【目次】 

1. はじめに・ご挨拶

2. このプロジェクトで実現したいこと 

3. プロジェクトをやろうと思った理由 

4. 英語と日本語のリズムの違い

5. 英語教育の「大きな壁」 

6. Rhymoeメソッドについて 

7. 教材の中身とポイント 

8. 資金の使い道 

9. リターンについて 

10. これまでの活動

11. 実施スケジュール

12. 著作権について

13. 最後に

-------------------


1. はじめに・ご挨拶 

皆さん、はじめまして。
一般社団法人リズムムーブメント協会 代表理事の 石川良美と申します。

私はRhymoe(ライモー)という英語教育メソッドのクリエイターです。

Rhymoe(ライモー): Rhythm × Movement × English

▶ Rhymoe説明動画(1分)



■Rhymoe(ライモー)ってなんのこと?

Rhymoeは、
言葉や音楽のリズム、身体運動、英語を融合させて、英語本来のリズムを習得するための心と身体を作る、今までにないユニークなコンセプトの英語教育メソッドです。

Rhymoeという言葉は、「リズム」「動き」「英語」を組み合わせた造語です。

Rhymoe: Rhythm × Movement × English


▶ 【英語のリズムでうごこう!Rhymoe Warm-up ライモーじゅんびうんどう



2. このプロジェクトで実現したいこと

それは、日本にはまだない、 

1冊で幼児期の「英語耳」と「英語の体」が育つ、「リズム x 音楽 x 動き」3つの要素を網羅した英語の定番ソングブックを作ること!

そして、

一人でも多くの子どもたちに、手に取りやすい価格でお届けしたい!ということです。

 


3. プロジェクトをやろうと思った理由

日本人の英語力を上げようとするならば、英語に触れる初期の段階、つまり幼児期に触れる教材の役割が重要です。

心も体も柔軟な幼児期に「英語本来の音やリズム」に触れなければ、本当の英語力の土台、つまり英語を聞き取る「耳」と、英語のリズムを感じる「体」はなかなか育ちません。

けれども現状では、日本で作られた英語音楽教材で、「英語本来の音やリズム」 に触れられるものはほとんどありません。
一方海外で作られた教材では、日本の子ども達のニーズに合いません。

日本の子ども達のために作られた、「英語本来の音やリズム」に触れられる英語音楽教材が今、必要なのです。

そのために、
日本の子ども達の英語力を育む方法を的確に把握する。
英語本来のリズムを理解しているプロのアーティストが楽曲を制作する。
英語がもつ世界観を表現できるイラストレーターが挿絵を描く。

といったことが必要になります。

しかしこのような作業を依頼すると、制作費用が上がります。
すると、教材1冊あたりの単価はかなり高額になり、多くの人にとって手に取りにくい教材になってしまいます。


しかし、教材のクオリティーを妥協したら、日本の子どもたちの英語教育環境はいつまでたっても変わりません。

クオリティーが高い「本物」の英語音楽教材を作り、それをできるだけ多くの方の手に渡るようにし、使ってもらいたいのです。

それによって日本の子どもたちの英語教育環境を向上させたい。
日本人全体の英語力の底上げをしたい。
その一心で教材の制作にあたっています。
ご協力よろしくお願いいたします。



4. 英語と日本語のリズムの違い

言葉の「リズム」は、話す内容を理解したり、伝えたりするために重要な役割を果たします。

ところで、みなさんは、英語と日本語のリズムは大きく異なることをご存知でしょうか?

英語には強い音と弱い音があり、強い音が規則的な間隔で来るリズムを持ちます。
そして英語を話すとき、ボールが弾むような(bounce)身体の動きが伴います。
そのためRhymoeでは英語のリズムを「バウンシング・リズム」と呼びます。

それに対して、

日本語は音の「高さ」で意味を表し、一つ一つの音の長さと強さが同じリズムを持ちます。
日本語を話すとき、一つ一つの音を踏みしめるような(Stomp)身体の動きが伴います。
そのためRhymoeでは日本語のリズムを「ストンピング・リズム」と呼びます。

このように、言葉のリズムは、自然と身体の動きを伴います。

=======
そしてここが重要なところなのですが、
「英語の身体の動き=英語の身体モード」がつかめないと、英語のリズムを習得できないのです。
=======


5. 英語教育の「大きな壁」 

多くの日本人が英語を身につけるのに苦労するのは、
「英語の身体モードにする」重要性を知らないからです。

日本語の身体モードのまま、つまり日本語のリズムを感じる身体のモードのまま、
英語を話したり、聞いたりしようとするとどうなるでしょう?

いわゆる「カタカナ英語」になって伝わりにくくなったり、ネイティブスピーカーの話す英語が聞き取れなかったりします。

英語と日本語のリズムは大きく違うので、意識的に身体のモードから変えないと、
英語を聞き取ったり、通じる形で話したりできないのです。
これが日本人の英語学習の「大きな壁」になっているのです。
(※この現象を「母語の干渉」といいます。)

========

日本語の身体モードが引き起こす母語の干渉問題について、英語教育関係者は、残念ながらほとんど注意を払っていません。
だから日本で作られる英語教材を使っても、思うように英語力が伸びないのです。
========


詳しく知りたい方は、こちらのビデオをご覧ください。

▶ 英語のリズムと身体の動きのおはなし(約10分



6. Rhymoeメソッドについて

日本人の英語学習の「大きな壁」を、どうしたら取り除くことができるのか。

私は英語教育、言語学、教育学、幼児教育、音楽教育、心理学、脳科学などに関する様々な本を読み、理論を学びつつ自分のクラスで実践をしながら、独自のRhymoe理論と手法を確立しました。


Rhymoe理論で大切なポイントは、
「子どもは言葉を、音楽的に、身体を動かしながら身につける」
という考え方です。

そのためRhymoeでは、
「音楽を使って身体を英語モードにしたうえで、身体を動かし、英語を口ずさみながら習得する」
というアプローチをとります。

=========

①日本語の影響を受けていない、英語本来のリズムを使う

②音楽を効果的に使う

③身体の動きを効果的に使う

「リズム x 音楽 x 動き」この3つの要素を連動させることがポイントなのです!

=========

3つの要素を連動させると、子どもたちの身体に「英語が染み込む」ように入っていきます。

そして、【英語を聞き取る力(理解)+ 話す力(伝える)=「英語力の土台」】

を作り、育むことができるのです!


※Rhymoe理論を開発した道のりは、RhymoeのNoteに掲載しています。
よろしければこちらをお読みください。


7. 教材の中身とポイント

Rhymoe理論に基づいて制作した英語音楽教材には、次の4つのポイントがあります。

①リズム:英語本来のリズムが身につく曲を厳選


英語圏で昔から慕われてきた人気の童謡(マザーグース)から、英語本来のリズムが身につく約75曲を選曲(Favorite Songs 40曲/Seasonal Songs 35曲)。

音楽を聞いているだけで「自然と身体が動き出す」音作り。
英語のリズムが楽しめ、知らないうちに英語のリズム感覚が身体にしみこんでいきます。

また、ベビー期から小学校低学年程度の子どもたちが口ずさみやすい英語歌詞を、Rhymoeクリエイター石川自らが作詞し、歌い上げています。

あれこれ英語教材を買わなくても、この1冊で幼児期(ベビー期から小学校低学年程度)の英語力の土台を育てることが可能です!


Go Bananas! ゴーバナナ! - Rhymoe(ライモー)

▶ こんにちはのうた Hello Song (with Music) - Rhymoe(ライモー)

ー----------

②音楽:音楽のプロによる本格的なサウンド


アメリカの子どもたちに大人気のアーティスト、Miss Pattyから曲の提供を受け、人気のある7曲を収録

在米ブルース・ロックドラマー・作編曲家 Miyuki Marica Taniが、英語本来のリズム・音づくりに一切妥協せず、英語圏の童謡を幅広い音楽アレンジで「親子で楽しめる英語のうた」に作り上げました

そしてすべての楽曲は、プロのサウンドエンジニアによって仕上げられています。


ソングブックを購入された方は、ソングブックに収められた楽曲をご家庭で楽しむだけでなく、教室内で教材としても使用していただけます。
(※「12. 著作権について」をご確認ください)


▶ Stand Up, Sit Down Children's song by Miss Patty

-------


③動き:英語の身体の動きが分かる動画と海外イラストレーターの挿絵

全曲に、石川が実演する「英語の身体の動き」がわかる動画(※QRコード)がついています。スマートフォンでさっと読み取って、動画を見ることが可能です。

▶ Head Shoulders Knees and Toes あたま かた ひざ つまさき - Rhymoe(ライモー)


子どもたちには本の手触りとともに、英語の歌詞に触れてほしい。
その曲が海外の子どもたちにどのように歌われてきたのか、どういう文化の中で楽しまれているのか。海の向こうに思いを馳せながら、歌にまつわる解説を親子で読んでほしい。そんな想いを込めてソングブックを制作しました。

ソングブックはA5判オールカラー100ページ。
アルバム全曲の日本語訳と解説を掲載。
ERMA発行の自費出版となります。

スリランカのイラストレーターAchiniによる
手描きの水彩画のイラストが添えられています。

ー------


④: 携帯アプリで音楽が聴ける

いつでもどこでも携帯アプリで音楽が聞けるようにダウンロードカードSONOCAを使用。CDプレーヤーは不要。パソコンにダウンロードして視聴することも可能です。
※無料のSONOCAアプリをスマートフォンデバイスにダウンロードいただく必要があります。

(デザインは変更になる可能性があります)


※教材制作までの道のりや、このプロジェクトにかかわってくれたアーティストたちの紹介を、RhymoeのNoteに掲載しています。よろしければこちらをお読みください!


8. 資金の使い道

第1目標は、生活の中で口ずさめる40曲を収録した「Rhymoe Songbook - Foverite Songs-」700冊の製作と、絵本の家(直営店オンラインショップ)での一般販売、iTunes等でのデシタル販売を目指します。


第2目標は、季節の英語の歌約35曲を収録した「Rhymoe Songbook Seasonal Songs-」700冊の製作を加えた合計1400冊の販売を目指します。

プロジェクト進捗状況に応じて、随時ご報告させていただきます!


■第一目標:支援金の内訳( Rhymoe Songbook - Favorite Songs - 製作費700冊 )

 
 動画制作諸経費 175,000円
 著作権関連事務手数料 96,000円
 楽曲制作諸経費 (全40曲) 1,003,000円
 ISBN登録料・Amazon販売委託費 68,000円
 書籍印刷・SONOCA費用等(初版700部) 846,800円
 書籍デザイン・構成、イラスト制作、書籍登録事務手数料 140,000円

 リターン費用 48,000円
 CAMPFIRE手数料 404,056円(※全体金額の17%)

 合計 2,780,876円

※できる限り低価格でご提供するため、各アーティストの方々に甚大なご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。



9. リターンについて

①購入型リターン

(表紙デザインは変更になる可能性があります)

■Rhymoeソングブック - Favorite Songs -
 英語圏で昔から子どもたちに歌われてきた童謡の中から、生活の中で口ずさめる英語のうたを40曲収録。プロのミュージシャンがJazz、Swing、ラテン調などにアレンジ0歳から小学校低学年まで、親子で楽しめます

■Rhymoeソングブック - Seasonal Songs - 【先行予約販売特典 ¥1,000割引】
 英語圏で昔から子どもたちに歌われてきた童謡をアレンジした、季節の遊び歌を約35曲収録。プロのミュージシャンがJazz, ラテン調、Funkなどにアレンジ0歳から小学校低学年まで、親子で楽しめます


【お得な2冊セットを用意していますのでご利用ください!】

 
ご自宅でのご活用のほか、ご親戚やご友人へのプレゼントにも最適です。
また英語教室、幼保園での教材としてもご活用いただけます!
(※「12. 著作権について」をご確認ください)


②体験型リターン

Rhymoeクリエイター・石川の特別レッスン、在米プロドラマーのリズムレッスン、
英語教育にまつわる対談、個別相談チケットなどを用意しています。



③参加型リターン ー Rhymoeの音楽に参加しよう!ー

Rhymoe Songbookの収録曲にご参加いただける、ユニークな体験型リターンも用意しました。

お子さんの歌声をCD曲に収録(コーラス参加)


10. これまでの活動 

私が2015年に初めてRhymoeを開催してから、約6年が経ちました。

全国にいるRhymoe認定インストラクター約20数名とともに
延べ20,000名以上の方にRhymoeを実践しています。※オンライン含む

これまで200人を超える保護者の方、英語講師、保育士、教師の方々にRhymoeの講座をご受講いただきました
➡ Rhymoe講座の一覧 講師の方向け保護者の方向け

Rhymoeプログラムを取り入れた英語教室、保育園、幼稚園、子ども向け施設は、今や全国各地に30箇所以上、年々増え続けています。

➡ 全国のRhymoe®メソッドを取り入れている教室一覧

2020年からは、コロナ自粛下の子ども達と保護者の方々を励ますためにYoutube Liveを定期的に開催Rhymoeで使用する音楽を使ったYouTube動画も多数公開しています。

▶ Rhymoe YouTube Live! 2022年2月


これらの活動を通じて、

 ● 英語が好きになった。

 ● 英語への興味が高まった

 ● 英語の聞き取りがぐんと伸びた

 ● 英語への自信がついた。

 ● ダンスを踊るのが好きになった!

 ● 保護者も一緒に楽める

 ● 英語が苦手な保護者も、英語が聞き取れるようになった!

などの声を、参加者の方々からたくさんいただいています。

これからも日本の英語教室、保育園、幼稚園などの教育機関、子ども向け施設、そしてご家庭に、英語のリズムの楽しさや重要性を伝え、Rhymoeが広がっていくよう、普及活動を続けて参ります。

※Rhymoe®レッスン、各種講座、トレーニングのお問い合わせはこちらまで。


11. 実施スケジュール

2022年

4月8日    クラウドファンディング開始 
       ※制作作業は同時並行
                    ※一部リターン

4月中旬   ソングブック原稿入稿  

5月12日    クラウドファンディング終了

5月中旬   アルバム完成
        ダウンロードカード制作開始
                    ※一部リターン

5月下旬   ソングブック、ダウンロードカード完成

6月初旬以降 支援者様への発送
       一般販売開始予定
                     ※すべてのリターン


12.著作権について

ソングブック、ダウンロード音源の著作権は、ERMAにあります。
使用に関する著作権上の注意は、こちらを必ずご確認ください。


●英語教室等でダウンロード音源を使用する場合は、必ず講師が1部書籍をご購入のうえご使用ください。また生徒がダウンロード音源や書籍を教材として自宅等で使用する場合は、必ず生徒1人または1家族につき1冊を購入の上ご使用ください。 

●著作権法では、個人が私的な目的として行う場合に限り、書籍を部分的に、1部だけコピーすることを認めています。

●ソングブック全体のコピー、及びソングブックの一部分のみであっても複数部数のコピーを作成し、共有、配布することは、認められていません。

●SONOCAのダウンロードカードに記載されたシリアルナンバーは1台のデバイスでのみ利用可能です。複数のデバイスにダウンロードすることはできません。

●ダウンロード音源はiTunes等を使用してパソコンに音源をダウンロードすることは可能です。しかし音源を複製、共有、配布することは認められていません。




13. 最後に 

子ども時代の経験は、人生を左右するほど大切です。

小さいうちから、英語本来のリズムと良質な音楽に触れることは、子ども達にとって一生の財産となります。

これからグローバル時代に生きてゆく日本の子ども達に、1冊で幼児期の英語耳と体が育つ、「リズム x 音楽 x 動き」3つの要素を網羅した英語の定番ソングブックを届けたい。

そして、子ども達の「英語耳」と「英語の体」、英語力の土台を育てられる環境を、多くの方と一緒に整えていきたい

皆さんのお力が必要です。
応援よろしくお願いします!


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■ 販売事業者名 一般社団法人英語リズムムーブメント協会
■ 代表者または通信販売に関する業務責任者の氏名 石川 良美
■ 事業者の住所/所在地 兵庫県 芦屋市 涼風町 30-3
■ 事業者の電話番号 090-8129-5385
■ 対価以外に必要な費用 プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
■ その他注意事項プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄
  (https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/20 21:50

    プロジェクトオーナーのYoshimiです。ようやくFavorite Songsの準備が整い、6月19日にFavorite Songsのみのリターンをお選びいただいた方への発送が完了しました。関西地方でしたら、本日(20日)には届いているかもしれません。ぜひ手に取ってご覧いただき、音源を聴いてみ...

  • 2022/06/20 21:11

    プロジェクトオーナーのYoshimiです。先々週、そして先週の2回にわたって、ソングブック完成記念イベントを行いました!1回目は神戸にて。Rhymoeがいつもお世話になっている、「アネビートリムパーク神戸店」様で行いました。私が長年開いていた明石クラスのご家族さんをはじめ、YouTubeライブ...

  • 2022/05/27 07:59

    「もう迷わない!この1冊で幼児期の英語耳と体が育つ英語の定番ソングブックを届けたい」Rhymoeクラウドファンディングのソングブックリターンにご支援下さった方限定のオンラインレッスン、25日が最終回でした。平日の午前の開催で、意外にも大人の方も多数ご参加くださいました。ありがとうございます!ソ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください