 2022/03/27 23:57

    みなさまお久しぶりです!終了後音沙汰なく失礼しました。ここしばらくは、肥えやり、剪定、発送と慌ただしくしております。それに加えて本業も繁忙期…、さらに合唱活動もちょうど年度末ということでさまざまなことに時間を取られておりました!なかなか、剪定が終わりません!!!このところ雨のタイミングも多く、...

  • 2022/03/14 10:16

    昨日で本プロジェクトは無事終了いたしました!本当にたくさんのみなさまのご支援のおかげです。余裕があればお一人おひとりに直接お礼をお伝えしたいところですが、今はまだなかなかそれもかなわず。いつの日か必ず、と思っています。もちろん、季節のフルーツを始め、これからリターン品をお送りする方々はまだまだ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください