はじめに・ご挨拶

このページをご覧になってくださり、大変ありがとうございます。

みなさん、こんにちは。私は石川県に住み、二人の子供を持つ主婦です。
私は普段から何かを作る事が好きで、暇を見つけては面白いモノを作る事に挑戦しています。
三年程前から、私が制作に取り組んでいるのはカード型のディスプレイガジェットです。商品を開発するには色々な知識が必要になってきますが、初めてのことが多い中、みなさんの支援を頂きながら頑張って開発を進めています。

今回は5回目のクラウドファンディングです。今までご支援くださった方々には本当に感謝しています。これからも楽しみながら頑張って素敵な商品に仕上げていきたいです。応援何卒よろしくお願い致します。


プロダクトのご紹介

◆スクリーンをキャプチャ◆

メモしたい内容を、パソコンのスクリーンからマウスで選択して、転送ボタンを押すだけで(E)CARDへ転送させ表示させる事が出来ます。(E)CARDのディスプレイにぴったりおさまるサイズに自動で拡大、縮小されてますので難しい操作は不要です。


◆スマホからイメージを転送◆
簡単な操作で、スマホの写真フォルダのイメージを(E)CARDへ転送して、表示させる事ができます。ディザリングや、スケッチ風加工などもボタンを選択するだけです。
 

◆メモを転送◆

スマホ・パソコンから簡単な操作でテキスト形式のメモを転送し、表示させる事ができます。
[パソコン]

[スマホ] 

◆スマホでイメージを加工◆
写真をズームしたり、イメージの一部分を切り出したり、文字を追加したり、色々なイメージの加工を簡単な操作で行う事ができます。


◆イメージの切り替え◆
ボタンを押すと、内部に記録されたイメージを切り替える事ができます。


◆イメージの表現方法◆
ディスプレイは2bitのグレースケールの表現能力を持っています。画像をそのままグレースケールに変換する事もできますし、よりきめ細かい表現が可能なディザリング処理や、スケッチ絵の様な加工処理をして表示する事も可能です。


◆音声認識機能◆

PCアプリを”声”で操作する音声認識機能を搭載しています。単純に記録したワードに対応するイメージを(E)CARDへ転送するだけではなく、指定する画面の一部をキャプチャして転送する事もできます。


◆ボタン通知機能◆
(E)CARDのボタンを押した時に、スマホやパソコンへ通知させる事ができます。無線が届く範囲であれば、少し離れた場所に置いても使う事ができますので、呼び鈴の様に使用する事ができます。


◆QRコード変換◆
アプリにはテキストをQRコードへ変換する機能があります。これを使うと、WebサイトのURLなどを簡単にQRコードへ変換して、ディスプレイに表示させる事ができます。
 


◆スケジュール機能◆
指定した時間に指定したイメージを表示させる事ができます。登録はスマホやパソコンから簡単に行う事ができます。



◆指定アクションでディスプレイ変更◆
パソコンを閉じる、パソコンを起動する、スマホを近づけるなどのアクションをトリガにディスプレイを切り替える事ができます。アクションは組み合わせる事ができ、「パソコンを閉じてから1時間後にディスプレイを切り替える」という複雑な指定も可能です。


◆首掛け◆
名刺と同じサイズですので、首からかけて電子ネームカードとしても使う事が出来ます。

スマホ、パソコンとの接近検知機能を開発中です。完成しましたら、(E)CARDを持った特定の人が近づいた時にタブレットの表示を変更するという使い方もできる様になります。

また、他のIotサービス(IFTTTなど)と連携して、机に座ったらファンが自動でONするなどの制御もできる様になります。


◆対応機器◆ 

対応機器は以下の通りです。
・Windows10
・iPhone/iPad : iOS9.0以上
・Android(スマホ、タブレット) : Android 4.4 以上


◆スマホアプリ◆

スマホアプリは、下記リンクからダウンロードするする事ができます。一部の機能はまだ開発中です。



Windowsアプリは、(E)CARD公式ページからダウンロードする事ができます。


◆Pythonでプログラミング◆ 

GitHubでPythonのライブラリのソースコードおよび、サンプルコードをオープンソースで公開しています。制約の緩いMITライセンスになりますので、色々な用途でカスタマイズしてお使い頂けます。プログラミングが出来る人は自由に(E)CARDを制御して、自分好みの動作をさせて楽しむ事ができます。

GitHub : kecardpy


◆(E)CARD公式ホームページ◆ 

https://www.kecard.jp


プロダクト誕生までのお話

元々この商品はインテリア&電子メッセージカードとして開発していました。家の中に飾った(E)CARDにスマホからメッセージを残し合って、家族のコミュニケーションがうまれたら面白い!と思いつくり始めました。スマホを使えば直接メッセージのやりとりは出来ますが、メッセージを読むタイミングはメッセージ送信者が決めることはできません。相手にベストなタイミングでメッセージを伝える事が出来る点、インテリアにIoTを取り入れた点で新しいデバイスになると考え、開発を始めました。

しかしながら、この用途でクラウドファンディングを過去に二回実施致しましたが、思うように資金は集まりませんでした。原因は色々あると思いますが、インテリアとしての魅力が不足している事が最大の要因だと分析しています。

インテリアとして重要なのは商品の「見た目」ですが、これにはケースのデザインや素材、ディスプレイの表現力が重要になってきます。しかしながら資金力のない個人で開発すると、そこに大きな制約を受けてしまいます。数千万円の資金があれば自分が思い描く理想の商品に近づける事は可能かもしれませんが、当然そんな資金はありませんし、「楽しくモノをつくる」が私のスタンスですので、借金をして資金を調達するという選択肢は考えていません。したがって、これらの制約を受け入れざるを得ませんでした。

ただこのまま諦めるのは尺にさわる。何か突破口はないかと色々考えた末に出した答えが、「使用用途の拡張」でした。メッセージカードとしてだけでなく、他の複数の用途で使用できる商品にする事でマーケットを広げて、開発を続け、理想のデザインの商品に近づけていこうと考えています。

少しずつ機能を増やしていき、世界に一つだけの面白いガジェットにしていきたいです。そしてデザインも私の理想へと近づけていきたい!


これまでの活動

2018年9月 1回目のクラウドファンディングを実施
2020年12月 2回目のクラウドファンディングを実施
2021年6月 3回目のクラウドファンディングを実施
2021年8月 4回目のクラウドファンディングを実施


リターンのご紹介

1.(E)CARD 1個 (33% OFF) 限定500個
  一般販売予定価格 11,980円の33% OFF → 7,980円 (送料・税込)

2.(E)CARD 1個 (25% OFF) 限定1000個
  一般販売予定価格 11,980円の25% OFF → 8,980円 (送料・税込)

3.(E)CARD 1個 (17% OFF) 限定2000個
  一般販売予定価格 11,980円の17% OFF → 9,980円 (送料・税込)

4.(E)CARD 1個
  11,980円 (送料・税込)


スケジュールについて

2022/3月 クラウドファンディング開始
2022/4月 クラウドファンディング終了
2022/4月 電子基板、ケース発注
      Windowsアプリ、iOSアプリ、Androidアプリ開発
2022/6月 製品組み立て&検査
2022/7月 リターン発送


製品情報・仕様

◆重さ・サイズ◆

重さ:28g

サイズ:85.6 x 54 x 6.5 [mm]

電池:ボタン電池CR2025

※上記の単三電池はサイズ比較の為に並べています。本商品は本体内蔵のボタン電池で動作致します。


メディア掲載

ガジェットYoutuber TAKAさんが自身のYoutubeチャンネルで、この商品を紹介してくださいました。


Q&A

Q.ディスプレイはカラー表示ができますか?
A.表示はグレースケール(白黒)のみで、カラーで表示する事はできません。白黒特有の色合いを楽しめるのもこの商品の一つの特徴です。

Q.日本の無線の認証は取得していますか?
A.はい。Japan TELECの無線認証を取得しているモジュールを使用しています。(モジュール名BC805M Japan TELEC:201-200778/00)

Q.電池は交換できますか?
A.市販のボタン電池を使用していますので、電池交換可能です。

Q.電池はどれくらい持ちますか?
A.使用頻度によりますが、一日10回ディスプレイを書き換えて約1年使用できる事を目標にしています。


本Webページ、紹介動画には「いらすと屋」様等のフリー素材を利用規約に沿った形で使わせて頂いております。これらの素材は紹介の為に使用させて頂いているのもであり、本商品およびアプリには付属されませんのでご注意ください。 


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください