はじめまして
Life Log Technology Inc です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

健康寿命を太く、長くする

少子高齢化社会による労働人口の減少、社会保障の問題はわが国の大きな課題です。わたしたちは、皆が健康になることで問題を解決できると考えています。日本人の死因の多くを占める三大疾病の元となるのは生活習慣病です。この生活習慣病の大きな要因は、食事、睡眠、喫煙、運動です。ライフログテクノロジーは、テクノロジーで生活LOGをスマートに記録し、機械学習でユーザーの意思決定をサポートします。

アスリートのパフォーマンス向上には食事管理が欠かせません。また、多くのアスリートにとって食事管理とは永遠の課題です。日本スポーツ協会や医師会の資料にも「試合前の食事調整は、持久系、瞬発系の競技ともにパフォーマンスに大きくかかわっている」とあるように、スポーツ選手のパフォーマンスには食事管理が非常に欠かせないことが分かっています。一方で、アスリートだけで食事管理するのはかなりの手間がかかる上、日々のトレーニングもあるため限界があります。そこで「食事管理を諦めてしまうアスリートを応援したい!」という思いで、アスリートに質の高い栄養指導を届けるべく、今回のプロジェクトを実施することになりました。


多数のアスリートの栄養サポートの実績のある「KAGO食スポーツ」と、簡単で手間なく食事・運動・バイタルを記録し可視化できる健康管理アプリ「カロミル」が【質の高い栄養指導×食事管理ウェブツール】を提供し、誰でも簡単に指導を受けられる環境を実現すべく、クラウドファンディングをすることになりました。
今回のプロジェクトでは、サービス構築のためのトライアルとしての食事指導やシステム料等の最低限かかる費用を募ります。

トライアルモデルとして、昨年末お子さんを出産したばかりの日本を代表するプロサーファー野呂玲花さんをサポートします。野呂さん自身、初めての出産ということもあり出産後の体の変化がどうパフォーマンスに影響が出るか懸念されています。今回のプロジェクトで食事指導がトレーニングや試合結果にどう影響するのか、検証としてみていきたいと思います。

このサービスの目標は、将来、全アスリートに向けて誰でも簡単にサービスを受けられる仕組みを作っていき、パフォーマンスの質向上を担っていきたいと考えています。そのためにも、今回のトライアル検証のプロジェクトに、ぜひご支援いただきますようお願いいたします!  



食とスポーツを通じてアスリートの健康とパフォーマンスをサポートしています。その中で、選手が目標や目的達成のために自ら考えて行動できる「食の自律」を目指し、そのために一人一人と向き合いながらエビデンスに基づいた栄養サポートで、今よりプラスの方向へ向かうためのパートナーでありたいという思いで活動しています。


高校女子陸上長距離選手(寮生・親子支援)
大学生男子ラグビー選手(寮生・親子支援)
Jリーグサッカー選手(個人)

社会人バスケットボール選手(個人)
J3鹿児島ユナイテッドFC(2019~ )

鹿児島女子高校バスケットボール部(2017~ )
など他多数

食事・運動・体重管理アプリです。食事記録に関しては、写真1枚で毎日の食事を記録し、AI(人工知能)の画像解析技術によって自動で栄養価を割り出し登録します。カロリーだけでなく、たんぱく質、脂質、炭水化物、塩分、糖質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど18種類の栄養素の計算・記録もできるので、ダイエットのみならず、栄養バランスを考慮した健康管理が可能です。また、食事記録だけでなく運動・バイタルの管理機能もそなえ、「健康のトータルマネジメント」を実現しています。会員数は140万人を超えました(2022年4月時点)。

指導対象者の「カロミル」アプリと連携し、食事の 栄養指導がすべてオンライン上で完結できる、指導者向けのウェブツールです。指導対象者(顧客)の食事データの記録・蓄積が自動化されるだけでなく、AI が食事内容を自動で解析・栄養価計算し、指導者の栄養価計算など食事指導にかかる手間が大幅に削減されます。 

他多数導入実績あり

資金の使い道
・KAGO食による栄養サポート
・カロミルアドバイス、カロミルアプリ利用費
・リターン内容運用費
・CAMPFIRE手数料
・リターン郵送費


実施スケジュール
・2022年5月末:クラウドファンディング終了予定
・2022年5月中:栄養サポートプログラム開始予定(プロジェクト参加アスリートに対して)
・2022年6月末〜7月:リターン発送開始予定(支援者様へ)
・2022年8月末:栄養サポートプログラム終了予定(プロジェクト参加アスリートに対して)
・2022年9月末:リターン対応終了予定(支援者様へ)

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。 

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください