シンガーソングライター「根のシン」のファンクラブ。非公開ブログや、オンライン飲み会に参加出来ます。ファンクラブ限定のコンテンツや、最新ライブ情報もいち早くお知らせ致します。ご支援宜しくお願い致します。

プロジェクト本文

 ▼いつも根のシンを応援して下さっている皆様へ

毎度お世話になります。

シンガーソングライターの根のシンです。

突然ですが、少し真面目な話をさせてください。

僕にはがあります。

武道館ワンマンライブ、ゼップツアーが出来るアーティストになる事です。

武道館の収容人数1万人です。

憧れのアーティストのライブを見に行くと、感動すると同時に悔しい想いで胸がいっぱいになります。

実際に見ると震え上がる光景です。

夢や目標語るのは簡単です。

僕自身長い間、口ばかりで何も行動に移せていませんでした。

そんな自分をどうしても変えたくて、今一番恐れている方に飛び込もうと決心しました。

そして始めたのが路上ライブでした。

最初は誰も立ち止まってくれませんでしたが、少しずつ立ち止まって聴いてくれるようになりました。

それが本当に嬉しくて、こんな素晴らしい出逢いや喜びが日常にあるのになぜ気付けなかったんだ。

早く動き出さなかった事を後悔しました。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

今まで音楽を通して沢山の人達と出逢い励まされて来ました

路上ライブで出逢った人達が、僕に沢山の「可能性」「夢」を感じさせてくれました。

1万人の心を動かす事はそう簡単ではない事はわかっています。

いや本当の意味では武道館のステージに立つまでわからないのかもしれません。

大切な家族仲間、そして応援して下さっている皆様晴れ舞台を見て欲しいのです。

そして恩返しができる優しくて寛大な紳士な人間になりたいのです。

 

▼プロジェクトを通しての活動

根のシンの音楽を沢山の人達知ってもらう為に、全国ライブハウス&投げ銭ドサ回りツアーをします。

SNSなど様々な繋がり方賢いやり方がある中、時代と逆行していると散々言われました。

でも僕は何よりも直接一人一人に会う事を大切にしたいと想っています。

そのために音楽があり、ライブがあります。

人生をかけてやってきた音楽は、僕にとって皆さんと繋がる為の一つの口実です。

ツールであり僕自身と僕に関わる方達が前向き生きて行く為材料です。

正直並大抵の努力では叶わないことはわかっています。

根のシンが出来るなら俺も私も出来るハズだと想ってもらえる様に、僕が代わりに一歩踏み出し先陣を切って恥をかいて生きます。

 

▼資金の使い道

資金の使い道は音楽活動、全国各地でライブをする為の活動費です。

ライブハウスでライブをさせて頂く際のホールレンタル代、制作費や、旅費などです。

どうか支援を宜しくお願い致します。

 
▼リターンについて

支援してくださる皆様への特典「Facebookの非公開グループへの入会」「Facebook限定ブログ配信」「Facebookオンライン飲み会」などです。「ファンクラブ限定オフ会参加権」「あなただけの楽曲」を作るリターンもご用意させて頂きました。

お悩み相談や夢や目標、沢山お話しできれば嬉しいです。

皆様と直接お会いしたりオンラインでお話させてもらえる事を、僕自身とても楽しみにしています。

最新ライブ情報もいち早くお知らせ致します。

▼最後に

ギター、そして音楽と出逢った児童施設。

気付けばかなりの時間が経ってしまいました。

結果を出さない限りやってきた事が不正解になってしまう事はわかっています。

応援して下さっている皆様が正解なんだと、証明する為にもっともっと挑戦をし必ず結果を出します。

どうかご支援宜しくお願い致します。

2017年12月6日

根のシン

【入会手続き】

①Facebookの非公開グループ「根のシンクラブ」に参加リクエストをする。

Facebock検索ページにて「ネノクラ」と検索し、グループに参加リクエストをして下さい。

②”campfire「根のシン」ファンクラブ”の決済完了画面を、管理者「根のシン」のFacebookにメッセージで送信する。※管理者ページ↓↓

https://www.facebook.com/nenoshin/ (Facebookにて「根のシン」で検索)

※お手数ですが、必ず①と②の両方の手続きをお願い致します。片方だけの場合承認できませんのでご注意ください。宜しくお願い致します。

  • 活動報告

    温かいご支援ありがとうございます!

    2017/12/11

    「ご挨拶」 早速のご支援本当にありがとうございます! 音楽活動を通して、皆様に必ず恩返しをしていきます! そして全国の皆さんに会いにいきます…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください