世界最大のアートイベント出展と初の海外個展開催のためにニューヨークに行きたい! アーティストとして、絶対に自分のアートを世界に!世界で活躍したい!! アーティスト活動をしている方々ならば、一度は思うはず! 長谷川ヒロミは、それにチャレンジします、応援よろしくお願いします。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

始めまして、Modeling design nail artist長谷川ヒロミです。

世界最大のアートイベント出展と初の海外個展開催のためにニューヨークに行きたい!

この思いで、クラウドファンディングにお世話になることになりました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

皆さまのお力をお借りして、ニューヨークのEXPOと個展の開催をさせて頂きたくクラウドファンディングへと踏み切りました。

年齢は結構いっていますが、本気です!!

作品にも自信があります!!

世界的なアーティストとして活躍していきたいです!!

▼プロジェクトをやろうと思った理由とこれまでの活動

アーティストとして、絶対に自分のアートを世界に!世界で活躍したい!!

アーティスト活動をしている方々ならば、一度は思うはず!

自分の作品が3Dネイルアート(ネイル業界ではこのように言います)だけど、ネイルだけではない全体的な現代アートとして表現したい。

2015年12月 Modeling design nail artistとして、自分で造語を作り活動を始めました。

❝造形ネイルアート❞

それは、ネイリストの技術とネイルの材料を基準に、オブジェに何処まで出来るか?!

このように思えるには、私の幼い頃の経験があります。

細かい作業や物を作ることは、子供のころから大好きでした。

小学校3年生の時、ある事故から入院生活になりました。

そこで、作る事が好きだったのが幸いして、入院中にいろいろなものを作る日々でした、それが現在の私の活動の基となりました。

そして時は流れて1997年からネイリストとして20年。

 

スクール生の頃もアートの授業が好きで、その中でも3Dアートが最も得意で楽しかった。

サロンに10年勤務中に、ジェルの老舗中の老舗、ibdというブランドのエデュケーターを習得。

まだまだ、ジェルが定着する前の話し。

勤めていたサロンも老舗の大手で、当時芸能人も多くいらしてました。

雑誌やCM等の依頼も多く有ったサロンです。

そこで有名スキンケア&コスメ『SKⅡ』のCMのアシスタントをした事がきっかけとなり、2005年にサロンを退職してからも『SKⅡ』の桃井かおりさんに、オファーを受け6年程、桃井かおりさんの専属としてネイルを担当。

その時の撮影で、カメラマン業界の巨匠との出会いがありました。

(VOGUE TAIWAN Leslie了承済み)

今やレディ・ガガやビヨンセ、XJAPANなど多くの世界トップスターの写真を撮り、国内外で活躍中のLeslie Kee(レスリー・キー)です。彼との仕事がきっかけとなり、Levi'sとLeslieが手掛けたスマトラ沖地震被害者救済チャリティー完全限定写真集に参加。

Leslieとは今でも仲良くさせていただいて、今回の私の活動にも賛同してくれています。

 

お客様へサロンワークからアート作品と並行して行う中で、少しずつアート性の高い品も作り始めました。

「これを、ネイルにしたらどうだろう?」「こうしたら面白いかも」という感覚で。「そんな作品作ってどうするの?」「サロンでお客様に出来ないし」「そのデザインは、誰向け?」色々と理解されない事がほとんどでした。

それでも自分の中に湧き上がる情熱と衝動を止められず、何より自分が創っていて楽しくて仕方なかったのです。

そこで作品集製作し、業界の方々に営業するも惨敗!しかし、Leslieだけが「凄いよ!センスあるし、才能も有るよ」と言ってくれたのです。その一言から、この変わった作品を作り続けようと心に決めることが出来ました。

https://www.facebook.com/leslie.kee.7712?fref=pb&hc_location=friends_tab&pnref=friends.all

その後、個展開催を目指していく中で、作品を展示する際に「美しく人間と同じ動きが出来る手」が必要だということに気が付きました。

既にマネキンの手(ネイル用の練習用手)を使おうかと試みるも思い通りの美しさを演出出来ない。

しかし、ここで私は「無いなら創ればいい!!」

自分の作品を美しく見せる為に「美しくて使いやすい、人と同じ動きをする手」はどうしても必要だとあきらめきれず、人形作りの学校へ行き、関節が動く「手」だけの制作のさせて頂く許可を頂き、自分で制作することにしました。

 2015年3月より、世界的に有名な、球体関節人形の先駆者、吉田良先生が手掛ける「DollSpacePygmalion」に通い始める。

※吉田良先生は、アニメ攻殻機動隊、ハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」邦画のホラー映画「劇場霊」の人形も手掛けており、教室には日本全国、アジアからも生徒さんが通っています。

 ある程度の納得がいく「手」を完成させる迄に2年。(片手のパーツは19パーツ、両手で38パーツ)この「手」を「HAND」と名付けたのです。

沢山作り自分の作品を見せる事をするうちに「もしかしたら、人間に出来ないことをこの「HAND」で作ったら面白いかも」とひらめき、それから更に既存の概念を超えた作品が創れるようになりました。

人形教室の吉田先生からも、現代アートとして打ち出していけるとお言葉を頂いけたのです。

http://pygmalion.mda.or.jp/

現代アートとネイリストとしてのカテゴリーもミックスした作品にしよう。そして、今まで貯めて来たネイル作品と「HAND」を合わせ、現代アートのオブジェ、「オブジェだけでもなくネイルだけどネイルじゃない」けれどネイルとしても使用出来る完全オリジナル作品が完成しました。

しかし、ネイル業界では異端児扱いで、今までにない現代アートはどの場所でもなかなか理解を得られることはなかった。

それでも、実際に作品をリアルに見てもらえれば、必ず何かを感じてもらいえるはずと思い、2017年10月、初めての個展を、表参道のArt in galleryで開催した。

長谷川ヒロミ初の個展「オリンポスの神々」は、各種業界関係者や外国人からの支持を多く得ることが出来、想像を超える大盛況となった。

「HAND」が出来上がり個展に漕ぎつける迄、2年半。

貯めに貯めてきた作品と想い。

この作品で、アーティストとして世界で活躍する!!

そう心に決めるとすべてのものが凄いタイミングで動きだしました。来年2018年4月19日からニューヨーク最大のイベントArt EXPOが開催されます。しかも、来年はエキスポ40周年記念。

http://artexponewyork.com/

 即座に個人としての出展希望の旨をつたない英文メールを送信すると即返信がありました。ニューヨークのエキスポ用に作品の説明し写真を添付して審査されることになったのです。

これがビックリ、審査をあっさり通過しました。

ArtEXPOの審査が通ったので、作品を展示するにあたり合わせて個展も開催したいと思い、今度は、ニューヨークのギャラリーをリサーチ。ギャラリーからも凄い作品だから是非と話を頂きました。

これは、絶対に大チャンス!

しかし、調べるとアート作品は美術品としての搬送となる為、高額の輸送費100万円以上かかることが判明しました。それだけではなく、出展、滞在、宿泊、往復渡搬費、現地での運営も含めると250万円となります。

ほとんどのアーティストは、これで断念せざるを得ないと思いますが、このチャンスを逃したくない!

今後は、世界中からオファーが来るアーティストとして行く事が最終目標です。

ここで諦めるわけにはいきません。

そして、自力では限界です!

▼資金の使い道

調べるとアート作品は美術品としての搬送となる為、高額の輸送費100万円以上かかることが判明しました。それだけではなく、出展、滞在、宿泊、往復渡搬費、現地での運営も含めると250万円となります。

ほとんどのアーティストは、これで断念せざるを得ないと思いますが、このチャンスを逃したくない!

今後は、世界中からオファーが来るアーティストとして行く事が最終目標です。

ここで諦めるわけにはいきません。

▼リターンについて

3,000円 フォトカード3枚セット(サイン入り)2パターン 非売品

4,000円 フィルム ポストカード(サイン入り)非売品

10,000円 ミニフォトブック+ネイルピンバッチ(サイン入り)非売品

200,000円 ニューヨーク個展展示作品 1点 作品名:SPACE(ヘッダ画像と文中の作品)

300,000円 ニューヨーク個展展示作品 1点 作品名:スチームパンク

300,000円 ニューヨーク個展展示作品 1点 作品名:一杯のティースプーン

▼最後に

無事ニューヨークに行き、個展を成功させてきます!

帰国後は、支援頂いた皆様にご報告会を開催したいと考えております。

ニューヨークでの内容を説明するとともに、皆様へ感謝の気持ちを伝えさせていただき、ご一緒に成功をお祝いさせていただければと思います。

どうか、皆さまのご支援をよろしくお願いします!!

長谷川ヒロミ
 

 

  • 活動報告

    バックライトフィルム使用

    2017/12/12

    4,000円 フィルム ポストカード サイン入り非売品  フィルムカードの写真を掲載しております。 バックライトフィルム使用 しており、裏側からラ…

  • 活動報告

    支援したいがクレジットカード以外の方法が有りますか?

    2017/12/11

    先日、嬉しいコメントを何件か頂きました。 「 支援したいがクレジットカード以外の方法が有りますか?」 と。 キャンプファイヤーのシステムには、コンビ…

  • 活動報告

    このプロジェクトを開始した経緯を、詳しく

    2017/12/07

    10月に表参道にて開催しました初個展で、海外の方からの人気が高く、国外の活動をした方が良いという話を何人もの方から頂きました。 海外で自分のアート作…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください