はじめまして、玉井と申します。

今回は、私が開発した二日酔い防止サプリメント「酔心棒」をみなさんに知っていただきたく、プロジェクトを立ち上げました。プロジェクト立ち上げの経緯を、再現記事にしたので、まずはご覧ください。

ある日の夜、11pm、私は打ち合わせが終わり、ネオンがきらめく
新橋を歩いていました。打合せが終わったばかりなのでもちろんシラフです。

まわりを見渡せば、楽しい宴を終えたサラリーマンの方々が、ほろ酔いorモロ酔いで
帰路につくのか、次の店を探しているのか、とにかく楽しそうにしていました。

中には、泥酔して道に座り込む方も。

私はふいに涙が出ました。

それは・・、こんなに多く方が頑張ってるんだなと感じたからです。
ここにいるみなさんは、毎日一生懸命働き、日本の経済に貢献し、
辛いことに耐え、家族サービスをし・・・。
一生懸命の塊だ・・。

そんなみなさんの心を癒す「お酒」。
なんて素敵な存在なのでしょう・・・。

しかし・・、ここにいるみなさんには、明日試練が待ち構えています。
それは・・・「二日酔い」。

二日酔いは私もプロ中のプロなので、みなさんの明日を想像して、
また一筋の涙がこぼれました。

あれから数年・・。私も年を取りました。にもかかわらず、飲む量は減らせず、二日酔いがひどくなる一方。おじさんは、つらい。

昨年の夏、スポーツサプリメントを販売をする会社、合同会社SUN・PLUSの高野社長と出会いました。

高野社長は、スポーツの疲労回復に対して並々ならぬこだわりとプロ意識を持っている方です。

そんな彼はお酒を飲みません。

しかし、疲労回復に効果がある成分は、二日酔いにも効果があることを彼は知っていました。そこで、試作品を作ったのです。

一方、ほぼ毎日飲みまくっている私は、いわば二日酔いのプロ。
そんな私に高野社長が挑んできました。

「二日酔いつらいんなら、これ試します?」

「そうですか、じゃ、ください」

正直、二日酔い対策サプリは熟知していたので、せっかく試作品をもらっても、「フーン」と期待もしていませんでした。
はっきりいって、高野社長に対して、態度悪かったです・・・。

しかし、その日も飲みまくった私は、翌朝、前日の自分に後悔するのです。

高野社長にもっとフレンドリーにしておけばよかった!!!

いただいたサプリは、衝撃的な効果だったのです。

すぐに高野社長にお電話し、サプリを譲ってほしいとお伝えしました。

しかし、高野社長は「このサプリはまだまだ未完成なので、お売りするわけにはいきません」といいます。 

「もしや・・・、昨日の態度のせいで拒否られてる・・?」
瞬間的に頭をよぎりました。

思わず、電話越しにお辞儀をしつつ、あわてて高野社長とサプリを持ち上げる私。

「いやぁ、本当にお会いした時からオーラが違うなと思っていたんですけど、まさかこんな素晴らしいサプリを開発されるとは。あのサプリは、有効成分のオリンピックですね」
などと、彦●呂さんみたいなコメントを発してしまいました。

そんな私を見事にスルーして。クールな高野社長。
「ありがとうございます。でも、僕の本業はスポーツサプリなので、あれは時間が出来たときに完成させます」

拒否られてはいないようだと胸をなでおろし。
さらに攻めの姿勢。

「私にやらせてもらえませんか?」

「は?」

「私は猛烈にあのサプリに感動しました。あれがあれば、何人の人が二日酔いの苦しみから解放されると思っているんですか!?後回しになんてしてはいけません!」
この時の私は、自分でもびっくりするくらい真剣でした。

自分自身、もうサプリの力に頼らないと限界だったので、やらざるを得ない!という気持ちと、いつかの新橋の光景が頭を過り、ものすごいシナジーを生んでいました。

こうして、わたしはサプリ開発に参加させてもらうことになりました。
それから6か月。試作に試作を重ねました。
・仲間のアルコールラバーに何度も何度も試してもらって実証実験を行いました。



飲み会試飲会でいただいた声を次々に製品に反映しました、
・はじめは吸収のスピードを重視して、粉末だったけれど、飲みやすさも考慮し粒状にしながらも、崩壊しやすい粒にすることで、吸収が粉と同じくらい早くする工夫を追加。
・しじみの成分のオルニチンも必須だ。
・若返りが期待できると話題のスーパーフードのスピルリナも効果がある。ちょっと高いけれど配合しよう。

などなど、何度試作を重ねて、何度飲み会試飲会をしたか・・。

そして、ついに納得いくサプリができました。

こだわりすぎて、48種類ものビタミン・ミネラルを含むスーパーフードを配合しました!
そして、パッケージにも工夫があります。
吸収の効率を重視して、崩壊しやすい粒にしたため、従来の粒サプリメントよりも割れやすい酔心棒。お送りする際に割れないようにクッション付封筒でお送りします。
こんな感じで、真の酒飲みが、納得いくまで試作・改良を重ねると、もうコスト度外視で原料の大盤振る舞いです。。。
欲しい人に直接届けたい!だから直販しかしません・・・。
広告費もかけません・・・。
今後こんな割引はしません・・・。

でも、酔心棒の実力を知っていただきたいので、今回だけがんばります!

 

4月16~17日、100人が参加するテニスの合宿へ行って来ました。
せっかくの機会なので、もちろん酔心棒を持参しました。

テニス合宿といえば、ひたすら飲む!飲む!飲む!
私は毎年この合宿に参加してますが、飲み会の翌朝見かけない参加者が
2割はいるかと思います。
そのくらいハードな飲み会で、酔心棒の力を検証してきました。

飲み会の翌朝、朝食へ向かう皆さんに酔心棒の感想を
インタビューしてきましたので、ぜひ動画でご覧ください。

 お二方のみ、「いつもと変わらないかも・・」となりましたが、

ほとんどの方は「いい!!!!!」と言ってくださいました。

42名の方が協力してくださって、40名の方が「いいね!」をつけて
くださいました!「いいね!」率、約95%。

効果が無かったら、翌日総スカンされるんじゃないか・・
対戦相手やダブルスのパートナーいなくなるんじゃないか・・
内心ビクビクしていましたが、なんとも良い結果!

そして、この朝、私はみんなの救世主扱いでした。
例年より朝食摂取率がアップしている食堂の様子をみて、
酔心棒開発にかけた半年間は正しかったと確信しました。

 

是非、酔心棒をお試しください。



玉井勝善
酔心棒開発リーダー
1年に300日は飲んでます。二日酔い歴21年。二日酔いに対する問題意識は誰にも負けません。昨年秋まで15年間IT社長やっていました。しかし、40歳にして自分の生きる道を発見し、2度目の起業。スペイン発のラケットスポーツ「パデル」を日本とアジアに普及すべく、奮闘中。Campfireのお世話になるのは2度目。

山崎絢史郎
web制作・プロモーション担当
テニス歴17年のテニス好き。26歳。若さゆえ、まだまだ二日酔いには負けない自信はあったものの、先輩方の二日酔いを目の当たりにし、二日酔いが他人事から自分事になり、プロジェクト参加を決意。本業はアプリ開発です。

海老原由香里
コンテンツ企画・ライティング担当
二日酔いに真摯に向き合う、メンバーに心を打たれ、クラウドファンディングからプロジェクトに参加。熱い気持ちはあるのに、口ベタ・表現ベタな男性3名に代わり、皆さまに酔心棒の魅力とメンバーの想いをお届けします。

<友情出演>
武井謙一
コンテンツ中の「高野社長」役。硬派な高野社長に代わりサプリメント企画・製造会社社長を熱演。ネックは玉井と顔が似ていたこと。見分けがつかなかった方、混乱した方、申し訳ありません。

・酔心棒 1袋(60粒入り)コース
 酔心棒10回分になります。
 早期割引で、25%割引(50個限定)と10%割引をご用意しております。

・酔心棒 3袋(60粒入り×3)コース
 酔心棒30回分になります。
 早期割引で、25%割引(50個限定)と10%割引をご用意しております。

・酔心棒 6袋(60粒入り×6)+おまけでもう1袋!コース
 酔心棒70回分になります。
 早期割引で、25%割引(30個限定)と10%割引をご用意しております。

・酔心棒 10袋(60粒入り×10)+おまけでもう2袋!コース
 酔心棒120回分になります。
 早期割引で、25%割引(30個限定)と10%割引をご用意しております。

・オリジナルパッケージ酔心棒 100袋コース
 ご指定のデザインでパッケージをお作りします。
 飲み会での掴みはバッチリ。お取引先へのプレゼントにもオススメです。

※基本的には酔心棒のパッケージの顔のイラストのような、シンプルなデザインになります。ご指定のデザインによっては、対応できかねる場合があることをご了承くださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
酒飲みの気持ちは酒飲みにしかわからない。
私はそう思います。
「二日酔いがそんなに嫌なら、飲み過ぎなきゃいいじゃん」
「寝る前に大量に水を飲めばいいじゃん」
正論です。しかし、
「飲みだすと楽しくてセーブなんてできない!」
「水を飲む暇なく、帰ったら寝ちゃうんだ!」
これが、酒飲みの気持ちだと思います。

だから、酒飲みの気持ちに沿った「サプリ」を開発しました。
ぜひ、一度試してください。
私が心を込めて作った、酔心棒を。
酒好きなおじさんだから、ここまでこだわれたと思っています。
今までの常識に縛られない開発をした、渾身の二日酔い防止サプリを
ぜひ一度お試しください。

No more 二日酔い

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください