高校演劇部OBOGが中心となって集まった演劇集団。ほとんどが10代という若者ばかりの団体ですが、田舎の演劇シーンに刺激と活力を!というやる気はめらめらと燃えております。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

 初めまして。アメージングだいやと申します。

 埼玉県出身、20歳の若造です。

 普段は都内の劇場などで舞台を中心に役者として活動しています。

 今回、このようなクラウドファンディングは初めてなのですが…。どうしても実現させたい企画があり、始めさせていただきました。どうぞ最後までご覧いただけると幸いです。

 アメブロやっております。こちらをご覧ください。

 Twitterもちらちらと。こちらをどうぞ。

 お気軽に読者登録・フォローよろしくお願いいたします!ご覧いただければと思います。

▼このプロジェクトで実現したいこと

●お芝居を見た事が無い方やお子様など、ご家族で楽しんでいただきたい。

●田舎の高校演劇部の関係者の皆様に、OBOGの懸命な姿をご覧いただき刺激をお届けしたい。

●芝居がやりたくてもやれる場が無い方(高校演劇部OBOGなど)に受け皿を用意したい。

●日々を懸命に過ごされている方に、私たちなりのメッセージをお届けしたい。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

 私の芝居のルーツは、高校時代に所属していた演劇部です。人数が少ないながらも先輩方や後輩・先生と意見を出し合い1つの世界を作り上げていく楽しさを学びました。また、同じ地区の高校の演劇部の友達とはお互いにアドバイスや励ましの言葉をかけ合い、より面白い芝居が作れるように支え合い、切磋琢磨することの面白さも教わりました。

 

 思い出がたくさん詰まった演劇部。色々な事を教えてくれた演劇部。

 

 私の出身であるその高校演劇部が、今年廃部になりました。

 理由は…部員数の減少との事。

 

 確かに僕が在学していた時も、同じ年の部員はおらず仲間は先輩か後輩だけでした。先生方からも、「もう廃部の危機だな」と何度もご忠告をいただいていました。

 それでも、何とか後輩に引き継いで存続させたのに…。私は、ホームが無くなってしまったショックを強く感じました。

 

 その時、ふと気になる事がありました。高校時代支え合った、他校の演劇部です。

 

 聞いてみると他校も、廃部とはならずともそれぞれ部員数の減少に悩まされていました。今はよくとも、このままでは私がお世話になった田舎の高校演劇部が軒並み廃部になってしまう。そうなっては演劇がやりたい高校生や若い方々の芝居に触れるチャンスが無くなってしまう。

 

 何か自分にできることは無いか。そう考えたのが、このプロジェクトを起こすきっかけになりました。

▼これまでの活動

 以下は、主宰である私・アメージングだいやの出演歴です。以下には記載されていませんが、現在月に一度のペースで初心者歓迎の演技ワークショップを開催しています。

 <舞台>
2017年
 7月 REDNOWLANDプロデュース公演一人舞台「message」出演
    8月    THE SCHOOL OF ENTERTAINMENT主催「YOUNG TALENT COLLECTION」vol.1 ユニットA-COAとして出演
 10月 okiaproducticc制作「泣かないのか?泣かないのか一九七三年のために?-にぶき光の残酷ショー-」出演
 
 
2016年
 6月 劇団アンティークスVintage20「時の果て」出演
 11月 武蔵嵐山盲導犬育成支援朗読劇出演
 11月 東松山市合唱団オペラ出演
 
<TV、映像>
2017年
 1~4月 劇団ドラゴンドラゴン在籍 チバテレ「マジかよ‼」出演
 5月 自主映画「トイレ検定」主演 各映画祭にて上映 

▼資金の使い道

一、演劇集団「あまちゅあでいと」発足経費

二、旗揚げ公演の舞台美術経費など(衣装・メーク、大道具、小道具)

三、稽古自体にかかる経費(稽古場代など)

四、会場使用料など(ホール、受付、照明設備など)

五、広告にかかる費用(チラシ、チケット、YouTubeの動画の為の編集ソフト代等)

▼リターンについて

 いくつか種類をご用意させていただきました。

 いただくご支援・ご声援への感謝の気持ちを、お伝えできればと思います。

①上演脚本+上演権 8000円

②公演当日、特別席でのご観劇チケット割引券+缶バッジ、握手券、チェキ 4000円

③特別動画(キャストらからのメッセージ動画)のURL 3000円

④アメージングだいやの出張ワークショップ2H開催 8000円

⑤アメージングだいやの脚本執筆(設定などの注文有り、~30分) 8000円

⑥アメージングだいやの脚本執筆(設定などの注文有り、60分) 12000円

⑦あまちゅあでいと、アメージングだいやへのご支援(主宰より直筆のお礼状を書かせていただきます。)

▼最後に

 私は、演劇が大好きです。人と仲良くなるためのツールとしても、とても優れたものであると思っています。

 田舎に住む子供たちや学生の方々が、演劇に触れるチャンスを残してあげたい。無くしたくない。

 

 ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。どうか、僕のどうしても叶えたい想いを実現させるこの企画に、皆様のお力をお貸しいただけませんでしょうか。

    ほんの若造ばかりですが、必ず面白いお芝居を作り上げます。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

アメージングだいや

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください