石川県ラグビーフットボール協会です♪
石川県内では小学生からシニアまで各層でのラグビー振興に取り組んでおります。
年間を通じて各種大会の開催や女子ラグビーやジュニアの育成に力を注いでおり、イベントを通じてラグビーファンや競技人口の獲得に努めています。是非、各種大会に足を運んでいただき、ラグビーの魅力に取り憑かれてください(≧▽≦)

はじめに・ご挨拶

石川県ラグビーフットボール協会です。ラグビーワールドカップ2019日本大会では世界中の人々が興奮し、感動し、殊更日本の文化、日本人のおもてなしが称賛された、心に残る大会でした。ラグビーワールドカップは4年に1度ですが日本で開催されたことはとても稀有なことで、「一生に一度のワールドカップ」の合言葉で、選手、スタッフ、関係団体みんながワンチームで取り組んだ結果がこの素晴らしい成績と評価だったと思っています。

さて、あの興奮と感動から2年が経ち、新型コロナウイルスの影響がいまだ拭いきれないでいる中、殊更人々には勇気と希望が必要な時期なのではないでしょうか?われわれ石川県ラグビーフットボール協会は、あの興奮と感動を呼び戻して、コロナ禍で傷ついた人たちが再び前を向き歩んでいけるきっかけを作りたいと考えています。また、石川県内の子どもから大人まで皆がラグビーをプレーしたい、楽しみたいという環境を作り出し、競技人口の増加に取り組んでいきたいと考えています。

このプロジェクトで挑戦したいこと

ラグビーワールドカップ2019日本大会ではたくさんの人々が、選手の気迫あるプレー、肉体と肉体がぶつかり合った時の「ガツン」という聞いたことのない響きや、一瞬でトップスピードに乗って走り抜く強靭なバネを目の当たりにし、驚きと感動を覚えたことと思います。それは試合会場だけではなくテレビ画面を通じても感じることができたと思います。また、一瞬たりとも目が離せない流れるプレー、トライをとる!というチーム全員の意思により、観ている人すべてが拳を握りしめ、手に汗握って観戦したことだと思います。

そんな興奮と感動をもう一度再現したい。そこで今回、興奮と感動をここ石川県でも再現したく、学生界トップクラスのプレーを生で観戦する招待試合を企画しました。「にわかファン」も、これまでラグビーとは縁のなかった人なら尚更、ラグビーの素晴らしさを目の当たりにしてほしい。コロナ禍で傷ついた人たちに勇気と元気を与えたい。と、強く願っています。

そのために日本で最も知名度のある早稲田大学ラグビー蹴球部の協力を頂き、石川県で育ち、活躍している石川県選抜チームとの親善試合を行い、石川のラグビー界を盛り上げたい。併せて、早稲田大学の選手による地元のラグビースクールやジュニアチームに対するラグビー教室を行い、このイベントを盛り上げたいと考えております。また、スポーツのイベントということで、陸上短距離の日本代表を招いて、子供たちと競技場の芝生の上で「かけっこイベント」も計画しており 、だれでも気軽に参加できるイベントにしたいと考えています。

資金の使い道・実施スケジュール

資金の使い道として、記念試合の招致に充てることはもとより、試合前後やハーフタイムに行われる各種イベントや、ラグビー振興のために、他日に開催予定の早稲田大学ラグビー蹴球部OBによるラグビー教室、その他CAMPFIRE手数料含む広報・事務費に使用されます。

スケジュールとして、3月20日当日は午前中は早稲田大学ラグビー蹴球部の選手を交えたラグビースクールを行います。初めてラグビーを体験する子供も大勢参加していただきたいと考えています。ラグビースクールののち、記念試合キックオフ前に陸上短距離日本代表を招いて「かけっこイベント」を行います。ハーフタイムには地元大学のチアリーディング部によるチアダンスを予定しています。ノーサイドの後は選手と観戦いただいた方との交流も計画しており、観戦と体験ができるイベントにしたいと考えています。

リターンのご紹介

・オール早稲田VSオール石川記念試合パンフレット 選手紹介も兼ねた1冊です

・試合観戦チケット 一般席(3月20日当日のイベントにも参加できます)「観戦+体験」のわがままな1枚です

・試合観戦チケット メインスタンド中央特別席(3月20日当日のイベントにも参加できます) 「観戦+体験」のわがままな1枚です

・ラグビーカーニバル開催記念限定「九谷焼マグカップft.早稲田大学」 オリジナルデザインの九谷焼マグカップ。九谷焼らしい風合いを持った、カジュアルで使いやすい限定品です

・早稲田大学ラグビー蹴球部OBによる出前ラグビースクール

これらを掛け合わせたリターンを準備しています。

最後に

「あの興奮と感動をもう一度」誰もが楽しめる、勇気と元気がもらえるイベントにします。是非ご協力お願いします。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください